Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2019/05/07
Update

映画『ベン・イズ・バック』ネタバレあらすじと感想。ピーター・ヘッジズが医療問題に見出した希望とは

  • Writer :
  • 奈香じゅん

映画『ベン・イズ・バック』は2019年5月24日(金)より、TOHOシネマズシャンテほか全国ロードショー

アメリカでは、鎮痛剤として処方される合成オピオイド薬によって依存症に陥る患者が後を絶ちません。

2017年、50才以下のアメリカ人の死因第一位となり、大きな社会問題になっています。

映画『ベン・イズ・バック』は、普通に生活する人々が不可抗力で麻薬中毒に陥ってしまう実情を浮き彫りにした作品。

主演を務めたジュリア・ロバーツとベンを演じたルーカス・ヘッジス(『マンチェスター・バイ・ザ・シー』でのアカデミー賞ノミネートで知られています)の演技は、多くの批評家から絶賛されました。

スポンサーリンク

映画『ベン・イズ・バック』の作品情報


(C)2018- BBP WEST BIB, LLC

【公開】
2019年5月24日(アメリカ映画)

【原題】
Ben Is Back

【監督】
ピーター・ヘッジズ

【キャスト】
ジュリア・ロバーツ、ルーカス・ヘッジズ、コートニー・B・ヴァンス、キャスリン・ニュートン、デイヴィッド・ザルディバー

【作品概要】
『ギルバート・グレイプ』(1994)の原作者であり、『アバウト・ア・ボーイ』(2002)ではアカデミー賞脚色賞にノミネートされた脚本家ピーター・ヘッジズが監督を務めました。

様々なフィルムメーカーを魅了した俳優フィリップ・シーモア・ホフマン(1967〜2014)と親しい友人だったヘッジズは、麻薬依存症によってもたらされた彼の死に大きな影響を受けます。そして自ら数年間に及ぶ調査を行い、麻薬依存に警鐘を鳴らすために本作の脚本を執筆・映画化しました。

映画『ベン・イズ・バック』のあらすじとネタバレ


(C)2018- BBP WEST BIB, LLC

クリスマス・イヴ、ニューヨーク州郊外。

ベンは久し振りに実家へと帰省しますが、家族は家を留守にしていました。窓を覗きこむベンに気づいた愛犬ポンスは、家の中で嬉しそうに尻尾を振ります。

そこへ、教会で開催されるクリスマスイベントのリハーサルを終えたホリーが娘3人を連れて車で帰宅しました。息子との久方ぶりの再会に、ホリーは喜びで胸いっぱい。満面の笑顔でベンを強く抱きしめます。

一方、ベンの妹・アイヴィーは車から降りることもなく、義父のニールに帰宅を急かすメッセージを送信します。

ベンは、更生施設にて麻薬依存症が大きく改善されたため、支援者からクリスマスを家族と一緒に過ごす許可を得たと報告します。

その朗報にホリーは顔を綻ばせますが、アイヴィーと夫のニールは、懐疑的な態度を崩しません。

夫婦で話し合った結果、「ベンが尿検査を受けること」「尿検査をクリアしたとしてもホリーが常時ベンを監視すること」という2つを条件に、1日だけ滞在を許可します。

提示された条件を素直に飲むベン。そして、尿検査の結果も陰性だったことに安堵したホリーは、幼い義妹達にクリスマスプレゼントを買いたいと言うベンの頼みを聞き入れ、一緒にショッピングモールへ出かけます。

買物を済ませ休憩を入れようとソフトドリンクを買いに行ったホリーは、以前ベンの主治医だった男性に遭遇します。

ベンが14才で怪我をした時、その元医師は合成オピオイド薬を処方しました。薬の中毒性を心配したホリーに、元医師は当時「大丈夫だ」と主張。

しかし、ベンはそれ以来麻薬中毒になり、再発を繰り返していました。元医師は認知症を発症しその事実を全く覚えていませんでしたが、ホリーは、惨死を望むと元医師に吐き捨てます。

