Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/11/02
Update

ルトガー・ハウアー映画『ヒッチャー』あらすじ/公開日/上映館。サイコスリラーの伝説のリマスター版がロードショー!

  • Writer :
  • 石井夏子

恐怖の殺人ヒッチハイカーからは逃げられない。
乗せたら最期、死のドライブが始まる…。

2019年7月に75歳でこの世を去った名優ルトガー・ハウアーが、謎の殺人ヒッチハイカー役として怪演し話題となった映画『ヒッチャー』(1986)

(C) Filmverlag Fernsehjuwelen. All rights reserved.

この度、『ヒッチャー ニューマスター版』が 2021年1月8日(金)よりシネマート新宿ほか全国順次公開することが決定しました。

HDリマスター化によって鮮やかによみがえった本素材での上映はこの度が世界初となります。

スポンサーリンク

映画『ヒッチャー』について

テキサス砂漠を突き抜ける1本のハイウェイ。眠気と戦いながら車で走行中の青年ジムは、雨でズブ濡れになってヒッチハイクしていた謎の男ジョンを乗せます。それが悪夢の始まりとは知らずに…。

本作は、殺人ヒッチハイカーを乗せたばかりに、その後逃げても逃げてもひたすら狙われ続ける青年の恐怖と絶望を描き、アメリカ全土に”恐怖のヒッチハイカー“というトラウマを植え付けたサイコ・スリラー

シンプルなストーリーながら、全編に異様な緊張感を持続させることに成功、と同時にド派手なアクションの連続で、観る者に恐怖と興奮を与える傑作として、今もなお多くの映画ファンに愛されています。

監督を務めたのは、本作で監督デビューしたロバート・ハーモン

殺人鬼の動機や人物背景などをほぼ排除し、彼らの置かれた状況だけを丁寧に描くことで登場人物の本質をにじませていく演出が光っており、J・J・エイブラムス監督は『10クローバーフィールド・レーン』(2016)製作時に本作の影響を受けていることを明かしています。

撮影は『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(2015)のジョン・シールが担当しており、盛大に横転する車や燃え上がるヘリコプターなど、サービス精神旺盛な場面が多い上、霧の中に佇む怪しげなヒッチハイカーや人影もなくどこか不安を煽る広大なハイウェイなど、ハッとするほど美しい場面もあり、どのシーンも見どころです。

ある日突然命を狙われ逃げ惑う青年ジム役を務めたのは、スティーヴン・スピルバーグ監督『E.T.』(1982)で自転車少年グループの1人として映画デビューし、翌年フランシス・フォード・コッポラ監督『アウトサイダー』(1983)の主役に抜擢された C・トーマス・ハウエル

当時アイドル的人気があった彼は、そのイメージ払拭を狙って本作に出演し、後に「俳優として『ヒッチャー』は重要な作品」と語っています。

あらゆる手段でどこまでもジムを追う、神出鬼没で不気味な殺人鬼ジョン・ライダーを演じるのは、美しいブルーアイが『ブレードランナー』(1982)で演じたレプリカント(人造人間)同様、冷たくも惹きつけられるキャラクターとしての魅力を倍増させているルトガー・ハウアー

当時、悪役を演じたくないと考えていたハウアーでしたが、本作の脚本を読み出演を快諾

クリストファー・ノーラン監督はこのハウアーの怪演を「渾身のサイコパフォーマンス」と絶賛しており、自身の作品『バットマン ビギンズ』(2005)で彼を起用しました。

映画『ヒッチャー』の作品情報

【製作】
1986年(アメリカ映画)

【ニューマスター版日本公開】
2021年

【監督】
ロバート・ハーモン

【脚本】
エリック・レッド

【撮影】
ジョン・シール

【音楽】
マーク・アイシャム

【キャスト】
C・トーマス・ハウエル、ルトガー・ハウアー、ジェニファー・ジェイソン・リー、ジェフリー・デマン

【ニューマスター版日本語字幕】
落合寿和(2019年新訳版)

スポンサーリンク

映画『ヒッチャー』のあらすじ

シカゴからサンディエゴへの砂漠地帯。陸送の仕事をしていたジム・ハルジーは、ある嵐の夜に1人のヒッチハイカーを車に乗せました。

しかし、ジョン・ライダーと名乗るその男は、ハンドルを握るジムの喉にナイフを突きつけ「俺を止めてみろ」と脅しだします。

ジョンは恐ろしい殺人鬼だったんです。

一瞬の隙を見て、何とかジョンを車から突き落としたジムでしたが、それは恐怖の始まりに過ぎませんでした。

何度でも執拗に襲いくる恐怖の殺人鬼。警察や協力者でウェイトレスのナッシュを巻き込んで事態は悪化していき…。

まとめ

クリストファー・ノーラン、J・Jエイブラムスも絶賛する、ルトガー・ハウアー出演の傑作サイコ・スリラー『ヒッチャー』が、35年ぶりにリバイバル公開されます。

普通の青年ジムが殺人鬼ジョンと死闘を繰り広げ続けるうちに、いつしか不思議な共鳴が生まれていく衝撃のサイコ・スリラー。

『ヒッチャー ニューマスター版』は、2021年1月8日(金)よりシネマート新宿ほか全国順次公開です。

関連記事

新作映画ニュース

『沈没家族 劇場版』が映画館で再上映!書籍版刊行を記念してポレポレ東中野にて2週間限定公開

能町みね子、寺尾紗穂他豪華トークも決定! 2019年4月より全国のミニシアターで公開され話題を呼んだドキュメンタリー映画『沈没家族 劇場版』。 本作がエッセイ『沈没家族 子育て、無限大。』として書籍化 …

新作映画ニュース

渡辺紘文監督の最新作が東京国際映画祭に入選!『普通は走り出す』と特集上映の予告編解禁

映画『普通は走り出す』はアップリンク吉祥寺にて2019年10月25日(金)より公開。 『そして泥船はゆく』『七日』『プールサイドマン』『地球はお祭り騒ぎ』が4作連続で東京国際映画祭へ正式出品され、『プ …

新作映画ニュース

韓国映画『神と共に』あらすじとキャスト。日本劇場公開は2019年5月と6月で2部作上映決定!

韓国映画史上歴代2位の成績をたたき出し、韓国累計で2700万人を動員したメガヒット・ムービー『神と共に 第一章:罪と罰』は5月24日(金)より、『神と共に 第二章:因と縁』は6月28日(金)より新宿ピ …

新作映画ニュース

映画『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』キャスト/あらすじ/4DX上映館。BIRDS OF PREYを劇場で体感!

社会現象となった『ジョーカー』に続く危険度MAXな注目作が4DXで上映! 『スーサイド・スクワッド』に登場して世界的に人気を集めたマーゴット・ロビー演じるハーレイ・クイン。 悪のカリスマ=ジョーカーと …

新作映画ニュース

りりりが出演者としてダンス!映画『踊ってミタ』予告編とメインビジュアル紹介

注目の若手実力派俳優・岡山天音主演 地方再生型ヒューマン・ダンスムービー。 主演:岡山天音×監督:飯塚俊光の3度目のタッグ作品は“町興し”と“踊ってみた”異色のテーマを融合した完全オリジナル新作! 岡 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学