Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2018/08/03
Update

映画『食べる女』あらすじとキャスト。原作の筒井ともみは女優と料理にこだわりを見せる

  • Writer :
  • バフィー

映画『食べる女』は9月21日(金)よりロードショー

70年代から数々の映画やドラマ、アニメの脚本を手掛けてきた超ベテラン脚本家・筒井ともみの短編小説『食べる女』『続・食べる女』を映画化。

原作者である筒井ともみも脚本として参加し、原作には存在しない、小泉今日子演じるキャラクターを主人公にした新設定バージョンが楽しめる作品です。

スポンサーリンク

映画『食べる女』の作品情報


(C)2018「食べる女」倶楽部

【公開】
2018年(日本映画)

【監督】
生野慈朗

【キャスト】
小泉今日子、沢尻エリカ、広瀬アリス、前田敦子、山田優、壇蜜、シャーロット・ケイト・フォックス、鈴木京香、ユースケ・サンタマリア
勝地涼、池内博之、小池徹平、笠原秀幸、遠藤史也

【作品概要】
脚本家・筒井ともみの短編小説『食べる女』『続・食べる女』を原作者自ら脚本を務め、「3年B組金八先生」シリーズを多く手掛けた生野慈朗監督の手で映画化されました。

筒井ともみが小泉今日子に惚れ込んで作った、新キャラクターを主人公にした原作とは違った新バージョンでの作品です。

生野慈朗監督のプロフィール

生野慈朗は、1950年2月25日生まれ、東京出身のドラマ・映画監督。

1972年TBSに入社し、AD・演出補佐として数多くのドラマを手掛け、1978年にテレビドラマ『夫婦ようそろ』で初演出を手掛けました。

その後、「3年B組金八先生」シリーズや『男女7人夏物語』などのヒット作をいくつも担当し、1988年に『いこかもどろか』で映画監督デビューを果たします。

2000年の木村拓哉主演ドラマ『ビューティフルライフ』では平均視聴率32.3%を達成しました。

スポンサーリンク

映画『食べる女』の主なキャスト

小泉今日子(餅月敦子役)のプロフィール


(C)2018「食べる女」倶楽部

小泉今日子は、1966年2月4日生まれ、神奈川県出身の歌手・女優。

1981年にオーディション番組『スター誕生!』に出場し合格したことで1982年に歌手デビューを果たします。

1983年に出演した月曜テレビランド枠のドラマ『あんみつ姫』で女優としても注目され、同年に『十階のモスキート』で映画デビューを果たします。

その後もアイドル業と並行して映画やドラマに出演し続け、2005年『雪に願うこと』では東京国際映画祭サクラグランプリを受賞しました。

最近では歌手や女優業の他にナレーションの仕事もこなします。

2018年公開のドキュメンタリー『ピース・ニッポン』や、2019年公開の『PLANETIST』でもナレーションを務めました。

沢尻エリカ(小麦田圭子役)のプロフィール


(C)2018「食べる女」倶楽部

沢尻エリカは、1997年2月28日生まれ、東京出身の女優。

小学6年生のときに芸能界に入り、ティーン向け雑誌のモデルとして活躍した後、2003年に『ノースポイント フレンズ』でドラマデビュー。

2004年に『問題のない私たち』で映画デビューにして初主演を果たし、2005年の『パッチギ!』での演技が評価され、日本アカデミー賞など数々の賞を受賞します。

2007年『クローズド・ノート』の舞台挨拶での態度に対して、マスコミからバッシングを受けたことがきっかけで、2010年まで芸能活動を休止していましたが、2010年にたかの友梨ビューティークリニックのCMで活動再開。

2012年に女優業復帰作であり、主演作『ヘルタースケルター』の体当たり演技が話題となり、再び女優として脚光を浴びます。

同年にはテレビドラマにも復帰し、更に知名度も上げていきました。次回作には2018年10月公開の『億男』が待機中です。

前田敦子(白子多実子役)のプロフィール


(C)2018「食べる女」倶楽部

前田敦子は、1991年7月10日生まれ、千葉県出身の歌手・女優。

2005年にAKB48オープニングメンバーオーディションに合格。

2007年に『あしたの私のつくり方』で映画デビュー、『スワンの馬鹿!~こづかい3万円の恋~』でドラマデビューを果たし、アイドル業と並行して女優としても活躍します。

2010年にNHKの『龍馬伝』の出演したことで、AKBメンバーで初の大河ドラマ出演者となりました。

2011年に映画化された『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』の主演に抜擢、演技が評価されたことで日本アカデミー賞などの映画賞を受賞を果たします。

2012年にAKB48を卒業し、ソロで音楽活動も続けながら女優業にも力を入れており、次回作は2019年公開の黒沢清監督作品『旅のおわり、世界のはじまり』が待機中です。

映画『食べる女』のあらすじ


(C)2018「食べる女」倶楽部

ある東京の古びた日本家屋の一軒家、通称「モチの家」。

家主は雑文筆家であり、古書店を営む敦子。女主人はおいしい料理を作って、迷える女性たちを迎え入れます。

「モチの家」には、男をよせつけない書籍編集者や料理ができないあまり夫に逃げられた主婦などがおり、何かとワケありな女性ばかりが集まります。


(C)2018「食べる女」倶楽部

そんなワケあり女性たちが日常から解放される、美味しい食事と楽しい会話。

今日も、人生に貪欲で食欲旺盛な女性たちの心と体を満たす、美味しくて楽しい宴がはじまります…。

スポンサーリンク

映画『食べる女』の感想と評価


(C)2018「食べる女」倶楽部

ベテラン脚本家・筒井ともみの短編小説『食べる女』『続・食べる女』を映画化するにあたって、筒井が新要素として盛り込んだのは小泉今日子演じる主人公・敦子の存在でした。

2003年に小泉今日子主演ドラマ『センセイの鞄』の脚本を手掛けた際に、小泉に惚れ込んだ筒井は、ずっと映画化にあたって、オリジナル主人公として小泉を起用したかったのですが、小泉のスケジュールに空きがなかったため、制作開始まで2年間待ったという、こだわりのキャラクターなのです。

小泉今日子だけではありません!

メイン出演者には今の日本映画界を代表する錚々たる女優メンバーにも注目してください。


(C)2018「食べる女」倶楽部

おいしいゴハンと愛しいセックス」「例えばセックスも味覚だと思う」と、飛び出すワードは強烈に感じるかもしれませんが、この映画は別にエロスをメインテーマとしたR指定映画ではありません。

そこが女子的目線であって、男性と違う価値観だと言えるでしょう。

おいしいごはんを食べているときと愛し合っているときは、みんな幸せなんだ」ということを指した言葉なのです。


(C)2018「食べる女」倶楽部

8人居れば、8通りのドラマが存在する。

俳優陣によるアドリブも交えながらの年齢も職業も全く違う8人による、女子トークの中から広がる女性たちの恋愛感や価値観を掘り下げたアンサンブルドラマです。

テレビドラマの黄金期である80年代・90年代を経験してきた脚本家と監督だからこそ、シンプルでどこか懐かしい雰囲気の映画ながらも、現代に生きる女性に必要なものを教えてくれるバイブルと言ってもいと思います。

先日、前田敦子と勝地涼の結婚のきっかけとなった作品として、先行して取り上げられましたが、日本を代表する8人の女優の魅力がぎっしり詰まった映画です!

まとめ


(C)2018「食べる女」倶楽部

この映画はタイトルの通り「食」を扱っているため、料理も映画の主役だと言っていいでしょう。

いくらストーリーが優れていても、出てくる料理がおいしそうでなければ、何も始まりません。

原作・脚本の筒井ともみ自身、大の料理好きということもあり、フードコーディネーターを入れず、劇中に登場する50品以上の料理を自ら考えました

匂いはさすがにありませんが、目と耳で「おいしい」と感じる映画です。


(C)2018「食べる女」倶楽部

関連記事

ヒューマンドラマ映画

『82年生まれ、キム・ジヨン』原作ネタバレ感想とラストまでのあらすじ。映画で小説結末のその後は描かれるのか?

「韓国の82年生まれの女性で最も多い名前」“ジヨン”に起こった出来事。 チョン・ユミとコン・ユ主演で韓国で大ヒットを記録した映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が2020年10月9日(金)より新宿ピカデ …

ヒューマンドラマ映画

映画『ライムライト』あらすじネタバレと感想。チャップリンの楽曲エタナリーが有名な晩年の代表作

老道化師と若きバレリーナの心の交流を描いたチャップリン珠玉のメロドラマ “喜劇王”チャールズ・チャップリンが、監督・主演をはじめ、製作・脚本までも務めた1952年のアメリカ映画『ライムライト』をご紹介 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ひとよ』ネタバレ感想と評価。結末のカーチェイスは原作にはない家族のあり方を見事に表現

桑原裕子の舞台『ひとよ』を映画化。家族の絆の尊さとは何か。 白石和彌監督による家族のあり方を描いたヒューマンドラマ、映画『ひとよ』。 ノンフィクションベストセラーを原作とした映画『凶悪』(2013)で …

ヒューマンドラマ映画

『フィールド・オブ・ドリームス』ネタバレあらすじ感想と結末の考察解説。ケヴィンコスナーが教えてくれるトウモロコシ畑の向こうある“大人の夢のかなえ方”

置いて来た夢にもう一度向かい合う大人のためのおとぎ話 名優ケヴィン・コスナー主演の、野球を通して夢と希望を追う主人公を温かな視線で描く感動作。 フィル・アルデン・ロビンソンがウイリアム・パトリック・キ …

ヒューマンドラマ映画

映画『猫は逃げた』あらすじ感想と評価解説。今泉力哉×城定秀夫のL/R15で描く“夫婦とその恋人”が織り成す人間ドラマ

映画『猫は逃げた』は2022年3月18日(金)新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー。 映画『猫は逃げた』は、『街の上で』(2020)の今泉力哉による監督で、『アルプススタンドのはしの方』(2020)の …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学