Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

映画『ウイッチ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

  • Writer :
  • ちょり

第31回サンダンス映画祭で監督賞に輝いたホラー映画『ウイッチ』をご紹介します。

新鋭ロバート・エガース監督による、17世紀アメリカ、ニューイングランドを舞台にしたある一家の悪夢のようなお話です!

スポンサーリンク

1.映画『ウイッチ』作品情報


(C)2015 Witch Movie,LLC.All Right Reserved.

【公開】
2017年(アメリカ)

【原題】
『The Witch』

【監督】
ロバート・エガース

【キャスト】
アニヤ・テイラー=ジョイ、ラルフ・アイネソン、ケイト・ディッキー、ハーベイ・スクリムショウ、エリー・グレインジャー、ルーカス・ドーソン

【作品概要】
1630年、ニューイングランド。教会と衝突し、入植地を追放された一家に次々と不幸が訪れる。家族が魔女なのか!? 疑心暗鬼にとらわれ、崩壊する一家を描き、第31回サンダンス映画祭で監督賞に輝いたホラー作品。

2.映画『ウイッチ』あらすじとネタバレ


(C)2015 Witch Movie,LLC.All Right Reserved.

1630年。アメリカ、ニューイングランド。信仰に熱心な余り、教会に異議申し立てを続けた一家は追放を言い渡されます。長女のトマシンは戸惑うものの、父親のウイリアムは望むところだと応え、一家は馬車に家財を積み、入植地を出ていきました。

森の近くの荒れ地に住まいを見つけた一家は大地にひざまずき、熱心に祈りを捧げます。夫婦は満足そうに微笑み合いました。

「私は罪を犯しました。仕事をさぼり、両親にそむき…」トマシンは神に祈っていました。「罰としてみじめで過酷な人生を送るべきですがイエスの名においてお許しを」。

ある日、トマシンは赤ん坊のサムを連れて森の入り口近くにやってきました。いないいないばぁをしてサムをあやすと、サムは大喜びして笑います。しかし、三度目のいないいないばぁのあと、目の前からこつ然とサムが消えてしまいました!

「サム!」大声をあげて森の入り口近くまで走っていくトマシン。

森の奥深くでしょうか?! 裸の赤ん坊をさわる獣のような手。別の手には刃物が握られているのが見えます。半裸の女が何やら蠢いている姿があり、肌は血にまみれているように見えます。この女性は一体何者なのか…?!

それから何日かが過ぎたある朝、トマシンの弟、ケイレブは目覚めて窓を開けました。側にはトマシンが眠っています。ケイレブは彼女の白い胸元に目を奪われていました。

別の部屋では母親のキャサリンが哀しみに暮れ、ずっと祈りの言葉を呟いていました。

靴を履き、外に出ると父が背中を向けて座っているのが見えました。皆を起こしてこようかというケイレブの言葉に首をふり、父は言いました。「サムの捜索はやめよう」。

まだ何日かしか立っていないのに諦めてしまうのという息子の問いに、狼にやられていなくても生きてはいまいと父は呟きました。そして、ケイレブに一緒に森に行こうと声をかけました。

「子どもは森に入ってはいけないのでは?」

父は一家を支えるために助けになってくれと息子に言うのでした。とうもろこしもうまく実ってくれません。「かなり前に森の中に罠を仕掛けたんだ。冬になる前に蓄えがいる」。

道中、父は息子に「お前が持っている罪とは?」「心の堕落とは?」と問いかけ、息子は見事に応えてみせました。

罠には何もかかっていませんでした。「仕掛けなおそう」。

「サムも原罪を持っていた?」息子の問いに「天国にいくのを望もう」と父は応えました。しかし息子は「サムは地獄に?」と再び問いました。

彼自信が今、死んだら、地獄に行くことになるのだろうか。罪を持って生きてきた自分はその罪を神様に許してもらえるほどまだ信仰が深くない、それがケイレブを不安にしていました。

父は、「良い人間か、悪い人間かを決めるのは神様だけなのだ。天国に行けるといってやりたいが、これだけはわからないのだ。行けるように毎日神に祈ろう」と泣きそうになっているケイレブを励ますのでした。

「この罠はどうしたの?」という息子の問いに父は応えました。「インディアンから手に入れた。母さんの銀カップと交換したのだ。母さんの哀しみが癒えたら話す」。

その時、犬のファウラーが激しく吠えました。一匹のウサギがこちらをじっと見ていました。獲物だ! 父は銃を構えますが、引き金を弾いた途端、暴発して尻もちをついてしまいます。

その頃、家では、双子の弟と妹がヤギをからかって遊んでいました。トマシンが何度注意しても聞きません。

母親が出てきてどうして双子から目を離したのか、トマシンは叱られてしまいます。

父とケイレブが戻ってくると、母は「家を離れないで」と激しく詰め寄りました。森に行ったと知り、母は益々怒り出しました。

罠のことが言えず父が言い淀んでいるので、ケイレブが「りんごを探していた。母さんを喜ばせたかった」と言ってその場を取り繕いました。

父は薪割りに精を出し、トマシンは水辺で洗濯をしていました。ケイレブの目はつい彼女の胸元にいってしまいます。「何をみているの?」トマシンが無邪気に聞きました。

すると双子の一人、マーシーがいつの間にかやってきて魔女の真似をして二人を脅かせました。

双子は黒ヤギとお話が出来て、その黒ヤギが「トマシンが魔女だ」と言っていたとマーシーは言います。

マーシーがあまりにも生意気なので、トマシンは「サムを奪ったのは私。森の魔女は私。私はなんでも消せることが出来る」とマーシーに迫って怖がらせました。そして「このことは内緒よ」と釘を指しました。

夜、食卓を囲む家族。母はトマシンに銀カップを失くしたのかと尋ねました。「私じゃない」と答えるトマシン。「私の父のカップを失くすなんて」さらに母は彼女を責めました。

「カップも狼のせいなの? この土地はなんなの? いやな感じだわ」と母は喋り続けました。

ヤギが騒がしいので寝床を整えに行ったトマシンは小屋にウサギがいるのに気が付きました。ウサギはまっすぐこちらを見ていました。

食卓に二人残った父と母。嘆きすぎるのはよくないと父が諭しています。「トマシンは月のものを迎えた。奉公に行く年齢なのにこんなところじゃ何もできない」と母は嘆き続けます。「サムは地獄にいる。家族も餓死する」。「トマシンを町に連れて行って奉公させよう」。

そんな二人の会話は子どもたちに筒抜けでした。トマシンは不安そうにそれを聞いていました。

翌朝、ケイレブは森に行く準備をしていました。「ぼくは絶対姉さんを奉公にはいかせない」。

彼は一人で行こうとしていたのですが、トマシンは無理やりついて行きました。

罠には小さな獣がかかっていました。その時、犬が激しく鳴きました。馬が暴れ、トマシンは放り出され、気を失ってしまいました。

ケイレブは銃をかまえて犬の方に近づいていくと泣き声のような声が聞こえ、犬が倒れていました。ケイレブはいつの間にか森の奥深くに入っていました。

トマシンが気がつくと、父がケイレブを呼ぶ声が聞こえてきました。トマシンは父と抱き合いました。「ケイレブは?」

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ウイッチ』ネタバレ・結末の記載がございます。『ウイッチ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ケイレブは森の中で途方にくれていました。すると赤いショールの女が現れ、彼を誘惑し始めました。女は頬に手をあて、彼にキスしました。

「なぜ森に行ったの!?」母は帰ってきたトマシンを激しく叱りつけました。「言えない。私にばかり厳しくしないで」とトマシンは叫びました。

「私がカップを盗ったのだ」。父の声がしました。「昨日の朝、私は彼を森に連れて行った」。

母は血相を変えて言いました。「偽証の罪を犯したから彼が消えたのよ! ケイレブにまで嘘をつかせて!」

しばらく立った頃、ケイレブが家に帰ってきました。見つけたのはトマシンでした。裸で意識がなく、懸命の手当が施されます。

「ケイレブはなぜ病気に?トマシンが呪ったの?」マーシーはトマシンが魔女だと言った話を母にばらしていました。数日前、ヤギの乳をしぼると乳のかわりに血が出てきたこともトマシンのせいだと少女は言うのでした。

父は明日の朝、村へいって、奉公先をみつけ、医者を呼んでこようといいますが、母は置き去りにしないでと訴えます。あなたがいなくなったら私たちはどうすればいいのかと。

「ヨブの妻になってしまった」母は弱々しく告白します。「サムを失くしてから心が石になったの。哀しみで信仰が弱くなったの」

その時、悲鳴があがりました。ケイレブの声でした。ケイレブは大声で「斧で彼女の首をはねろ! 彼女が僕の上に乗っている」と叫んでいました。

苦しそうにもがき出したので、家族が心配して駆け寄ると、口から小さなリンゴが飛び出てきました。「これは魔女の呪いよ!」「彼女が悪魔と契約したのよ!」と双子が叫びました。

父は皆に祈るよう命じますが、双子は祈り方を忘れたと言い出します。ケイレブはうなされながら、最後は神のもとに行くかのように口走り、笑みを浮かべて絶命しました。

母は哀しみで絶叫し、トマシンに出ていくように言いました。

「なぜ私を否定するの!?」トマシンは自分を抱きすくめる父を責め始めました。「偽善者!私を売ろうとしてた。母さんのコップのこともすぐに言い出さなかった。作物も作れず、猟も出来ず、家族を守れない無能な人間!」

トマシンは双子が魔女だと言い始めました。「マーシーは自分で森の魔女だと言ったわ。黒ヤギに変身した悪魔と双子が契約したの」。

父は子どもたち三人をヤギの小屋に閉じ込めました。彼も既に平静を失っていました。しかし、彼は懸命に祈ります。懺悔し、子どもたちだけはどうか助けてくださいと必死に祈り続けました。トマシンは小屋の隙間からその様子をじっと見つめていました。

その夜、小屋の中で寝ていたトマシンたちは物音に気付いて目を覚ましました。観ると、黒ヤギに老婆のような女が覆いかぶさっています! 3人は悲鳴をあげました。

翌朝、父親はすっかり破壊された小屋の前に立ち、呆然としていました。白いヤギは二匹とも死んでおり、双子の姿はなくなっていました。

トマシンは悲鳴を聞いて意識を取り戻しました。見ると黒ヤギが父を襲っています! 角で腹部を貫かれ、目の前で父は絶命しました。

慌てて駆け寄り、父の亡骸を抱きかかえますが、その時、「なんてことをした!」と鋭い声が響きました。母でした。

母は目を見開き「弟を誘惑したでしょう! 次に父を。お前は私から大切なものを皆奪った!」と怒鳴りました。

トマシンの首を絞め始める母。トマシンが手を伸ばすと小刀が落ちていました。首を絞めるのをやめない母に思わず小刀を振るいます。母の血が彼女の体にポタポタと落ちてきました。

死んだ母の体を抱きしめながらトマシンは泣き始めました。

泣き止むと、母の体を押しのけ、小屋に入り、血のついた服を脱ぎ、別の服をはおると椅子に座り眠ってしまいました。

夜、導かれるようにトマシンは外へ出ていきました。黒ヤギが彼女の前に立っていました。「ブラック・フィリップ、しゃべってちょうだい」

「何を望む? バター? きれいなドレス? 世界も見せてやろう」とヤギが喋りだしました。「目の前に本があるだろう? 服を脱いで署名しろ」。「字を知らないの」「助けてやろう」。

トマシンは裸になって森の中を歩いていきました。森の一角に炎を囲んで儀式をしている裸の女たちが見えました。

女たちの体は次第に宙に浮いていきます。トマシンの体も浮き上がりました。彼女は微笑みましたが、苦しんで叫んでいるようにも見えました。

彼女は高い森の木のてっぺんまで浮き上がっていきました。

スポンサーリンク

3.映画『ウイッチ』の感想と評価


(C)2015 Witch Movie,LLC.All Right Reserved.

ニューイングランドは、アメリカ合衆国の中で最も古い歴史を持つ地域の一つで、1962年に始まる「セイラム魔女裁判」で知られている場所でもあります。

降霊会に参加していた少女たちが異常な行動をし出した事件を発端に、立場の弱い女性が悪魔と契約したと告発され、裁判を受け、処刑されました。最終的には村の住人の100名以上が告発され、19名が処刑、及び餓死をしたと言われています。

監督のロバート・エガースもニューイングランド出身で、幼い頃は常にニューイングランドの過去が意識下にあったと述べています。幼い頃に見た最も初期の悪夢は魔女に関するものだったとも。また彼の家の背後にそびえる森が常にその過去を想像させたとも語っています。

本作は「セイラム魔女裁判」よりも前の1630年という時代設定になっています。エガースは17世紀のインテリアや衣服、住居、そして魔女に関する文献などを徹底的に調べ、企画から5年がかりで作品を完成させました。

照明も蝋燭を使い、高感度のカメラを使わず、夜の暗さをそのまま画面に焼き付けています。

赤ん坊がいなくなったあとに、魔女らしきものが、暗さの中にちらちらと姿を見せますが、はっきりと見えず、何をしているのかよくわからないことが逆に怖さを倍増させています。

入植地を追放されたとはいえ、堅い絆で結ばれていたはずの家族が、疑心暗鬼にとらわれていく描写は圧巻の一言です! ある事件をきっかけにまさにドミノ倒しのように、一家は崩壊していきます。

幸せな毎日であれば、多少の不安や不満があったとしても意識下に追いやることは可能ですが、一つ、何かが崩れると、次第にそれらが大きな塊となり、ついには爆発するというのは、現代に生きる私たちにも十分起こりうる怖さではないでしょうか。

長女トマシンに扮したアニヤ・テイラー=ジョイは、無垢な少女として登場しますが、その肉体は次第に大人にむかっており、年頃の弟を無意識のうちに惑わせます(それゆえに彼は罪悪感を募らせていきます)。

処女性と悪魔性を内包したキャラクターを見事に演じていて、非常に強いインパクトを放っています。

ナイト・シャマラン監督がこの作品の彼女を見て、『スプリット』に抜擢したとのことですが、それも納得の存在感です。

さらに注目したいのは、長女や母親という女性キャラクターが一家の長である父親を責め立てる場面です。

とりわけ、長女の父への言葉は辛辣です。世のお父様方は娘にこのようなことを言われたら立ち直れないのではなかろうか、と思わずにはいられないほど身につまされるシーンとなっています。

当時の社会は究極の男性支配社会ですから、女性がこのように意見を言う機会がどのくらいあったのでしょう? 

そもそも魔女というものは、男性社会において、男性たちが、女性のパワー、能力に対して持った恐怖心の具体化だという説もあります。父にはトマシンはまさしく魔女だったでしょう。

ともあれ、父親の、コミュニティーを追放されてもやっていけるという自分の信仰に対する過信が、全ての始まりであり、妻も子どもも、それについて行かざるを得ないわけですから、これはその弱き者の反乱でもあるわけです。

ただし、父親は最後まで子どもたちの無事を祈り続けました。その姿を閉じ込められた小屋の隙間から見るトマシンのまっすぐな視線と美しい瞳といったら!

本作は、シンプルな怪奇映画であるとともに、究極の家族愛映画であると読み解いてもよいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ


(C)2015 Witch Movie,LLC.All Right Reserved.

終盤、悪魔と契約したトマシンの体が浮かんでいくシーンがあります。彼女は一度笑ったように見えますが、そのあとは松明のせいで顔の部分が影になり、表情がまったく見えません。

最早、別世界に行ってしまった彼女の心を読もうなど無駄な行為だ、と拒否されているかのようです。

ラストシーンの衝撃も忘れがたいものです。誰があのようなシーンを予期したでしょうか。

ところで、筆者はトマシンが悪魔と契約して、森の奥に導かれていくシーンをみて、一本の日本映画を思いだしていました。

それは塩田明彦監督、宮﨑あおい主演の『害虫』(’02)です。ラスト、待っていた男が現れず、声をかけてきた見知らぬ男について行くことを選んだ少女が向かう先は地獄かそれとも…?

彼女たちの行先が重なって見えました。

アニヤ・テイラー=ジョイがどことなく宮﨑あおいと見た目のイメージがかぶるのと、彼女たちが演じる少女が醸し出す寄る辺なさ、人を破壊させてしまうものを持っているところなども共通項のように思えます。

『害虫』の少女も、時代が時代なら「魔女」と呼ばれていたかもしれません。

さて、ロバート・エガース監督の次回作は、ホラー映画の名作『吸血鬼ノスフェラトゥ』(1922)のリメイクとのこと。

エドガー・アラン・ポーやアーサー・マッケンなどのクラシック怪奇小説、ヴィンセント・プライス、ピーター・カッシングといったクラシックホラー映画のスターを好む、エガース監督にピッタリの題材です。

アニヤ・テイラー=ジョイと供に、今後の活躍が楽しみです

関連記事

ホラー映画

映画『テルマ』あらすじとキャスト一覧!公開日と劇場は?

2017年の最もエキサイティングだと言われるホラー映画が海外で話題となっています! この作品の監督はデンマークのコペンハーゲン出身で、ノルウェーで活動する映画監督でヨアヒム・トリアー。 今回は日本公開 …

ホラー映画

こどもつかいキャストとあらすじ!滝沢秀明映画の舞台挨拶や試写会は?

“悪いオトナに「死」を届ける…簡単なおつかい…” 『呪怨』の清水崇監督が再び世界を震撼させる究極のホラー映画『こどもつかい』をご紹介します。 スポンサーリンク 映画『こどもつかい』の作品情報 【公開】 …

ホラー映画

映画『ウィッチ』あらすじとキャスト!2017公開日や試写会情報も

貴方はまだ、本当に恐ろしい“魔女映画”を知らない…。 サンダンス映画祭監督賞など数々の賞レースを席巻したホラー映画『ウィッチ』をご紹介します。 スポンサーリンク 1.映画『ウィッチ』の作品情報 【公開 …

ホラー映画

柳ゆり菜主演映画ヴァンパイヤナイトVorchaosメンバーが主題歌

山深い温泉宿を訪れた美人姉妹!イケメン!謎の男?その湯治場を舞台に繰り広げられた死闘とは… アメリカンホラーとジャパニーズホラーがクロッシングさせる映画『ヴァンパイアナイト』をご紹介します! スポンサ …

ホラー映画

聖ゾンビ女学院あらすじ!虹コンメンバー映画舞台挨拶は?上映館一覧も

新型ウィルスにより人肉を喰らう通称“ギンプ”がという死者が大量発生!文明の99%が絶滅した世界で、未来のために学園いる7人の少女たちが戦いを挑む! 少女たちを演じるのは、声優、イラスト、コスプレなど、 …