Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

韓国映画『代立軍 ウォリアーズ・オブ・ドーン』あらすじ。シネマートにて公開決定!

  • Writer :
  • かりごめあき

男たちの悲哀に満ちたストーリーと壮絶なアクションシーンに心を揺さぶられる歴史大作!

韓国映画『代立軍 ウォリアーズ・オブ・ドーン』の公開が2018年11月シネマート新宿、シネマート心斎橋にて決定しました。

あわせて解禁された画像2点と、あらすじをご紹介します!

スポンサーリンク

映画『代立軍 ウォリアーズ・オブ・ドーン』の公開決定

『代立軍ウォリアーズ・オブ・ドーン』の公開が2018年11月よりシネマート新宿、シネマート心斎橋にて決定し、あわせて画像2点が解禁されました!

韓国のアカデミー賞とも言われる大鐘賞で15部門受賞した大ヒット作『王になった男』でイ・ビョンホンが演じるなど、度々ドラマや映画で映像化されてきた李氏朝鮮第15代王・光海君。本作では、戦争により若くして国の命運を託されることとなり、やがてリーダーとしての資質に目覚めていく光海の姿が描かれています。

光海を演じたのは『ファイ 悪魔に育てられた少年』のヨ・ジング。そして光海を護衛する代立軍のリーダーとしてカリスマ性を発揮するのは『オペレーション・クロマイト』『観相師-かんそうし-』のトップ俳優イ・ジョンジェ。さらに『神弓-KAMIYUMI-』のキム・ムヨル『愛のタリオ』のイ・ソムら豪華キャストが集結。

『マラソン』で世界中を涙に沈めた名匠チョン・ユンチョル監督の下、国から捨てられた王子と、生きるために戦いに身を投じるしかなかった男たちの悲哀に満ちたストーリー、そして壮絶なアクションシーンが観る者の心を熱く揺さぶる歴史大作が結実しました。

解禁された画像2点はこちら


© 2017 TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.


© 2017 TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.

映画『代立軍 ウォリアーズ・オブ・ドーン』の作品情報

【公開】
2018年(韓国映画)

【原題】
대립군(英題:WARRIORS OF THE DAWN)

【監督・脚本】
チョン・ユンチョル

【キャスト】
イ・ジョンジェ、ヨ・ジング、キム・ムヨル、イ・ソム、キム・ミョンゴン、パク・ウォンサン、ペ・スビン

【作品概要】
大ヒット作『王になった男』でイ・ビョンホンが演じるなど、度々映像化されてきた李氏朝鮮第15代王・光海君の若かりし頃を描いた歴史大作。

『ファイ 悪魔に育てられた少年』のヨ・ジング、『オペレーション・クロマイト』のイ・ジョンジェほか、キム・ムヨル、イ・ソムら豪華キャストが集結。

監督は、長編デビュー作である『マラソン』(2005)で世界中を涙に沈めた名匠チョン・ユンチョル。

スポンサーリンク

映画『代立軍 ウォリアーズ・オブ・ドーン』のあらすじ

1592年に壬辰倭乱が勃発し、王である宣祖は若き後継者である光海(ヨ・ジング)にその責務を押し付け、都を捨て明へと避難します。

残された光海は王の代わりに朝廷を率い、義兵を集めて戦うため遠方の江界へ向かうことになりました。彼の護衛をすることになったのは、生活のために他人の軍役を代わりに担う「代立軍」と呼ばれる農民たち。戦渦の中で運命を共にすることになった光海と代立軍。

敵からの攻撃は激烈を極め、命の危険を感じた仲間たちからの反対の声が高まるなか、代立軍のリーダーであるトウ(イ・ジョンジェ)は最後まで光海を守り抜くことを決断します。

はじめは粗野で乱暴なトウに反発していた光海も、本気で国を守ろうとするその姿に心を打たれ次第に2人は強い絆で結ばれてゆくが、その先にはさらなる激戦が彼らを待ち受けていました…。

まとめ

韓国映画『代立軍 ウォリアーズ・オブ・ドーン』の公開が決定し、画像2点が解禁されました。

国を捨てた王に代わり、軍と朝廷を率いる光海を演じたヨ・ジングは、8歳でデビュー後、数々の映画やドラマに出演している現在21歳の若手実力派俳優

そして、光海と運命を共にし、残酷な戦争に立ち向かう代立軍のリーダーを演じたイ・ジョンジェは、近年韓国で社会現象を巻き起こすほどの大ヒット作に立て続けに出演している韓国映画界のトップスター

この度解禁された画像には、ヨ・ジングとイ・ジョンジェが向かいあう姿も収められており、人気俳優の共演に期待が高まりますね!

韓国映画『代立軍 ウォリアーズ・オブ・ドーン』は2018年11月シネマート新宿、シネマート心斎橋にてロードショーです!

お楽しみに!

関連記事

新作映画ニュース

韓国映画『8番目の男』あらすじ。キャストのヒョンシクが法廷で戦う予告編とポスタービジュアルが解禁!

2008年に韓国で初めて導入された国民参与裁判。 陪審員に選ばれた8人、事件は証拠も証言も揃っていたはずでした。 大人気若手俳優パク・ヒョンシクが華麗に長編スクリーンデビューを飾り、ベテラン女優ムン・ …

新作映画ニュース

香取慎吾&リリー・フランキー映画『凪待ち』予告編解禁!白石組に再結束と男の色気

映画『凪待ち』は、2019年6月28日(金)よりTOHOシネマズ日比谷はか全国ロードショー! 白石和彌×香取慎吾の両雄が初タッグを組んで制作された映画『凪待ち』。 「3・11」を経験した宮城県石巻市を …

新作映画ニュース

貫地谷しほり映画『夕陽のあと』あらすじとキャスト。鹿児島長島町が撮影地の人間ドラマは11月公開決定!

選択と決断の狭間で生まれる希望“家族”とは何か。 養子縁組と血のつながり、悲願と現実を描き出すドラマが誕生しました。  ©2019長島大陸映画実行委員会 『海辺の生と死』(2017)も記憶に新しい越川 …

新作映画ニュース

中国映画『芳華 Youth』純愛ラブストーリーと青春の苦味を閉じ込めた本編映像解禁。時代を生き抜いた若者の姿を逞しく描く

中国では公開から1ヶ月で約230億円突破の大ヒットを記録! 『唐山大地震』(2015)『戦場のレクイエム』(2009)など中国を代表する巨匠フォン・シャオガン監督。 2019年4月12日(金)より公開 …

新作映画ニュース

映画『ベルイマン島にて』あらすじ/キャスト/上映館。ミア・ハンセン=ラブ監督最新作はベルイマンが愛した島を舞台に描く

北欧の夏時間が、映画監督カップルにもたらすものとは!? 今や名実ともにフランスを代表する女性監督のミア・ハンセン=ラブ。本作『ベルイマン島にて』は、彼女自身が熱狂的ファンであるイングマール・ベルイマン …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学