Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

まとめ記事

Entry 2018/01/20
Update

【Cinemarche映画ライター紹介】窓下プロフィール

  • Writer :
  • Cinemarche編集部
  • 窓下

映画感想レビュー&考察サイトCinemarcheで、お薦め映画のスクリーン・ダイバーとして、作品の深掘り記事を書いているライターさんを紹介するコーナー。

今回は映画ライターの窓下さんの紹介になります。

スポンサーリンク

1.窓下のプロフィール

窓下(まどした)といいます。好きな映画のジャンルは戦争映画とスパイ系映画、何度も見たくなる映画は救われない映画とラブロマンス映画です。

今まで好きなように好きなジャンルだけとにかく見てきたため、見ている映画の偏りが激しく、2018年こそオールジャンル手広く見るぞ!と誓っておきながら毎年新年一発目にTSUTAYAで借りてみるのは大体『007』。

しかし今年は『007』ではなく『キングスマン』で映画初めをしました…って、結局スパイ映画じゃないか!

ライターを始めることで色んな作品に触れてもっと感性を豊かにしていきたいと闘志に燃えています。

2018年の窓下の映画ライフは、きっと一味違うものになるでしょう…!

救われない映画といえば。私の中で一番のトラウマの映画『炎628』。

ナチスが最大勢力を誇っていた時代に突然占領される小さな村の少年を主人公とした映画です。

この映画を見ながらしっぽりしようとビール片手に見ていたのですが、気づけばビールが喉を通らなくなり気分が悪くなるほどの映画でした。

全くと言っていいほどグロテスクな描写もないのですが、この映画の雰囲気、音楽、カメラワークすべてが「憎しみ」で出来ているような作りで今だ二度見ようとは思えない映画です。(褒めてる)

戦争映画の魅力はアクションでもなくグロ描写でもなく、静かにじわじわと、確実に気持ちを蝕んでいく不快な感覚だと私は思っています。

多くの戦争映画が「反戦」をメッセージとして作られているので当然ですね。現実から目を逸らさない時間だと思っていつも見させていただいています。

2.今年公開される期待の新作映画は?

『坂道のアポロン』2018年3月10日公開

漫画原作の映画はほとんど見ないことにしているのですが(どうしても不満点が出てしまうから)この作品は映像化してほしいと長らく願っていたのでとても楽しみです。

原作の大ファンで、原作の最終回は千太郎最高かよ…と小声で呟きながらしくしく泣いていた記憶があります。

長崎の実際にある場所が沢山出てくるので、はやくきれいな映像で見たいな~!もはや長崎が映っているだけで泣ける自信があります。

スポンサーリンク

3.もう一度観たい2017年に公開された映画は?

『T2トレインスポッティング』

2017年はあんまり時間を取ることが出来ず映画館に足を運んだ回数は少なかったのですが、一番印象に残っているのはなんだかんだ『T2トレインスポッティング2』。

やっぱり音楽が最高。予告編のトレーラーが出た段階でうっかりビリヤードしに行っちゃうくらい好き。

4.映画ライター:窓下さんの書かれた映画レビューの抜粋


【編集後記】
窓下さんは新しくCinemarceのメンバーとなられたライターのおひとりです。

不定期ではございますが、今後もCinemarcheのライターさんの自己紹介を掲載していく予定です。
各ライターさんをよろしくお願いします。(遠藤)

スポンサーリンク

Category : まとめ記事

Tags :

関連記事

まとめ記事

ジュリア・ロバーツ映画おすすめ5選!最新作を観る前にチェック!

(C)2016 Mothers Movie LLC 今やハリウッドを代表する名女優となったジュリア・ロバーツ。 多くの映画賞を受賞した実績もある、笑顔が素敵な人気女優です。 ジュリア・ロバーツは、19 …

まとめ記事

オードリー・ヘプバーン写真展の開催日時と会場。史上最高の美女とは

「とにかく人生を楽しむこと、幸せでいること。大事なのはそれだけ」 これは女優オードリー・ヘプバーンの言葉です。 今なお女性に最も人気の高い女優である彼女の写真展が2018年新春から開催されます。 オー …

まとめ記事

ウディ・アレン監督映画おすすめ5選!新作から過去作まで

毎年のように新作映画を発表している名匠ウディ・アレン監督。 これまでにアカデミー賞に史上最多の24回ノミネートされ、監督賞を1度、脚本賞を3度受賞している世界を代表する映画監督です。 2017年5月、 …

まとめ記事

今週公開おすすめ映画『羊の木』『アバウト・レイ 16歳の決断』邦画洋画そろえてご紹介

今週2月3日(土)公開のおすすめ映画を、邦画洋画家から1作品ずつまとめてご紹介します。 邦画は吉田大八監督の待望の『羊の木』。すでに前売券のクリアファイルはゲットしましたか。 またこちらも待ち望んでい …

まとめ記事

ティム・バートン監督映画おすすめ5選!バットマンからアリスまで

『チャーリーとチョコレート工場』や『アリス・イン・ワンダーランド』などで知られる鬼才ティム・バートン監督。 ファンタジーやホラーを基調とした独特の世界観やキャラクター造形が特徴で、世界中の人に愛される …

日本映画大学
ニューシネマワークショップ
東京国際映画祭|Tokyo International Film Festival
国内ドラマ情報サイトDRAMAP