Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2020/02/05
Update

映画『ザ・ピーナッツバター・ファルコン』感想レビューと考察(ネタバレあり)。施設を飛び出した青年がプロレスラーを目指す理由

  • Writer :
  • 松平光冬

運に見放された漁師とダウン症の青年の心の交流

トラブルメーカーの漁師と、プロレスラー志望のダウン症青年の旅路を描く映画『ザ・ピーナッツバター・ファルコン』が、2020年2月7日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国公開されます。

本作で長編デビューをはたした俳優ザック・ゴッツァーゲンの映画出演の経緯や、彼が演じる青年が、野球でもバスケットボールでもなく、プロレスに憧れた理由を考察します。

スポンサーリンク

映画『ザ・ピーナッツバター・ファルコン』の作品情報


(C)2019 PBF Movie, LLC. All Rights Reserved.

【日本公開】
2020年(アメリカ映画)

【原題】
The Peanut Butter Falcon

【監督・脚本】
タイラー・ニルソン、マイケル・シュワルツ

【製作】
ロン・イェルザ、アルバート・バーガー、クリストファー・ルモール、ティム・ザジャロフ

【撮影】
ナイジェル・ブラック

【編集】
ナット・フラー、ケビン・テント

【キャスト】
ザック・ゴッツァーゲン、シャイア・ラブーフ、ダコタ・ジョンソン、ブルース・ダーン、トーマス・ヘイデン・チャーチ、ジョン・ホークス、ウェイン・ディハート、ジョン・バーンサル、ジェイク・ロバーツ、ミック・フォーリー

【作品概要】
ツキに見放された漁師タイラーと施設から脱走したダウン症候群の青年ザック、そして施設の看護師エレノアの3人が繰り広げる冒険の旅を描いたヒューマンドラマ。

監督と脚本は、本作が長編映画デビューとなるタイラー・ニルソンとマイケル・シュワルツで、実際のダウン症の青年であるザック・ゴッツァーゲンと意気投合した2人は、彼を主役とした映画の製作を決意。

2人が著した脚本に感銘を受けた、『リトル・ミス・サンシャイン』(2006)、『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』(2014)など多くのインディペンデント映画を製作したプロデューサー陣により、映画化が実現しました。

主要キャストとして、タイラー役にシャイア・ラブーフ、エレノア役をダコタ・ジョンソンが演じます。

アメリカでは2019年8月に公開され、初週わずか17館だったのが、公開6週目には1490館まで公開規模が拡大するヒットとなりました。

映画『ザ・ピーナッツバター・ファルコン』のあらすじ


(C)2019 PBF Movie, LLC. All Rights Reserved.

アメリカ・ジョージア州サバンナ郊外。

身寄りがなく、老人の養護施設で暮らすダウン症の青年ザックはある夜、子どもの頃から憧れていたプロレスラー、ソルトウォーター・レッドネックが主宰のレスラー養成学校に入ろうと、施設を脱走します。

その頃、最愛の兄を亡くし、荒んだ生活を送っていた漁師タイラーは、カニ漁をする同僚ダンカンとラットボーイの捕獲網を勝手に使ったことで、2人に暴行を受けてしまいます。

タイラーは、その仕返しに彼らの網を燃やして船で逃亡しますが、その船内にはザックが潜んでいました。

新たな船を手に入れるために、遠く離れたフロリダへ向かおうとするタイラーは、ザックが行こうとするレッドネックの学校も同じ道中にあると知り、2人で共に行動することに。

やがて、ザックを探していた施設の看護師エレノアも加えた3人の旅となっていきますが、その一方でタイラーの行方を追うダンカンたちの姿もあったのです…。

スポンサーリンク

新人俳優ザック・ゴッツァーゲンがもたらした化学反応


(C)2019 PBF Movie, LLC. All Rights Reserved.

本作『ザ・ピーナッツバター・ファルコン』のキーパーソンは、これが本格長編デビュー作となる、ザック役のザック・ゴッツァーゲンです。

実際にダウン症候群を持つザックは、幼少時から俳優を目指して演技を学んでおり、数本の短編映画に出演。

ザックと知り合う機会を得たタイラー・ニルソンとマイケル・シュワルツの監督・脚本コンビは、「彼の前向きな姿を見ているうちに、彼をスター俳優にしたいという大きな野心を抱いた」として、本作を企画しました。

タイラーとマイケルの期待に応えるかのように、ザックは高さ10メートルほどの台から水中に飛び込むシーンを、スタントマン起用を拒んで自らこなせば、撮影中盤でヘルニアを患って製作中止の危機に見舞われるも、痛みをこらえて撮影に臨んでいます

(C)2019 PBF Movie, LLC. All Rights Reserved.

そんなザックの姿勢は、スタッフのみならず共演者の心も動かしました。

ザックの旅の相棒となるトラブルメーカーの漁師タイラーを演じたシャイア・ラブーフは、私生活でも酒によるトラブルで、何度も警察のお世話になっていることで知られます。

実は本作の撮影時も、シャイアが飲酒による騒動を起こして逮捕されてしまい、一時公開が危ぶまれる事態に。

しかし、「君はもう有名人だからいいだろうけど、僕にとってはこの映画が大きなチャンスなんだよ」というザックの言葉に猛省し、アルコール依存症克服のセラピーに通い始めたというエピソードもあります。

人生一度きりだからこそ、外の世界に飛び出す

(C)2019 PBF Movie, LLC. All Rights Reserved.

ハンディキャップを抱える人は、健常者と比べても日常生活が困難なため、しかるべき施設で介助を受けて暮らす方が安全という考えは、必ずしも間違いではないでしょう。

しかし、そうした施設から、ザックは逃げ出してしまいます。

施設看護師のエレノアは、最初は職務としてザックの行方を追うも、やがて合流してザックとタイラーの旅に同行するうち、彼を連れ戻すのがはたして善きことなのか、疑問を持つようになります。

表向きは「ザックのため」としながらも、内実は「介助=仕事しやすいから」という施設側の思惑が強くなりすぎて、結果としてそれが彼のアイデンティティを抑えつけているのではないか、と。

心あらずな同情を寄せられたり、施設内で邪見に扱われたりするザックは、一度きりの人生でプロレスラーになるという夢を叶えようと、施設での変わらぬ日常から外の世界に飛び出します。

施設でザックと同部屋の老人カールは、身寄りのない彼にこう言います。

「友だちというのは、自分で選ぶ“家族”なんだ」

ザックは、外の世界で知り合ったタイラーを“家族”に、夢を現実に変える旅に出るのです。

スポンサーリンク

プロレスにハンディキャップは存在せず


(C)2019 PBF Movie, LLC. All Rights Reserved.

ザックがプロレスラーになりたがっているという設定も、本作の大きな要素でしょう。

野球でもバスケットボールでもアメフトでもなく、なぜプロレスなのか?

理由として、プロレスは他のスポーツよりもエンターテインメント性が高いうえに、非日常的要素が高い個人競技という点が挙げられます。

ザックが憧れるソルトウォーター・レッドネックのようなヒール(悪玉レスラー)にもなれますし、熱い声援を受けるベビーフェイス(善玉レスラー)にもなれますし、さらには正体不明の覆面レスラーにだってなれます。

虚実入り混じった何でもありなプロレスの世界では、自分がなりたい存在になることができる――だからこそ、ザックはレスラーを目指すのです。

プロレスには、すべての人間を受け入れる度量の広さがあり、リングに上がればハンディキャップなど存在しません

現に、世界最大のプロレス団体WWEが義足のレスラーをデビューさせたことがありますし、日本にも、さまざまなハンディキャップを持つレスラーが闘うドッグレッグスという団体があるほど。

本作にゲスト出演した元レスラーのジェイク・ロバーツやミック・フォーリーが、堂々たる俳優の顔を見せているのも、彼らが現役時代から「観られる」ことを十二分に理解しているからでしょう。

まとめ

(C)2019 PBF Movie, LLC. All Rights Reserved.

プロデューサーのクリストファー・ルモールは、本作に込めたメッセージとして、以下のように語ります。

大切なメッセージの一つは、誰にでも夢や希望を持つ権利があるということです。私たちは皆、現実と向き合いながら生きなければならないが、夢を諦めなければならない理由はないのです。

このメッセージに説得力があるのは、ザック役のザック・ゴッツァーゲン自身が、誰よりも俳優になりたいという夢を持ち続けてきた人物だからに、他なりません。

映画『ザ・ピーナッツバター・ファルコン』は、2020年2月7日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国ロードショー

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ホロコーストの罪人』ネタバレ結末考察とラストの感想解説。ノルウェーの国家警察や一般市民による“最大の罪”と〈引き裂かれた家族の悲劇〉

ノルウェーの秘密警察がホロコーストに加担したノルウェー最大の罪を描く ナチス侵攻の裏側でノルウェーの秘密警察がユダヤ人をベルグ収容所で強制労働をさせ、アウシュヴィッツ行きのドナウ号に強制収容させた事実 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ワンダー 君は太陽』あらすじとキャスト。天才子役ジェイコブ・トレンブレイ出演

映画『ワンダー 君は太陽』は、2018年6月15日TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開。 ニューヨーク・タイムズ・ベストセラーリスト第1位を記録し、全世界800万部突破の小説「ワンダー」を『ルーム』で …

ヒューマンドラマ映画

野外映画ねぶくろシネマ2017柏の葉T-SITE・雨天の場合は?

夏休み最初の週末2017年7月22日(土)に、野外映画ねぶくろシネマ@柏の葉T-SITEで『ヒックとドラゴン』を無料上映されます。 「映画×ファミリー×アウトドア」をキーワードにピクニック気分で映画が …

ヒューマンドラマ映画

カンヌ国際映画祭2017ソフィアコッポラが本命!発表日程も

1946年にカンヌ国際映画祭の歴史は始まり、2017年で70回目を迎える世界三大映画祭のひとつに挙げられます。 ベルリン国際映画祭、ヴェネチア国際映画祭と並び、各国の映画関係者が一堂に集まる映画の祭典 …

ヒューマンドラマ映画

舘ひろし映画『終わった人』あらすじと評価感想!エキストラ募集も

俳優の舘ひろしと黒木瞳が2018年公開の映画『終わった人』でダブル主演すること発表されました! 昔からの知人ではあったものの意外なことに映画では初共演の顔合わせ。しかも夫婦役を務めることで話題になりそ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学