Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2020/08/18
Update

『mid90s ミッドナインティーズ』感想と内容解説。子供の心の成長映画をジョナヒルの自伝的ドラマを通して描く

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

映画『mid90s ミッドナインティーズ』は2020年9月4日(金)より全国順次公開。

これまで「アカデミー助演男優賞」に2度ノミネートされている、実力派俳優のジョナ・ヒル。

彼が、自身の10代の頃の経験をもとに、半自伝的な内容を自ら映画化した『mid90s ミッドナインティーズ』

90年代を舞台に、少年達の成長をアメリカの社会問題を交えて描いた本作は、全米4館からスタートしましたが、口コミで評判が広がり、最終的に1200スクリーンまで公開が広がった作品です。

甘くも、切なく厳しい「青春」を描いた、本作の魅力をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『mid90s ミッドナインティーズ』の作品情報


(C)A24 Distribution, LLC. All Rights Reserved.

【公開】
2020年公開(アメリカ映画)

【原題】
Mid90s

【監督・脚本・製作】
ジョナ・ヒル

【キャスト】
サニー・スリッチ、キャサリン・ウォーターストン、ルーカス・ヘッジズ、ナケル・スミス、オーラン・プレナット、ジオ・ガリシア、ライダー・マクラフリン、アレクサ・デミー

【作品概要】
『マネーボール』(2011)、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(2013)で、これまで「アカデミー助演男優賞」に2度ノミネートされている俳優のジョナ・ヒルが、映画ファンから注目されている映画スタジオ「A24」とタッグを組んだ初監督作品。

13歳の主人公、スティーヴィーを、『ルイスと不思議の時計』(2018)や『聖なる鹿殺し』(2017)に出演している俳優、サニー・スリッチが演じています。

母親のダブニーを、「ファンタスティック・ビースト」シリーズのキャサリン・ウォーターストンが演じている他、スティーヴィーに影響を与えるスケーターのレイを、プロスケーターやラッパーとして活躍しているナケル・スミスが演じるなど、幅広い才能が集結しています。

映画『mid90s ミッドナインティーズ』のあらすじ


(C)A24 Distribution, LLC. All Rights Reserved.
1990年代のロサンゼルス。

過保護で真面目なシングルマザー、ダブニーのもとで、兄のイアンと共に暮らしている13歳の少年、スティーヴィー。

小柄なスティーヴィーは、年の離れたイアンに力で抑圧されており、いつかイアンを見返す事を夢見て、窮屈な毎日を送っていました。

ある日スティーヴィーは、イアンの留守中に部屋へ入り、棚に置いてあった音楽を聴いた事から、外の世界へ興味を持つようになりました。

外を歩いていたスティーヴィーは、路上でスケボーをやっていた少年達を見かけ、スケボーに興味を持つようになります。

スティーヴィーは、街のスケートボード・ショップを訪れ、そこに出入りしていた少年達と知り合います。

プロに近いスケボーの腕前を持つ、リーダー的な存在のレイ、スケボーは上手いのですが、いつもフラフラしているファックシット、スティーヴィーと年齢が近いのですが、やたらとライバル視してくるルーベン、無口で、いつもカメラを回して何かを撮影しているフォースグレード、個性的なメンバーとスティーヴィーは仲良くなります。

これまで、窮屈な家庭で育ったスティーヴィーは、レイ達の影響を受けてスケボーの腕が上達していき、レイ達にも気に入られる存在となっていきます。

ですが、貧しい家庭で育ったレイ達は、街の住人からはギャングのように見られており、スティーヴィーは、自分に自信を持つようになりますが、レイ達の影響を受けて、次第に素行も悪くなっていきます。

ある時、スティーヴィーがレイ達と付き合っている事が、ダブニーにバレてしまい、ダブニーはスケートボード・ショップに怒鳴り込んで来ますが……。

スポンサーリンク

映画『mid90s ミッドナインティーズ』感想と評価


(C)A24 Distribution, LLC. All Rights Reserved.

90年代を舞台に、13歳の少年スティーヴィーの成長を描いた映画『mid90s ミッドナインティーズ』

90年代のヒット曲と共に、「カセットテープ」や「スーパー・ファミコン」「ストリート・ファイター」などの、当時を代表するカルチャーが詰め込まれた本作は全編16mmフィルムで撮影されており、90年代の雰囲気を再現した作風となっています。

本作で描かれているのは、スティーヴィーの成長で、そのキッカケは作品序盤で何気なく描かれています

兄のイアンの部屋に入ったスティーヴィーは、兄の部屋にあったCDなどのカルチャーに触れた事で、外の世界へ興味を持つようになります。

年上の兄弟の部屋に入り、そこで新たなカルチャーに触れるという経験は、特別な事ではない日常的な光景で、本作でもスティーヴィーの心境の変化は淡々と描かれています

ただ、イアンは決して良い兄ではなく、小柄で年下のスティーヴィーを、力で押さえつけようとします。

このイアンによる抑圧と、母親のダブニーの過保護な部分に、スティーヴィーは息苦しさを感じています。

序盤のファミレスでの家族の食事シーンで、苦労して子育てをしてきたダブニーの話を、死んだような目で聞いているイアンとスティーヴィーの表情から「何も不自由はないが、決して幸せではない」そんな心境が観客に伝わってきます。

この息苦しい家庭から抜け出す事が、スティーヴィーの最初の成長に繋がります。

路上でスケートボードをしていた、レイ達のグループに近付く事で、スティーヴィーは新たな世界の扉を開く事になるのです。

80年代後半に、ストリートに浸透し、90年代にはストリートカルチャーとして定着したスケートボードが物語の鍵になる辺り、90年代を舞台にした本作ならではの展開といえます。

レイ達と知り合い、スケートボードに打ち込む事で、抑圧された家庭から解き放たれたスティーヴィーは、レイと兄弟のような仲になっていきます。

ここまでだと、本作は90年代を舞台に、スケートボードに打ち込むスティーヴィーが、新たに出会った仲間と成長する美しい青春ドラマのように思えますが、『mid90s ミッドナインティーズ』という映画は、そんなに生易しい作品ではありません

スティーヴィーは、レイ達スケートボード仲間を通して「アメリカの貧困問題」を目の当たりにするようになります

レイは、遊びでスケートボードをしている訳ではなく「プロスケーターになって、この場所から抜け出す」という夢を持っています。

逆に言うと、それ以外に街から抜け出す方法がなく、レイは「プロスケーターにならなければ、忌み嫌っている家族と同じ人生しか選べない」という現実に直面しており、窮屈な家庭から抜け出す事を望んだスティーヴィーと、同じ願望を持っています。

レイとスティーヴィーと仲間たちが集まり「プロスケーターになり、ツアーに出る」「映画監督になる」と夢を語り合う場面は、アーティストのエミネムの自伝的映画『8 Mile』(2002)で、まだ何も成功していないエミネムと仲間たちが、夢を語り合う場面に通じる「現実を直視したくない虚しさ」を感じます

しかし、レイの仲間全員が、自身の置かれた環境に抗っている訳ではありません。

仲間の1人、ファックシットはレイと違い、すでに人生を諦めたような素振りを見せ、この自暴自棄な部分が、クライマックスでとんでもない事件を巻き起こします。

映画『mid90s ミッドナインティーズ』は、スティーヴィーの成長を描いていますが、同時に個人の力ではどうする事もできない、ある意味、逃げ出す事ができない「アメリカの闇」ともいえる部分を、まざまざと描いた作品です。

ですが、決して暗いままで終わる作品ではなく、映画監督を目指すフォースグレードのある行動により、レイやスティーヴィー達の人生が、90年代に、確実に刻まれている事が証明されます。

少年スティーヴィーが、大人の世界に触れる姿を通して、家族や友人、そして生活という身近なテーマを掘り下げた本作は、90年代を生きた人にはもちろん、90年代を未経験の方にも、是非鑑賞してほしい作品です。

まとめ


(C)A24 Distribution, LLC. All Rights Reserved.

全編16mmフィルムで撮影された本作は、スティーヴィーの日常を淡々と描いており、どちらかというと、ドキュメンタリーのような印象を受ける作品です。

その中で、スティーヴィーの成長していく内面を、表情や顔つきの変化で表現しており、作品序盤の、あどけない純粋な表情を浮かべるスティーヴィーと、後半の外の世界に触れたスティーヴィーを比べると、別人のような印象を受けます。

また、内面の変化はスティーヴィーだけでなく、レイにも起きます

ある出来事をキッカケに、レイはスティーヴィーの兄のような存在になるのですが、次第に顔つきが「優しさや穏やかさ」をにじませるようになり、こちらも序盤の、ガラの悪い印象とは別人のようになっていきます。

本作は、スケートボードを通して、レイ達と親交を持つようになった、スティーヴィーの成長がメインとなりますが、「アメリカの闇」に苦しみ、半ば自暴自棄になっていたレイの成長を描いた作品でもあります

レイを演じたナケル・スミスは、実際にプロスケーターとして活躍しており、俳優が本業ではないのですが、表情の変化だけでレイの内面を表現をしたのは見事としか言いようがありません。

『mid90s ミッドナインティーズ』は、誰もが知る、有名俳優が出演している作品ではありませんが、だからこそ、90年代の街中を記録したようなリアルさがあります

登場する人物は、日常に悩みもがいている人達ばかりなので、必ず誰かに共感するでしょう

メインの登場人物だけでなく、スティーヴィーの家族やスケートボード仲間など、脇のキャラクターも丁寧に描かれているので、その部分にも注目して下さい。



関連記事

ヒューマンドラマ映画

『アンナ・カレーニナ ヴロンスキーの物語』ネタバレ感想レビュー。映画化が繰り返されてなお、新たな解釈に挑む

ロシアが世界に誇る文豪トルストイの「戦争と平和」と並び称される名著「アンナ・カレーニナ」をベースに映画化。 カレン・シャフナザーロフ監督が、20世紀前半に活躍したグィッケーンチィ・ヴェレサーエフの日露 …

ヒューマンドラマ映画

『家族のレシピ』あらすじネタバレと感想。食という生きる力の源から自己のルーツを探し出す

母の思い出の味。その味は、人種も国境も超え、家族の絆を繋いでくれました。 映画『家族のレシピ』は、日本とシンガポールの外交関係樹立50周年記念として、シンガポール・日本・フランス合作で製作されました。 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ティーンスピリット』あらすじネタバレと感想。ラストステージのエルファニングの熱唱は圧巻!

田舎町の少女がオーディションに挑み歌手を目指す! イギリス・ワイト島で暮らす少女がオーディション番組の予選に勝ち抜いてロンドンでの本選に挑む! 『ラ・ラ・ランド』のスタッフが再結集。ヒロインに『マレフ …

ヒューマンドラマ映画

映画『夏の夜空と秋の夕日と冬の朝と春の風』あらすじネタバレと感想。芦屋町の情景が主人公たちの背中をそっと後押しする

写真家で映画監督の向井宗敏が四季で描く4つの物語 みずみずしい初めての恋愛、将来の悩み、仕事での失敗、大切な人との別れ。きっと誰もが経験したことがあるであろう人生の中の一幕。 そんな瞬間を温かな視点で …

ヒューマンドラマ映画

『僕たちのラストステージ』感想と評価レビュー。名お笑いコンビの確執と友情が心を揺さぶる

伝説のお笑いコンビ“ローレル&ハーディ”の、切なくも輝かしいラストステージ。 20世紀初頭のハリウッド映画創成期を支えたお笑いコンビ「ローレル&ハーディ」。 彼らの晩年を描いた、『僕たちのラストステー …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP