Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2019/05/19
Update

映画『パピヨン』ネタバレ感想とラストまでのあらすじ。2017年リメイク版が名作オリジナルに挑む

  • Writer :
  • 奈香じゅん

映画『パピヨン』の日本公開は、2019年6月21日より全国ロードショー。

映画『パピヨン』は、アンリ・シャリエールの自伝小説『パピヨン』を『氷の季節』で知られるデンマーク人監督マイケル・ノアーが映画化した作品です。

絶海の流刑地に投獄されたシャリエールの数奇な運命を原作に沿い忠実に再現。

1973年公開のスティーヴ・マックイーンダスティン・ホフマンが出演したオリジナルとは一線を画しています。

胸に蝶の刺青を入れていたことから、シャリエールは「パピヨン」と呼ばれていました。

スポンサーリンク

映画『パピヨン』の作品情報


(C)2017 Papillon Movie Finance LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

【公開】
2019年6月21日(アメリカ、セルビア、モンテネグロ、マルタ合作映画)

【原題】
Papillon

【監督】
マイケル・ノアー

【キャスト】
チャーリー・ハナム、ラミ・マレック、ローラン・モラー、トミー・フラナガン、ヨリック・ヴァン・ヴァーヘニンゲン、イヴ・ヒューソン

【作品概要】
最初にキャスティングされたアンリ・シャリエール役のチャーリー・ハナムと監督を務めたマイケル・ノアーは、現代の民営刑務所が抱える倫理的問題の話題で意気投合します。

舞台となった孤島における囚人の扱いに注目し、原作『パピヨン』(Papillon)と『パピヨンは死なない』(Banco)を基に映画を製作することに決めました。

映画『パピヨン』のあらすじとネタバレ


(C)2017 Papillon Movie Finance LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

1931年、パリ。金庫破りの名人アンリ・シャリエールは罠にはまり、犯していない殺人罪で終身の労役を課された流刑を言い渡されます。

アンリは、南米のフランス領ギアナにある徒刑場へ護送される船の中、服役囚ジュロから国債偽造で大金を手にし、周囲から体内に隠した金を狙われているルイ・ドガの存在を聞かされます。

既に脱獄を考えていたアンリは、ルイに護衛をする代わりに資金調達を打診します。自分で対処できると断るルイですが、隣に寝ていた囚人が胃の中に隠していた金目当てに殺害されるのを目の当たりにし、アンリの申し出を受け入れます。

アンリは、島の監獄に収監された後も約束を守り、体を張ってルイを守ります。劣悪な環境下で肉体労働を強いられる中、知り合ったセリエがお金を用意できれば船を手配するとアンリに持ち掛けます。


(C)2017 Papillon Movie Finance LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

度々襲われたルイも、アンリが居なければ生き延びられないと気付き、一緒に脱獄すると言い始めます。

ある日、ジュロが単独で脱走。捕まったジュロは、看守を1人殺害した罪で、ギロチンに掛けられ公開処刑となります。

刑務所長に指名されたアンリは、ルイと一緒にジュロの遺体を運ばされます。足場の悪いジャングルを歩いているうちに、ルイの囚人服が真っ赤に染まり、ルイは気が動転します。

座り込んだルイを看守が鞭で何度も叩きました。見かねたアンリが側にあった石を拾い看守を殴り付け逃走します。後方に居た看守達が怒鳴り声をあげてアンリを追跡しました。

拘束されたアンリに対し、所長は「お前を壊してやる」と告げ、2年間の独房収監を命じます。コンクリートの壁と格子がはまった天井で、常に看守が監視しています。食事は液状で栄養も殆ど無く、後は完全な孤独が支配する毎日でした。

そんなある日、バケツに入ったココナッツの半身がアンリの独房に配られます。メモが挟まっており、毎日ココナッツを届けるとあります。ココナッツを噛みしめるアンリの顔に笑顔がこぼれ、ルイの名前を呟きました。

しかし、程無くして看守にココナッツが見つかってしまいます。所長が具のたくさん入ったスープをアンリの鼻先に近づけ、誰がココナッツを寄こしたのか白状しろと迫ります。

沈黙を守るアンリに腹を立てた所長は、一切の食事や水も取り上げ天井を閉じて明かりをも奪います。

以下、『パピヨン』ネタバレ・結末の記載がございます。『パピヨン』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2017 Papillon Movie Finance LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

