Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

『大河への道』ネタバレあらすじ感想と結末の解説評価。伊能忠敬のすごいエピソードを時代劇と現代劇の2つの視点から功績を解く

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

伊能忠敬は、日本地図を完成させていなかった!?

地域活性化の為に、伊能忠敬を主役に大河ドラマを誘致しようとする、千葉県香取市役所の職員が直面する、日本地図完成に隠された、真実の物語を描いた映画『大河への道』。

約200年前に、測量で日本地図を完成させたとされる、伊能忠敬に隠されたとんでもない秘密を、現代と江戸時代の、2つの時間軸に分けて描いています。

メインキャスト全員が、1人2役を演じる構成も面白い、本作の魅力をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『大河への道』の作品情報


(C)2022「大河への道」フィルムパートナーズ

【公開】
2022年公開(日本映画)

【原作】
立川志の輔

【監督】
中西健二

【脚本】
森下佳子

【キャスト】
中井貴一、松山ケンイチ、北川景子、岸井ゆきの、和田正人、田中美央、溝口琢矢、立川志の輔、西村まさ彦、平田満、草刈正雄、橋爪功

【作品概要】『
落語家・立川志の輔の新作落語「大河への道 伊能忠敬物語」を、中井貴一の企画により映画化。

伊能忠敬の大河ドラマ化実現に向けて、並々ならぬ熱意を見せる、主役の池本と、伊能忠敬亡き後に、日本地図を完成させる為、幕府を欺く高橋景保の2役を、中井貴一が演じています。

また、松山ケンイチや北川景子を始め、西村まさ彦、平田満、草刈正雄、橋爪功などの実力派俳優が、現代と江戸時代で2役を演じるという、ユニークな構成になっています。

監督は、藤沢周平による短編時代小説を映像化した『花のあと』(2010)の中西健二。

映画『大河への道』のあらすじとネタバレ


(C)2022「大河への道」フィルムパートナーズ
千葉県香取市役所で総務課の主任として勤務している、池本保治。

ある時、市の観光振興策を検討する会議で、意見を求められた池本は、苦し紛れに「伊能忠敬の大河ドラマ化」を提案します。

役所の女性職員である小林や、後輩の木下にも呆れられた池本の提案でしたが、千葉県知事も「伊能忠敬の大河ドラマ化」を希望した為、思いがけない形で案が採用されてしまいます。

ただし、知事からは「脚本家は、加藤浩造でお願いしたい」と注文を出されます。

加藤は大御所の脚本家でしたが、2000年から新たな作品は執筆しておらず、今回の依頼を受けるとも思えません。

池本は、加藤の自宅を何度も訪ねますが、その度に居留守を使われます。

池本が、加藤の自宅から帰ろうとした際に、加藤の自宅の横にあった、ゴミ捨て場のネットが破れていることに気付きます。

ゴミ捨て場のネットを修復する、池本の姿を見た加藤は「家で手を洗うか?」と、池本を自宅に招き、話を聞こうとします。

池本は「伊能忠敬の大河ドラマ化」について熱弁しますが、加藤は興味を示そうとしません。

「作品選びの基準はなんですか?」という池本の問いに、加藤は「鳥肌が立つかだ」と答えます。

池本は、加藤に伊能忠敬への興味を持ってもらう為「伊能忠敬記念館」へ連れて行きます。

「伊能忠敬が、何故日本地図を作ろうとしたか?」などを熱弁する池本ですが、加藤は興味を示しません。

池本が諦めかけた瞬間、記念館で展示されている、200年前の日本地図が、現在の日本地図と変わりないことを知った加藤は「こんな地図を、どうやって作ったんだ」と鳥肌が立ちます。

加藤の協力を得た池本は、木下と共に、あらすじ作成に必要な素材を探す「シナリオハンティング」を開始します。

それから数日後、あらすじを用意したと思っていた加藤から、池本はとんでもない言葉を聞きます。

「伊能忠敬は日本地図が完成する、3年前に死んでいた。大河ドラマにはならない」

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『大河への道』ネタバレ・結末の記載がございます。『大河への道』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2022「大河への道」フィルムパートナーズ
時は1818年、伊能忠敬は、日本地図を完成させることなく、この世を去ります。

伊能忠敬が着手していた「大日本沿海輿地全図」は、完成に時間がかかり、今や幕府からは「金食い虫」と揶揄されていました。

綿貫善右衛門を筆頭に、伊能と共に日本地図を作成していた「伊能忠敬測量隊」は、伊能の死が明らかになれば「幕府の援助は止まり『大日本沿海輿地全図』は未完のまま終わってしまう」と判断します。

伊能の悲願を達成する為「伊能忠敬測量隊」は、伊能の死を隠し「大日本沿海輿地全図」の作成を続けようとします。

そのことを良く思わない、天文学者の高橋景保は、伊能の死を勘定奉行に報告しようとします。

ですが、伊能の前妻で、共に「大日本沿海輿地全図」を作成していたエイの策略にはまり、高橋は「伊能忠敬測量隊」と共に、伊能の死を隠し、3年で地図を完成させることになります。

しかし、高橋の不自然な態度に疑問を感じた勘定奉行は、神田三郎という男を雇い、伊能の生存を確認させようとします。

「大日本沿海輿地全図」の完成を前に、神田は伊能の墓を突き止めますが、神田もエイの策略にはまり、伊能が亡くなったという確実な証拠が掴めません。

そして、いよいよ完成した「大日本沿海輿地全図」。

江戸幕府の第11代将軍、徳川家斉に披露することになりますが、幕府を3年も欺いた罪を、高橋は1人で被ろうとします。

ですが、高橋の動きを感知した「伊能忠敬測量隊」は「自分達も同罪」と、皆で江戸城に向かいます。

「大日本沿海輿地全図」のお披露目の場で、高橋は勘定奉行に「伊能が、ここにも来ないのはおかしい」と指摘され「幕府を欺いていた」と追及されます。

家斉からも「騙したのか?」と問いかけられた高橋は「伊能はおります」と、奥の間に敷かれた「大日本沿海輿地全図」を家斉に見せます。

初めて見る日本地図に、感動した家斉は、高橋が持っていた伊能のわらじを見て「余には、伊能が見える」と、全てを許します。

これが「大日本沿海輿地全図」に隠された真実でした。

高橋景保に惚れ込んだ加藤は「高橋を主役にしたドラマなら書く」と言い、「伊能忠敬の大河ドラマ化」から降ります。

その後、独自に伊能忠敬を調べ始めた池本は、再び加藤の自宅を訪れます。

池本は加藤に「伊能忠敬の大河ドラマを自分で書くから、弟子にしてほしい」と希望します。

スポンサーリンク

映画『大河への道』感想と評価


(C)2022「大河への道」フィルムパートナーズ
初めて日本地図を作った偉人、伊能忠敬を取り巻く人々と、地図完成に隠された、知られざる物語に焦点を当てた映画『大河への道』。

本作がユニークなのが、前半と後半で、時代も物語も作風も、大きく変化する構成ながら、出演者は全員同じという点です。

まず前半では、タイトルにもなっている通り、千葉県香取市に、伊能忠敬を主役にした大河ドラマを誘致する為、市役所の主任である池本が奮闘している姿が描かれています。

地方自治体が大河ドラマを誘致しようとする取り組みは、度々報じられていますが、成功すれば大きな経済効果が見込めることもあり、協議会を立ち上げて取り組む自治体もありますね。

『大河への道』では、最初に企画書を作る為、あらすじを用意する必要があり、大御所の脚本家である加藤を、池本が何とか口説き落とそうとします。

加藤に興味を持ってもらう為「伊能忠敬記念館」に連れて行き、伊能の逸話を聞かせる池本を通し、千葉県香取市で「忠敬(ちゅうけい)さん」と呼ばれる伊能が、どれだけ地域に愛されているか?が伝わる展開になっています。

そして、やっと伊能忠敬に興味を持った加藤から「伊能忠敬は地図を作っていない」と衝撃の事実を告げられて以降、『大河への道』は1818年を舞台にした、時代劇となります。

前半の現代を舞台にした物語では、大河ドラマを誘致しようとする、池本の奮闘を描いたコメディ色が強い作品なのですが、後半の江戸時代を舞台にした物語では、シリアスな展開へと変化します。

伊能忠敬が死亡した直後からの話なので、伊能は出て来ません。

伊能と共に測量と地図作りをしてきた「伊能忠敬測量隊」が中心になり、天文学者の高橋景保を巻き込み「大日本沿海輿地全図」を完成させようとします。

「大日本沿海輿地全図」完成の為、3年もの間、幕府も欺き続けているので、これが判明すれば死罪となる、文字通り命懸けの仕事となります。

「伊能忠敬測量隊」が、どのような方法で測量を行い、地図を制作したか?が、分かりやすく描かれており、地道で慎重な仕事を重ねて来たことが分かり、非常に勉強になりました。

見どころは、本作のクライマックスで、幕府を欺いてきたことが明るみになった高橋が、一か八かで、将軍徳川家斉に完成した「大日本沿海輿地全図」を披露する場面です。

奥の間一面に広げられた「大日本沿海輿地全図」は非常に美しく迫力があり、家斉は心を動かされます。

亡き伊能の想いが、天下の将軍さえも動かした、非常に感動的な場面です。

本作のラストでは、時間軸が現代に戻り、伊能忠敬を大河ドラマにする為、池本が加藤に脚本家として、弟子入りを志願します。

池本は伊能の大河ドラマ化を熱望していましたが、どこか役所の職員として、地域を活性化させる仕事として接して来た部分があります。

ですが、伊能と測量隊の熱意に触れ、本気で大河ドラマ化に挑むことを決意したのです。

伊能忠敬は、天文学を学び始めたのは50歳の時でした。

また、脚本家の加藤も、20年以上新作を書いていませんでしたが、「伊能忠敬の大河ドラマ化」に関わり、高橋景保という、歴史の表舞台には出て来ない人間を知り、再び創作意欲が湧いてきます。

「何事も情熱さえあれば、遅すぎることはない」そんなメッセージを、『大河への道』という作品から感じました。

まとめ


(C)2022「大河への道」フィルムパートナーズ
本作では、現代と江戸時代で、同じ俳優が2役を演じています。

『大河への道』を企画した中井貴一は、最初に「時代劇の型を残す」ことを考えたと、インタビューで語っています。

現代での役と江戸時代の役で、それぞれの俳優が見せる、現代と江戸の細かな仕草の違い。

こういった「時代劇の型」にこだわった部分も、本作の見どころになっていて面白いです。

伊能忠敬に関して、本作では人物像に触れておらず、謎が多い印象ですが、脚本を担当した森下佳子は、調べれば調べる程「伊能忠敬は大河ドラマに出来る」と確信し、逆に苦労したそうです。

本作の池本と加藤のように、新たな発見が新たな情熱を呼ぶこともあります。

多くの人が「初めて地図を作った人」というイメージだけが強い伊能忠敬ですが、調べてみると、いろいろ面白ことが分かるかもしれませんね。




関連記事

ヒューマンドラマ映画

橋本環奈映画『小説の神様』結末をネタバレ内容解説。小余綾詩凪の謎と秘密の真相とは⁉︎

映画『小説の神様 君としか描けない物語』は2020年10月2日(金)より全国ロードショー。 2020年版「このミステリーがすごい!」「本格ミステリ・ベスト10」「2019ベストブック」の3冠を受賞し、 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ザ・プレイス 運命の交差点』ネタバレあらすじと感想考察。結末まで謎の男の正体とは

謎の男が真実を見抜く 2019年4月5日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかにて公開の映画『ザ・プレイス 運命の交差点』。 全編カフェの中というワンシチュエーションで進んで行く本 …

ヒューマンドラマ映画

映画『恋のしずく』あらすじネタバレと感想。川栄李奈のカワイイだけでない知的な演技力に注目

日本三大酒処、東広島市・西条を舞台に、新たな日本酒の誕生物語。 日本酒嫌いの理系女子・リケジョの詩織は、ワインソムリエを目指す大学生。あろうことか、日本酒の酒蔵へ実習が決まります。 酒蔵での人々との出 …

ヒューマンドラマ映画

岡部哲也監督の映画『歯まん』感想と評価解説。この世の“絶望”を背負う遥香の宿命

世界各国の映画祭に正式出品され、ショッキングな内容から新宿シネマカリテの「カリコレ2018」上映時にも話題となった映画『歯まん』。 待望の作品が2019年3月2日(土)からアップリンク渋谷にて公開され …

ヒューマンドラマ映画

実話映画『スポットライト』ネタバレ解説と結末までのあらすじ。新聞記者がスキャンダル事件を暴く

巨大権力を相手に正義を貫く新聞記者たちを描いたアカデミー賞作品 マイケル・キートン、マーク・ラファロ、レイチェル・マクアダムスらが出演の、2016年に公開された映画『スポットライト 世紀のスクープ』。 …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学