Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2019/10/22
Update

映画『世界から希望が消えたなら』あらすじネタバレと感想。キャストが信じる奇跡を身近な出来事として見せる

  • Writer :
  • もりのちこ

心の力が健康に大きく影響する。
信じることで起こる奇跡の物語。

医師から余命宣告を受けた男が体験した奇跡を描いたヒューマンドラマ。

もし明日、あなたの命が終わるとしたら、今あなたに出来る事は何ですか?

絶望の淵から這い上がり復活を遂げた主人公。彼は、この世に残した使命のため突き進みます。

宗教家の大川隆法が制作総指揮と原案を手がけた映画『世界から希望が消えたなら』を紹介します。

スポンサーリンク

映画『世界から希望が消えたなら』の作品情報


(C)2019 IRH Press

【日本公開】
2019年(日本映画)

【製作総指揮】
大川隆法

【監督】
赤羽博

【キャスト】
竹内久顕、千眼美子、さとう珠緒、芦川よしみ、石橋保、木下渓、小倉一郎、大浦龍宇一、河相我聞、田村亮

【作品概要】
宗教家の大川隆法が製作総指揮と原案を手がけ、幸福の科学グループが世界に送り出す作品『世界から希望が消えたなら』。

余命宣告を受けながらも奇跡の復活を遂げる主人公・御祖真(みおやまこと)を演じるのは、映画初出演で主演を果たす竹内久顕。

主人公を支える妻役に、さとう珠緒。秘書役に、大川隆法作品ではお馴染み千眼美子が共演しています。

監督は『君のまなざし』『さらば青春、されど青春。』の赤羽博監督です。

映画『世界から希望が消えたなら』のあらすじとネタバレ


(C)2019 IRH Press

30歳だった頃の御祖真(みやままこと)は、商社を辞め、自らの思想を世に問いたいと作家になりました。

それから、10年。作家人生は成功し、出版社を立ち上げ、異例のベストセラー作家と世間からは呼ばれています。

執筆の仕事に講演会、そして会社の経営まで、毎日忙しく働く真の体は、悲鳴をあげていました。

ある日、部屋での執筆中に、真はめまいと激しい動悸に襲われます。苦しむ真の元に、光に包まれた男が姿を現し、「先生ご無理をなさらず」と声をかけてきます。

光の中の男の存在は、普通の人には見えないようでした。「この世の者ならず」。真はあの世の存在、すべての真理を知っていました。

仕事のパートナーでもある妻の磯子とは最近、子供の教育のことで言い争いが絶えませんでした。

その日も、移動の車中で妻から小言を言われ続け、真は再び激しい動悸に襲われます。車を降り公園のベンチで休む真でしたが、とうとう倒れ込んでしまいます。その時手にしていたのは「復活」というタイトルの本でした。

病院での医師の診断は驚くものでした。「真さんは、生きているのが不思議なほど心臓が弱っています。今夜がもう山場でしょう」。

それを聞いた磯子はショックを受け、子供たちを呼び寄せます。最後のお別れをする子供たち。

「パパ死なないで」。「パパは大丈夫。絶対死なない。約束する」。当の真は、不思議と生きる気力に溢れていました。

家族や秘書の沙織は、それぞれに眠れぬ夜を過ごします。真もまた自分の人生を振り返っていました。

育ててくれた父母、忙しさのあまり寂しい思いをさせてきた子供たち、支えてくれた妻。そして、いつしか見えるようになった霊の存在、そして作家、思想家としての出発。

「私は、あの世の神秘をまだ伝えていない」。その時、光に包まれた男たちが真の前に現れます。「あなたにはまだやり残した事があります」。男たちはそう告げました。

次の朝、真は生きています。その後も真は、魂の力を信じることで驚異の回復力を見せつけます。医者も驚くばかりです。

私は生まれ変わりました。「不惜身命」。真は、これからの人生は、お返しの人生とし、自らの闘病経験をもとに、世の真理を伝えていくことを決意します。

その後押しをしてくれたのは、秘書の沙織でした。沙織は誰よりも真のことを理解していました。

神の存在を信じ人々の役に立ちたいと生きてきた沙織の父親もまた、余命宣告を受けたにも関わらず自らの力で長生きをしたという経験の持ち主でした。

「この世の常識に捕らわれず、書きたいものを書いて下さい。どこまでも先生に付いて行きます」。

沙織の言葉は真に力を与えます。完成した本のタイトルは「新復活」。真の体験から得た心理を詰め込んだ作品です。

真は「新復活」の出版を機に、「心の力で病気は治る」と題した講演会を開きます。

「肉体が自分なのではなく、魂こそが本当の自分の姿である。神に生かされているこの命に感謝し、信じる力が奇跡を起こすのです」。

心の力が健康に影響することを、真は身近な母親から実践していきます。膝の痛みに立てなかった母が、心に健康な自分をイメージすることで歩けるようになります。

真は少しづつ自分の思想が皆のためになっていると感じていました。しかし、真を信じる人々が増えるのと比例するかのように、真の力を不審に思う者も増えて行きます。

以下、『世界から希望が消えたなら』ネタバレ・結末の記載がございます。『世界から希望が消えたなら』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2019 IRH Press

真の著書「新復活」は世界中で売り出され多くの人から反響をもらいます。しかしマスコミは、真の力を謎のヒーリング疑惑とうたい、科学的根拠を求めて日々バッシングが過熱します。

