Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

Entry 2018/03/15
Update

映画公開予定2018洋画『ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷』

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

2018年初夏TOHOシネマズ シャンテほか全国公開『ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷』

カリフォルニア州サンノゼに、今なお存在するウィンチェスター・ミステリーハウス。全米で語り継がれる実話に隠された恐怖の物語が、この夏、日本公開です!

スポンサーリンク

映画『ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷』とは


© 2018 Winchester Film Holdings Pty Ltd, Eclipse Pictures, Inc., Screen Australia and Screen Queensland Pty Ltd. All Rights Reserved.

西部開拓時代のアメリカで、“西部を征服した銃”とまで呼ばれたレバーアクションライフルを開発し、莫大な財産を築いたウィンチェスター社の一族の未亡人であるサラ・ウィンチェスター

サラによって建てられた屋敷は、38年間、365日、24時間、彼女が亡くなるその日まで絶え間なく増改築が続けられました。

内部は“どこにも行き着かない階段”や“床に向かって開く窓”、また“迷路のようなホール”、そして“至る所にある数字の13にまつわる装飾”など不可思議な構造が溢れた奇怪な屋敷へと変貌を遂げていきました。

1906年に起きたサンフランシスコ地震などを経て、形を変えながらも現存するこの屋敷は、観光地として国内外から多くの観光客を呼び寄せています。

ですが…、いまだに幽霊の目撃情報が相次ぐ世界的な幽霊屋敷

その忌まわしき実話を『ジグソウ:ソウ・レガシー』で戦慄な演出を手掛けたマイケル・スピエリッグ&ピーター・スピエリッグの兄弟監督と、オスカー女優であるヘレン・ミレンによって映画化されました。

映画『ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷』のあらすじ

娘と夫を突然の病気で次々と亡くした未亡人サラ・ウィンチェスター。

彼女はウィンチェスター銃によって命を落とした人たちの亡霊から逃れるため、一族の膨大な財産をつぎ込み365日24時間、妄信的に屋敷の増改築を繰り返していました。

サラの精神鑑定のために“ウィンチェスターハウス”に送り込まれた精神科医のエリックは、屋敷内に厳重に閉じられた禍々しい部屋があることを発見。

ウィンチェスターハウスに巣くう亡霊の正体とは何なのか、あなたはその目撃者となる…。

スポンサーリンク

まとめ

いよいよ特報映像が解禁となりました!

マイケル・スピエリッグ&ピーター・スピエリッグ監督の『ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷』。

日本版の予告の特報映像には、まるでオランダの画家マウリッツ・コルネリス・エッシャーの描いたような、迷路のようなウィンチェスターハウスが映し出されていますね。

また、亡き娘と夫の死後に喪服を着続けたサラ・ウィンチェスターを演じたのは、オスカー女優のヘレン・ミレン

そして、屋敷に潜む“あれ”も、チラリとあなたのことを見つめていますね。

本作で主演を果たしたヘレン・ミレンは、『クィーン』(2006)でアカデミー主演女優賞を受賞したオスカー女優。

2018年1月に日本公開された『ロング,ロングバケーション』では、エラ役を印象深く演じていた彼女が、本作『ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷』では、全く異なる演技を見せているはずです。楽しみですね!

ほかにも、特報同様に今回解禁されたティザーポスターは、血のような色を彷彿させる屋根が特徴であるウィンチェスターハウスも不気味…。

ヘレン・ミレンをはじめ、ジェイソン・クラークやセーラ・スヌーク共演で贈る『ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷』は、2018年初夏TOHOシネマズ シャンテほか全国公開です。

関連記事

ホラー映画

ジェーンドウの解剖あらすじネタバレと結末!考察と感想も

“ジェーン・ドウ”それは、“身元不明な女性”のことー。 全米最大のジャンル映画の祭典である「ファンタスティック・フェスト」にて、最優秀作品賞を受賞。 数々の映画祭で注目を集めた作品『ジェーン・ドウの解 …

ホラー映画

おすすめホラー映画『カッターヘッド 真夜中の切断魔』ネタバレ感想。ピニョフスキ姉妹の演技力に注目

世界各国から集めた選りすぐりの危険な映画たちを上映する、「モースト・デンジャラス・シネマ・グランプリ2018[MDGP2018]。 その第5弾、最後を飾る作品が『カッターヘッド 真夜中の切断魔』です。 …

ホラー映画

【カメ止め】ネタバレ含む映画トリビア。金曜ロードショーの地上波と共にチェック!

『カメラを止めるな!』にまつわるトリビア 低予算ながら大ヒットした作品と言えばアメリカで製作され、大ヒットシリーズとなったスリラー映画『ソウ』(2004)などが有名です。 しかし、2018年に日本でも …

ホラー映画

『死霊院 世界で最も呪われた事件』あらすじネタバレと感想。実話ホラー映画の真相をおすすめ作品とともに解説

世界各国から集めた選りすぐりの危険な映画たちを上映する、「モースト・デンジャラス・シネマ・グランプリ2018[MDGP2018]。 第2弾となる作品が『死霊院 世界で最も呪われた事件』です。 ルーマニ …

ホラー映画

映画『ヘレディタリー 継承』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

公開されるや否や、アメリカ国内では「ホラーの常識を覆した」「現代ホラーの頂点」「骨の髄まで凍り付き息もできない」などと、絶賛の嵐を巻き起こした“完璧な悪夢”が日本上陸。 制作は設立わずか5年で『ルーム …

【Cinemarche独占】映画『小さな恋のうた』試写会プレゼント【5/16(木) よみうりホール】
【Cinemarche独占】映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』公開記念・小林聖太郎監督インタビュー|倍賞千恵子と藤竜也が夫婦を演じた映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』の魅力を語る
【Cinemarche独占】映画『岬の兄妹』公開記念・片山慎三監督インタビュー|映画『岬の兄妹』での複雑な人間関係を上質なエンタメに仕上げた映像作家に迫る
【Cinemarche独占】アミール・ナデリ監督インタビュー|映画『山〈モンテ〉』に込めた黒澤明監督への思いとは
【Cinemarche独占】『洗骨(せんこつ)』公開記念・水崎綾女インタビュー|映画『洗骨』のキャストとしての思いを語る。自身の経験と向き合い深めた演技と死生観
【Cinemarche独占】『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』公開記念・三上博史インタビュー|役者魂と自身の人生観を語る。
【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP