Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2018/08/30
Update

映画オズランド 笑顔の魔法おしえます|あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

  • Writer :
  • 村松健太郎

映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます』2018年10月26日(金)、TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー!

実際に熊本で営業しているテーマパーク、グリーンランドを基にした田舎の遊園地を盛り上げる人々の姿を描いた本作。

原作は小森陽一の『オズの世界』。主演は波留、共演に西島秀俊、熊本出身の橋本愛、岡山天音、柄本明、濱田マリなどが務めます。

スポンサーリンク

映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます』の作品情報

(C)小森陽一/集英社 (C)2018 映画「オズランド」製作委員会

【公開】
2018年(日本映画)

【原作】
小森陽一「オズの世界」

【脚本】
吉田恵里香

【監督】
波多野貴文

【キャスト】
波瑠、西島秀俊、岡山天音、深水元基、戸田昌宏、朝倉えりか、久保酎吉、コング桑田、中村倫也、濱田マリ、橋本愛、柄本明

【主題歌】
dream Ami『wonderland』

【挿入歌】
神様、僕は気づいてしまった『ストレイシープ』『匿名』

【作品概要】

波瑠と西島秀俊の共演で、「海猿」「S 最後の警官」の原作でも知られる小森陽一の人気小説「オズの世界」を映画化。

監督は「SP」劇場版2部作などを手がけた波多野貴文が担当。

脚本は「ヒロイン失格」の吉田恵里香。

実際に熊本で営業しているテーマパーク、グリーンランドを基にした田舎の遊園地を盛り上げる人々の姿を描きます。

映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます』のキャストとキャラクター

(C)小森陽一/集英社 (C)2018 映画「オズランド」製作委員会

波平久瑠美(波留)
恋人と同じ職場で働くために就職したものの派遣先は熊本の遊園地。

小塚慶彦(西島秀俊)
グリーンランドの様々な盛り上げ企画の仕掛け人。

吉村豪太郎(岡山天音)
波平の同期で東大出身。

玉地弥生(橋本愛)
波平や岡山より年下ではあるもののグリーンランドでは先輩。

南原カツヨ(濱田マリ)
グリーンランドのベテラン女性スタッフで、他人の婚活マニア。

スポンサーリンク

映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます』のあらすじとネタバレ

(C)小森陽一/集英社 (C)2018 映画「オズランド」製作委員会

彼氏が勤める超一流ホテルチェーンに就職した波平久留美(なみひら・くるみ)22歳。

ところが、彼女の派遣先は熊本の遊園地グリーンランドでした。


いやいやながらに熊本に転勤する久瑠美。

彼女の前に広がるのは、広大な田園風景とそこに突如現れる遊園地でした。

彼女と同期の古村の教育係になったのは、数々の企画を成功させ、「魔法使い」と呼ばれる社員・小塚慶彦(おづか・よしひこ)と個性的過ぎる園長や従業員の面々。

望まぬ勤務地に、彼氏との遠距離恋愛、テンションの合わないオズランドの面々に、転勤早々久留美はうんざりモード。

しかも支給された制服には“ナミヘイ”と誤植された名前がでかでかとプリントされていました。

久瑠美はどれだけ修正してもグリーンランド内ではナミヘイという呼び名がどんどん浸透していきます。


小塚から、最初に言われたことは園内中のゴミ拾い。

その合間を縫って企画書を小塚に出しては無視される日々が続きます。

(C)小森陽一/集英社 (C)2018 映画「オズランド」製作委員会

ある日、久留美は各支社で目覚しい成果を上げたMVP社員は、好きな部署に異動出来るということを知ります。

久瑠美は、MVP社員になるため仕事に邁進しますが、やることなすこと失敗だらけ。

ゴミ拾いも実際に拾って歩かずゴミ箱のごみを集めて回っていたので一ヶ月以上たっても園内の案内もままなりません。

しかもコツコツ園内を回っていた古村は園内の細かい部分まで熟知していて、その差を痛感させられます。


そんなある日、恋人が久瑠美を訪ねにグリーランドにやってきます。

以下、『オズランド 笑顔の魔法おしえます』ネタバレ・結末の記載がございます。『オズランド 笑顔の魔法おしえます』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

グリーンランドへの誇りと仕事のやりがいを感じ始めていた彼女に対して、恋人は地方の遊園地でしかないと見下し、すれ違う部分を感じてしまいます。

恋人とは結局別れてしまった久瑠美ですが、グリーンランドの仕事にどんどんはまっていく自分がいることを感じていました。

夏のイベントの目玉“一万発の花火大会”ではイルミネーションの電気が落ちるトラブルが起きてしまいますが、それを逆手にとってより花火をクリアにみてもらうと観客にアナウンスしてわざと全館停電させます。

