Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『ビューティフルデイ・イン・ザ・ネイバーフッド』あらすじネタバレと感想。フォレストガンプを40回観たフレッド・ロジャースとは⁈

  • Writer :
  • 奈香じゅん

2019年北米公開のトム・ハンクス主演作『A Beautiful Day in the Neighborhood』

映画『ビューティフル・デイ・イン・ザ・ネイバーフッド (原題:A Beautiful Day in the Neighborhood)』は、1968年から放送開始された子供番組で絶大な人気を博した国民的司会者フレッド・ロジャースと取材に訪れた記者ロイド・ヴォーゲルの交流を描いた作品。

故ロジャース氏が残した哲学的思想や幼児教育は、国宝と称されるほど人々の実生活に良い影響をもたらしたと言われています。

主演はトム・ハンクス。本作は、現代の大人に贈られた物語。

スポンサーリンク

映画『ビューティフル・デイ・イン・ザ・ネイバーフッド (原題:A Beautiful Day in the Neighborhood)』の作品情報


(C)Sony Pictures Releasing

【公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
A Beautiful Day in the Neighborhood

【監督】
マリエル・ヘラ―

【キャスト】
トム・ハンクス、マシュー・リス、スーザン・ケレチ・ワトソン、クリス・クーパー、エンリコ・コラントーニ、クリスティーン・ラーティ、メアリー・アン・プランケット

【作品概要】
コンビで脚本の執筆を手掛けるノア・ハープスターとマイカ・フィッツァーマン=ブルーは、それぞれが持つ娘の扱いに苦労しYoutubeで『ミスター・ロジャース・ネイバーフッド』を見せたことで状況が好転。

このことが切っ掛けとなり、フレッド・ロジャースについての脚本を執筆しました。監督を務めたのは、『ある女流作家の罪と罰』(2018年 日本劇場未公開) のマリエル・ヘラ―。

本作は、ロジャース司会の当該番組が実際に製作されたピッツバークのテレビ局WQEDで撮影。妻ジョアン・ロジャースや番組のプロデューサーを務めたマージ―・ウィットマーがカメオ出演。

映画『ビューティフル・デイ・イン・ザ・ネイバーフッド』のあらすじ


(C)Sony Pictures Releasing

子供番組の司会者フレッド・ロジャースは番組放送中、自分の友達としてロイド・ヴォーゲルを写真で紹介。

写真に写るロイドの鼻は怪我をしています。フレッドは、怪我を負わせた相手をロイドがなかなか許せずにいると話して聞かせます。

ロイドは雑誌社エスクァイアの社会記者。仲の悪い父親と姉の結婚式で再会し殴り合いになってしまいます。

そんなある日、上司から英雄と評される子供番組の司会者フレッド・ロジャースを取材し記事にするよう命じられます。

番組で人形を扱うフレッドを揶揄し興味が無いと言うロイドに対し、取材対象に嫌われる内容を記事にするロイドの悪いイメージを変える機会かもしれないと上司は諭します。

仕方なくロイドはアポを取り、ピッツバーグにある公共放送局WQEDのスタジオを訪問。

収録中のフレッドは、時間が押しているにも拘らずロイドを見て中断。「貴方に会えてとても嬉しいですよ」と温かく迎えます。

仕事内容を訊かれたフレッドは、幼い子供達に自分の感情をポジティブに対応できる方法を教えることだと答えます。

鼻の怪我を見たフレッドはロイドに何があったのか質問。ロイドは、父親と喧嘩して殴り合ったと返答。

ディレクターに促され収録再開。人形を使って歌いながら真剣にプログラムを収録するフレッドをロイドはじっと見つめます。

「♪僕は頭に来ているんだ。でもいつだって怒りをコントロールできる。ちゃんと止められるよ♪」

見学していたロイドはにわかに見たままを信じられず、帰宅後フレッドが過去に出演したインタビュー番組を見てみることに。

「私達は皆それぞれが特別な存在です」

「人は、ありのままを受け入れられなければ成長できないと思います」

翌朝、ロイドはフレッドから連絡を受けます。ニューヨークで撮影があるので前回の続きをしようという誘いの電話でした。

ロイドが会場に到着すると、フレッドの番組を支援する非営利団体代表ビル・アイスラーが対応。取材を受けるかどうか決める前にロイドの記事に目を通すようフレッドに勧めたと話します。

