Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/12/10
Update

ケネスブラナー映画『シェイクスピアの庭』あらすじとキャスト。公開日は2020年3月6日で劇作家の晩年を描く

  • Writer :
  • 石井夏子

“シェイクスピア俳優”ケネス・ブラナーが満を持して映画化。

没後400年以上を経て、今もなお愛され続ける幾多の名作を世に送り出した英国の偉大な文豪、ウィリアム・シェイクスピア(1564年-1616年)。


(C)2018 TKBC Limited. All Rights Reserved.    

舞台『ヘンリー八世』上演中にグローブ座を焼き尽くした大火災の後に断筆したシェイクスピアの、知られざる最期の日々を描いた映画『All is True』

日本上映用の邦題を『シェイクスピアの庭』と改め、2020年3月6日(金)より公開することが決定しましたのでお知らせいたします。

スポンサーリンク

映画『シェイクスピアの庭』について

参考:本国版『All is True』のツイッター

才能に溢れたシェイクスピアは、なぜ49歳の若さで引退したのか?」という、ケネス・ブラナーの抱いた疑問から生まれた本作。

断筆したシェイクスピアがロンドンを去り、故郷ストラットフォード・アポン・エイヴォンで過ごした人生最期の3年間にスポットをあて、知られざる“人間シェイクスピア”を描きだした心揺さぶる感動作となりました。

監督・主演を務めるのは、ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー出身で、舞台はもちろん、『ヘンリー五世』(1989)、『から騒ぎ』(1993)、『ハムレット』(1996)など監督・主演として映画でもシェイクスピア作品と深く関わってきたケネス・ブラナー

シェイクスピアの妻アン役には、『恋に落ちたシェイクスピア』で米アカデミー賞助演女優賞に輝き、2016年ローレンス・オリヴィエ賞で史上最多8度目の受賞を果たした大女優ジュディ・デンチ

映画・演劇・TVドラマなどでゴールデングローブ賞やトニー賞など60以上の受賞歴をもつ「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズの名優イアン・マッケランがシェイクスピアの『ソネット集』の“美青年”のモデル、サウサンプトン伯爵に扮し、デイムとサーの称号を持つ英国演劇界のレジェンド二人が圧倒的存在感で脇を固めています。

また、『ある公爵夫人の生涯』(2009)で米アカデミー賞を獲得したマイケル・オコナーが衣装を手掛け、『ハムレット』『いつか晴れた日に』(1995)で米アカデミー賞候補となったパトリック・ドイルが音楽を担当しました。

映画『シェイクスピアの庭』の作品情報

【日本公開】
2020年(イギリス映画)

【原題】
All Is True

【監督】
ケネス・ブラナー

【脚本】
ベン・エルトン

【キャスト】
ケネス・ブラナー、ジュディ・デンチ、イアン・マッケラン、キャスリン・ワイルダー、リディア・ウィルソン

【作品概要】
書いた戯曲は今なお世界で読まれ、上演され続けているにも関わらず、謎に包まれたウィリアム・シェイクスピアの人生の終幕について描いたドラマです。

ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー出身で数々のシェイクスピア劇に出演してきたケネス・ブラナーが、満を持してウィリアム・シェイクスピアを演じ、監督も務めました。

ジュディ・デンチ、イアン・マッケランといったベテラン俳優が物語に説得力を与えています。

スポンサーリンク

映画『シェイクスピアの庭』のあらすじ

1613年、ロンドン。

舞台『ヘンリー八世』上演中に、劇場グローブ座が全焼。

ウィリアム・シェイクスピアは妻のアン・ハサウェイと共に、故郷であるストラットフォードに帰ってきます。

劇作家ウィリアム・シェイクスピアの人生の最後の3年間とは…。

まとめ

参考:本国版『All is True』のツイッター

キャスト・スタッフともに名だたる才能が集結し、「シェイクスピアの晩年を描く初めての映画」というケネス・ブラナーの“悲願のプロジェクト”を完成させました。

文豪シェイクスピアの知られざる最期の日々を描いた『シェイクスピアの庭』は2020年3月6日(金)より、全国順次ロードショーです。

続報にご期待ください。

関連記事

新作映画ニュース

映画『痛くない死に方』あらすじ。キャストに柄本佑を迎え高橋伴明監督が在宅医療と向き合う

映画『痛くない死に方』クランクイン! 現在宅医療のスペシャリストであり実際に尼崎市で在宅医として活躍をされている長尾和宏のベストセラー『痛くない死に方』『痛い在宅医』が、『禅 ZEN』(2008)『赤 …

新作映画ニュース

映画『グッドバイ』キャストの永井キヌ子役は小池栄子【演技評価とプロフィール】

映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇』は2020年2月14日より全国公開! 『走れメロス』、『人間失格』などの代表作を発表し、2019年に生誕110年を迎えた昭和の文豪・太宰治。 太宰治の未完の遺 …

新作映画ニュース

映画『とびだせ!ならせ!PUI PUI モルカー』内容/予告編動画/公開日/上映館。人気キャラクターが劇場デビュー!

映画館デビューしたモルカーたちが“プイプイ”大騒ぎ! テレビ東京系「きんだーてれび」で人気爆発したモルカーたちのモフモフ可愛い魅力がスクリーンから飛び出します! (C)見里朝希JGH・シンエイ動画/モ …

新作映画ニュース

映画祭『カリコレ2021』開催日/上映作品情報。話題の新作ホラーやロバートアルトマン代表作などラインナップ発表【カリテ・ファンタスティック!シネマ・コレクション】

カリテ・ファンタスティック!シネマ・コレクション2021 ミニシアター“新宿シネマカリテ”が贈る魅惑の映画祭「カリテ・ファンタスティック!シネマ・コレクション 2021」 (略して『カリコレ2021』 …

新作映画ニュース

映画『リヴァプール、最後の恋』あらすじとキャスト。感動の実話ラブストーリー

イギリスの俳優ピーター・ターナーが1987年に発表した同名の回顧録を映画化した『Film Stars Don’t Die in Liverpool』。 日本公開に向けて邦題を『リヴァプール、最後の恋』 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学