妻の磯子もまた真を信じられないひとりでした。「宗教家まがいなことをして世間に笑われる本を出すことないじゃない」。怒りで我を忘れる磯子は、真を責め続けます。

ある日、真のオフィスにロンドンの友達ロバートが訪ねてきます。ロバートは、癌を患い人生を諦めかけていた時、真の本を読み癌を克服したとのこと。

「神に生かされていることを感じているよ。真が教えてくれた」。ロバートは涙ながらに感謝の言葉を伝えます。

そして、真にロンドンで講演会を開かないかと誘います。いよいよ真の目指していた世界の人々のために自分の経験を生かせる時がきた。真はロンドンへ向けて旅立ちます。

しかし、ロンドンの治安は乱れていました。講演を前にロンドンではテロが発生。ロバートが巻き込まれ怪我を負います。

講演会を開くべきか悩む真。「テロの根源にある宗教争い。憎しみの連鎖を断つために、自分の思想を多くの人に聞いてもらう必要がある」。危険を承知で真は開催を決意します。

講演会の会場には、故郷も宗教も違う多くの観客が集まっています。「今の世だからこそ憎しみを捨て互いに愛し合いましょう。わたしたちの神はもともとひとつなのです。神は皆さんと共にある」。

魂のこもった演説に、観客は大きな拍手を送ります。真は、世界への扉を開きました。

さらに忙しくなる真の活動に、家族の協力は不可欠でした。

疲れ果てた妻・磯子は家を出て行ってしまいます。真の救いは、子供たちが真を信じ付いて来る道を選んでくれたことでした。真は己の使命を果たすため邁進していきます。

それから「新復活」の映画化が決定し、今日は上映初日を迎えていました。会場には真の母、そして子供たちの姿が。秘書の沙織も寄り添います。

映画に伴い真は観客にメッセージを送ります。「人生はこの世限りではありません。だからこそ苦難にも意味があるのです。主は常にあなたと共にいます。ただ主を信じ、愛し、一体となってください」。

上映が始まります。そこには、別れた妻・磯子の姿もありました。映画館に集まった人々の上からキラキラ輝く光が降り注いでいます。

スポンサーリンク

映画『世界から希望が消えたなら』の感想と評価


(C)2019 IRH Press

宗教家の大川隆法が製作総指揮と原案を手がけ、自らの思想と経験を盛り込み真理を解く映画『世界から希望が消えたなら』。

思想を映像化することでより分かり易く、奇跡の体験はより身近な出来事として伝わってきます。

現社会での争い、世界規模のテロから学校のいじめまでを取り上げ、争いの根源を解き、信じることの大切さを唱えています。

信じる主はひとつであり、常に己と共にある。神に生かされている命に感謝し、信じることで、奇跡も起こせる」。

主人公の真は、この世とあの世の真理を知る人物で、そのことを多くの人に解くことを使命とし、神に生かされます。

本当の真理は普通の人には計り知れないものと感じますが、「病は気から」と良く言います。心の健康が体にも大きく影響することは、理解できるのではないでしょうか。

しかし、常に心を健康に保つことは難しいことです。その苦しみは人それぞれであり、自分の心が弱っていることに気付けない人もいます。

本作は、そんな自分の心の健康状態を考えるきっかけを与えてくれます。

まとめ


(C)2019 IRH Press

余命宣告を受けた男が、心の力で病を克服した奇跡を描いた映画『世界から希望が消えたなら』を紹介しました。

主人公の奇跡の体験は「心の力、信じる心が、健康に大きく影響する」ことを教えてくれます。

もし明日、世界が終わるとしたら、今出来る事は何でしょうか?希望を捨てないことかもしれません。


関連記事

ヒューマンドラマ映画

隅田靖映画『子どもたちをよろしく』内容解説と結末に向かう学生たちを取り巻く“いまの社会”の闇とは⁈

映画『子どもたちをよろしく』は2020年2月29日より渋谷・ユーロスペースにて全国順次公開。 貧困、いじめ、虐待、自殺など、子どもたちを取り巻く過酷な環境に焦点を当てた劇映画『子どもたちをよろしく』。 …

ヒューマンドラマ映画

【映画キング TheKing】ネタバレ感想とレビュー評価。ティモシーシャラメに主役を依頼したのはデヴィッド・ミショッド監督のアイデア

Netflixオリジナル映画『キング(原題:The King)』はヴェネチア国際映画祭にて世界初公開 『キング』は、中世のイギリスが舞台。偉大な指揮官として知られるヘンリー五世を描いた歴史ドラマです。 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ロング,ロングバケーション』あらすじとキャスト。上映館はどこ?

映画『ロング,ロングバケーション』は1月26日より、全国順次公開です。 アルツハイマーが進行する元文学教師のジョンと、その妻で末期ガンにおかされエラ。高齢を迎えたスペンサー夫婦は子どもたちも巣立ったこ …

ヒューマンドラマ映画

映画『笑顔の向こうに』あらすじネタバレと感想考察。高杉真宙が歯科技工士役に挑み医療現場での成長を描く

歯科医療界の国家技師達にフューチャーし、笑顔の中には白い歯が輝く、そんな歯の健康を守る現場を描いたハートフルな物語 映画『笑顔の向こうに』は「公益社団法人日本歯科医師会」の全面協力で、歯科医療の現場、 …

ヒューマンドラマ映画

映画『俺たちに明日はない』ネタバレ感想と評価。アメリカン・ニューシマネが得た表現の自由

アメリカン・ニューシネマの傑作! 1930年代、大恐慌の風が吹き荒ぶアメリカに実在し、大強盗としてその名を知らしめたクライド・バロウ&ボニー・パーカー。 波乱にとんだ彼らの生涯が、それまでの …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP