Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

映画『生きてるだけで、愛。』ネタバレ感想とラストまでのあらすじ。趣里の演技力に一見の価値あり!

  • Writer :
  • 西川ちょり

ほんの一瞬だけでも分かり合えたら…。

感情を抑えられない女と、真摯に向き合わない男。

不器用な男女の真っ直ぐでエモーショナルなラブストーリー『生きてるだけで、愛。』をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『生きてるだけで、愛。』の作品情報


(C)2018「生きてるだけで、愛。」製作委員会

【公開】
2018年(日本映画)

【原作】
本谷有希子『生きてるだけで、愛。』(新潮文庫)

【監督】
関根光才

【キャスト】
趣里、菅田将暉、田中哲司、西田尚美、松重豊、石橋静河、織田梨沙、仲里依紗

【作品概要】
過眠症で感情をうまくコントロールできない引きこもり気味の女と彼女の恋人で、彼女に真摯に向き合わない男の姿をみつめた芥川賞作家・本谷有希子の同名小説を趣里主演で映画化。趣里が体当たりの演技を見せている。

様々なCM作品やミュージックビデオを手がけてきた映像作家・関根光才の長編劇映画初監督作品。フィルムの質感にこだわり全編16mmフィルムで撮影された。

映画『生きてるだけで、愛。』のあらすじとネタバレ


(C)2018「生きてるだけで、愛。」製作委員会

寧子と津奈木は同棲して三年目の恋人同士です。

寧子はメンタルに問題を抱えていました。今は鬱の状態に入り、過眠症で敷きっぱなしの布団で寝てばかりで、津奈木が声をかけても「うるさい!」と怒鳴り、ものを投げつけるといった調子です。

姉とラインをすることが唯一の世間とのつながりでした。寝てばかりで働かなかったらいつ彼氏に愛想をつかされてしまうかわからないよ、と姉は盛んに忠告してきます。

津奈木が弁当を買いに出たあと、寧子は煙草をきらしているのに気づきました。煙草とコーラーを買ってきて、と津奈木にメールを送りました。

自動販売機でコーラーを買った津奈木は販売機がへこんで割れているのを観て、寧子と初めて出会った日のことを思い出しました。

飲み会で酔っ払った寧子を津奈木が送っていくことになり二人で歩いていた時、寧子は自動販売機で水を買って飲み干すと、突然頭を自動販売機に打ち付けたのです。額からは血が流れていました。

「血が出ていますよ」とびっくりした津奈木が呼びかけると、寧子は「こういう時って思いっきり走りたくなるんですけど」と全速力で走り出しました。

夜の街を蒼いドレスを翻しながら走る寧子を津奈木は必死で追いかけていました。

そんな津奈木は、物書きになりたくて出版社に入ったものの、低俗な週刊誌の編集部に配属され、ゴシップ記事の執筆に追われる日々を送っていました。

私生活を暴露されたせいで自殺したタレントも出たというのに、編集長はまたもや、ある女優のスキャンダラスな記事を津奈木にまわしてきました。

同僚の女性記者が、今の職場への不満を口にし、「その記事やばくないですか? 絶対裏とってないですよ」と言っても津奈木は「しばらくしたらみんな忘れるでしょ」と応え、淡々と仕事をこなしていました。

姉の忠告に従って、バイトの面接を受けようとした寧子でしたが、起きることが出来ず、面接をドタキャンしてしまいます。

姉は電話をかけてきてどうだった?と尋ねますが、寧子は応えることができません。

「面接落とされたの?」と問う姉に「それ以前で駄目だった」とやっとの思いで応えると、受話器の向こうでため息が聞こえました。


(C)2018「生きてるだけで、愛。」製作委員会

ある日、寧子から「今日何か食べたいものある?」というメールが来て、津奈木は「ハンバーグと目玉焼きかな」と返信しました。

寧子はスーパーで買い物をしていましたが、ミンチが売り切れていたせいで調子が狂い、卵を床に落としてしまい愕然となります。

家に戻って、電子レンジを使おうとすると、ブレイカーが落ちてしまい、寧子は大声を上げて泣き出しました。

津奈木が戻ると、真っ暗な部屋でうずくまっている寧子がいて驚きます。

彼が冷静にブレイカーを上げると、電気がつき、寧子は泣きはじめました。津奈木は黙って彼女を抱きしめるのでした。

いつものように昼過ぎまで寝ているとドアのチャイムが鳴りました。しぶしぶ起き上がってドアを開けると、そこには見知らぬ女が立っていました。

かつて津奈木とつき合っていた安堂という女性で、津奈木を見かけて尾行したら彼の部屋に寧子がいることを知ったのだといいます。

安堂は、津奈木と復縁する気満々のようです。

「津奈木の性格では、私と付き合うことになったからってあんたを追い出すなんてこと、できないはず。だからあなたにはちゃんと働いて自立してもらわないと困るの」と一方的にまくしたてて、勝手にカフェバーでのバイトを決めてしまいます。

やっていけるかまったく自信がない寧子でしたが、店長や別のバイトの女の子は、彼女が鬱だという事情を知りながら「立ち直りたいんだろ?」と快く迎えてくれました。

その優しさにジーンと感動する寧子でしたが、相変わらず、きちんと起きられず、遅刻ばかりしてしまいます。

それでもおおらかな気持ちで彼女を受け入れてくれる店長たちに、私もちゃんとやれるかもしれないと、寧子は一生懸命働くのでした。

その頃、津奈木はたくさんの仕事を押し付けられ、夜遅くまで働くことが増えていました。

疲れ果てて帰ってきた津奈木に寧子が今の気持ちを吐露してきますが、津奈木は寝させてくれと仕切りのカーテンを引こうとします。

「あんたの味のなさ、私にもちょうだい」と寧子から皮肉を投げつけられても、「疲れてるんだ」と津奈木はカーテンを引いてしまいます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『生きてるだけで、愛。』ネタバレ・結末の記載がございます。『生きてるだけで、愛。』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

週刊誌の編集長は刷り上がったゲラを観て、驚きの声を上げます。ボツにしたはずの“東京五輪を憂う”記事が載っていて、掲載するはずだったゴシップ記事がなかったからです。

「津奈木!」と編集長は怒鳴り、「こんなの掲載したら俺たち睨まれちまうじゃねーか!」と叫ぶと、津奈木は「みんな時間が立てばわすれちゃいますよ」と答えました。

編集長は怒り狂い、ゴシップ記事のデーターを取り戻そうとしますが、津奈木は逆らって、データーをPCごと投げつけました。窓ガラスが割れ、道路に落ちたPCはバラバラに壊れてしまいました。

その頃、寧子は、仕事を終え、店長たちと一緒に一杯やっていました。「私、ほんとになんとかなりますかね」という寧子に、「家族みたいなもんでしょ。みんなでわいわいやってたら良くなるよ」と言われ、涙ぐみます。

トイレに行くと寧子が言うと、よくトイレにいくね、お腹を壊しているの?と尋ねられ、寧子は、トイレのウオッシュレットのことが心配で、という話をはじめました。

どこに水が飛ぶかもわからないと彼女が話すと、みんな、そんなの真ん中に飛ぶよね、といいます。それで寧子は水圧の話を始めました。

突然ウオシュレットが壊れて水圧が高くなったらと思うと怖くなる、水の力は強いから体がまっぷたつになるかもしれない。

誰も彼女の言うことがわからないようでした。トイレに座った彼女は、とぎれとぎれに聞こえてくるみんなの何気ない言葉に震え始めました。

一方、津奈木は首を宣告され、最後の後始末をしていました。同僚の女性が、私が、あんなことを言ったからと謝ってきましたが、彼は全部自分のせいだからと応えるのでした。

「自殺したタレントの話をしていたでしょ?俺は自分が書いたんじゃないから関係ないやって、なんでもそんなふうに誤魔化してきたんだ・・・」

いつになく雄弁な彼に、「そういうこと人に話すことあるんだ」と女性は驚いたようでした。その時、寧子から電話がかかってきました。

「今じゃなきゃ駄目?」と問う津奈木に「今じゃなきゃ駄目なの」と寧子は切羽詰まった調子で応えました。

「みんなにわかっちゃったみたい」「なんの話?」「みんなすごくいい人たちで、あんたの何倍も体を張って、体力も使って、接してくれたの。でもみんなに見抜かれちゃったみたいなんだよね。」

そして自分はやっぱり駄目だ、本当に疲れる、生きているだけで本当にしんどいと寧子は繰り返し始めました。「今とこにいるんだ?」と津奈木は尋ねました。

あまりにも時間が長いので心配した店長たちが声をかけてきたのに驚いて、寧子は携帯を落としてしまいます。津奈木に連絡しようと思っても携帯は壊れてどうにもなりません。

心配して呼びかけてくる店長たち。それが寧子を追い込んでしまったのか、寧子はドアを叩き、蹴り、便器を破壊すると、飛び出していきました

夜の街を一目散にかけていく寧子。寧子を見つけて追う津奈木。寧子は一枚、一枚服を脱いでは、走っていきます。

ようやく津奈木はマンションの屋上で寧子をつかまえました。寧子は全裸になっていました。津奈木は彼女に上着を羽織らせました。

あんたに話しておかないといけないことがある、と寧子は津奈木に向かって言いました。「あたしといて疲れないようにしようとしているでしょ」

「仕事忙しかったから」と言い訳する津奈木に寧子はさらに続けていいました。「楽されるといらつくんだよ。私と同じくらいエネルギー使って! 振り回されて、あたしと同じだけ疲れて!」

そういいながら「っていうのはやっぱり依存?」と寧子は尋ねました。

黙っている津奈木に向かって、バイト先での話をしたあと、「別れてもいいよ」と寧子は言うのでした。

「私は私とは別れられない。一生。いいなぁ、津奈木、私と別れられて。いいなぁ」津奈木は複雑そうな顔をして立ち尽くしていました。

「どこが好きだったか言ってくれる? なんで三年も一緒にいれたの?」と寧子が訪ねると、津奈木は応え始めました。

初めて会った時、自分の何かが見抜かれていると彼女が言ったことにびっくりしたこと。その頃、自分も同じようなことを思っていたから。自分は人を近づけないようにしていたけれど。

血を流しながら意味なく走っててすごいと思った。蒼いスカートが揺れていてすごいきれいだった。こういうきれいなものがまた見たいと思ったから。

「今日、会社、クビになったんだ」と告げると、寧子は「津奈木、私みたいことしてる」と微笑みました。

そこに安堂が現れ、あんたたち何やってるのよと言いますが、津奈木は寧子を抱えて安堂の横を通り過ぎると、部屋へと帰るのでした。

津奈木がヒーターの電源を入れようとすると、またブレイカーが落ちてしまいました。

「本当はもっと寧子のことちゃんと知りたかったよ」と津奈木は寧子を固く抱きしめながら言いました。寧子は涙を流しながら心の中でつぶやいていました。

多分、私たちが本当に分かり合えたのって、ほんの一瞬くらい。でもそのほんの一瞬で私は生きていける、と。

スポンサーリンク

映画『生きてるだけで、愛。』の感想と評価


(C)2018「生きてるだけで、愛。」製作委員会

メンタルに問題を抱えた女性の話というと、深刻で、重々しいドラマを想像してしまいます。

実際、趣里演じる寧子の行動はどれも、痛々しく、不平不満が他者への攻撃として現れる一方、激しい自己嫌悪に陥って自分を痛めつけさえします。

その一方で、どことなく、ユーモアがあり、なぜかクスっと笑ってしまうところもあって、それがこの作品を生き生きとしたものにしています。それもこれも趣里が圧倒的な熱量で主人公を演じきっているからです。

作ったメンヘラ像ではなく、寧子という人物をどーんと引き受けてまるごと生きようとする趣里の覚悟が、物語の魅力となって、強く立ち上がってくるのです。

回りの人は寧子を「甘えている」と度々表現しますが、彼女はまったく甘えてなどいません。

感情をコントロールできないため、時に爆発してしまいますが、彼女は「私を理解して」「私を助けて」なんてこれっぽちも誰かに依存していませんし、駆け引きなどもしません。

静かにやり過ごす生き方をしている恋人の津奈木に対しても、私にぶつかってきて、私と一緒の熱量で生きて!と映画の終盤に訴えていますが(そしてそれも依存なのかと尋ねていますが)、彼に優しく癒やされたいとか、守られたいなどと思っているわけではありません。

彼女はすべてを自分で背負っている人なんです。だからこそ、生きづらい。自分自身をよく知っていて、なんとかしたいと思っているからこそ、辛い。それは自分でしか出来ないことだと知っているから、本当にしんどい。

寧子という人物にどんどん共感していくのが不思議でもありましたが、それもこれも、様々な表情を見せる趣里にひっぱられてのものでしょう。

山戸結希監督の『おとぎ話みたい』(2013)で、田舎町に住む頭でっかちの女の子の恋心と失望感を見事に演じていたのが記憶に新しいですが、ここまですごい女優になるとは、とちょっと今、驚愕しています。


(C)2018「生きてるだけで、愛。」製作委員会

津奈木という人物は、物静かで理解があるようで、実はそれほど親身に考えていない男であり、優しいようで実はただやり過ごしているだけの男です。

この難しい役を、菅田将暉は、いつものパワフルさを封印して抑えた演技で表現しています。

現代を生きるための処世術という表現が正しいかはわかりませんが、この津奈木という男の生き方と寧子の生き方はまったく真逆で、だからこそ三年間、一緒に生活が出来たのでしょう。

寧子がいうように同じように生き、同じようにぶつかっていたら、彼らはとっくに疲れ果てて別れていたに違いありません。

寂しさを埋め合わせるためにお互い側に居たというよりは、側にいることでどんどん孤独になっていた三年間だったのかもしれません。それでも、寧子が、二人が共有した“一瞬”というものを肯定的にとらえる姿に救いを感じます。

この時の赤いライトに照らされた寧子の表情が妙に大人びていて艷やかで美しく、これがおそらく、津奈木が彼女と出会ったその日に、彼女の蒼いドレスを観て思ったものと同じ“美”なのではないか⁈

趣里から発酵され、津奈木が熱望した美を映画は鮮やかに描き出しています

監督は、本作が初長編劇映画となる関根光才フィルムの質感にこだわり全編16mmフィルムで撮影されたそうですが、なんと魅力的に街を、夜を、その空気を撮るのでしょうか。

趣里たちが住むアパートの屋上は、旗のようなぼろ切れが、いくつもたなびいていて、広がる空間は、まるで船の看板のようです。

そこから見下ろせる夜の街のきらきらとした風景が、まさに人生の大海のように広がっていてハッとさせられるのです。

まとめ


(C)2018「生きてるだけで、愛。」製作委員会

仲里依紗のクール・ビューティーな演技も素晴らしく、彼女が凄めば凄むほど、可笑しみがましてくるところも、この作品の面白さの一つです。

また、津奈木の同僚の女性記者を演じた石橋静河も少ない出番ながらよい仕事をしています。ベテラン俳優ががっちり、若い二人を支えており、関根監督の確かな演出力が光ります。

ところで、仲里依紗が演じる安堂が寧子に盛んに言うセリフに「私はこんなに一生懸命働いているのに、鬱で寝てばかりで働かないあなたに貧乏くじひかされるなんてお断りよ」というのがあります。

生活保護受給者を叩く人の言い分とそっくりなのです。弱者がさらに弱者を追い込む社会状況がこのセリフに表れています。

さらに、津奈木が勤めている雑誌編集部の編集長が東京オリンピック批判の記事におびえるようなセリフをはいています。権力に震える気概のないジャーナリズムの姿が一瞬ですが、姿を表しています。

映画は決してそれらを声高に主張したりはしません。しかし、この時代の息苦しさの一端がそこに現れていて、これまたハッとさせられるのです。


(C)2018「生きてるだけで、愛。」製作委員会

スポンサーリンク

関連記事

ラブストーリー映画

映画『ア・ゴースト・ストーリー』ネタバレ感想。A GHOST STORYは幽霊となり妻を見守る姿を描く

映画『A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー』は、2018年11月17日(土)に公開されました。 突然死んだ夫が幽霊となり妻を見守る話…かと思いきや想定外の方向に進みます。 美しい映像と …

ラブストーリー映画

高倉健映画『夜叉』あらすじネタバレと感想。ラスト結末の考察も

1960~70年代の東映の任侠モノで一世を風靡した高倉健。「午前十時の映画祭8」でデジタル・リマスター版として、健さんが1985年に元ヤクザ役の“夜叉の修治”として挑んだ本作『夜叉』が上映。 無口な演 …

ラブストーリー映画

映画『勝手にふるえてろ』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

中学生の頃から思いを寄せている“イチ”と告白された同僚の“二”。 好きな人と好きになってくれた人の間で揺れる、不器用で精神不安定気味な女の子の恋の物語。 主人公良香の妄想力が炸裂している愉快な作品をご …

ラブストーリー映画

映画『タイタニック』ネタバレ感想。実話結末までのあらすじ【レオナルド・ディカプリオ代表作】

映画『タイタニック』は、1997年に公開されたジェームズ・キャメロン監督による作品で、現在も多くの方々から支持されている作品です。 1912年、英国のサウサンプトン港を出航したタイタニック号沈没事件を …

ラブストーリー映画

映画『ナラタージュ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

島本理生が20歳の時に執筆した鮮烈な書き下ろし作『ナラタージュ』を、『世界の中心で愛を叫ぶ』から『ピンクとグレー』までの感情を揺さぶるラブストーリーを発表し続ける行定勲監督が映画化。 主演は松本潤と有 …

【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
映画『斬、』塚本晋也監督インタビュー|時代劇で現代を描いた真意とは
映画『MAKI』サンドバーグ直美インタビュー|映画『MAKI マキ』女性の美しさを表現する思いを語る
【Cinemarche独占】映画『キラキラ眼鏡』主演・池脇千鶴インタビュー|役作りや撮影現場での思い出を語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
国内ドラマ情報サイトDRAMAP