遂に立つことも出来なくなったアンリを看守が医務室へ運びます。知性の高さを買われ所長の会計を任されるようになっていたルイが、アンリのお見舞いに訪れます。

ベッドに横になり宙を見つめるアンリの側に座り、ルイは、妻が自分の弁護士と結婚したと報告。すると、そんな女は放って置けと目に光を湛えたアンリがルイを見つめます。

正気を失くした振りをするアンリの企みを理解したルイは、近く所長主催で地元の政治家を招待し映画の上映会があり、看守たちの監視が薄くなる晩こそ、絶好の機会だと声を潜めます。

アンリは一緒に脱獄させることを条件にマチュレットにも協力を求め、4人で実行することを決めます。

セリエが船の手配を済ませ、上映会の晩を迎えます。ルイが気転を利かせサーチライトを消し、4人は一気に壁を越えますが、飛び降りた際にルイが足を怪我してしまいます。

アンリとマチュレットがアンリを支えながらジャングルを進んだ所で、セリエと取引した相手と合流。ヤシの葉で隠した小舟に乗り込んだ4人は、朝もやの中大海原へ船を漕ぎ出しました。

しかし、古い船は浸水し、セリエは重量を減らすため足手まといのルイを始末しようと主張。アンリがセリエに飛び掛かりますが、屈強なセリエがアンリに馬乗りになります。

セリエが落としたナイフを拾ったルイは、セリエを刺殺しました。残された3人が乗る船は、間もなく嵐に襲われます。

意識を取り戻したアンリは、コロンビアに居ました。ルイとマチュレットも原住民に看護されています。

ルイを急き立て一緒に逃げようとした矢先、ギアナの看守に捕まり、マチュレットが目の前で射殺されます。脱獄囚を蔑む町の修道女が通報していたのです。

歳月が流れ、心身共に疲弊したアンリの髪に白髪が目立つ頃、独房から解放されます。

外で待っていた所長は、5年間独房で生き延びた人間を見たかったと言い、アンリを物珍しそうに眺めます。何を希望に耐えたにしろ、この先には無い物だと冷たい視線を向け、アンリにデビルズ島送致を命じました。

護送されるアンリの目の前に、うねる海に囲まれた断崖絶壁の孤島が見えてきます。病気が蔓延し不衛生極まりないことで知られている、悪名高い流刑地でした。

アンリは、デビルズ島でルイに再会します。所長は、自分に服従しなかったルイを最初からこの地へ送っていたのでした。

僅かな作物を耕し壁に絵を描くルイ。海を見たいと言うアンリを絶壁まで案内します。アンリの考えを察知したルイは、例え落下で死なずとも海を生き延びることはできないと諭します。


(C)2017 Papillon Movie Finance LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

暫く波寄せる波を見つめていたアンリは、ココナッツでいかだを作れば、後は潮が本土まで運んでくれると目を輝かせます。

2人は布袋に大量のココナッツを詰め固く紐で繋ぎあわせます。ルイが何かを描いた布を瓶にねじ込み、袋の中にいれました。

再び崖まで一緒にココナッツのいかだを運ぶと、ルイは留まると言います。5年間1人で生き抜いたルイは、いつしかデビルズ島に適応し、自分の居場所にしていたのです。

こみ上げる思いを抑え、アンリは友を強く抱き寄せます。海にココナッツの入ったいかだを投げ落とし、笑顔を見せたアンリは勢いよく飛び込みました。

心配したアンリは淵まで歩を進め眼下へ視線を落とします。海から顔を出したアンリを見たルイは、大声で雄叫びを上げました。アンリも同じように答えます。

1969年、フランス。時効を迎えてないアンリは、お忍びで出版社を訪れます。担当者が渡されたフォルダーを開けると、古びた布に描かれた蝶が挟んでありました。

アンリは、フランスで出版されることが重要だと話します。これは実体験かと尋ねられたアンリは、たくさんの男達の物語だと答えました。

スポンサーリンク

映画『パピヨン』の感想と評価


(C)2017 Papillon Movie Finance LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

脱獄に焦点を当てた1973年のオリジナルとは異なり、人間性と友情を重要視したのが2017年に製作された『パピヨン』です。

見所は、主演を演じたチャーリー・ハナムラミ・マレックの見事な演技です。そして、本物にこだわりCGを殆ど使わずに撮影した監督のマイケル・ノアーは、過酷な環境で生きる囚人に照り付ける太陽の暑さをも映像化しています。

原作『パピヨン』は、世界中で読まれたベストセラーです。歴史家やジャーナリストがその信憑性を調査し、様々な憶測を呼んだことでも知られています。

内容の殆どは嘘だと断じる専門家も居ますが、アンリ・シャリエールは死亡率の高い非人道的な流刑地に投獄されても生き延び、1970年に恩赦を受け晴れて自由の身になったことは確かです。

凄まじい減量に挑んだハナムは20キロ近く体重を落としました。独房のシーンは撮影終盤に行われ、ハナムは8日間断食し水も飲まず独房で過ごしています

これが出来なければシャリエールを演じる資格が無いと信じたストイックなハナムの提案でした。

また、ラミ・マレックしかルイ・ドガを表現できる俳優は居ないと考えたハナムは、直にマレックに連絡を入れ出演して欲しいと頼んだそうです。

日本でも大ヒットしたテレビドラマ『24』のシーズン8 (2010年)に、マレックはゲスト出演しています。当時と殆ど変らない若さを保ち、主演のキーファー・サザーランドに引けを取らない演技を披露。当時から強い存在感を残しています。

本作の製作は2017年。翌年公開された『ボヘミアン・ラブソディ』でマレックはアカデミー賞主演男優賞を受賞しました。

まとめ


(C)2017 Papillon Movie Finance LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

アンリ・シャリエールは、無実を訴えたまま島に流されます。囚人の精神を壊すために造られた独房で彼を支えたのは、ルイがリスクを犯して贈ったココナッツ。

歯で齧った果実の甘さに込められた友の思いがアンリの正気を保ちます。

監獄に不当に長く収監される囚人達の処遇に異を唱えるノアー、ハナム、そして所長を演じたヨリック・ヴァン・ヴァーヘニンゲン

彼等の知恵と個人の尊厳に対する敬意が凝縮された『パピヨン』は、1930年代に生きた男達の汗と泥を描いた秀作です。



関連記事

ヒューマンドラマ映画

韓国映画『聖女Mad Sister』あらすじネタバレと感想。結末のクライマックスに姉妹を待つものとは⁈

『聖女 Mad Sister』は「のむコレ3」にて上映! 2019年11月15日(金)よりシネマート新宿・シネマート心斎橋にて開催されている「のむコレ3」。 「のむコレ3」にて、妹を守るため立ち上がっ …

ヒューマンドラマ映画

映画『彼らが本気で編むときは、』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

今回ご紹介する『彼らが本気で編むときは、』は、ぜひ、女の子に観てもらいたい映画。 『かもめ食堂』や『めがね』などの荻上直子監督といえば、ファンの方も多いはず。 監督自ら「“荻上直子・第二章”の始まり」 …

ヒューマンドラマ映画

『ハッピー・バースデー家族のいる時間』感想と考察解説。“映画の母ドヌーヴの元に集まった監督たち”のフィクション家族ドラマ

『ハッピー・バースデー 家族のいる時間』は2021年1月8日(金)、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次ロードショー。 フランスを代表する大女優、カトリーヌ・ドヌーヴ。今回彼女が演じる …

ヒューマンドラマ映画

『罪と女王』感想と考察。映画クィーン オブ ハーツは結末ラストまで女性監督が欲望で追い詰められた人間を描く

映画『罪と女王』は2020年6月5日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、アップリンク吉祥寺、シネ・リーブル梅田、他にて公開。 『罪と女王』は、欧米の批評家から絶賛されたデンマークとスウェーデンの …

ヒューマンドラマ映画

映画『1917命をかけた伝令』あらすじネタバレと感想。サムメンデスがワン・ショット撮影にかけた思いとは⁈

映画『アメリカン・ビューティー』でアカデミー賞を受賞! 『007スカイフォール』『007スペクター』 のサム・メンデス監督最新作 映画『1917 命をかけた伝令』は、第一次世界大戦を舞台に英国陸軍の若 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学