Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/10/31
Update

ビートルズ映画『ハード・デイズ・ナイト』の公開日は11月22日。アップリンク渋谷・吉祥寺などで上映!

  • Writer :
  • 石井夏子

『ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!』改め『ハード・デイズ・ナイト』が上映決定。

©Bruce & Martha Karsh

2019年の秋はアルバム『アビイ・ロード』の発売50周年、話題の映画『イエスタデイ』の公開など、ザ・ビートルズ関連情報が巷を賑わしています。

そして、1964年に公開されて以来、いまだ音楽映画の傑作として語られるザ・ビートルズの主演映画作品『ハード・デイズ・ナイト』が公開55周年を記念して全国各地の映画館で上映されます。

2019年11月22日(金)よりアップリンク渋谷・吉祥寺を皮切りに、全国で公開される本作についてお伝えします。

スポンサーリンク

映画『ハード・デイズ・ナイト』について

©Bruce & Martha Karsh

1964年の初公開から55年。音楽映画の傑作『ハード・デイズ・ナイト』が全国の映画館で上映されます。

本作の旧タイトルは『ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!』。

タイトル通り、公開当時の館内ではスクリーンに向けて絶叫が飛び交い、映画の中の4人に突進して、スクリーンを破ってしまったというエピソードも残されています。

撮影当時、メンバー全員が20代前半という若さゆえの爆発するような躍動感と珠玉のビートルズ・ナンバーは公開から半世紀以上が経つ今日でも色褪せることはありません。

世界的な成功を手中に収める直前、ハードなスケジュールをあわただしくこなしていくザ・ビートルズの一昼夜をドキュメンタリー・タッチで描いた永遠の名作です。

ぜひ、劇場でご鑑賞ください。

映画『ハード・デイズ・ナイト』のノミネート歴

1965年アカデミー賞:脚本賞、編曲賞(ジョージ・マーティン)ノミネート
1965年英国アカデミー賞:新人賞(ジョン、ポール、ジョージ、リンゴ)ノミネート
1965年グラミー賞:最優秀楽曲映画(ジョン&ポール)ノミネート

映画本編に流れるビートルズ・ナンバー

参考映像:「ア・ハード・デイズ・ナイト」のミュージックビデオ

映画本編で流れる数々のビートルズ・ナンバーの一部をご紹介します。

ア・ハード・デイズ・ナイト、恋する二人、アイ・ウォナ・ビー・ユア・マン、ドント・バザー・ミー、オール・マイ・ラヴィング、恋におちたら、キャント・バイ・ミー・ラヴ、アンド・アイ・ラヴ・ハー、すてきなダンス、リンゴのテーマ、テル・ミー・ホワイ、シー・ラヴズ・ユー ほか。

曲名を見ただけでも心躍るラインナップとなっています。

スポンサーリンク

映画『ハード・デイズ・ナイト』の作品情報

©Bruce & Martha Karsh

【製作】
1964年(イギリス映画)

【日本公開】
2019年

【原題】
A Hard Day’s Night

【監督】
リチャード・レスター

【脚本】
アラン・オーエン

【音楽監督】
ジョージ・マーティン

【キャスト】
ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スター、パティ・ボイド

【クレジット】
© HDN, LLC. All Rights Reserved.
Exclusively licensed to TAMT Co., Ltd. for Japan

【配給】
シンコーミュージック・エンタテイメント

【提供】
タムト

【作品概要】
アラン・オーエンのシナリオを、リチャード・レスターが演出した、ビートルズの生活を描いたセミ・ドキュメントの青春ドラマ。

撮影はギルバート・テイラー、音楽はジョージ・マーティンが担当しました。製作はウォルター・シェンソン。

出演はビートルズのメムバー、ポール・マッカートニー、ジョン・レノン、ジョージ・ハリソン、リンゴ・スター。ほかにウィルフリッド・ブランビル、ノーマン・ロシングトン、ジョン・ジャンキンなど。