その頃、母の帰りを待っていたベンは、地元の知り合いであるスペンサーを見かけ、昔の自分を思い出し動揺します。

ベンは直ぐに更生施設の支援者に連絡を入れ、助言通り近くの自助グループの会合へ参加を決めます。

ベンは会合の中で、ある夏、麻薬の過剰摂取によって病院へと運び込まれたが、愛犬ポンスのお蔭で意識を失わずに済み、ホリーの緊急通報で一命を取り留めた経緯を語ります。

そして麻薬を77日間断った今、迷惑を掛けた多くの人に申し訳ないと感じているとベンは告白しました。

その晩、家族一緒に教会へと出かけます。ホリーは、ベンの元・恋人であるマギーの母親・ベスを見かけて近寄り、マギーの死を悼みます。

幼い義妹の可愛らしい演劇を鑑賞し、一時の幸せに涙ぐむベン。

しかし、家族が帰宅すると、家がは何者かによって荒らされていました。

物は盗まれていなかったものの、ポンスの姿が消えていました。帰って来たお前のせいだとニールに責められたベンは家を飛び出します。

警察に通報しようとするニールを止め、ホリーは車で彼の後を追いました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ベン・イズ・バック』ネタバレ・結末の記載がございます。『ベン・イズ・バック』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2018- BBP WEST BIB, LLC

合流したホリーとベンは、いなくなったポンスを見つけ出すために、ベンの心当たりを一件ずつ訪れることにします。

その中で、ホリーはベンから、高校時代の教師から性行為の代償として薬を貰っていたこと、自身のせいで死んだマギーは麻薬依存症に陥ってしまったことを聞かされます。

スペンサーを待ち伏せた結果、ポンスを奪ったのは、以前ベンが借金をしたものの、そのまま返済を怠ってしまっていた麻薬の密売人・クレイトンであることが分かります。

ベンはクリスマスを家族と一緒に過ごしたくて、勝手に施設を抜け出して来たことをホリーに打ち明け、嘘つきの麻薬中毒者を信じるなと母を突き放します。

それでもホリーは、頑として自分も一緒に行くと引きません。ここから先は危険だと分かっているベンは彼女の隙をついて、1人クレイトンに対峙しに向かいます。

クレイトンの事務所へ行くと、奥からポンスの鳴き声が聞こえてきました。借りを返すため、ベンは麻薬の取引を単独で行うことに同意します。

取り残されたホリーは、ベスを訪ね事情を説明します。

中毒者を救うことは誰にもできないが、やらなければ後悔すると語るベスは目に涙を浮かべつつも、過剰摂取時の応急手当用の薬剤と自分の車の鍵をホリーに渡し、子供を探しなさいと励まします。

ベンは代金の代わりに受け取った麻薬をクレイトンの元へ届けます。

満足した密売人は、報酬として1包の麻薬をベンに差し出しました。要らないと断るベンですが、彼はそれから目が離すことができませんでした。

その後ポンスを連れて町外れの納屋へ到着したベンは、のちにポンスを見つけてくれるであろう誰かに宛てて、ホリーの携帯電話の番号を書いたメモをダッシュボードの上へ置きます。

その頃、一晩中ベンを探し続けものの、半ば諦めつつあったホリーは警察署へ向かいます。

息子を逮捕してでも探し出して欲しいと涙ながらに懇願するホリーの下に、ポンスを心配した通行人から連絡が入ります。

納屋に着いたホリーは自分の車を発見。扉を開けるとポンスが納屋に向かって勢いよく走り始めます。

ポンスが啼くその先には、生気を失くしたベンが横たわっていました。

ホリーは、ベスに言われた通り溶液をベンの鼻の中へ注入し人工呼吸を開始。すると口から息が漏れ、ベンが意識を取り戻します。

スポンサーリンク

映画『ベン・イズ・バック』の感想と評価


(C)2018- BBP WEST BIB, LLC

怪我をした際に処方された薬で麻薬依存症になる14才の子供に対する救済制度が整っていないどころか、その多額の費用負担を親に背負わせる現在のシステムについて問題提起する『ベン・イズ・バック』。

癌治療だけではなく、大きな手術を受けた患者にも相変わらず北米では、合成オピオイドを含む鎮痛剤が処方されています。政府はこの問題に取り組もうとしていますが、企業の抵抗もありまだ目覚ましい解決には至っていません