撮影終了後、会場の表に詰めかけた多くの親と幼い子供達1人1人にフレッドは丁寧に応対します。

ロイドは、フレッドの妻・ジョアンに「生きる聖人との結婚生活はどんな感じですか?」と質問。

ジョアンは、「生きる聖人」という呼称が好きではないと言い、フレッドは常に努力を惜しまないが完璧な人間ではないと微笑みます。自分の短気な所を上手く管理していると説明。

フレッドと一緒に数時間時間を過ごせることになったロイドは、離婚、死、戦争等の暗いトピックを子供向けの番組で取り上げていることに触れます。

地下鉄に乗っていた為、フレッドだと気が付いた乗客は、番組冒頭でフレッドが歌う曲を皆で歌い始めます。

きょろきょろ落ち着かないロイド。フレッドは手を叩いてにっこり。

ホテルの1室で落ち着くと、ロイドは、しょっちゅう多くの人から相談事を持ち掛けられて重荷にならないかと質問。

フレッドは、「思いやりのある言葉をありがとう」と先ず感謝を表し、痛みを抱えていない人など居ないと言い、水泳をしたりピアノの低音キーだけを弾いたりして気晴らしをしていると答えます。

フレッドは番組で使う人形を納めたケースを開けます。ロイドは、新品と取り換えたらどうかと提案。

フレッドは、どんなに古くなっても幼い子供にとっては友達だと返答し、ロイドが遊んだ人形は何だったのか尋ねます。

「ウサギ」

「ウサギの名前は?」

そう尋ねたフレッドは、番組で人気者の人形・ダニエルを使い、キャラクターの声色で「君のウサギに会いたいな」とロイドに話し掛けます。

「ただの古いウサギです。もうその話はしたくないので、貴方の重荷について訊いた質問に戻りましょう」とロイドは顔を引きつらせてフレッドを制止。

そして、ロイドは、フレッド・ロジャースを父親に持った子供は大変だろうと感想を述べます。

フレッドは、長男は最近まで自分が父親だと公言せず、次男は自分を試していたが今では成長し、2人の息子を誇りに思っていると答えます。

「ありがとう。確かに息子達にとっては辛かったかもしれない。その見解を述べてくれてありがとう」

フレッドは真摯に感謝を表しますが、ロイドは白けムードで大きくため息。

フレッドは、父親と仲直りできたのかと質問します。

ロイドは苛立ち、馬鹿げていると口にして取材を中断し辞去してしまいます。

以下、『ビューティフル・デイ・イン・ザ・ネイバーフッド』ネタバレ・結末の記載がございます。『ビューティフル・デイ・イン・ザ・ネイバーフッド』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ロイドが帰宅すると、父親のジェリーがガールフレンドを伴いアンドレアと談笑しています。

挨拶もせず立っているロイドに、ジェリーは、食事をして話そうと思ったと言い、自分の態度が悪かったことを認めます。

ガールフレンドとは15年の付き合いだと話し始めるジェリーを遮ったロイドは、自分の母親が病気だったのに浮気していたと厳しい口調で父親を批判。

ジェリーは妻の死を乗り越えるのに何年も掛かり、ガールフレンドが支えてくれたと反発。

しかし、家族を捨てて出て行ったジェリーに対し、自分と姉2人で苦しみながら亡くなった母親を看取り、死後身の回りを整理した時の怒りを爆発させます。

ところが反論しようとしたジェリーは突然倒れてしまいます。病院へジェリーを搬送しますが、ロイドは、アンドレアが制止するのも聞かずにピッツバーグへ戻ります。

道中雑踏のあちこちにフレッドの幻影を見掛けるロイドは、再びテレビ局へ到着。スタジオを訪れると、ディレクターから出演することになっていると言われ無理矢理セットへ案内されます。

仕方なく扉を叩いたロイドはフレッドに出迎えられた途端に気絶。ピアノの音で目覚めたロイドが階下へ行くと、フレッドとジョアンはピアノの二重奏をしています。

フレッドはロイドがお腹を空かせているだろうと気遣い中華料理店へ連れて行きます。フレッドが注文した料理を見たロイドは、ベジタリアンなのか尋ねます。

「僕は、母親を持つ動物を食べるなんて想像できないんだ」とフレッドは返答。

自分は壊れた人間だと悲しそうな表情を浮かべるロイドに、フレッドは、「君は壊れてなんて居ないと思う。確固たる信念を持ち善悪の区別がきちんと出来る人。君のお父さんも助けてくれたはず」そう話します。

力なく頷くロイドに、フレッドは、自分が普段行うエクササイズを一緒にやろうと誘います。

「今から1分間、今日在る君の成長を助けてくれた人達を思い出して欲しい」

フレッドが腕時計で1分間測る間、ロイドは段々神妙な表情になります。フレッドは、付き合ってくれたお礼を述べ、とても気分が良くなったと笑顔。ロイドの顔も笑顔が溢れます。

ニューヨークへ戻ったロイドは、乳児の息子と一緒に病院へ置き去りにしたアンドレアに謝罪。

病院を夜中に出たアンドレアはタクシーが掴まらず赤ん坊を抱き地下鉄で帰宅し、児童福祉センターに通報されるのではないか怖かったとロイドに苛立ちをぶつけます。

ロイドは、長い間病院という場所に脅えていたことを明かし、自分が抱える怒りに対処しなければならないことに気づいていると認めます。

突き放す態度と本音は真反対であり、アンドレアこそ自分にとって大切だと話し、ジェリーの余命が短いことに触れロイドは涙を流します。

ジェリーの家を訪ねたロイドは、父親と一緒に最期の時を過ごすことを決め、泊まり込むことに。

或る夜更け、むずがる息子を抱き上げたロイドは、ジェリーの様子を見に行きます。

寝付かれずに居たジェリーは、お酒を飲みたいと言います。ロイドが父親のグラスにお酒を注ぐと、ジェリーは、ロイドと姉を残して出て行ったことを謝罪。

身勝手で残酷な仕打ちだったと謝るジェリーは、それでもずっとロイドを愛していたと話します。ロイドは、自分も父親を思っていると答えます。

ロイドは、当初指示されていた400文字を大幅に超過し、1万文字でフレッドについての記事を執筆。上司は大変気に入り、雑誌の特集記事として掲載。

フレッド・ロジャースは、番組で新しい友達だと言い、ロイドの話をします。ジェリーの死後、ガールフレンドを含め家族で一緒にクリスマスを過ごす写真を紹介。

そして、フレッドは、いつもの言葉で締めくくります。

「君が君のままで居てくれたから、今日は特別な日になった。君みたいな人はこの世に2人と居ない。僕は、君のありのままが好き」

スポンサーリンク

映画『ビューティフル・デイ・イン・ザ・ネイバーフッド』の感想と評価


(C)Sony Pictures Releasing

本作は、取材目的で会った子供番組の人気司会者フレッド・ロジャースとの交流を通し、次第に自分と向き合う記者ロイド・ヴォーゲルの姿を描いています

社会は分断され殺伐とした雰囲気が漂う現代のアメリカで、ロイドはシニカルな物の見方をしがちな市民を代表していると言われています。

君のありのままが好き」「君はそのままでとても特別な存在

この言葉は、幼い子供には心の安定や自尊心の育成が何より重要だと知っていたロジャースが常に言葉にしたメッセージです。

しかし、世の中は甘くないと知る大人はきっとロジャースにも隠された本性があるはずだと斜に構えがち。本作のロイドはその姿を投影するキャラクター。

ロイドのモデルは、実際にロジャースの取材をして深い友情を築いたジャーナリストのトム・ジュノー

知り合った最初の年、数ヶ月の間にロジャースから70通のメールを貰ったと語っていますが、ロジャースは数百人の人と手紙のやり取りをしていました。

参考映像:『WON’T YOU BE MY NEIGHBOR?』予告編

また、『ビューティフル・デイ・イン・ザ・ネイバーフッド』の前段になるのが2018年に公開されたドキュメンタリー『Won’t You Be My Neighbor』です。

世界的なチェリストであるヨーヨー・マのドキュメンタリーを撮っていた監督のモーガン・ネヴィルは、マから公人のたしなみをフレッド・ロジャースから学んだと聞き、実息ニコラス・マをプロデューサーに迎え同作を製作。

ロバード・ケネディー大統領の暗殺事件が起きた直後に多くのメディアが日々報道する中、ロジャースは番組の中で死について取り上げ子供達に説明

そして、ベトナム戦争の戦費を確保する目的でニクソン大統領が公共放送の予算削減を決め、ロジャースは上院商業委員会で証言ロジャースの主張を聞いた議長はその場で2千万ドルの予算を承認

本作では、劇中この時の映像を短時間流し、ロジャースの軌跡を紹介しています。1分間の沈黙は、生前ロジャースがエミー賞特別功労賞を受賞した際 (1997年)、観衆に向かって実行したことでも有名

フレッド・ロジャースを演じたトム・ハンクスは、本人そっくりに変身するのではなく、ゆっくり時間を掛けて相手の話に耳を傾ける姿や誰にでも温かく接するロジャースのエッセンスを見事に抽出し表現しています。

人格者と評されるハンクスを重ねて観る人も多くいますが、『フォレスト・ガンプ』を愛し40回観たフレッド・ロジャースもまた、トム・ハンクスのファンでした。

まとめ

誰からも愛される子供番組の司会者フレッド・ロジャースの人物取材を命じられたロイド・ヴォーゲルは、聖人化された国民的アイコンに懐疑的

しかし、フレッドが努力家で寛容さに溢れた人だと気づいたロイドは次第に心を開き、フレッドの導きで自分の抱える問題と向き合うようになります

幼い心を尊び慈しんだ名司会者を描く『ビューティフル・デイ・イン・ザ・ネイバーフッド』は、疲弊した大人の心も解きほぐす生前のフレッド・ロジャースを、実際のエピソードを交えて物語るハートフルストーリーです。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『友罪』あらすじと原作感想!キャストやロケ地を瀬々敬久監督は如何に描くのか⁈

『ヘヴンズ ストーリー』『64-ロクヨン-前編/後編』などで知られる瀬々敬久監督。 2017年も『なりゆきな魂』『菊とギロチン‐女相撲とアナキスト‐』『8年越しの花嫁』と新作公開が目白押し。 すでに瀬 …

ヒューマンドラマ映画

映画『最後の決闘裁判』ネタバレ結末あらすじと感想考察。ラストに出る字幕と黒澤明の羅生門的な構成のアイデアに注目!

中世フランスを舞台に歴史上最後の「決闘裁判」となった実話に基づく衝撃の物語! 「アカデミー賞」脚本賞を受賞した『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』のマット・デイモンとベン・アフレックが脚本家として …

ヒューマンドラマ映画

【ネタバレ 空白】ラスト結末で描かれた意味とストーリー考察。原作なしで映画監督 吉田恵輔が脚本オリジナルで挑んだ“人間の可笑しさ”

ある少女の死を発端に、関わった人々の人生の歯車が狂い始める! 『BLUE ブルー』(2021)、『犬猿』(2018)などで知られる吉田恵輔監督が自身によるオリジナル脚本で挑んだ映画『空白』は、万引した …

ヒューマンドラマ映画

韓国映画『無垢なる証人』ネタバレ感想とレビュー評価。キムヒャンギの演技力と熱演で描いたものとは⁈

あなたはいい人ですか? 人気俳優チョン・ウソンと、「神と共に」シリーズの使者ドクチュン役で一躍スターダムにのし上がった天才子役・キム・ヒャンギがそれぞれ殺人容疑者の弁護士と、事件の目撃者で自閉症の少女 …

ヒューマンドラマ映画

映画『チア男子!!』キャストの遠野浩司役は小平大智(こだいらだいち)。プロフィールと演技力の評価

『桐島、部活やめるってよ』『何者』で知られる直木賞作家・朝井リョウが、実在する男子チアリーディングングチームをモデルに書き上げた『チア男子!!』がついに待望の実写映画化。 監督を務めるのは、期待の新鋭 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学