Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

まとめ記事

Entry 2017/10/22
Update

デヴィッド・フィンチャー監督おすすめ映画5選【考察:登場人物の分析】

  • Writer :
  • すずき製菓

10月13日にNetflixオリジナルドラマ『マインドハンター』の配信が開始されました。製作総指揮は映画監督デイヴィッド・フィンチャーと、オスカー女優シャーリーズ・セロン。

フィンチャーは全10話のうち第1、2、9、10話で監督も兼ねています。彼がNetflixドラマの製作を務めるのは『ハウス・オブ.・カード 野望の階段』についで2度目となりました。

『マインドハンター』は1970年代後半のアメリカを舞台とするクライム・サスペンス。当時は、犯罪者の心理分析「犯罪プロファイリング」の黎明期。

連続する猟奇的殺人事件解決の手がかりを得ようと、2人のFBI捜査官が「過去の凶悪犯の話を参考にする」という計画を立て組織内で物議を醸します。

原作は史上初の犯罪プロファイル専門家である実在のFBI捜査官、ジョン・E・ダグラスによる同名小説。出演はジョナサン・グロフ、ホルト・マッキャラニー、アナ・トーヴら。

スポンサーリンク

『マインドハンター』を観る前にフィンチャー監督の過去作品をチェック!

 
デヴィッド・フィンチャー監督はこれまで『セブン』をはじめ、『ゾディアック』や『ドラゴン・タトゥーの女』などの作品に猟奇的な殺人犯を登場させてきました。

緑・茶・黄を基調とする彼のダークな作品群を振り返ることで浮かび上がってくるのは、「異常者」に寄せる監督の興味と、「社会への反抗心」です。

デヴィッド・フィンチャー監督おすすめ5作品をプロファイリング

1.『セブン』
2.『ファイト・クラブ』
3.『ソーシャル・ネットワーク』
4.『ドラゴン・タトゥーの女』
5.『ゴーン・ガール』

デヴィッド・フィンチャー監督作 2つのキーワード

キーワード1「異常者」
キーワード2「社会への反抗」

1.映画『セブン』(1996)

映画『セブン』の作品情報

【公開】
1996年(アメリカ映画)

【原題】
Seven(Se7en)

【キャスト】
ブラッド・ピット、モーガン・フリーマン、グウィネス・パルトロー、R・リー・アーメイ、リチャード・ラウンドトゥリー、ダニエル・ザカパ、ジョン・C・マッギンレー、ケビン・スペイシー、リチャード・シフ、マーク・ブーン・ジュニア

【作品概要】
フィンチャー監督の映画デビュー作『エイリアン3』は製作段階のトラブルが続いたうえ完成作の評判も芳しくはなかったものの、本作『セブン』は興行的・批評的に成功をおさめ、その後の彼のキャリアの基盤となります。

雨が降り続く大都会で「7つの大罪」になぞらえた猟奇的殺人事件が発生。引退を目前にひかえた熟練の刑事サマセット(モーガン・フリーマン)は気乗りしないながらも、血気盛んな新任のミルズ(ブラッド・ピット)をサポートするため1週間の捜査にあたります。しかし、その後も同じ容疑者による犯行が続き…。

第68回米国アカデミー賞(1996年)で編集賞ノミネート作品。

映画『セブン』の考察

カトリックにおける禁忌「7つの大罪」になぞらえて猟奇的な殺人を犯すジョン・ドゥは、狂気に侵されているようでありながら、その計画性と慎重さからは彼の宿す知性の存在が感じられます。

ジョン・ドゥが蔑むのは、人間同士のつながりが希薄で、他者への配慮よりも己の欲望を優先する大都市の人々。

サマセットやミルズの妻らはこの都市生活に疲れ、諦めの表情を見せますが、ジョン・ドゥはそうではありません。

彼は神に成り代わってか、旧約聖書の「ソドムとゴモラ」さながら、個人主義・快楽主義的なこの時代の人々に裁こうとするのでした。

スポンサーリンク

2.映画『ファイト・クラブ』(1999)

映画『ファイト・クラブ』の作品情報

【公開】
1999年(アメリカ映画)

【原題】
Fight Club

【キャスト】
ブラッド・ピット、エドワード・ノートン、ミート・ローフ、デビッド・アンドリュース、ジャレッド・レト、ヘレナ・ボナム・カーター、ザック・グルニエ

【作品概要】
フィンチャー監督第4作。第72回米国アカデミー賞(2000年)音響効果編集賞ノミネート。

仕事のため飛行機で全米を飛び回る主人公(エドワード・ノートン)。

ある日機内で出会ったのが、石鹸作りの男タイラー・ダーデン(ブラッド・ピット)。ひょんなことから、主人公はタイラーと共同生活を送ることになります。

消費社会を捨て、物質に支配されない生き方をしろと説くタイラーに感化された主人公。2人は連夜地下で殴り合う「ファイト・クラブ」を結成しますが、やがてその暴力の矛先は…。