一度脳が覚えた麻薬の刺激は決して消えることは無く、何年断っていても突然再発してしまうことが多々あります。その度に、患者の家族もまた大きな影響を受け苦悩を強いられます。

監督・脚本を務めたピーター・ヘッジズは、自己責任論では片づけられないすぐそばに在る危険にスポットライトを当てながらも、その危険に巻き込まれてしまったとある家族の模様を物語ります

子供に何かあると家庭環境が原因であると指摘されがちですが、本作では義父とベンが不仲であることとベンの麻薬依存は関係がありません。また、同様のテーマを扱った『ビューティフル・ボーイ』でも、父が再婚した義母と麻薬依存に苦しむ息子は大変良好な関係です。

両作共に、親や本人を責めるのではなく、環境整備の欠如を含め麻薬依存克服の難しさを描写することで、問題の根深さを観客に訴えています。

物語は、ホリーがベンの命を救うところで終わりを迎えます。

しかし麻薬依存症に苦しむ本人にとって、過剰摂取後に生存することが幸せかどうかは分からないとヘッジズは知人に言われたことをインタビューで明かしています

その意見も踏まえた上で、その後生き続けられるかは分からなくてもベンの口から呼吸が漏れるその瞬間に希望を残したかったと、ヘッジスは映画に込めた思いを語りました。

まとめ


(C)2018- BBP WEST BIB, LLC

深刻な麻薬問題を抱えるアメリカで、医師の処方薬で中毒に陥る人々の窮状を取り上げた『ベン・イズ・バック』

堕ちて行く子供を、止められないと分かっていても尚掴んで放さない母親を主人公に置き、家族とクリスマスを過ごしたいために嘘をついて帰宅した青年が麻薬に屈して行く姿を切々と描いています

過去を清算して家族に償おうと試行錯誤するベンの行動は、77日間誘惑と闘い続けて勝利した彼の成長の証。何度負けてもまた立ち上がって欲しいと望むピーター・ヘッジズの情熱が伝わる作品です。



関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『MISS ミス・フランスになりたい!』あらすじ感想と評価解説。ジェンダーレスモデルのアレクサンドル・ヴェテールが自分らしく生きる“自由を解放”する

映画『MISS ミス・フランスになりたい!』は2021年2月26日よりシネスイッチ銀座ほか全国順次ロードショー 映画『ミス・フランスになりたい!』は、主人公のアレックスが、少年のころ抱いた「ミス・フラ …

ヒューマンドラマ映画

映画『復活の日』あらすじネタバレと感想考察。コロナウイルス感染拡大の“類似と差異”を解説

1980年公開の邦画『復活の日』は、“いま”こそ見るべき秀作 世界各地で猛威をふるう新型コロナウイルス感染症“COVID-19”。 外出自粛要請や緊急事態宣言など、日本国内にも大きな影響が出ており、状 …

ヒューマンドラマ映画

『TANGタング』原作小説ネタバレあらすじ。ロボット・イン・ザ・ガーデンの感想解説。感動的な友情を人間とロボットで語る

小説『ロボット・イン・ザ・ガーデン』が、二宮和也主演で2022年8月11日(木・祝)に映画公開されます。 ある日、庭に旧型ロボットがあらわれて、妻に逃げられたダメ男がロボットの持ち主を探すために、ロボ …

ヒューマンドラマ映画

映画『BOYS/ボーイズ』あらすじネタバレ感想とラスト結末の評価。多幸感溢れるオランダ産ラブストーリーはおすすめ!

映画『BOYS/ボーイズ』は特集上映「のむコレ3」内にて公開。 初恋という、言葉にするだけで懐かしくむず痒く、ほろ苦い思い出とともに忘れてしまった多幸感が押し寄せる一生に一度の出来事。 恋の始まりを描 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ロボット修理人のAi (愛)』ネタバレあらすじ感想と結末解説。AIBOと少年の“甦りの女神”伝説

“復活”をテーマに希望を失わない生き方を描いた作品 映画『ロボット修理人のAi(愛)』は、実在する旧型AIBO修理人の乗松伸幸さんをモデルにしたヒューマンドラマです。 不幸な生い立ちの16歳の少年、倫 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学