Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

海外ドラマシリーズ

Entry 2021/07/15
Update

君は私の春|3話 ネタバレあらすじ感想と結末評価。ダジョンとヨンドが急接近!?新たに波乱をもたらす人物までもが出現

  • Writer :
  • 咲田真菜

Netflixドラマ『君は私の春』が2021年7月5日(月)から配信されています。

ホテルのコンシェルジュとして働くカン・ダジョン(ソ・ヒョンジン)が暮らすビルに、クリニックを開業した精神科医のチュ・ヨンド(キム・ドンウク)。

幼い頃にトラウマを抱えた2人の間に少しずつ信頼感が生まれ、絆が芽生えます。

スポンサーリンク

『君は私の春』の作品情報

【配信】
2021年7月5日より配信(韓国ドラマ)

【演出】
チョン・ジヒョン

【脚本】
イ・ミナ

【キャスト】
ソ・ヒョンジン、キム・ドンウク、ユン・バク

【作品概要】
ホテルのコンシェルジュとして働くカン・ダジョン(ソ・ヒョンジン)が暮らすビルに、クリニックを開業した精神科医のチュ・ヨンド(キム・ドンウク)。そんな二人の前に現れたチェ・ジュン(ユン・パク)が衝撃の死を遂げました。

『君は私の春』3話のあらすじとネタバレ

チェ・ジュン(ユン・パク)が残したメモをもとに、ダジョンはヨンサン駅に向かい、コインロッカーでオルゴールを見つけます。そこには幼い頃に行った教会で写した写真と手紙が入っていました。

手紙には、2003年3月13日キム・ミョンジャを殺した、2018年6月3日イ・ジョンボムを殺した、2020年12月18日チョ・グァンフンを殺した、すべきことをしただけで後悔はしていない。僕はすべてを終わらせようとしている…という衝撃の内容が記されていました。

その頃、ジュンが身を投げた場所で茫然と立ち尽くしているヨンドのもとに、警察が駆けつけていました。警察が身元を確認すると、チェ・ジュンの本名は、チェ・ジョンミンと判明。ヨンドの知り合いのコ刑事は、第一発見者となったヨンドを気遣います。

そして警察で参考人として話を聞かれるダジョンは、深いショックを隠せません。気丈にふるまうダジョンの表情を見て、ヨンドは幼い頃、兄を亡くした時に見た母の表情を思い出します。

「僕の言葉でこんな表情をする人を慰めることはできない」とヨンドは思いますが、とにかく何かを食べたほうがいいと考えたヨンドは、ダジョンを食事に誘います。

ダジョンを心配するパク・ウナ(キム・イェウォン)とパク・チョルド(ハンミン)は、ビルの前でダジョンたちが帰るのを待っていました。ヨンドがあらかじめウナたちに電話をして事情を話していたのです。ウナは、ジュンと付き合うように背中を押した自分を泣きながら責めます。

別れ際、ヨンドはダジョンに薬と飴を渡します。「薬は飲まない」と一度は拒んだダジョンですが「必要になるかも」というヨンドの言うことを素直に受け入れます。

ウナが一晩ダジョンに付き添うことになりましたが、チョルドもヨンドと一緒にいることにしました。ダジョンが「ヨンドを一人にしないで」とチョルドに頼んでいたのです。

ダジョンはその夜、ヨンドからもらった薬を飲み、ヨンドも同じ薬を飲んで休みました。

翌朝、ダジョンはヨンドに、母親の住むカンヌンへ一緒に行ってくれないかと頼みます。「いいですよ」と即答するヨンドに「一人でいるのが怖いんじゃない。以前から母親との約束があり、行かないと不審に思われる」と弁解するダジョン。

店を休めないウナたちが心配して、事情を知っているヨンドに一緒に行くように頼むように言ったのでは…と言うヨンド。すべてお見通しのようです。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『君は私の春 第3話』ネタバレ・結末の記載がございます。『君は私の春 第3話』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

一方、コ刑事は、ずっと追っていた後輩・イ・ジョンボムの殺人事件の容疑者が死亡し、幕引きになったことで、モヤモヤした気持ちを抱えていました。

あっけなく幕を閉じたことに、釈然としない思いがあったのです。ジョンボムの墓で「ヤツが本当に犯人なら、俺の夢に出てきてそう言ってほしい」と話しかけます。

カンヌンへの車中、幼い頃のダジョンの話を聞き、相変わらずダジョンの性格を分析するヨンド。そんなヨンドに向かってダジョンも負けずに言い返します。その途中で、ヨンドは高校時代の友人からの電話を受けます。

「なぜカンナンへ行く?また女を口説いているな」と言われ、焦るヨンドにダジョンはニヤリと笑います。

カンヌンに着くやいなや、ピザの配達をしている母・ムン・ミラン(オ・ヒョンギョン)とバッタリ会います。ヨンドを店に呼び、ミランは「職業は?」など、質問攻めにします。

なんとかヨンドを開放したいダジョンは「彼は用事があるので急いでいる」と言うのですが、「誰と会うの?住所はどこ?」とまたもやヨンドに質問します。

口ごもるヨンドに「合格よ。こんな簡単な嘘がつけないなら」と言い、食事を食べていくよう促します。

そんな時、元妻の女優・アン・ガヨン(ナム・ギュリ)からピザを30枚オーダーする電話が入ります。恋人のアイドル・パトリックがロケをしているところまで追いかけてきたのでした。

思わぬ場所でヨンドに会い、ダジョンと一緒にいることを知ると、少し不愉快な気分になるガヨン。

無事にパトリックのロケ隊にピザを配達し、カンヌンの海を見ながら、話すダジョンとヨンド。

「心が元どおりになるまで時間がかかります」と言うヨンドに「あの人のことに時間は使わない。どうせよく知らない人だった」とダジョンは答えます。

ヨンドは、ありとあらゆる言葉で、ダジョンを元気づけます。するとダジョンは「せめて良い人でいてほしかった。そうすれば彼のために泣くことができるのに…」と涙を流します。

カンヌンから戻り、通常の日々に戻ったダジョンとヨンドですが、警察は事件当日、コインロッカーにオルゴールとダジョンにあてたジュンの遺書を入れた人物を突き止めました。

その人物が手にしていたのは、ジュンからもらった名刺。ジュンの写真を見せると「この人から頼まれました」と、その人物は言いました。

あまりにもつじつまが合い過ぎていることに、違和感を持つコ刑事。遺書を他人に託す気持ちが分からないとヨンドに言います。

ヨンドも「彼が真犯人じゃないかもしれない。他殺なのでは?」と言い、感じている違和感をコ刑事に話します。

素人のヨンドにいろいろ分析され、少し気を悪くしたコ刑事。一瞬気まずい雰囲気になるものの、コ刑事はこの事件をいちから調べなおすとヨンドに誓います。

ヨンドも自分の心臓を提供してくれたイ・ジョンボムのことを想います。

その夜、ダジョンはヨンドとビルの屋上で会いました。ガチャガチャで手に入れたドクター・ホロ―のフィギュアをヨンドに渡し、事件当日に家まで送ってくれたこと、カンヌンに付き合ってくれたことなど、これまでヨンドがしてくれたすべてのことにお礼を言いました。

「これからはただの隣人として接する。元気?眠れた?とか、聞かないようにします」というヨンドに、ダジョンは「どうして私の言いたいことが分かったの?」と驚きます。そして二人は笑顔で握手をします。

すべてを忘れようと、ホテルの仕事に邁進するダジョン。客に呼ばれ、部屋に向かう途中である人物とすれ違ったダジョンは、立ち尽くします。それはジュンと同じ顔の人物でした。

スポンサーリンク

『君は私の春』3話の感想と評価

ようやくラブストーリーっぽい雰囲気に?

ジュンの衝撃の死で幕を閉じた2話。

3話では、ジュンの突然の死だけでなく、ジュンが残した遺書から衝撃の事実を知り動揺するダジョンの痛々しいシーンが続きました。

とてもつらい回になるのかと思いましたが、ダジョンを気遣うヨンドとの距離がさらに近くなり、ようやくラブストーリーっぽい展開になってきたところが救いでした。

特に、ダジョンの母が住むカンヌンへヨンドが運転する車で出掛けるところは、なんだか初デートを楽しむカップルのよう。

相変わらずヨンドは、ダジョンの性格を分析するのですが、ダジョンも負けずにヨンドに応酬し、ヨンドの話し方を真似するところは思わず笑ってしまいます。

そしてカンヌンでは、ダジョンの母・ミランの破壊力に圧倒されます。ダジョンが幼い頃を回想するシーンでは、暗くて覇気のない母親でしたが、現在は一人でピザ屋を切り盛りするたくましい母・ミラン。

突然娘のダジョンが連れてきた男性・ヨンドに対する質問攻撃や、ヨンドがミランに向かって軽口を叩いた「バツ」に、波打ち際でヨンドを思い切り海に向かって突き飛ばすところは、なかなかのものです。

カンヌンの海、そしてミランが、ダジョンとヨンドの距離をさらに近いものにしてくれたようです。

ヨンドが放つ癒しの言葉

ヨンドは精神科医ですから、患者をカウンセリングするように優しい言葉を放ちます。ドラマの中での出来事だと分かっていても、その言葉の数々が意外に心に響きます。

「心が傷ついたというのは比喩ではなく、傷が見えないだけで外傷を負っているんです」というヨンドの言葉は温かく、ダジョンでなくても励まされるような気がします。

そうした癒しの言葉を言うヨンド役のキム・ドンウクの優しい声に、心がじわっと温かくなる人もいるのではないでしょうか。

まとめ

今回はダジョンをサポートするヨンドの優しさを中心に描かれていました。

クスッと笑えるシーンも多かったのですが、最後の最後で、ダジョンの心を揺るがすことが起きてしまいました。ユン・パクが演じるジュンと同じ顔をした人物は一体誰なのか。まだまだ波乱が続きそうです。


関連記事

海外ドラマシリーズ

君は私の春|2話ネタバレあらすじ感想と結末評価。ラストでジュン(ユンパク)の身に衝撃の出来事⁉︎ダジョンの行方はいかに!

Netflixドラマ『君は私の春』が2021年7月5日(月)から配信されています。 ホテルのコンシェルジュとして働くカン・ダジョン(ソ・ヒョンジン)が暮らすビルに、クリニックを開業した精神科医のチュ・ …

海外ドラマシリーズ

ワンダヴィジョン1・2話のネタバレ感想と内容考察。怖いラスト結末を解説【虚構の世界なのか予想解説⁈】

『ワンダヴィジョン』はDisney+で配信。 2019年に公開された『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)で壮大なクライマックスを迎えたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)。 しかし、 …

海外ドラマシリーズ

Hulu『ハンドメイズテイル侍女の物語』あらすじとキャスト!原作小説紹介も

第69回エミー賞受賞式が9月17日(現地時間)に開催されました。 毎年エミー賞のなかでも最も注目が集まるのが、プライムタイム・ドラマシリーズ部門の作品賞! 有力作品が大激戦でひしめくなか、見事!栄冠を …

海外ドラマシリーズ

Netflixドラマ『Marvelパニッシャー』シーズン2あらすじネタバレと感想。キャストの行動がラストに繋がる

それぞれのケジメをつけるため、ニューヨークに銃弾の雨が降り注ぐ。 過去に3度、それぞれ違う俳優と設定で映画化されるほどの人気を誇るマーベルコミックスの人気ヒーロー「パニッシャー」。 世にはびこる悪人を …

海外ドラマシリーズ

『愛の不時着』あらすじと感想レビュー。キャスト脇役のスピンオフの可能性を考察

韓国の人気ドラマのスピンオフの可能性を考察! 2020年2月からNetflixで配信されている韓国ドラマ『愛の不時着』。 半年以上経っても人気作品のトップ10にランクインするなど、根強い人気です。主人 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学