1964年に日本公開された当時の邦題は『ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!』でした。

映画『ハード・デイズ・ナイト』のあらすじ

©Bruce & Martha Karsh

常に熱狂的なファンに追いかけられながら、コンサート会場とホテルを移動して仕事をこなすザ・ビートルズ。

今日も追いかけて来る熱狂的なファンの群を振り切り、列車に飛び乗るとポールの座席には、なぜかポールの祖父が座っていました。

仕方なく行動を共にしますが、祖父の悪戯でトラブルが続出。

リンゴはそそのかされ、公開テレビ番組での収録があるにもかかわらず、カメラ片手に街に飛び出してしまいます。

本番まであと数十分、戻ってこないリンゴを探しに行く、ジョン、ポール、ジョージの3人。

本番まであとわずか、果たしてビートルズの4人は無事ライヴを行うことができるのでしょうか…。

スポンサーリンク

映画『ハード・デイズ・ナイト』の上映情報

©Bruce & Martha Karsh

【東京都・アップリンク渋谷】11月22日(金)~ 

【東京都・アップリンク吉祥寺】11月22日(金)~

【長野県・上田映劇】11月26日(火)~12月8日(日)

【愛知県・名古屋シネマテーク】12月14日(土)~12月30日(月)

【神奈川県・横浜シネマリン】12月21日(土)~

【富山県・ほとり座】12月21日(土)~

【大阪府・第七藝術劇場】12月21日(土)~

【兵庫県・神戸ビレッジセンター】2020年1月11日(土)~24日(金)

【栃木県・宇都宮ヒカリ座】2020年1月25日(土)~2月7日(金)

【茨城県・あまや座】近日公開

【静岡県・シネマイーラ】近日公開

【新潟県・高田世界館】12月公開

【京都府・京都みなみ会館】近日公開

【宮崎県・宮崎キネマ館】近日公開

※上記情報は10月29日現在のものです。
※詳細につきましては公式サイトをご覧ください。

まとめ

©Bruce & Martha Karsh

ザ・ビートルズの魅力が詰め込まれた主演映画『ハード・デイズ・ナイト』が再び銀幕を揺らします。

映画『ハード・デイズ・ナイト』は公開55周年を記念して、2019年11月22日(金)よりアップリンク渋谷・吉祥寺を皮切りに全国各地の映画館でロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

【大阪アジアン映画祭2020情報】オープニング上映は『夕霧花園』 /クロージングは『蒲田前奏曲』に決定!

第15回大阪アジアン映画祭開催情報 オープニング作品、クロージング作品決定! 2020年3月6日(金)から3月15日(日)まで開催される第15回大阪アジアン映画祭。 (c)大阪アジアン映画祭 オープニ …

新作映画ニュース

映画『葵ちゃんはやらせてくれない』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。いまおかしんじ最新作は切ないタイムスリップラブストーリー

死んでもタイムスリップして“あの子”とヤリたい! SF×エロス×青春×ラブロマンスの傑作が誕生。 『UNDERWATER LOVE おんなの河童』『れいこいるか』『こえをきかせて』など、幅広いジャンル …

新作映画ニュース

映画『ギャングスタ』あらすじとキャスト。上映劇場情報【ワールド・エクストリーム・シネマ2018】

アムステルダムの麻薬王・コロンビアのカルテル、泥沼の麻薬抗争に巻き込まれていく幼馴染のチンピラ4人組を描いた映画『ギャングスタ』。 10月20日(土)より ヒューマントラストシネマ渋谷「ワールド・エク …

新作映画ニュース

ポン・ジュノ映画『パラサイト 半地下の家族』あらすじとキャスト。2020年1月に日本公開決定!

第72回カンヌ国際映画祭“最高賞”パルムドール受賞! 第72回カンヌ国際映画祭最高賞パルムドールを受賞したポン・ジュノ監督最新作『PARASITE』(英題)の日本公開タイトルが『パラサイト 半地下の家 …

新作映画ニュース

映画『アイの歌声を聴かせて』あらすじ/特報動画。声優キャスト土屋太鳳×福原遥×工藤阿須加が友情と歌でつながる絆を描いたアニメに命を吹き込む

声優キャストに土屋太鳳×福原遥×工藤阿須加 『サカサマのパテマ』で文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞、『イヴの時間』で東京国際アニメフェアOVA部門優秀作品賞を獲得した吉浦康裕が原作・監督・ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学