映画『ファイト・クラブ』の考察

飢えの心配もなく、有限の生に切迫感を持たない現代の人間たち。

彼・彼女らが「何を購入するか?」を判断する基準は「何が本当に必要か?」ではありません。完成した商品や技術を見て初めて何が必要かが分かるのです。

欲望が物を生むのではなく、物が欲望を生む消費社会。『ファイトクラブ』公開後に登場した新技術、SNS・スマホ・タブレットもまた、「それが本当に必要か?」を問われる間も無く、いまや人々の生活の一部に組み込まれ、流れに乗れない人間は孤立します。

「需要は創出するもの」という発想のもと、新技術・新製品の広告が人々を欲望させるこの抗いがたい社会に対し、「ファイト・クラブ」は反乱を起こすのです。

3.映画『ソーシャル・ネットワーク』

映画『ソーシャル・ネットワーク』の作品情報

【日本公開】
2010年(アメリカ映画)

【原題】
The Social Network

【キャスト】
ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガーフィールド、ジャスティン・ティンバーレイク、ジョセフ・マッゼロ、ルーニー・マーラ、アーミー・ハマー、マックス・ミンゲラ

【作品概要】
ジェシー・アイゼンバーグとアンドリュー・ガーフィールド共演によるフィンチャー監督第8作。

名門ハーバード大学へ通うマーク・ザッカーバーグ(ジェシー・アイゼンバーグ)が些細なきっかけから立ち上げたFacebookが、彼の周囲の人間を巻き込み摩擦を起こしながら成長していきます。

彼の大学時代と、彼に対して起こされた訴訟が交錯するなかでマークの見たものは…。

本作は第83回米国アカデミー賞で作品賞を含む全8部門にノミネートされ、うち編集・作曲・脚色の3部門で受賞

第68回ゴールデン・グローブ賞では最優秀作品賞・最優秀監督賞・最優秀脚本賞・最優秀脚本賞の4部門を制覇。

映画『ソーシャル・ネットワーク』の考察

頻繁に「現在」と「過去」が切り替わる構成は、物語冒頭でガールフレンドと向かい合うマークの会話の進め方そのもの。彼は複数の話題を同時に進めながら頻繁に切り替えるため、聞き手の頭が追いつきまっせん。まるでPCでマルチタスクを行なっているかのよう。

マークは他者への興味を欠き、熱中するプログラミングにおいては高い能力を発揮します。その特質は彼の成功の理由でもあると同時に、他者とのあいだに不和を生ずる原因でもあります。他人の感情も、他人とのコミュニケーションも知ったことではありません。

この映画のタイトルは単にマークがFacebookというソーシャル・ネットワーク・サービスを創業したことを示すのみならず、マークが「社交的なつながり」(ソーシャル・ネットワーク)に反抗的であること示唆するものでもあるのです。

スポンサーリンク

4.映画『ドラゴン・タトゥーの女』

映画『ドラゴン・タトゥーの女』の作品情報

【日本公開】
2012年(アメリカ、スウェーデン、イギリス、ドイツ合作映画)

【原題】
The Girl with the Dragon Tatoo

【キャスト】
ダニエル・クレイグ、ルーニー・マーラ、クリストファー・プラマー、スティーブン・バーコフ、ステラン・スカルスガルド、ヨリック・バン・バーヘニンゲン、ベント・カールソン、ロビン・ライト、ゴラン・ビシュニック、ジェラルディン・ジェームズ、ジョエリー・リチャードソン、インガ・ランドグレー、ペル・マイヤーバーグ、マッツ・アンデルソン、エバ・フリトヨフソン、ドナルド・サムター、エロディ・ユン、ジョセフィン・スプランド、エンベス・デイビッツ、ウルフ・フリバーグ

【作品概要】
本作のリスベット・サランデル役をルーニー・マーラは、フィンチャー監督の前作『ソーシャル・ネットワーク』のエリカ・オルブライト役に引き続き出演。

彼女はセントルイス映画批評家協会賞の主演女優賞受賞サンタバーバラ国際映画祭のヴァーチュオソス賞受賞

悪徳実業家を告発する記事を発表するも名誉毀損で有罪となった、経済記者のミカエル(ダニエル・クレイグ)。

失意の彼のもとに舞い込んだのは、経営者一族ヴァンゲル家から40年前に失踪した少女を捜索する仕事。社会に無能力者とみなされたドラゴン・タトゥーの女リスベット(ルーニー・マーラ)と共に、彼は捜査にあたりますが…。

第84回米国アカデミー賞5部門ノミネート、うち編集賞で受賞。

映画『ドラゴン・タトゥーの女』の考察

リスベットは他者への反感や興味の欠如を明確に態度に表す人間です。興味のない話題は無視し、自分が好きなことだけをする。タバコを吸いたければ周りの迷惑はおかまいなしに吸う。彼女もまた「ソーシャル・ネットワーク」に反抗する人間なのです。

リスベットは社会的には落ちこぼれかもしれません。しかし彼女こそが高い情報収集・ハッキング能力を発揮する、事件解決の主役です。同時に彼女は、社会的弱者を支配しようとする男性に、その才知を利用して制裁を加える人間でもあります。

彼女は、社会的に成功した一族でありながらも狂信的・排他的・猟奇的な人物を排出するヴァンゲル一族との対比を成しているようにも思えます。

5.映画『ゴーン・ガール』

映画『ゴーン・ガール』の作品情報

【公開】
2014年(アメリカ映画)

【原題】
Gone Girl

【キャスト】
ベン・アフレック、ロザムンド・パイク、ニール・パトリック・ハリス、タイラー・ペリー、キム・ディケンズ、パトリック・フュジット、キャリー・クーン、デビッド・クレノン、リサ・ベインズ、ミッシー・パイル、エミリー・ラタコウスキー、ケイシー・ウィルソン

【作品概要】
ニックの失踪する妻エイミー・エリオット・ダンを演じたロザムンド・パイクは、第87回米国アカデミー賞の主演女優賞にノミネートされたほか、第68回英国アカデミー賞と第41回サターン賞では主演女優賞獲得しています。

ミズーリに住むニック・ダン。彼の結婚記念日に妻エイミーが何の前触れもなく失踪します。

かつて2人は共にNYのライターで、当初ニックはエイミーにとって魅力的な男性だった。しかし2人は失業、エイミーの両親の財産で生活を送る。ニックは浪費しゲーム三昧、妻に無断でミズーリへの引越しを決定。

さらにエイミーに暴力を振るい、新たに初めた大学教員の教え子とも浮気したうえ、エイミーにかけた生命保険を増額していた。ニックはエイミーが日中何をしていて、誰と付き合っているのかにも興味なし。

それどころか、ニックはエイミーの妊娠も知らなかったといいます。エイミーは護身用の銃を購入し、日記でニックが彼女を殺す可能性に言及。さらに家の床からは大量の血液が隠滅されていたことが判明。

マスコミもまたニックが妻を殺害した方向へと世論を誘導し、マスコミ報道は加熱していくのですが…。

映画『ゴーン・ガール』の考察

本作は印象操作によって人々を扇動し真実を歪めるマスメディアやSNSに対する反抗心を観客に抱かせる作品です。

ソシオパスあるいはサイコパス的な傾向を持つ切れ者のエイミーが起こすのが、努力もしないのに女性を支配しようとする怠惰な男への反抗。

ニックが抱く妻への不信感や猜疑心は、画面を通じて観客と共有されます。

エイミーは『ゴーン・ガール』を鑑賞した世の男たちに「自分の妻が、彼女が、自分に幻滅していないか」と自省を促し、鞭打つのです。

まとめ

デヴィッド・フィンチャー監督の作品には、小気味よさと後味の悪さが同居しています。

それはなぜなら「希薄な人間関係」「個人主義」「うわべだけの気遣い」「大量消費社会」「メディアが歪める真実」「男性優位」などの正しがたい世の不条理の中にあって反抗的な態度を取る人物が、アイデアの閃きを見せるからです。

日常生活の不条理に不満を感じながらも場の空気を読んでしまう人々は、普段は押し殺している反抗心を、フィンチャーが登場させる異端者たちに仮託・発散するのです。

それゆえ、後味の悪さを持ちながらも第一級の娯楽としてフィンチャー作品は支持を集めているのでしょう。

Netflixオリジナルドラマ『マインドハンター』にも期待がかかります。

関連記事

まとめ記事

2017トニー賞発表!ケイト・ブランシェット主演女優賞ノミネート

2017年5月2日(火)日本時間の夜9時30分過ぎに、アメリカ演劇界で最も権威のある、第71回トニー賞のノミネーションが、クリストファー・ジャクソンとジェーン・クラコウスキーにより発表されました。 今 …

まとめ記事

2017夏休み中学生映画作り体験ワークショップはTIFF!日程や条件も

東京国際映画祭の中学生向けの関連イベントが、本日6月8日より参加者募集となりました。 「TIFFティーンズ映画教室2017」と題して、中学生を対象に映画制作ワークショップが夏休み期間中に、東京代官山を …

まとめ記事

2020年、あけましておめでとうございます。

謹賀新年 旧年中はCinemarcheをご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。 今年もどうぞよろしくお願いいたします。 皆様にとって、“良き映画との出会い”が多き年となりますように、 スタッフ一同お祈り …

まとめ記事

【シネマルシェの映画ライター紹介】作品情報と感想、考察を書く人。

目的はあなたに映画を届けること この目的を大切にサイトの運営を心がけております。 今回はシネマルシェで映画ライターと活動しているチームのメンバーをご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTSCi …

まとめ記事

【Cinemarche映画ライター紹介】日下まどかプロフィール

映画感想レビュー&考察サイトCinemarcheで、お薦め映画のスクリーン・ダイバーとして、作品の深掘り記事を書いているライターさんを紹介するコーナー。 今回は映画ライターの日下まどかさんの …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP