Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『クローゼット(2020)』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。実話をもとに現代日本の孤独を描く人間ドラマ

  • Writer :
  • 石井夏子

ソーシャルディスタンス時代の今だからこそ。
孤独を抱え、SOSを出せない大人たちの必見ドラマ。

若い女性が歌舞伎町のビルで飛び降り自殺した実話をもとに、「日本駆け込み寺」や毎日聞記者等に綿密な取材を重ね、制作された進藤丈広監督作『クローゼット』

ネクストブレイク間違いなしの優三濃川陽介、栗林藍希ら若手キャストと、草村礼子、渡辺いっけいといったベテラン俳優の演技合戦も見どころのひとつ。

2020年10月30日(金)よりテアトル新宿、11月6日(金)より大阪・シネリーブル梅田にて公開となる映画『クローゼット』の魅力をお伝えします。

スポンサーリンク

映画『クローゼット』について

(C)2020映画【クローゼット】製作委員会

本作は、交通事故で男性機能が不能になった男・ジンを主人公として、心のSOSを周りに出せない孤独と、寄り添うことをテーマにした人間ドラマです。

映画『ヌヌ子の聖★戦〜HARAJUKU STORY〜』(2018)の進藤丈広監督が繊細に物語を紡ぎます。

「人生、詰んだ…」。若い女性がそう言い残し歌舞伎町のビルから飛び降り自殺した実話などをもとに、「日本駆け込み寺」や新聞記者等に綿密な取材を重ね、「決して忘れてはいけないものは何か」と観客に問いかける作品となりました。

キャストには、2度のオーディションを勝ち抜いた俳優たちが多数出演。主人公の「JIN」役には三濃川陽介、Wヒロインを栗林藍希と新井郁が務めます。

(C)2020映画【クローゼット】製作委員会

ネクストブレイク必至の若い俳優たちや映画・ドラマ・舞台等で活躍する実力派俳優たちが、真摯な思いを込めて生き生きと熱演し、ストーリーを牽引します。

また、ベテランの草村礼子、渡辺いっけいが静かな存在感を出しました。

進藤丈広監督のコメント

参考:進藤丈広監督のツイッター

本作公開に際し、進藤丈広監督は以下のようにコメントしています。

添い寝屋という稼業を通して、現代様々な悩みを抱えた普通人々を描いています。そもそも、どうして添い寝屋という仕事が存在するか?SNSが普及し、人間関係が希薄になった現代だからこそ、生まれた映画だと思っています。

進藤丈広監督のプロフィール

本作で監督を務めた進藤丈広(しんどうたけひろ)は、1984年生まれ、東京都出身

日本映画学校を卒業後、深川監督作品の『神様のカルテ』『ガール』や、⻘山真治監督『共喰い』、パク・チャヌク監督「お嬢さん』など、助監督として数多くの映画に参加します。

2016年には、自主制作『敏感に喜ぶ』で福岡インディペンデント映画祭で優秀作品賞受賞、TAMA NEW WAVEある視点部門入選

2017年、Amazonプライムドラマ『チェイス第一章」1、4、7話を監督して商業デビューを果たし、2018年11月『ヌヌ子の聖★戦〜HARAJUKU STORY〜』が⻑編映画デビューとなりました。

『ヌヌ子の聖★戦〜HARAJUKU STORY〜』は2018年11月9日(金)に渋谷シネクイントで先行公開、満を持して11月16日(金)に全国ロードショーを迎えると、ネットでの作品の口コミもあり、2週目の週末興収が初週の2倍強を記録

閑古鳥が鳴いていた郊外の映画館にも人が入り、東京集中ではなく、全国でその現象が起きたといいます。

スポンサーリンク

映画『クローゼット』の作品情報

(C)2020映画【クローゼット】製作委員会

【日本公開】
2020年(日本映画)

【監督】
進藤丈広

【脚本】
澤田文

【キャスト】
三濃川陽介、栗林藍希、新井郁、尾関伸次、永嶋柊吾、篠田諒、青柳尊哉、宮下かな子、中込佐知子、渡部遼介、中村祐、美子、水島麻理奈、門下秀太郎、工藤孝生、碓井玲菜、安野澄、枝川吉範、井上賢嗣、白畑真逸、飛磨、正木佐和、草村礼子、渡辺いっけい

映画『クローゼット』のあらすじ

(C)2020映画【クローゼット】製作委員会

交通事故で“男性機能“が不能になった男性「JIN」。一生女性とSEX出来ず子どもも作れません。

悔恨、無念、絶望、葛藤、孤独…。絶望した彼は婚約者から黙って逃げて東京にやって来ます。

彼がたどり着いた場所は、添い寝屋。そこは10代~70代までの男女のお客が来る人間交差点でした。
 
癒しを求め、孤独感を抱えた人々がたどり着く場所。お客が心に抱えるのは孤独感。

(C)2020映画【クローゼット】製作委員会
 
30歳のSEXがしたい処女、10歳も年下の男性に恋する36歳の派遣社員、19歳のホストクラブに嵌った女子大生、恋人に死なれた50代のゲイ、「死を看取って欲しい」という80代の老女、家庭生活に孤独を感じている40代の主婦、職場で一生懸命に人の命を救う看護師。

傍目には幸せに見える生活の中で、周りの人に心のSOSを出せない大人たち。

彼女、彼らと巡りあい、救いようの無い孤独感と絶望感を抱えたJINは、静かに自分を取り戻してゆきます。

ある日、「一緒に死んでくれる?」と乞われたJINの選択は…?

スポンサーリンク

まとめ

(C)2020映画【クローゼット】製作委員会

ぬかるみにはまっても、「楽しいよ」と浮かれて見せる若い人たち。年齢を重ねるごとに弱音を吐けなくなり笑顔の裏で孤独感を拭い去れない大人たち。

そして傍目には幸せに見える生活の中で、周りの人に【心のSOS】を出せない人、人、人。

綿密な取材をもとに、現代日本に巣食う心の穴に繊細にかつ静かに迫った「ソーシャルディスタンス時代の今」だからこそ決して忘れてはいけないドラマが生まれました。

30年の歴史あるアメリカ・シネクエスト映画祭をはじめイギリス・フ ランス・イタリア・ロシア、アジアなど世界各国の国際映画祭を席巻している話題作がついに劇場公開を迎えます。

映画『クローゼット』は、2020年10月30日(金)よりテアトル新宿、11月6日(金)より大阪・シネリーブル梅田にて公開です。


関連記事

新作映画ニュース

映画『ドンテンタウン』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。佐藤玲×笠松将が青春ムービーを紡ぐ!

若手実力派・佐藤玲✖︎今、最も旬な俳優・笠松将W主演! 音楽×映画の祭典「MOOSIC LAB2019」にて、長編部門準グランプリを受賞した映画『ドンテンタウン』。 佐藤玲、笠松将をW主 …

新作映画ニュース

お笑いコントライブYouTube生配信!そんたくズ結成3周年記念は“過激な毒笑アートが魅力”

2020年開催の「岡本太郎現代美術大賞」が認めたコントがあった! 若手コント芸人「そんたくズ」がYouTubeを使い生配信する、コンビ結成3周年記念コントライブが、まもなく生配信されます。 そんたくズ …

新作映画ニュース

『寝ても覚めても』あらすじと感想。玄理×中井圭(映画解説者)のトークイベントから

同じ顔をした2人の男の間で揺れる女の8年間の思いを描き出し、恋に落ちた時の甘さ、せつなさ、苦しさとともに、先の読めないスリリングさを併せ持つ“大人の恋愛映画”の傑作。 映画『寝ても覚めても』は、9月1 …

新作映画ニュース

映画『時の行路』あらすじ/キャスト/公開日。実話の非正規雇用問題を神山征二郎監督30本目の記念作として送り出す!

「非正規」で働く人々の現在を通して日本の未来を問う問題作。 「派遣切り」に立ち向かう父と家族と仲間たちの希望の物語。 『ハチ公物語』(1987)や『遠き落日』(1992)などで、人間の姿を真摯に描いて …

新作映画ニュース

ガス・ヴァン・サント監督の来日決定!映画『ドント・ウォーリー』コメントも【ヒューマントラストシネマ渋谷】

ガス・ヴァン・サント監督3年ぶりの新作映画、ホアキン・フェニックス主演『ドント・ウォーリー』が2019年5月にヒューマントラストシネマ有楽町・ヒューマントラストシネマ渋谷・新宿武蔵野館他にて全国順次公 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学