Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Netflix海外ドラマ『コブラ会』ネタバレあらすじと感想考察。シーズン1として“ベストキッドの34年後”に描かれたストーリーとは

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

Netflix海外ドラマ『コブラ会』シーズン1

1984年に公開された映画『ベスト・キッド』は、いじめられっ子の少年ダニエルが、空手の達人であるミヤギさんに出会い、空手を通じて成長していくストーリー。

その後もシリーズが4作まで続いた後に、2010年にはジャッキー・チェン主演でリメイクもされた人気作品です。

そして、その34年後のダニエルとジョニーの新たな物語を描いた、海外ドラマシリーズ「コブラ会」が、2018年からスタートしました。

これまではYouTubeのオリジナルドラマだった『コブラ会』ですが、2020年からNETFLIXへ移籍し、2021年には新シリーズが制作される予定になっています。

今回は、『コブラ会』のシーズン1に注目し、その魅力をご紹介します。

スポンサーリンク

ドラマ『コブラ会』シーズン1の作品情報

【公開】
2018年(アメリカ映画)

【原案・制作】
ジョッシュ・ヒールド、ジョン・ハーウィッツ、ヘイデン・シュロスバーグ

【キャスト】
ウィリアム・ザブカ、ラルフ・マッチオ、ショロ・マリデュエナ、コートニー・ヘンゲラー、タナー・ブキャナン、メアリー・モーサ、ジェイコブ・バートランド、ジャンニ・ディセンゾ、マーティン・コーヴ、ペイトン・リスト

【作品概要】
『ベスト・キッド』で、敵役だったジョニー・ローレンスを主人公に、新生「コブラ会」の誕生と、ジョニーとダニエルの因縁を描いたドラマシリーズ。

『ベスト・キッド』でジョニーを演じたウィリアム・ザブカと、ダニエルを演じたラルフ・マッチオが、34年ぶりに同役を演じた事でも話題になっています。

ドラマ『コブラ会』シーズン1のあらすじ

>Netflix コブラ会

かつて存在した武闘派の空手道場「コブラ会」。

ジョニー・ローレンスは、「コブラ会」の創設者であるジョン・クリースの一番弟子として、空手大会のチャンピオンに輝いていました。

ですが、ジョンの教えを守るが故に、ジョニーは高校時代は不良として暴れていました。

ジョニーが高校3年生の時に、突然現れたのが、転校生のダニエル・ラルーソでした。

当初はジョニーにいじめられていたダニエルですが、空手の達人であるミヤギさんに出会い、空手を教わった事で、ジョニーと対峙するようになります。

ジョニーはダニエルと、オールバレー空手選手権大会の決勝戦で激突しますが、「コブラ会」の卑怯な戦い方を用いてもダニエルには勝てず、決勝戦で敗北します。

それから34年後。

ジョニーはダニエルに敗北して以降、荒れた生活を送っており、街では「負け犬」と呼ばれています。

荒っぽい性格は、大人になってもそのままで、仕事でトラブルを起こしてクビになり、妻には一方的に離婚を突き付けられていました。

ある時、夜中の駐車場で隣に引っ越してきた少年、ミゲルが不良グループに暴力を受けている所を、ジョニーは目撃します。

会社をクビになり機嫌が悪いジョニーは、不良グループを空手で倒しますが、直後に警察に捕まります。

次の日、ジョニーは義父のシドに保釈金を支払ってもらい、出所します。成功者であるシドは、ジョニーの事を良く思っておらず、「手切れ金」として小切手を渡します。

ジョニーもシドの事を嫌っている事から、小切手を破き、ゴミ箱に捨てます。

ミゲルを助けた事で、ジョニーは「空手を教えてほしい」とミゲルに頼まれますが、頑なにこれを拒否します。

ある夜、ジョニーはオールバレー空手選手権大会の会場に行き、当時の思い出に浸ります。

それは、二位になった事で、ジョンの怒りを買い、「コブラ会」を破門になった辛い過去でした。

その時、停車していたジョニーの車に、少女達が運転していた車が追突します。ですが、少女達はそのまま逃げ去って行きました。

ジョニーは車を修理に出しますが、修理先がダニエルが経営する自動車販売店「ラルーソ・オート」である事が分かります。

「ラルーソ・オート」を立ち上げ、成功者になったダニエルに劣等感を抱き、心底嫌っているジョニーは、他の場所で車を修理する事を望み、「ラルーソ・オート」を訪ねますが、そこでダニエルと再会してしまいます。

さらに、自分の車に追突した少女は、ダニエルの娘であるサマンサである事が判明します。

それでも、事を荒立てずに立ち去ろうとするジョニーでしたが、ダニエルに「悪いのは君じゃない、コブラ会だよ」と言われてしまいます。

自身が身も心も捧げた「コブラ会」を侮辱された事に、ジョニーの怒りが爆発し、一度は捨てたシドの小切手を使い、ジョニーは「コブラ会」の道場を立ち上げます。

ジョニーは、ミゲルを「コブラ会」の一番弟子として入門させ、自身を「先生」と呼ばせます。

ミゲルは学校で、ディミトリとイーライという友達ができますが、常に学校の隅っこにいる冴えない2人でした。

ミゲルは「コブラ会」の教え「先に打て」を実践し、学校の食堂でサマンサに声をかけようとしますが、ミゲルに駐車場で暴行を加えた、不良グループのリーダー、カイラーがサマンサに声をかける様子を見て諦めます。

サマンサは、カイラーを自宅に招き、家族と食事をします。

その際に、ダニエルはカイラーの体に痣がある事に気付き、カイラーから「空手の達人にやられた」と聞きます。

ダニエルは「コブラ会」の道場に行き、ジョニーに詰め寄ります。

ジョニーは「カイラーが弱い者いじめをしていた」事を話しますが、ダニエルは信じず、両者の因縁が再燃します。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『コブラ会』シーズン1ネタバレ・結末の記載がございます。『コブラ会』シーズン1をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

>Netflix コブラ会

「コブラ会」を立ち上げたものの、全く生徒が集まらず、苦しい経営状況にジョニーは頭を悩まします。

ですが、ミゲルへの特訓は行っており、学校のプールに勝手に忍び込み、両足を縛った状態でプールに沈めるなど、滅茶苦茶な指導を行っていました。

学校で、ハロウィンのイベントが開催されます。

ミゲルは、ジョニーの勧めで骸骨の仮装をして参加し、ジョニーは学校に「コブラ会」勧誘のチラシを貼っていきます。

サマンサの幼馴染アイシャは、太った体を馬鹿にする動画を、学校の金持ちグループに所属するヤスミンとムーンに作られ、拡散されてしまいます。

一方、トイレに行ったミゲルは、カイラー達不良グループが、サマンサを落とす方法を話し合っているのを耳にします。

カイラーがサマンサを侮辱している事を聞いたミゲルは怒り、蹴りで攻撃をしますが、すぐに反撃され打ちのめされてしまいます。

ジョニーは、動けなくなっているミゲルを見つけ、自宅に送り届けます。その際に、ミゲルの母親カルメンに「二度と関わらないでほしい」と忠告されます。

また、ジョニーは息子のロビーが1ヵ月も学校に行っていない事を知り、説得に行きますが、ロビーはジョニーを嫌っており、まともに話をする事も出来ません。

ジョニーはロビーと和解出来ない事に苦しみ、ミゲルだけは空手を通して育て上げる事を決意します。

ジョニーはカルメンに「彼は俺を見捨てていない、俺も見捨てたくない」と説得し、ミゲルの祖母に気に入られた事で、ミゲルは道場へ復帰します。

ジョニーは、ミゲルに熱心に空手を教え、ミゲルも次第に強くなります。さらに、学校で笑いものにされたアイシャが強くなる為に「コブラ会」に入門します。

一方、サマンサはカイラー達がミゲルをいじめていた事を知り、カイラーに一方的に別れを告げます。

ですが、カイラーはサマンサの悪口を学校内で言いふらし、サマンサは校内の笑い者になります。

カイラーに侮辱されているサマンサを目撃したミゲルは、カイラー達不良グループを撃退し「クソ空手じゃない、コブラ会だ」と言い放ちます。

不良グループを撃退したミゲルは、ジョニーにその事を報告し、喜んだジョニーはかつて自分が使っていた練習着をミゲルに渡し抱き合います。

しかし、その場面をロビーに見られ、かつて育児放棄をした父親のジョニーが、ミゲルと親子関係のようになっている事に、ロビーはショックを受けます。

ダニエルは、ジョニーへの対抗心から、「コブラ会」の道場が入っている土地を買い上げる事まで考えるようになり、妻のアマンダに心配されるようになります。

心に迷いが生じたダニエルは、師匠のミヤギさんの墓参りを行い、かつて「人生はバランスだ」とアドバイスを受けた事を思い出します。

自宅に戻ったダニエルは「ミヤギ道空手」の道場を立ち上げます。ミゲルが不良グループを撃退した動画が拡散され、「コブラ会」に入門者が殺到します。

ですが、集まったのは変人ばかりで、かつての、街の女性の憧れだった「コブラ会」を目指すジョニーは、失望した様子を見せ、生徒に厳しく指導します。

特に、ミゲルの友人イーライの唇が特徴的な事から、ジョニーは名前を覚えず「唇」と呼びます。

イーライは嫌がりますが「そう呼ばれるのが嫌なら、別の場所に目がいくようにしろ」とジョニーに言われ、道場を出て行ってしまいます。

ミゲルは、厳しすぎるジョニーに忠告をし、ジョニーも「コブラ会」に出会うまでは、自分も友達がいない変人で苦しんだ事を思い出し、生徒達に「重要なのは、カッコいいかどうかだ!」と伝えます。

そして、一度道場を出て行ったイーライも、モヒカン姿になり戻って来た為、ジョニーはイーライに「ホーク」と名付けます。

一方、ジョニーへの復讐の為に、自分の身分を隠して「ラルーソ・オート」に入社したロビー。

ですが、上司でダニエルの親戚であるルイにおちょくられた事で、一度は「ラルーソ・オート」を去る事を決めますが、ダニエルが空手道場を立ち上げている事を知ります。

攻撃重視のジョニーの空手と対照的に、防御の型を重視する「ミヤギ道空手」に興味を持ったロビーは、誰かに空手を教えたくてたまらないダニエルの弟子になります。

「コブラ会」に生徒が集まり、空手大会への出場を考えるジョニー。ですが「コブラ会」は、過去の行動が問題になっており、大会を永久追放されていました。

ジョニーは大会委員会に掛け合いますが、「コブラ会」を追放し、復帰を反対しているのがダニエルでした。

しかし、ジョニーは昔の「コブラ会」とは違い「自分も成長した」と委員会を説得、協議の末に「コブラ会」の大会参加が認められます。

また、ミゲルも、サマンサをデートに誘う事に成功し、キスをした事ではしゃいでいました。

ですが、サマンサは「コブラ会」に所属しているミゲルを、ダニエルに紹介できずに悩んでいます。

ダニエルは、ロビーを森に連れて行き、ミヤギさんの教えである「人生のバランス」について説き、「ミヤギ道空手」の究極奥義を伝えます。

ロビーは、自身がジョニーの息子である事を、ダニエルに伝えようとしますが、なかなか機会が無く悩んでいました。

ダニエルの自宅に戻ったロビーは、サマンサ達と食事をしますが、その場面をミゲルに見られてしまいます。

その頃ジョニーは、ルイにより車を炎上させられます。

怒ったジョニーは、ダニエルの家に朝から押しかけますが、アマンダの提案で「2人で食事をした後、新しい車を一台渡す」事になります。

気乗りしないダニエルは、ジョニーの試乗に嫌々付き合いますが、あるキッカケから思い出話で盛り上がり、バーで語り合う事になります。

ミゲルやアイシャは、かつて散々馬鹿にされたヤスミンの誕生パーティーが渓谷で開催される事を知り、これまでの復讐の為に、先に渓谷へ行き会場を乗っ取って、パーティーを開いていました。

会場に到着したヤスミンは怒りますが、会場にミゲルがいる事を知ったカイラーは逃げ出します。

ヤスミンも帰ろうとしますが、ムーンがイーライを気に入ってしまい、「コブラ会」のパーティーに仕方なく参加する事になります。

そこへ、サマンサが遅れて到着しますが、サマンサを送って来たロビーをミゲルが目撃した事から、ミゲルはロビーを突き飛ばします。

暴力的なミゲルに、サマンサは怒り、ロビーと帰宅します。

そこへ、酔っ払ったジョニーとダニエルも帰宅しますが、ロビーがダニエルの道場にいる事に、ジョニーはショックを受けて、ダニエルを突き飛ばして帰ります。

また、ダニエルもロビーがジョニーの息子である事実を秘密にしていた事に怒り、ロビーを破門にします。

そして迎えた、オールバレー空手選手権50周年大会。ダニエルは、アマンダに促され、気乗りしないまま、サマンサと共に空手選手権大会を観戦に行きます。

そこでは、黒の道着で揃えた「コブラ会」が出場しており、ダニエルはうんざりした様子を見せますが、ロビーも無所属で参加していました。

大会が始まり、ミゲルもロビーも順調に勝ち進んでいきます。

ロビーは準決勝で、イーライと対戦しますが、ポイントを先取したロビーをイーライが挑発し、ロビーがイーライの髪形を、お返しに馬鹿にします。

怒ったイーライは、ロビーに反則行為を行い失格になりますが、ロビーも左肩が動かなくなる程の怪我をします。

ロビーは医務室で、大会の棄権を考えますが、ダニエルが現れ、ロビーを励まします。

そして迎えた決勝戦。

ミゲルと対戦するロビーのサポートにダニエルがつく事になり、ジョニーはダニエルへ敵意を剥き出しにします。

試合が始まると、ミゲルは「コブラ会」の掟「情け容赦無用」を忠実に守り、ロビーの左肩を攻め続けます。

ジョニーは、ミゲルにかつての自分が被り「正しく勝て」と伝えますが、ミゲルはききいれません。

ロビーも片腕で体を支え、両脚で蹴りを放つ「ミヤギ道空手」の究極奥義を出しますが、最後はミゲルの情け容赦ない攻撃に屈し、敗北します。

ミゲルの卑怯とも言える試合運びに、うんざりした様子のサマンサは帰ってしまい、優勝したミゲルはショックを受けます。

ジョニーは、試合後にロビーへ謝罪をしますが、ロビーは一言だけ「いいんだ」と言い残し、会場を後にします。

大会で「コブラ会」は何も変わっていない武闘派集団である事を、再確認したダニエルは、自宅に本格的な「ミヤギ道空手」の道場を設立し、「コブラ会」との全面対決に挑む事を決めます。

また、優勝したにも関わらず、自身の指導方針に迷いを感じていたジョニーの前に、かつての師匠である、ジョン・クリースが現れます。

スポンサーリンク

ドラマ『コブラ会』シーズン1感想と評価

映画『ベスト・キッド』では、ダニエルとミヤギさんが対峙していた、敵側の空手道場だった「コブラ会」。

その「コブラ会」の指導者である、ジョン・クリースの一番弟子だった、ジョニー・ローレンスの34年後の姿を描いたのが、ドラマシリーズの『コブラ会』です。

『ベスト・キッド』では、ジョニーはダニエルをいじめる、手の付けられない荒くれ者として描かれています。

なので『ベスト・キッド』のクライマックスの大会で、敗北したジョニーが「その後、どうなったか?」など、正直考えた事もありませんでした。

ですが、『コブラ会』の原案と制作を務めた、ジョッシュ・ヒールド、ジョン・ハーウィッツ、ヘイデン・シュロスバーグの3人は「コブラ会」の大ファンで、ジョニーの視点で、新たな「コブラ会」を描き『ベスト・キッド』の世界を広げています。

『コブラ会』は、2018年のYouTubeドラマの頃から話題になり、多くのファンを生んでいるのですが、その魅力は何処にあるのか?探っていきましょう

負け犬の復活劇

いきなりですが、『コブラ会』最大の魅力は、負け犬となってしまったジョニーの、復活劇を描いた作品であるという事です。

34年前にダニエルに負けて以降、ジョニーは仕事も私生活も上手くいっておらず、荒れた生活を送っています。

一方のダニエルは、自動車販売店の事業を起こし、成功者となっています。

その為、ジョニーがテレビを点ければダニエルが現れ、自身の会社のCMを始めるので、ジョニーからすると、たまったものではありません。

ここで、ミヤギさんに空手を教わったダニエルと、ジョンに空手を教わったジョニーの差が、明るみに出ています。

ダニエルが、自動車販売店の事業を起こしたのは、間違いなくミヤギさんの影響です。

ダニエルが、ミヤギさんに空手を教わる際に、ワックスがけを行いながら、防御の型を学ぶのですが、最終的にダニエルが磨き上げた車を、ミヤギさんにプレゼントされます。

大人になったダニエルは、少年時代の経験から、自動車販売店の事業を起こしたのでしょう。

一方、ジョニーが「コブラ会」で学んだのは「相手を叩き潰す」事
です。

『コブラ会』シーズン1の第9話で、ジョニーはジョンを「父親代わりに感じていた」と語っている為、ジョンの教えは絶対だったのでしょう。

しかし、その結果が、街中の人に「負け犬」と呼ばれる人生でした。

『コブラ会』シーズン1の第10話で、ダニエルはロビーに「悪い生徒はいない、悪い先生がいるだけだ」という、ミヤギさんの言葉を伝えますが、少年時代の出会いで、2人の人生は対極のものになってしまいました。

しかし、ジョニーは隣に引っ越してきた少年ミゲルと出会った事から、新たな「コブラ会」を立ち上げます。

そして、対極の人生を歩んでいたダニエルと、新たな因縁が勃発します。

これまで、自堕落な毎日を送っていたジョニーが、新生「コブラ会」を立ち上げた事で、急速に人生が変化していき、徐々に復活をしていくというのが、シーズン1前半の主な展開となります。

父親として指導者としての敗北

ジョニーが新生「コブラ会」を立ち上げたキッカケは、不良グループに暴行を受けていた、ミゲルを助けた事でした。

いじめられっ子の少年を助けた事で、空手を教えるという展開は、『ベスト・キッド』のミヤギさんと同じですが、ここで問題は「ジョニーは良い先生になれるのか?」という点です。

これまで、ジョンから受けた荒っぽい指導しか知らないジョニーは「3つの掟」を生徒に教え、先手必勝で相手を叩きのめす、攻撃的な空手を教えます。

ジョニーが「コブラ会」の空手を通じて教えたかったのは「人生は厳しいが、負け犬になっても戦い続ける精神」のはずでした。

『コブラ会』シーズン1の第10話で、大会前に生徒達を鼓舞するジョンの言葉には、間違いなく「戦い続ける事の大切さ」が込められています。

しかしその結果、最初は純粋で優しかったはずのミゲルが、荒っぽい性格に変わってしまいます。

ジョニーは、自分が育てた生徒達が、大会で反則もいとわない戦い方をする様子を見て、かつての自分を思い出し、焦りを感じます。

ですが、ミゲル達は言う事を聞かなくなっており、空手大会で優勝しますが、ジョニーは素直に喜べません。

さらにジョニーは、ダニエルに空手を習い始めた息子のロビーが、純粋で真っすぐな性格になっている所を目の当たりにします。

「何が何でも勝て」と、生徒に教え続けたジョニーの「コブラ会」は優勝をしますが、ジョニーはダニエルに、指導者としてだけでなく、父親としても敗北した事を痛感します。

ジョニーは気が付けば「悪い先生」になってしまっており、道場でトロフィーを眺めている時の表情から「こんなはずではなかった」という想いを感じます。

新生「コブラ会」の行き着く先は?

『コブラ会』は、ジョニーとダニエルだけの物語だけでなく、ジョニーの弟子であるミゲルと、ダニエルの弟子のロビー、そしてダニエルの娘、サマンサの物語でもあります。

当初は優しく純粋なはずだったミゲルが、ジョニーの教えを純粋に守ったが為に、武闘派になってしまいました。

これは『ベスト・キッド3/最後の挑戦』(1989)で、反則技を使う空手を学ぶようになる、闇に落ちたダニエルに共通する部分があります。

ミゲルがサマンサへの想いを強くすればするほど、サマンサは離れて行ってしまっており、皮肉にも先生である学生時代のジョニーと同じ事になっています。

サマンサは、同じダニエルの門下生である、ロビーとの距離が近づいている為、今後は、ミゲルとサマンサ、ロビーの三角関係も物語の重要な部分となるでしょう。

また、ダニエルは「コブラ会」に対抗する為、「ミヤギ道空手」を正式に立ち上げました。

「コブラ会」を正しい方向に導く必要に気付いたジョニーですが、その前に、かつての先生で父親同然に慕っていたジョンが現れた所でシーズン1は終了します。

果たして、ジョニーが創り出した新生「コブラ会」は、どこへ行き着くのでしょうか?

まとめ

「負け犬」となってしまったジョニーの復活劇を描いた『コブラ会』は、コメディタッチの作品となっています。

特徴的なのは、かなり練り込まれた脚本で『ベスト・キッド』へのオマージュネタだけでなく、作品の精神も引き継ぎ、現代にアレンジしたような内容ですので、『コブラ会』を100%楽しむには、最低限『ベスト・キッド』を先に鑑賞しておくのがおススメです。

『ベスト・キッド』の精神と言う部分に少し触れると、オリジナル版では、ダニエルがミヤギさんと出会う事で、空手だけでなく盆栽などの「東洋の精神」に触れていき、成長していく部分が作品の魅力でした。

『コブラ会』では、1980年代で時間が止まっていたジョニーが、現代っ子のミゲルと会う事で、世代間の交流を経験していき、成長するという展開になっています。

ジョニーが、自宅で観ている映画が『アイアン・イーグル』(1986)というのも、その後の展開を示唆していますね。

このように、『コブラ会』は細かい部分まで練り込まれ脚本となっており、1話約30分が、あっという間に過ぎていきます。

また、オリジナル版の主演俳優である、ラルフ・マッチオとウィリアム・ザブカが、それぞれ、34年後のダニエルとジョニーを自ら演じている部分も凄いです。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『パウロ愛と赦しの物語』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

紀元67年、皇帝ネロがキリスト教徒たちを迫害していたローマ時代。 ローマの街の放火の首謀者として捕まり、獄中から非暴力の愛を叫び続けた使徒パウロのことを、同じ牢の中で寄り添い、彼の言葉を民衆に伝えるた …

ヒューマンドラマ映画

映画『アウトサイダーズ』あらすじと感想。マイケル・ファスベンダーの演技力とは

映画『アウトサイダーズ』は、2018年2月10日(土)より、シネマート新宿、シネマート心斎橋ほかにて全国順次公開! トラヴェラーズコミュニティの長であるコルビーは、絶対的な権力でカトラー・ファミリーを …

ヒューマンドラマ映画

映画『二ツ星の料理人』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

スポンサーリンク CONTENTS映画『二ツ星の料理人』作品情報映画『二ツ星のレストラン』あらすじとネタバレ新たな人生 裏切りからの再生 『二ツ星のレストラン』の感想と評価まとめ 映画『二ツ星の料理人 …

ヒューマンドラマ映画

映画『1917命をかけた伝令』あらすじネタバレと感想。サムメンデスがワン・ショット撮影にかけた思いとは⁈

映画『アメリカン・ビューティー』でアカデミー賞を受賞! 『007スカイフォール』『007スペクター』 のサム・メンデス監督最新作 映画『1917 命をかけた伝令』は、第一次世界大戦を舞台に英国陸軍の若 …

ヒューマンドラマ映画

『映画 賭ケグルイ』あらすじネタバレと感想。実写キャストの浜辺美波が大暴走〜⁉︎

シリーズ累計500万部突破の大ヒットコミック『賭ケグルイ』待望の映画化! 『映画 賭ケグルイ』は、2019年5月3日(金)よりロードショー。 ギャンブルの強さだけがすべてを決める私立百花王学園を舞台に …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学