Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

まとめ記事

『ゴジラ』俳優宝田明があらすじを映画館で語る!イベントサイン会も

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

2016年に公開された『シン・ゴジラ』の待望のDVDも発売されから、ゴジラファンの間ではどの円盤を買うのか意見が分かれ、ネットでも話題を集めています。

今回は『シン・ゴジラ』と『ゴジラ』映画に関する上映とイベントをご紹介します!

2016年以降も話題の尽きない庵野秀明総監督『シン・ゴジラ』

スポンサーリンク

『ゴジラ』VS『シン・ゴジラ』のイベント開催!

この『シン・ゴジラ』(2016)と『ゴジラ』(1954)を同時に大スクリーンで比較して観ることができる企画が、千葉県柏市にある映画館キネマ旬報シアターで行われそうです。

俳優・宝田明『ゴジラ』初日舞台挨拶

2017年4月8日(土)~4月21日(金)にキネマ旬報シアターにて、『ゴジラ』&『シン・ゴジラ』の上映に合わせて、初日舞台挨拶のイベントが行われます。

会場に駈けつけるゲスト俳優は、なんと!1954年公開『ゴジラ』にて、尾形秀人役を果たした宝田明がおこなうようです⁉︎

開催日時は、2017年4月8日(土)PM18:05~『ゴジラ』(1954)上映&宝田明さんトークショー付き。
チケットの販売は全席指定席で、キネマ旬報シアターのチケットカウンターのみで販売中のようです。

また、トークイベントの他にもサイン会なども開催される予定。楽しみな企画ですね。

俳優・宝田明のプロフィール


日本コロンビアHPから

宝田明は映画俳優、歌手、タレント、声優、司会者として活躍。昭和9年4月29日(1934年生まれ)に、満州のハルピンで生まれました。

日本映画の黄金期時代の昭和30年代に、東宝を代表する2枚目スターとして活躍。昭和40年代に入るとミュージカルを中心とした舞台にも活動を広げて、ドラマやバラエティなどテレビ出演しました。

ゴジラファンなら、宝田明といえばゴジラシリーズ『モスラ対ゴジラ』(1964)や『ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』(1966)にも出演を思い出される方も多いでしょう。

また、『GODZILLA ゴジラ』(2014)の 未公開シーンまでに出演したことで知られていますね。

他の映画作品では、松林宗恵監督の『青い山脈』(1957)や岡本喜八監督の『暗黒街の顔役』(1959)、また、小津安二郎監督の『小早川家の秋』(1961)でも出演を果たしている大御所です。

久しぶりに大スクリーンで『ゴジラ』を観て、出演をされた宝田明ご本人から貴重な撮影の裏話が聞けるまたとないチャンスです。

また、上映以外にも関連企画として、当日には握手や記念撮影会などのイベントも開催が予定されているそうです。

スポンサーリンク

『ゴジラ』キャストの宝田明と映画館で会える!

「俳優・歌手 宝田明さん 握手・記念撮影・サイン会」

ゴジラファンならずとも、東宝を代表する俳優に会えるまたとないチャンスですね。

また、こちらのイベントに参加するには別途料金がかかるようです。

詳細については劇場にお問い合わせください。文末に問い合わせ先をご紹介します!

大音量でゴジラを感じるイベント!『音感上映』

この他にも、キネマ旬報シアターは、このゴジラ作品の上映期間中に、「音感上映」という企画も予定されているそうです。

劇場ならではの大画面、大音量で映画を楽しんでもらえるように行われている劇場イチ押しの企画だそうです。

こちらも怪獣王ゴジラを体感する、またとないイベントですね。音感上映の開催日は以下の通り行われる予定です。

4月9日(日)18:05~『ゴジラ』(1954)音感上映。
4月9日(日)20:15~『シン・ゴジラ』音感上映。
4月14日(金)20:15~『シン・ゴジラ』音感上映。
4月15日(土)16:05~『ゴジラ』(1954)音感上映。
4月15日(土)18:25~『シン・ゴジラ』音感上映。
4月21日(金)20:45~『ゴジラ』(1954)音感上映。

*恐れ入りますが、詳細に関してやチケットのご購入に関するお問い合わせは、直接劇場にご確認ください

スポンサーリンク

イベントに関するお問い合わせ先!?

『ゴジラ』上映初日の宝田明舞台挨拶チケット販売と『ゴジラ』『シン・ゴジラ』の音感上映は関するお問い合わせは先は以下のようになります。

【名称】キネマ旬報シアター
【住所】〒277-0842 千葉県柏市末広町1−1柏タカシマヤ
【電話】04-7141-7238

この貴重な機会に『ゴジラ』と『シン・ゴジラ』を映画鑑賞やキャストとの交流、また音感上映という体感をするのも良いかもしれません。

最後になりますが、初日の宝田明舞台挨拶には、あの大物ゲストも登場の予定らしいですよ!

もちろん大物といえば、ハリウッド・ウォークにも名を刻んだ…?ぜひ、キネマ旬報シアターに足を運んでみてはいかがでしょうか。

関連記事

まとめ記事

ライアン・ゴズリング映画おすすめ5選!ララランドだけじゃない!

『ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞主演男優候補に名が挙がるなど、近年めざましい活躍を見せているカナダ出身の俳優、ライアン・ゴズリング。 『ラ・ラ・ランド』を見て、彼の魅力にハマってしまった方も多いはず! …

まとめ記事

門脇麦映画おすすめ5選!二重生活や愛の渦など名作ぞろい!

(C)2015「二重生活」フィルムパートナーズ 可愛らしい印象がある一方で、どこかミステリアスで不思議なオーラが漂う女優、門脇麦。 今もっとも旬の若手演技派女優のひとりです。 門脇麦は、2011年にド …

まとめ記事

英国イギリス俳優イケメンおすすめ映画5選。貴族国王やスパイに落ち目の役者⁈憧れのおじ様たち特集

大人の色気香るダンディな映画スター…。 それは眺めているだけで、性を超えて憧れうっとりとし、時には癒されてしまうもの。 今回は紳士の国イギリス出身、50歳以上のおじさま俳優が活躍する作品を5つピックア …

まとめ記事

【新年の挨拶】明けましておめでとうございます。編集部

新年明けましておめでとうございます! 読者の皆様には健やかに新春を迎えられたことと、 お慶び申し上げます。 旧年中は日頃の映画鑑賞のおともに、 Cinemarcheの記事をお読みいただきましたこと、 …

まとめ記事

ブラッド・ピット映画おすすめ5選!野球もアクションもかっこいい!

(C)ColumbiaPictures/Photofest/ゲッティイメージズ “ブラピ”の愛称でおなじみ、ブラッド・ピットは、90年代に『トゥルー・ロマンス』や『セブン』、『ファイトクラブ』などに出 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学