Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

Entry 2019/03/18
Update

映画『ハロウィン( 2018)』あらすじネタバレと感想。続編ブギーマンの見どころとは?

  • Writer :
  • 村松健太郎

映画『ハロウィン』2019年4月12日(金)全国ロードショー!

1978年ジョン・カーペンター監督の手によって生み出されたホラーアイコン“ブギーマン=マイケル・マイヤーズ”がシリーズ誕生40周年の年に帰還。

過去2作品がロブ・ゾンビ監督によるリメイク版だったのに対して、本作は第一作からの系譜に連なる本シリーズの最新作

主演・製作総指揮に1作目のヒロインのローリーを演じたジェイミー・リー・カーティス。

シリーズ生みの親のジョン・カーペンター監督がキャラクター原案・製作総指揮・音楽を担当。

監督は新鋭のデヴィッド・ゴードン・グリーン。製作には『ゲット・アウト』『パラノーマル・アクティビティ』のジェイソン・ブラムも参加しています。

スポンサーリンク

映画『ハロウィン』の作品情報


(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS

【公開】
2018年(アメリカ映画)

【原題】
Halloween

【キャラクター原案、製作総指揮、音楽】
ジョン・カーペンター

【製作総指揮】
ジェイミー・リー・カーティス

【製作総指揮・脚本・監督】
デヴィッド・ゴードン・グリーン

【キャスト】
ジェイミー・リー・カーティス、ジュディ・グリア、アンディ・マティチャック、ウィル・パットン、バージニア・ガードナー、ニック・キャッスル

【作品概要】
鬼才ジョン・カーペンター監督の1978年の名作ホラー映画『ハロウィン』の40年後を描いた続編。

1978年版でローリーを演じたジェイミー・リー・カーティスが再び同役を務めます。

共演には『ジュラシック・ワールド』のジュディ・グリアらが参加。そしてジョン・カーペンターが製作総指揮のほか音楽も担当したことや、『ボストンストロング ダメな僕だから英雄になれた』のデビッド・ゴードン・グリーン監督を務めました。


映画『ハロウィン』のキャラクターとキャスト


(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS

ローリー(ジェイミー・リー・カーティス)
ブギーマン=マイケル・マイヤーズの実の兄妹であり、運命によって惹きつけ合う関係。

マイケル・マイヤーズ“ブギーマン”(ニック・キャッスル)
6歳の時に実の姉を殺したことで精神病院に収監されていたが、脱走して故郷に戻る。

カレン(ジュディ・グリア)
ローリーの娘。ブギーマンを巡って母娘関係は破綻している。

アリソン(アンディ・マティチャック)
ローリーの孫。事件ことは伝聞でしか知らない。

ルーミス医師(ドナルド・プレザンス)
マイケルの担当医。すでに故人。

サルティン医師(ハルク・ビルギナー)
ルーミスの弟子で、遺志を継ぎマイケルを担当。

スポンサーリンク

映画『ハロウィン』のあらすじとネタバレ


(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS

6歳で姉を殺害し、精神病院に収監されていたマイケル・マイヤーズ。

そんな彼が15年後、故郷に舞い戻り実の妹ローリーを襲う事件が起きました。

ローリーはマイケルの担当医ルーミスの助力もあり、辛くも生き残ることができましたが、それ以来“ブギーマン”とも呼ばれるマイケルの再襲来に怯え、憑りつかれる日々を過ごしていました。

それから40年後の現代。

ルーミス医師は既に亡く、その教え子だったサルティン医師がマイケルを診ています。しかし、行政側の事情からマイケルは刑務所へと移送されます。

長らく精神病院のへの中にいたマイケルが外に出ることを警戒するローリーは娘のカレン、孫娘のアリソンに警告を発します。

しかし、ブギーマンなどというのは、強迫観念に憑りつかれたローリーの幻想だと言って相手にしません。

以下、『ハロウィン』ネタバレ・結末の記載がございます。『ハロウィン』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ところが、移送中の中でマイケルが覚醒。因縁のマスク、包丁を手にしたマイケルは夜の闇に紛れて故郷に迫ります。その夜は因縁の“ハロウィンの夜”でした。

惨劇が始まったことでローリーの心配が現実的なものになったことを知ったカレンとアリソンは、ローリーの家に逃げます。

ローリーの家に導かれるようにマイケルが迫ります。

ローリーは侵入してきたマイケルと対決、当初はただ戸惑い怯えているだけに見えたカレンも一転して逆襲に出ます。

シェルターのように見えたローリーの家は、マイケルをおびき寄せ閉じ込める巨大な檻でした。

完全にマイケルを閉じ込めた家にローリーたちは家に火をつけます。

炎に包まれたマイケル。果たしてその生死は…。

映画『ハロウィン』の感想と評価


(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS

スプラッターホラーの始祖“ハロウィン”40年目の作品

レザー・フェイスが大暴れする1974年の『悪魔のいけにえ』というパイオニア(2は12年後)があったものの、ジェイソンの『13日の金曜日』(1980)、フレディの『エルム街の悪夢』(1984)に先行して登場したのがジョン・カーペンター監督の『ハロウィン』

番外編のシリーズ3作目を除き基本線を保ちつつ40年の中で計11作が作られました。

直近の2作はリメイク企画だったので、本作は2002年の『ハロウィン・レザレクション』に以来の本筋のシリーズ作品となります。

この『ハロウィン』によって、“マスクを被った殺人鬼がティーンエイジャーを襲う”といういわゆるスプラッター映画のフォーマットが生まれました。

40周年記念作品の本作は1作目から直接つながっている部分も多く、過去に死んだことにもなったりしたヒロインのローリーがジェイミー・リー・カーティスの手によって主役として完全復活しています。

また生みの親のジョン・カーペンター監督が映画に本格的に絡んでいます

いくつかの描写などで、シリーズを追っておくとより旨味が増す部分もありますが、この作品単体でも充分に楽しめる作りに仕上がっています。

逆にこの映画を見てから過去のシリーズ作品に遡ってみるのもよい見方かもしれません

あのジャパニーズホラーの元ネタ“ブギーマン”


(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS

ブギーマンというのは今ではこのシリーズのホラーアイコンマイケル・マイヤーズと完全にイコールに結ばれつつありますが、実際には世界各地の民間伝承に登場する謎の怪物・幽霊のことを指します。

似たような響きの存在は世界各地に存在し、特定の外見や力などがない、文字通り得体のしれないものの名前です。

一説によると東南アジアに起源がありそれをヨーロッパの船乗りが知り、更に旅先で伝えて広まったと言われています。

2018年公開された岡田准一主演・中島哲也監督の『来る』の原作『ぼぎわんが、来る』の“ぼぎわん”の元ネタでもあります。

ところが、映画の影響力は強く、1978年に『ハロウィン』が公開されるや否や、いつの間にか白いマスクにつなぎの上下に身を包み、巨大な包丁を振り回す殺人鬼が“ブギーマン”のパブリックイメージが定着してしまいました。

実はブギーマンという名前で全く別の外見のキャラクターが映画やドラマに登場してもいるのですが、マイケル・マイヤーズの存在感が圧倒的で、なおかつコンスタントにシリーズが制作されていることもあって、今のような状況になりました。

スポンサーリンク

まとめ


(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS

ジャーナリストであるデイナとアーロン。

40年前にハロウィンで起きた殺人事件の真相を調べなおしていました。

犯人ブギーマンこと、マイケル・マイヤーズは事件後、ひと言も話さいことから動機などは、一切不明のままでした。

事件のただひとりのの生き残りであるローリー・ストロードに話を聞くと、収穫はない物の、ローリーはマイケルが再び現れる予感を抱いていました。そしてハロウィン前夜…。

1978年ジョン・カーペンター監督の伝説的ホラーアイコン「ブギーマン」。

マイケル・マイヤーズがシリーズ誕生40周年の年に還って来る…。

映画『ハロウィン』2019年4月12日(金)全国ロードショー

ぜひ、お見逃しなく!



関連記事

ホラー映画

映画『ズーム 見えない参加者』ネタバレあらすじと結末の感想解説。ガチ怖幽霊のホラー交流会をネット動画Zoomで開催した男女の運命

英国のロブ・サベッジ監督の新感覚ホラー映画『ズーム 見えない参加者』 ロックダウンされたイギリスを舞台に、6人の男女が「Zoom交霊会」を開催した事で遭遇する恐怖を描いた、映画『ズーム 見えない参加者 …

ホラー映画

レザーフェイス 悪魔のいけにえ(2018)あらすじネタバレと感想。ラスト結末

1974年、トビー・フーパー監督によって生み出された映画『悪魔のいけにえ』とチェーンソーを片手に大暴れする殺人鬼レザーフェイス。 いくつもの実在の殺人鬼の要素を取り込む、更に何倍にも拡大させたレザーフ …

ホラー映画

映画『イーライ ELI』ネタバレあらすじと感想。ラスト結末は病気治療の医学ドラマから“オカルトへ変化”に注目!

全ての人を疑い狂ってしまう映画『ELI/イーライ』 『ELI/イーライ』は、2019年10月にNetflixで放送されたアメリカのホラー映画です。脚本はデヴィッド・チャーチリッロ、『フッテージ デス· …

ホラー映画

映画『呪怨2020(The Grudge)』ネタバレあらすじと感想。結末をハリウッド版リブートはいかに描いたのか⁈

ハリウッド版『呪怨』新作映画『The Grudge(原題)』は2020年1月3日より北米公開 映画『呪怨 2020 (原題:The Grudge)』は、2004年に公開された清水崇監督のアメリカ版『T …

ホラー映画

映画『ザ・ゴーレム』あらすじと感想レビュー。救世主なのか怪物か?忠実さと暴走する破壊者の二面性

スペイン・バルセロナ近郊のリゾート地シッチェスで毎年10月に開催されている映画祭「シッチェス映画祭」。 「シッチェス映画祭」で上映された、選りすぐりの作品を日本で上映する「シッチェス映画祭」公認の映画 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学