花火に人の眼が集中している中で、故障個所を発見、花火が打ちあがっている間に修理を済ませ、ちょうど花火が終わると同時にイルミネーションがグリーンランドを彩りました。

すっかりグリーンランドのスタッフとなった久瑠美と古村はひょんなことから小塚が退職することを知ってしまいます。

小塚に心置きなくグリーンランドから旅立ってもらうため、自分たちだけで今までにない企画を考えます。

それが気球から大量の風船(バルーン)の雨を降らす企画。

見事に企画を成功させた久瑠美は小塚になんの心配もなく旅立ってくださいと送り出します。

ちなみにMVPを取ったのは婚活イベント企画を立ち上げた南原でした。

映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます』の感想と評価

(C)小森陽一/集英社 (C)2018 映画「オズランド」製作委員会

“遊園地の映画”

本作品『オズランド 笑顔の魔法おしえます』の監督は、これまでアクション基軸にした映画が多かった波多野貴文。

テレビドラマ『逃亡者 木島丈一郎』(2005)、『SP 警視庁警備部警護課第四係』(2007)、『ブラッディ・マンデイ Season1』(2008)。

映画『SP THE MOTION PICTURE「野望篇」「革命篇」』(2010、2011)があります。

この作品ではガラッと変わった作風にチャレンジしてる点が、なんといっても見どころになっています。

また、波留と波多野貴文監督は、ドラマ『BORDER』に引き続き、本作で再びタッグを組んだ点にも要注目です。

参考映像:『ウェストワールド』(1973)

参考映像:『ファイナルデッドコースター』(2006)

さらに映画の世界では、実際に体験できる異世界遊園地映画あります

『ウェストワールド』(1973)、『戦慄迷宮3D』(2009)、『ファイナルデッドコースター』(2006)、『トゥモローランド』(2015)などがあります。

なぜかスリルや恐怖の舞台になることが多いのが不思議ですが、本作は悪い人が最後ま全く出てこない最後までほっこりとした気持ちで終わる映画なのでご安心を。

波多野貴文監督の新境地となる作品を、お見逃しなく!

スポンサーリンク

まとめ

(C)小森陽一/集英社 (C)2018 映画「オズランド」製作委員会

遊園地は、それ自体が映画のような娯楽の象徴。本作はそういった娯楽的要素を前面に取り扱った映画です。

舞台となる遊園地「グリーンランド」は、実際に熊本県にある同名遊園地です。

原作は、佐賀県出身で現在も福岡県に在住する原作者、小森陽一が実在の遊園地を舞台に書き上げた「オズの世界」。

そして監督の波多野貴文、出演の橋本愛は、熊本県出身。

エキストラとして多くの熊本県民が参加し、グリーンランドの万全のロケ地協力体制など、現在も熊本地震復興中にある、熊本の優しさとエネルギーが詰まった作品となっています。

(C)小森陽一/集英社 (C)2018 映画「オズランド」製作委員会

関連記事

ヒューマンドラマ映画

ジョニー・デップ映画『ネバーランド』あらすじネタバレと感想!

世界中で数多くの人たちに今も愛されている「ピーター・パン」の物語。 この物語が生まれるきっかけになった実話を背景に、夢見ることの大切さと想像の翼を大きく広げていくことを教えてくれる感動の映画が『ネバー …

ヒューマンドラマ映画

ふたりの旅路あらすじとキャスト!上映劇場や映画公開日も

映画『ふたりの旅路』が6月24日から東京渋谷のユーロスペースほか全国で順次公開。 日本とラトビアの初共同の製作映画となる『ふたりの旅路』は、ある出来事をきっかけに、自分の殻に閉じこもってしまうケイコを …

ヒューマンドラマ映画

映画『このまちで暮らせば』感想レビュー。考察【仕事と家族を超えた活動的次元】

映画『このまちで暮らせば』は、2018年7月14日(土)より、新宿K’scinemaにて1週間限定ロードショー。 熊本県にある林業の町・南小国町を舞台に、親子の絆と人々が未来に向かって歩む姿を、たくま …

ヒューマンドラマ映画

映画『14の夜』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

2016年は日本映画の当たり年。 年の瀬に才気ある監督デビューを果たした足立紳監督作品をご紹介! 秀作である『百円の恋』で多くの映画祭で脚本賞を受賞した脚本家の足立紳。映画『14の夜』のあらすじを結末 …

ヒューマンドラマ映画

フィフティ・シェイズ・ダーカーあらすじとキャスト!試写会情報も

世界的な大ヒットを記録した前作『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』の待望の続編が登場! よりゴージャスに、よりドラマティックに“深化”した『フィフティ・シェイズ・ダーカー』をご紹介します。 スポンサ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学