Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/03/17
Update

映画『どうにかなる日々(2020)』あらすじ/声優キャスト/公開日。主題歌をクリープハイプが担当!

  • Writer :
  • 石井夏子

青春群像劇の名手・志村貴子原作。
主題歌・劇伴音楽はクリープハイプが担当!

志村貴子による様々な恋模様を淡く繊細に描いたオムニバス漫画『どうにかなる日々』(太田出版刊)。

(C)志村貴子/太田出版・「どうにかなる日々」製作委員会

本著を原作としたアニメーション映画『どうにかなる日々』は2020年10月23日(金)全国公開。

監督を手掛けるのは詩的な映像・音楽演出に定評がある佐藤卓哉。また本作のキャラクターを花澤香菜・小松未可子・櫻井孝宏・山下誠一郎といった豪華声優陣と、そして木戸衣吹・石原夏織・ファイルーズあいという実力派若手キャストが務めます。

この度は、本ビジュアルと本予告編が解禁、そして主題歌・劇伴音楽をクリープハイプが担当することも発表になりました。

スポンサーリンク

劇場版『どうにかなる日々』について


(C)志村貴子/太田出版・「どうにかなる日々」製作委員会

本作は、『放浪息子』『青い花』などの代表作で知られる青春群像劇の名手・志村貴子による様々な恋模様を淡く繊細に描いたオムニバス漫画「どうにかなる日々」(太田出版刊)を原作としたアニメーション映画です。

監督を手掛けるのは、詩的な映像・音楽演出に定評がある、『あさがおと加瀬さん。』や『STEINS;GATE』などの佐藤卓哉

キャラクターデザインは、『山田くんと7人の魔女』の作画監督、『センリツのルシファー』のキャラクターデザインを務めた佐川遥が担当。アニメーション制作は様々な話題作を手掛けてきているライデンフィルム京都スタジオが担当しています。

劇場版『どうにかなる日々』声優の紹介

(C)志村貴子/太田出版・「どうにかなる日々」製作委員会

また、キャラクターの声も豪華声優陣が務めることが決定しました。

かつての恋人の結婚式で出会ったふたりの女性の揺れる想いを描いた「えっちゃんとあやさん」には『ニセコイ』『PSYCHO-PASS』などの人気作品の主役キャラクターを数多く演じる花澤香菜、『ガンダムビルドファイターズ』『宝石の国』などの小松未可子が出演。

教え子の突然の告白に翻弄される男子校教師を描いた「澤先生と矢ヶ崎くん」では、それぞれの声を『おそ松さん』『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』などに出演の櫻井孝宏、「刀剣乱舞」シリーズなどに出演の山下誠一郎が演じます。

そして、思春期を迎える幼馴染2人の距離感ともどかしさを描いた連作「しんちゃんと小夜子」「みかちゃんとしんちゃん」には木戸衣吹・石原夏織・ファイルーズあいといった若手実力派キャスト達が揃い、作品を彩ります!

さらに脇を固めるキャストとして早見沙織、島﨑信長、田村睦心、天﨑滉平、白石涼子も出演します。

スポンサーリンク

劇場版『どうにかなる日々』主題歌はクリープハイプ

【クリープハイプ】「愛す」のアーティスト写真

2019年に現メンバー10周年を迎えた4人組ロックバンド「クリープハイプ」が主題歌・音楽を担当することが決定しました。

クリープハイプが映像作品の劇伴音楽を担当するのはこれが初めてで、そのすべてをメンバー自らが演奏しています。

Vo/Gt.の尾崎世界観は主題歌・音楽を担当するにあたり、「『どうにかなる日々』は、ちゃんと目を見て話してくれる物語、ちゃんと目と目が合う映画だと思っています。その中で、観た人の耳に少しでも何かを残せたら幸せです。」とコメントを寄せました。

Vo/Gt.尾崎世界観の独特の詞とハイトーンボイスで紡がれる楽曲は、若い世代を中心に熱狂的な支持を受けており、尾崎世界観は音楽活動のみならず、執筆活動でも活躍中。また、昨年10月に現メンバー10周年を記念して、書籍「バンド」が刊行されるなど、いま最も勢いのあるバンドとして注目されています。

劇場版『どうにかなる日々』の本ビジュアル


(C)志村貴子/太田出版・「どうにかなる日々」製作委員会

この度、劇場版『どうにかなる日々』の本ビジュアルが発表されました。

本ビジュアルでは作中で取り上げられるキャラクターのカットが切り取られ、各キャラクターそれぞれが何かに想いを馳せているような繊細な仕上がりとなっています。

スポンサーリンク

劇場版『どうにかなる日々』の予告編

また、今回ビジュアルと合わせ解禁される予告編では、「どんな恋愛も、どんな人生も」「全部、間違いじゃない」というテロップに合わせ、各エピソードの、時に甘く時に痛みも感じさせるような繊細なシーンが切り取られました。

とともに、本作のために書き下ろされたクリープハイプによる主題歌「モノマネ」が登場人物たちに温かく寄り添い、本作の丁寧に紡がれる物語を彩ります。

劇場版『どうにかなる日々』の作品情報

(C)志村貴子/太田出版・「どうにかなる日々」製作委員会

【日本公開】
2020年(日本映画)

【原作】
志村貴子「どうにかなる日々」/太田出版 

【監督】
佐藤卓哉

【演出】
有冨興二 

【脚本】
佐藤卓哉、井出安軌、冨田頼子 

【キャラクターデザイン】
佐川遥

【色彩設計】
仲村祐栄(BeLoop) 

【美術コンセプト】
伊藤豊 

【美術監督】
齋藤幸洋 

【撮影監督】
髙津純平 

【編集】
長谷川舞(editz)

【アニメーション制作】
ライデンフィルム京都スタジオ 

【声のキャスト】
花澤香菜、小松未可子、櫻井孝宏、山下誠一郎、木戸衣吹、石原夏織、ファイルーズあい、早見沙織、島崎信長、田村睦心、天崎滉平、白石涼子

劇場版『どうにかなる日々』のあらすじ

(C)志村貴子/太田出版・「どうにかなる日々」製作委員会

誰かを想う日常は、ときに甘くて、ときに痛い。そんな、なるようにしかならない日々も、きっと、いつか。

元恋人の結婚式、男子校の先生と生徒、心と身体の変化を迎える思春期の幼馴染。誰が相手でも、どんな形でも、全ての恋と生き方には同等の価値があるんです。そして、不器用に誰かを想った日々は、きっといつか愛しい思い出になります。

そんな“誰かの恋”を優しく見守り、温かく描くオムニバスショートストーリー集。

まとめ

(C)志村貴子/太田出版・「どうにかなる日々」製作委員会

映像作品の劇伴音楽を担当するのはこれが初めてというクリープハイプ。本作のために書き下ろされた主題歌「モノマネ」が、クリープハイプらしい切なくも疾走感あふれる楽曲となっており、本作の世界に華を添えています。

また、本作の前売り特典第二弾として、原作・扉絵ポストカード4枚セットが決定。新ビジュアル&予告編とともに3月20日(金)から全国の上映劇場に登場します。

劇場版『どうにかなる日々』は2020年10月23日(金)全国公開です。

関連記事

新作映画ニュース

【Cinemarcheへの広告掲載の問い合わせ】映画ファンや観客の手元にダイレクトな情報を届ける

映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche」への広告掲載 邦画・洋画を愛する観客ユーザーさんが、映画をより楽しむための感想情報を得たいと、アクセスする「Cinemarche:シネマル …

新作映画ニュース

映画『スケート・キッチン』あらすじとキャスト・公開日も。実在の女性ボーダー達が出演!

マンハッタンの“いま”をスタイリッシュに駆け抜ける いま世界が注目するガールズスケートクルー「スケート・キッチン」。 彼女たちを主演に迎えた話題の映画『スケート・キッチン』が2019年5月10日(金) …

新作映画ニュース

映画『初恋』キャストのモニカ・桜井ユリ役は小西桜子【演技評価とプロフィール】

映画『初恋』は2020年2月28日より全国公開! 日本での公開に先駆けて、2019年9月27日から全米で公開されました映画『初恋』。 監督を務めるのは『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』『十三人の刺客』 …

新作映画ニュース

稲垣吾郎/二階堂ふみ/手塚眞が映画『ばるぼら』舞台挨拶に登壇!配信で全国65劇場にて生中継

映画『ばるぼら』公開記念舞台挨拶決定! 手塚治虫禁断の問題作を実写化した稲垣吾郎、二階堂ふみW主演映画『ばるぼら』。 映画『ばるぼら』は、2020年11月20日(金)よりシネマート新宿、ユーロスペース …

新作映画ニュース

映画『よこがお』筒井真理子×池松壮亮ら舞台挨拶に登壇。公開舞台挨拶会リポート

ロカルノ国際映画祭での反応に期待 『淵に立つ』の深田晃司監督と筒井真理子が再びタッグを組み、世界を目指すヒューマンストーリー『よこがお』。 (c)Cinemarche 2019年7月27日(土)に東京 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学