Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/12/13
Update

シアーシャ・ローナン映画『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』あらすじとキャスト。2020年初夏公開のグレタ・ガーウィグ監督作とは

  • Writer :
  • 大塚まき

アカデミー賞5部⾨にノミネートされた『レディ・バード』の監督とアカデミー賞受賞の豪華キャストが集結︕

19世紀を代表する⼥性作家、ルイザ・メイ・オルコットの⾃伝的⼩説「若草物語」。

あのマーチ家四姉妹の中で活発で信念をまげない作家志望の次⼥・ジョーの視点から描かれた『Little Women(原題)』

そしてこの度発表された第77回ゴールデン・グローブ賞ではシアーシャ・ローナンが⾒事主演⼥優賞にノミネートされた本作の邦題が『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』として、2020年初夏に⽇本公開されることが決定されました。

あわせてシーン写真1点が解禁されましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

映画『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』について

参考動画:『レディ・バード』予告編

南北戦争時代を舞台に⼒強く⽣きるマーチ家の四⼈姉妹の絆と成⻑をハートフルに描いた「若草物語」は、幾度となく映画化され現代に⽣きる私たちに多くの勇気とインスピレーションを与え続けてきました。

そんな世界中から愛される物語を『レディ・バード』(2017)でアカデミー賞〈監督賞〉をはじめ5部⾨ノミネート、その類まれなる表現⼒で映画界に新⾵を巻き起こしたグレタ・ガーウィグ監督が斬新にみずみずしく、モダンに⽣まれ変わらせました。

マーチ家の四姉妹。美しくてしっかりものの⻑⼥メグ、活発で信念をまげない作家志望の次⼥ジョー、内気で繊細なピアニストの三⼥ベス、⼈懐っこいが頑固な末っ⼦エイミー。

あまりにも有名な四姉妹の物語の中で、本作は作家志望のジョーにフォーカスをあて、しかも幼少期からではなく成⻑し⼤⼈になった姿から構成されています。

“誰も愛さない…作家として⽣きる”と⾃分が信じた道を進むために、⽴ちはだかる障害や⼼の葛藤をエモーショナルかつ⼤胆で繊細に描かれています。

映画『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』のキャスト紹介


映画『Little Women』

旬な若⼿からアカデミー賞常連の名優まで、豪華スタッフとキャストが集結したことも話題の本作。

主⼈公ジョー役を演じるのは25歳という若さで既にアカデミー賞の常連と呼ばれる天才⼥優シアーシャ・ローナンが抜擢されました。

ジョーのソウルメイトであり彼⼥に愛を告⽩するローリー役には『君の名前で僕を呼んで』(2017)で世界中から注⽬と賞賛を集め、今もっとも注⽬されるイケメン実⼒派俳優ティモシー・シャラメ

本作で『レディ・バード』の監督と2⼈の出演キャストが再結集したことも⼤きな話題となりました。

さらに⻑⼥のメグ役は「ハリー・ポッター」シリーズのエマ・ワトソン、三⼥のベス役はHBOで放送された『シャープ・オブジェクツ』のエリザ・スカンレン、そして常に⾃問する頑固で有名な、家族の末っ⼦エイミー役を期待の新星フローレンス・ピューが演じました。

ベテランのローラ・ダーンがマーチ家の愛されてやまない愛情豊かな尊き⺟親を好演し、さらにアカデミー賞の常連、名⼥優のメリル・ストリープが四姉妹の裕福なマーチ叔⺟役で、ジョーの⼈⽣に⼤きな影響を与える⼈物として登場します。

スポンサーリンク

映画『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』の場面写真

本記事冒頭に掲載した、この度解禁となった場面写真は、成長した主人公・ジョーが街並み中を駆け抜けていくシーンがお披露目されました。

女性が街中を走ることなど、許されなかったであろう時代に、大胆にもスカートを翻し、颯爽と駆け抜ける姿が活発で自らの手で人生を切り開いていこうとする主人公を想像させるようなシーンとなっています。

映画『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』の作品情報

映画『Little Women』

【日本公開】
2020年(アメリカ映画)

【原題】
Little Women

【監督・脚本】
グレタ・ガーウィグ

【キャスト】
シアーシャ・ローナン、ティモシー・シャラメ、フローレンス・ピュー、エリザ・スカンレン、エマ・ワトソン、ローラ・ダーン、メリル・ストリープ

【作品概要】
監督は⻑編映画監督デビュー作にしてアカデミー賞主要5部⾨にノミネートされ⼤きな話題を呼んだ『レディ・バード』のグレタ・ガーウィグ。

⾳楽は『グランド・ブダペスト・ホテル』(2014)『シェイプ・オブ・ウォーター』(2018)のアレクサンドル・デスプラ。

⾐装デザインは『アンナ・カレーニナ』(2013)でアカデミー賞受賞したジャクリーン・デュランが⼿掛けました。

撮影はオリヴィエ・アサイヤスやルカ・グァダニーノら、名だたる⻤才監督と仕事をしてきたヨリック・ル・ソーが務めています。

スポンサーリンク

映画『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』のあらすじ

⼥性がアーティスト=表現者として成功をつかむことが難しかった時代に、作家になる夢を持ち続ける⼀途でまっすぐな⼥性ジョー(シアーシャ・ローナン)。

性別によって決められてしまう⼈⽣を乗り越えようと、想いを寄せる幼馴染のローリー(ティモシー・シャラメ)からのプロポーズにも応じずひたすら夢を追い続けますが…。

まとめ

参考:映画『Little Women』の公式ツイッター

https://twitter.com/LittleWomen/status/1204829927964438528

本作は、主人公・ジョーを通して⼥性にとっての結婚、仕事、⼈⽣の選択肢、そして“⾃分らしさとは何なのか︖”という現代を⽣きるわたしたちの中にもある普遍的なテーマを瑞々しくとらえています

映画『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』は、2020年初夏ロードショーです。

ぜひ続報にもご注目ください。



関連記事

新作映画ニュース

映画『孤狼の血LEVEL2』キャストの花田優(まさる)役は早乙女太一。演技評価とプロフィール!

映画『孤狼の血LEVEL2』は2021年8月20日より全国ロードショー 白石和彌監督による『孤狼の血』の続編、松岡桃李主演の『孤狼の血LEVEL2』が2021年8月20日より全国公開されます。 『凶悪 …

新作映画ニュース

夏菜映画『愛・革命』あらすじとキャスト。劇場舞台挨拶の開催日時情報【ユナイテッド・シネマ豊洲】

映画『愛・革命』は、夏菜、品川祐、でんでんら日本人キャストが多数出演し、ほぼ全編が日本語で展開される香港製アクションラブコメディです。 2015年に撮影され、2016年夏に完成した本作は、第3回新人監 …

新作映画ニュース

ドキュメンタリー『ようこそ映画音響の世界へ』日本公開日/上映館。ハリウッドの作り方や仕組みが明らかに!

あの音はどうやって作られたのか? ハリウッド100年の音の歴史がすべてある! 音楽、声、効果音など、映画を彩る様々な“音”はどのように作られ、どういった効果を生んでいるのか、映画音響の歴史を網羅した世 …

新作映画ニュース

『僕はイエス様が嫌い』あらすじ。サンセバスチャン国際映画祭への奥山監督の快挙

奥山大史監督の映画『僕はイエス様が嫌い』が第66回サンセバスチャン国際映画祭ニューディレクターズコンペティションに正式出品決定。 日本人として7年ぶり、かつ最年少の22歳でノミネートされた奥山大史監督 …

新作映画ニュース

『ジュラシック・ワールド 炎の王国』あらすじ。4DX特別映像解禁と劇場情報も

「ジュラシック・パーク」シリーズ最新作となる映画『ジュラシック・ワールド 炎の王国』が2018年7月13日に公開。 『ジュラシック・パーク』生誕25周年を迎える節目となった本作は、火山の大噴火というス …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学