Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2019/06/03
Update

映画『さよならくちびる』ネタバレ感想。ハルレオ主題歌を提供した秦基博&あいみょんの楽曲を門脇麦と小松菜奈が熱唱!

  • Writer :
  • 西川ちょり

二人とも本当に解散の決心は変わらないんだな?

インディーズで人気を誇る女性デュオ〈ハルレオ〉の二人は、解散を決めた。

門脇麦小松菜奈が初共演。秦基博あいみょんが映画のために書き下ろした歌を二人が奏でる音楽ロードムービー『さよならくちびる』をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『さよならくちびる』作品情報


(C)2019「さよならくちびる」製作委員会

【公開】
2019年5月31日公開(日本映画)

【脚本・監督】
塩田明彦

【キャスト】
小松菜奈、門脇麦、成田凌、篠山輝信、松本まりか、新谷ゆづみ、日高麻鈴、青柳尊哉、松浦祐也、篠原ゆき子、マキタスポーツ

【作品概要】
インディーズ・デュオ〈ハルレオ〉の2人に小松菜奈と門脇麦が扮し、秦基博が主題歌「さよならくちびる」を、あいみょんが挿入歌「たちまち嵐」「誰にだって訳がある」を〈ハルレオ〉のために書き下ろした。

『害虫』(2001)『カナリア』(2005)の塩田明彦がメガホンを取った青春音楽ロードムービー。

映画『さよならくちびる』のあらすじとネタバレ


(C)2019「さよならくちびる」製作委員会

高架下に止められた車に荷物を積み込み、助手席に座ったハルは、後部座席にレオが座っているのに気づきます。2人は〈ハルレオ〉というデュオを組んでおり、全国7都市を回るツアーへ出発しようとしているところでした。しかしなにやら険悪な雰囲気が漂っています。

「2人とも本当に解散の決心は変わらないんだな?」ローディ兼マネージャーのシマが確認すると2人はうなずきました。

「わかった、最後のライブでハルレオは解散だ。ただし、このツアーだけはちゃんと出てくれよ」とシマは言い、2人に誓約書を書かそうとしますが、「約束は守る」と2人は言い、署名を拒否しました。

2018年7月14日、静岡県浜松市「LAKE SIDE STORY」で〈ハルレオ〉はツアーの初日を迎えます。ところが別行動をとったレオが、時間を過ぎてもやってきません。やっと来たかと思うと、目の周りに痣を作っていました。一緒にいたいきずりの男にやられたらしく、ハルは「なんでいつもそんなやつとばかり付き合うの」と思わず叱責してしまいます。

「今日が何の日かくらい憶えているよ」と、レオは不機嫌そうな表情で、小さな封筒をハルに押し付けました。ステージ上では何事もなかったように振る舞う2人。トレードマークのツナギ姿でアコースティックギターを奏で、「たちまち嵐」という曲を演奏します。シマも2人と少し離れたところでタンバリンをたたき、2人をサポートします。

次の街へ向かう車中、ハルがレオからもらった封筒を開けるとミサンガが入っていました。「今日はハルの誕生日か」とその様子を見て言うシマに、「違うよ。初めてレオに声をかけた日だよ」とハルは答えました。

クリーニング工場でバイトしていたハルは、上司にひどく叱られているレオを見ていました。彼女はレオのあとを追いかけ、声をかけました。「ねぇ、音楽やらない?あたしと」と。

ハルは丁寧にギターを教え、レオもまた音楽を奏でる歓びを知ります。ある日、ハルがレオを家によんで、手作りのカレーを一緒に食べていると、レオは胸がいっぱいになって泣き始めました。


(C)2019「さよならくちびる」製作委員会

「なんであたしなんかに声をかけたの?」「歌いたそうな目をしていた」ハルの答えを聞いてレオは言うのでした。「だったらあたし歌う。全力でハルのあと追いかけていく」。

レオのギターの腕前はあがり、2人は路上で歌い始めます。徐々に人気が出て、ローディを探していたハルのもとに、シマがやってきます。元ホストだというシマは、もう女をくどくのにもあきたし、人の役にたつことがやりたいんだ、ハルさんの歌が大好きだから、と半ば強引に名乗りをあげたのでした。

売れたバンドが使っていたツアー車を用意したシマにハルは「売れるために歌ってるんじゃない」とボソッとつぶやきますが、「みんなそういうけどね、売れたほうが長続きするんだよ」とシマは調子よく言うと、車を走らせました。こうして3人は行動を共にするようになったのです。

2018年7月15日。三重県四日市市のライブは集客がよくありませんでした。シマはライブ会場のオーナーから「〈ハルレオ〉が解散すると噂になってる。どうせなら大々的に解散ツアーと銘打ってやったらどう? 集客見込めるよ」と言われてしまいます。

次のライブ会場である大阪に着くと、4時に現地集合な、と言って3人は別れました。ハルはギター店を訪ね、アコギを手にすると、試し弾きをはじめました。

レオが中古レコード店にはいると、先にシマが入店していました。レオがシマにおすすめのレコードを尋ねると、シマが見せたレコードのジャケットにはなんとシマの姿が。彼はもともとミュージシャンだったことが判明します。高校卒業からバンドを始め、6年間続けたということを。

大阪のライブ後、シマが数人の男に襲われます。怪我したシマに変わってハルが車を運転し、次のライブ会場である新潟へと向かいました。

対バンしていたバンドのギタリストの女に自分が手を出したせいで、そのバンドは解散してしまったとシマは明かします。そして、そのことを根に持った人間が自分を襲ったのだとも。

「好きでもなかったのに手を出したんだ」とシマはつぶやきました。

シマが目覚めると、眼を見張るような美しい湖のふもとに車が停まっていました。2人の姿はありません。あわてて2人を探しに行くシマ。すると、まもなくレオの姿が見えました。

2日ほど時間があるので、自由行動にしようと言ってハルは出かけてしまったといいます。

「ハルのうちに行ったことある?」レオが尋ねると、「あるよ」とシマは答えました。「法事に帰るっていうから車で送っていったんだけど、すごく良い家族でさ。俺もあんな家族だったらよかったのにと思ったよ」。

「法事だからきちんとした格好をしてこいって言われたんだけど、俺は家族サービスに利用されたんだな」と言うシマ。どうやらハルはシマを恋人として紹介したようなのです。本当はハルは女性が好きなのですが、親には言い出せず苦しんでいました。

レオは突然「ホテルに行こう!」とシマを誘い、キスしようとしてきましたが、シマはなんとか諦めさせます。「そんなことしたら俺たちのままでいられない!」。実は彼はハルが好きで、レオもそのことに気づいていました。

新潟、山形とツアーを続けていくうちに、〈ハルレオ〉は解散するのではないかという噂が実しやかに囁かれ、集客は増えていきました。中には「解散しないでー」と声をあげるファンもいました。CDなどの物販も在庫がなくなりつつありました。

音楽番組が〈ハルレオ〉を取り上げ、2人がインタビューを受けた時のことです。インタビュアーがハルの作詞作曲能力をべた褒めしていると、面白くないレオは途中で席をたってしまいます。

ハルのために一生懸命歌ってきたレオですが、〈ハルレオ〉が売れだすと、レオは次第にハルの才能に嫉妬するようになり、なんのために歌を歌っているのかわからなくなり荒れ始めました。

ハルは少し前のことを思い出していました。荒れたレオが、暴力的な男と付き合い始めた時のことです。「レオがぼろぼろになっていくとこなんか見たくないんだよ!」と言うハルにレオは応えるのでした。「ハルにそんなこと言われたら私、ますます負け犬になるんだよ!」と。

その時はシマが男のところに乗り込んでいき、なんとか解決しましたが、ハルとレオの心はすれ違ったままでした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『さよならくちびる』ネタバレ・結末の記載がございます。『さよならくちびる』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2019「さよならくちびる」製作委員会

青森でのライブを終え、ついにラストとなる北海道函館市の「金森ホール」にやってきました。何時間も前からすでにファンが列を作り始めていました。

会場は満員となり、入りきれずに外で見守る人々も。その中には、〈ハルレオ〉をずっと追いかけている、友達以上の関係性にみえる女子高生2人組もいました。

最後の曲「さよならくちびる」を歌い終わり、ついに〈ハルレオ〉の歴史に幕がおりました。

何時間もかけて、東京に戻ってきた3人。いつものところに車を停めたシマは「今日で〈ハルレオ〉は解散だ。もうローディでもマネージャーでもないから荷物は自分で持って帰れ」と2人に告げました。

二人は同時に車を降りると、トランクから荷物を取り出して、レオは右手に、ハルは左手に曲がって行ってしまいました。

シマがため息をつき、車を発進させようとした時、突然、レオとハルが戻ってきて、車に乗り込んできました。

「お前たちなんなんだよ」と驚いたシマが言うと、「重すぎてさ、一人で持って帰るのは無理、順番に送って」とハルとレオは応えます。

「解散しないとか絶対ないぞ! あんなに感動的なフィナーレやっといて、絶対ないからな!」とシマが大声を出すとレオが「おなかすいた」といい、ハルも同調しました。

「なんなんだよ」と叫びながらもシマの声は喜びにあふれているようでした。3人そろった車は再び動き出しました。

スポンサーリンク

映画『さよならくちびる』の感想と評価


(C)2019「さよならくちびる」製作委員会

女性2人のインディーズ・デユオのメンバーを門脇麦小松菜奈が演じるという、もうそれだけで、映画の成功は約束されたといっても過言ではありません。今、乗りに乗っている若手女優の2人のタッグがこのような形で実現したことに喜びを隠せません。

門脇麦が扮するハルは、生まれつきのシンガーといってもいいでしょう。全国七都市を回る際に通る国道の風景は、全国どこでも同じような風景が続く代わり映えのないものですが、そこにハルが紡ぎ出す詞(ことば)が活字となって浮かび上がります。何気ない風景が、途端に感情を持ったもののように映り始めます。四宮秀俊のカメラがまた鮮やかです。

こうして、詞(ことば)というものは生まれてくるのだなと、作り手の真剣な創作の一端を垣間見たような気分になりました。

大阪ライブの空き時間に、ギターのお店をのぞき、アコギを手にとって、試し弾きをするシーンも、その音の中にすっと入っていく彼女の無心さがとてもリアルです。

歌を作り、歌わないと生きていくことができない。ハルはそんな人なのでしょう。

一方、小松菜奈扮するレオは、まるで気まぐれな猫のようです。

函館での最後のライブ前、レオが外で待つファンのところに出てきてサインをする様は、スター性がにじみ出ていて、カリスマ性すら感じさせます。小松菜奈の持つスター性が、そのままキャラクターに違和感なく反映されています。

そこに、昨今『ここは退屈迎えに来て』『愛ってなんだ』などの作品で活躍が目覚ましい成田凌がローディ兼マネージャーとして加わり、3人は一つのチームとなります。


(C)2019「さよならくちびる」製作委員会

この女性2人と男性1人の関係には、様々な感情が生まれ、当然のように複数の“恋”が芽生えるのですが、彼らは驚くほどストイックです。ここまで、くちびるを許さない関係も珍しいと言ってしまいたくなるほどに。

3人にとっては、恋するよりも3人でいることが大切なのです。3人でいるためには恋を諦めることも厭いません。それが彼女たちが、歌を歌い続けることができる唯一の形だから。

映画はハルとレオの気持ちがすれ違ってしまい、解散の意志を固めた中で行われるツアーを描くロードムービーとなっていますが、3人の仲が壊れていく姿を描くのではなく、回想シーンを通して、むしろ3人の絆を描く作品になっています。

そのため物語に悲壮感はなく、どちらかといえば、解散しないのではないか、いや、しないで欲しいという期待感が大きくなっていきます。それがどのような形で導かれるのかが、ある意味見せ場とも言えます。

害虫』や『カナリア』を撮った塩田明彦監督にしては、社会の“毒”に対する視点にいささか欠けるきらいもありますが、後味はとてもよく、思わず笑みがこぼれてしまう愛すべき作品となっています。

まとめ


(C)2019「さよならくちびる」製作委員会

ミュージシャンを主人公にした作品となると、楽曲がとても重要となってきます。この作品の中で歌われる歌は3曲だけなのですが、塩田監督はその3曲でライブシーンを巧みに構築してみせます。

楽曲が素晴らしいのはいうまでもありません。秦基博が主題歌「さよならくちびる」を、あいみょんが挿入歌「たちまち嵐」「誰にだって訳がある」を映画のために書き下ろしました。

これらの歌を披露する門脇麦と小松菜奈の歌声がとても素敵です。玄人っぽくないところが逆に良く、二人の声の相性も抜群です。

もっともっと、ずっとずっと彼女たちの歌を聞いて、ライブを追いかけたい・・・。一度映画を観たら、誰もが〈ハルレオ〉のファンになってしまうことでしょう。





関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『カイジ/ファイナルゲーム』ネタバレあらすじと感想。2020年もキャストは藤原竜也主演で9年ぶりのカイジ登場!

「限定ジャンケン」「人間鉄骨渡り」など、数々の命がけのゲームを制してきたカイジが、政府の陰謀を阻止する為、新たなゲームに挑む『カイジ/ファイナルゲーム』。 『カイジ/人生逆転ゲーム』『カイジ2/人生奪 …

ヒューマンドラマ映画

映画『癒しのこころみ 自分を好きになる方法』あらすじと感想評価レビュー。松井愛莉が人の心と身体を癒すセラピストを熱演

人の心と身体を癒していく姿を描いたヒューマンドラマ映画『癒しのこころみ 自分を好きになる方法』 ここ数年、職業とする人は増えているセラピスト。仕事に挫折して、心が折れてしまった女性がセラピストという職 …

ヒューマンドラマ映画

映画『生きちゃった』ネタバレ感想と結末ラスト考察。タイトルの意味に変化が起きて観客それぞれにメッセージは託される

映画『生きちゃった』は人によって解釈の違うタイトル。 高校時代からの友人である3人の男女が、それぞれ複雑な感情を隠し、悲劇的とも言える運命に直面する映画『生きちゃった』。 『川の底からこんにちは』(2 …

ヒューマンドラマ映画

映画『よりよき人生』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。ラストの逃避行の賛否について解説

セドリック・カーン監督と主演ギョーム・カネのヒューマンドラマ、映画『よりよき人生』。 『倦怠』『ロベルト・スッコ』などで知られるセドリック・カーン監督が、『戦場のアリア』『フェアウェル さらば、哀しみ …

ヒューマンドラマ映画

映画『ムーンライト』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

アカデミー賞史上最も稀にみる珍事に見舞われた末、見事作品賞を受賞! “映画史に刻まれる、最も純粋で美しい、愛の物語”とも称された『ムーンライト』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP