Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2018/02/10
Update

『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』あらすじとキャスト。

  • Writer :
  • 西川ちょり

カナダで最も有名な画家モード・ルイスが教えてくれる、人生で大切な喜びとは──

3月3日(土)より東劇、新宿ピカデリーをはじめ全国でロードショーされる映画『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』をご紹介します。

カナダの女流画家モード・ルイスの人生をつづった喜びと愛に満ちた真実の物語です!!

スポンサーリンク

1.映画『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』の作品情報


(c)2016 Small Shack Productions Inc. / Painted House Films Inc. / Parallel Films (Maudie) Ltd.

【公開】
2018年(カナダ・アイルランド合作映画)

【原題】
MAUDIE

【監督】
アシュリング・ウォルシュ

【キャスト】
サリー・ホーキンス、イーサン・ホーク、カリ・マチェット、ザカリー・ベネット、ビリー・マクレラン

【作品概要】
カナダの女性画家モード・ルイスと彼女の夫の半生を、サリー・ホーキンスとイーサン・ホークの共演で描いた感動の人間ドラマ。

3.サリー・ホーキンス(モード役)のプロフィール

参考映像:『ハッピー・ゴー・ラッキー』(2008)

1976年4月27日生まれ、イギリス・ロンドン出身。

98年に王立演劇学校(RADA)を卒業後、舞台女優として活躍。『人生は、時々晴れ』(2002/マイク・リー監督))で映画デビューを果たします。

2008年、『ハッピー・ゴー・ラッキー』(マイク・リー監督)での演技が評価され、ゴールデングローブ賞コメディ・ミュージカル部門主演女優賞を受賞、ベルリン国際映画祭で銀熊賞(女優賞)を獲得しました。

13年にはウディ・アレン監督の『ブルージャスミン』でケイト・ブランシェット扮する姉とは対称的な、気が良く堅実な妹を演じ、アカデミー賞助演女優賞にノミネートされました。

ギレルモ・デル・トロ監督の話題作『シェイプ・オブ・ウォーター』(2017)でも主演を務め、第90回 アカデミー賞(2018)主演女優賞にノミネートされています。

『パディントン』シリーズでも、ブラウン一家の頼もしい母親役を演じていますが、そういえば、ここでも彼女の役どころは挿絵画家です!

その他の主な出演作に、『レイヤー・ケーキ』(2004/マシュー・ボーン監督)、『ウディ・アレンの夢と犯罪』(2007)、『17歳の肖像』(2009/ロネ・シェルフィグ監督)、『わたしを離さないで』(2010/マーク・ロマネク監督)、『ジェーン・ エア』(2011/キャリー・ジョージ・フクナガ)、『GODZILLA ゴジラ』(2014/ギャレス・エドワーズ監督)、『僕と世界の方程式』(2014/モーガン・マシューズ監督)などがあります。

スポンサーリンク

3.イーサン・ホーク(エベレット役)のプロフィール

参考映像:『6才のボクが、大人になるまで。」(2014)

1970年11月6日生まれ。アメリカ・テキサス州オースティン出身。

1985年、『エクスプロラーズ』(ジョー・ダンテ監督)で映画デビューを果たします。

学業のために一時活動を中断。カーネギーメロン大学に入学しますが、1989年、『いまを生きる』(ピーター・ウィアー監督)で復帰し、ブレイクしたため、大学を中退します。

1995年リチャード・リンクレイター監督の『恋人までの距離(ディスタンス)』に出演。『ビフォア・サンセット』(2004)、『ビフォア・ミッドナイト』(2013)と合わせて三部作と呼ばれ、同じ役柄を演じました。あとの二作は主演とともに、脚本も担当しています。

同じくリンクレイター監督の『6才のボクが、大人になるまで。」(2014)ではアカデミー助演男優賞、ゴールデングローブ賞映画部門の助演男優賞にノミネートされました。

出演作は40本以上。『シーモアさんと、大人のための人生入門』(14)では初のドキュメンタリーを手がけるなど、監督、脚本、舞台演出、小説など多方面で才能を発揮しています。

知的で、都会的なイメージのあるイーサンが、粗野で素朴なエベレットを如何に演じるかに注目です!

最近の出演作に『マギーズ・プラン-幸せのあとしまつ』 (2015/ レベッカ・ミラー監督)、『ブルーに生まれついて』(2015/ロバート・バドロー監督)、『マグニフィセント・セブン』(2016/アントワーン・フークア監督)、『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』(2017/リュック・ベッソン監督)などがあります。


(c)2016 Small Shack Productions Inc. / Painted House Films Inc. / Parallel Films (Maudie) Ltd.

4.映画『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』のあらすじ


(c)2016 Small Shack Productions Inc. / Painted House Films Inc. / Parallel Films (Maudie) Ltd.
カナダ東部のノバスコシア州。小さな町で叔母と暮らすモードは、絵を描くことを生きがいにしていました。

ある日、商店で買い物をしていたモードは、家政婦募集の広告を貼り出した男に興味を持ちます。男は町はずれの小屋に住み、魚の行商を営むエベレットでした。

若年性関節リウマチを患い、幼い頃から体が不自由だったモード。両親が他界した後は一族から厄介者扱いされ、肩身の狭い思いをしてきました。

叔母は束縛が厳しく、自由を愛するモードは叔母から逃れるため、住み込みの家政婦になろうと決意します。

家政婦としてエベレットの家で働き始めたモード。

孤児院育ちで、学もなく、生きるのに精一杯だったエベレットはぶっきらぼうで、時には彼の心無い言葉で傷つけられることも。ですが、はみ出し者同士の同居生活は、孤独だった心を癒し、いつしか互いを認め合う関係になっていきます。

モードの絵は殺風景な家を愛らしく変えていきました。二人の距離は縮まり、やがて結婚。互いに必要な存在になっていました。

そんな時、モードの絵の才能を見出す人物が現れます。ニューヨークから避暑に来ていたサンドラという女性が、モードが壁に描いたニワトリの絵を見て一目で気に入り、絵を依頼しにやってきたのです。

一枚5ドルで契約して、モードは夢中で絵を描きます。

モードの絵は雑誌やテレビで取り上げられるようになり、やがてその評判を聞いたアメリカ合衆国大統領のニクソンから依頼が舞い込むまでに…。

スポンサーリンク

まとめ


(c)2016 Small Shack Productions Inc. / Painted House Films Inc. / Parallel Films (Maudie) Ltd.

カナダ東部の小さな港町のわずか4メートル四方の家で、美しい四季や動物をカラフルにのびのびと描き続けた画家モード・ルイス。カナダで最も愛される画家として知られています。

その素朴で愛らしい絵は、今もオークションで500万円を超える高値がつくといいます。

夫エベレットは無口で無愛想な人物ですが、不器用ながらも献身的にモードを支えます。

孤独だった2人が奇跡のように出逢い、絆を深め、夫婦となって慎ましくも確かな幸せを手に入れる、本作は、そんな実在の人物の生涯を描いた感動作です。

モードを演じるのは、実力派サリー・ホーキンス。自身もイラストレーターを志望していたことがあるというサリーは、役作りのために素朴派画家の絵画クラスに数ヶ月間通ったといいます。モードになりきったかのような熱演に注目です!

妻を献身的に思いつつもそれを隠すようにする無骨な夫エベレットに、リチャード・リンクレイターの諸作品で知られるイーサン・ホークが扮し、素朴な魅力を醸し出しています。

監督のアシュリング・ウォルシュは、TVドラマ『荊の城』(2005)でサリー・ホーキンスと組んでいるので、今回も息はぴったり! 

「どんな人生でも自由な精神で楽しめば、素晴らしいことが待っている」というモードの生き方が心を打ち、観るものの気持ちを温かくしてくれます。

『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』は、3月3日(土)より全国ロードショーされます!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ヤクザと家族』ネタバレあらすじと感想評価。キャストが“The Family”の意味を体現する人間ドラマ

映画『ヤクザと家族』は2021年1月29日より公開。 1999年から2019年という時代を、ヤクザとして生きた男の半生を、「家族」という視点から描いた映画『ヤクザと家族 The Family』。 主演 …

ヒューマンドラマ映画

A24映画『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』あらすじネタバレと感想。タルボットとフェイルズからの地元へのラブストーリー

A24映画『ラスト・ブラック・マン・イン・サンフランシスコ』をいち早く紹介! 映画『ラスト・ブラック・マン・イン・サンフランシスコ(原題:The Last Black Man in San Franc …

ヒューマンドラマ映画

映画『ビブリア古書堂の事件手帖』あらすじとキャスト。原作者の小説への思いは

映画『ビブリア古書堂の事件手帖』は、11月1日(木)より全国ロードショー。 原作の三上延が書いた『ビブリア古書堂の事件手帖』は、累計640万部突破。 日本中から愛される文芸ミステリーを最高のスタッフ& …

ヒューマンドラマ映画

ホン・サンス映画『夜の海辺でひとり』あらすじとキャスト。上映館情報も

ホン・サンス監督の映画『夜の海辺でひとり』は、6月16日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかで全国順次ロードショー。 プライベートと映画の設定がリンクする?!これ …

ヒューマンドラマ映画

映画『ドリームガールズ』動画無料視聴はこちら!結末ネタバレと感想も

地方のアマチュア音楽グループがトップスターになるまでの道のり、そして、栄光と挫折、また友情と再起をかけた音楽業界の表と裏。 ギュッと詰め込んだスピーディーな130分は、時間を短いと思わせるほどの隙のな …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学