Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2018/01/11
Update

映画『犬猿』あらすじとキャスト。公開日時と上映館も【吉田恵輔作品】

  • Writer :
  • 馬渕一平

『ヒメアノ〜ル』の吉田恵輔監督が約4年ぶりとなるオリジナル脚本を映画化!

窪田正孝、新井浩文、「ニッチェ」の江上敬子、筧美和子ら異色の組み合わせが果たしてどのような化学反応を起こすのか?

兄弟姉妹という不思議な関係性を描いた意欲作。

2月10日(土)よりテアトル新宿ほかにて全国公開の映画『犬猿』をご紹介します。

スポンサーリンク

1.映画『犬猿』の作品情報


(C)2018「犬猿」製作委員会

【公開】
2018年(日本映画)

【脚本】
吉田恵輔

【キャスト】
窪田正孝、新井浩文、江上敬子、筧美和子、阿部亮平、木村和貴、後藤剛範、土屋美穂子、健太郎、竹内愛紗、小林勝也、角替和枝

【作品概要】
監督は『さんかく』(2010)『ヒメアノ〜ル』(2016)などで注目を集める吉田恵輔。

『麦子さんと』(2013)以来、約4年ぶりとなるオリジナル脚本の映画化!

真面目な弟・和成に窪田正孝、凶暴な兄・卓司に新井浩文、賢すぎる姉・由利亜にお笑いコンビ「ニッチェ」の江上敬子、おバカな妹・真子に筧美和子を起用。

本作の主題歌を担当するのは、ロックバンド「ACIDMAN」。

かねてよりACIDMANのファンであったという吉田監督からのオファーを受け、大木さん(Vo,G)が映画のために「空白の鳥」を書き下ろしました。

兄弟姉妹という不思議な関係性に焦点を置いた新たな家族ドラマは、一体どのような物語を生み出すのでしょうか。

2.吉田恵輔監督のプロフィール

1975年5月5日生まれ、埼玉県出身。東京ビジュアルアーツ在学中に自主映画を制作する傍ら、塚本晋也監督作品の照明を担当。

2006年に自主制作した『なま夏』は、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭のファンタスティック・オフシアター・コンペティション部門のグランプリを受賞

2008年に小説『純喫茶磯辺』を発表し、同年に自らが監督をして映画化

その後も『さんかく』、『ばしゃ馬さんとビッグマウス』(2013)、『麦子さんと』、『銀の匙 Silver Spoon』(2014)など次々と監督作を発表し、注目を集め続けています。

個人的なお薦め作品は『さんかく』と『ヒメアノ〜ル』です。

参考映像:『さんかく』予告編

『さんかく』は勝手に三角関係に陥って悩む男のどうしようもなさをユーモラスに描いた意欲作であり、絶妙なタイミングで終わるラストショットの素晴らしさが胸に残る快作です。

この絶妙なタイミングは入江悠監督の『SR サイタマノラッパー』級と言っても過言ではありません。

参考映像:『ヒメアノ〜ル』予告編

『ヒメアノ〜ル』は吉田監督の転換点となるのではないかと思えるくらいの傑作です。

吉田監督が得意とするのは気まずさを漂わせたコメディタッチの演出で、それまではそういったテイストの作品が多くみられました。

しかし、この作品は前半こそ軽いタッチで進みながらどことなく不穏感を漂わせ、後半で一気にその容赦のない暴力性が噴出。映画としての圧倒的な到達点を見せつけ、多くの映画ファンを熱狂させました。

約4年ぶりとなるオリジナル脚本の『犬猿』で描かれるのは兄弟姉妹の物語。

予告編から想像するに、おそらく4人の演技合戦になるのではないかと期待しています。

スポンサーリンク

3.映画『犬猿』のキャスト配役のプロフィール


(C)2018「犬猿」製作委員会

窪田正孝(金山和成役)

1988年8月6日生まれ、神奈川県出身。

2006年に深夜ドラマ「チェケラッチョ!! in TOKYO」でドラマ初出演にして初主演を果たすと、同年スクリーン・デビュー。

2009年のNHK「浪花の華~緒方洪庵事件簿~」で主演を務め、2012年には「平清盛」の平重盛役でNHK大河ドラマに初出演。

その後も、TVドラマや映画などに幅広く出演し続ける売れっ子俳優。

本作では、真面目なイケメンという演じ慣れた役柄と言える弟・和成を演じます。

新井浩文(金山卓司役)

1979年1月18日生まれ、青森県出身。

2002年に『青い春』で第17回高崎映画祭最優秀新人男優賞を受賞。

コメディからシリアスまでこなす演技力とその独特の存在感は唯一無二で、山崎貴『永遠の0』『寄生獣 完結編』、福田雄一『銀魂』『斉木楠雄のΨ難』、大根仁『バクマン。』『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』、赤堀雅秋『その夜の侍』『葛城事件』など話題作に多数出演。

バラエティに富んだ監督たちから重用されています。

本作では、凶暴な兄・卓司を演じます。

江上敬子(幾野由利亜役)

1984年9月17日生まれ。島根県出身。

日本映画学校(現・日本映画大学)時代に出会った近藤くみことお笑いコンビ「ニッチェ」を結成し、2005年頃から活動をスタート。

2011年にNHK新人演芸大賞を受賞、第2回お笑いハーベスト大賞で優勝。

江上の演技力と身体性を活かした強烈なキャラクターコントが人気を博しブレイクすると、「ゴゴスマ」や「王様のブランチ」、「ヒルナンデス!」といったTV番組に多数出演。

勝新太郎を真似たコントなどで見せるその演技力は確かなものです。

本作では、賢すぎる姉・由利亜を演じます。

筧美和子(幾野真子役)

1994年3月6日生まれ。東京都出身。

2013年、若者たちの共同生活を記録した人気番組「テラスハウス」への出演で注目を集めるとその後は、女性誌「JJ」の専属モデルを始め、タレントやグラビアアイドルとして大ブレイク。

女優としても『水球ヤンキース』(2014)、『OLですが、キャバ嬢はじめました』(2016)など多くのドラマや映画に出演。

本作では、おバカな妹・真子を演じます。

4.映画『犬猿』のあらすじ


(C)2018「犬猿」製作委員会

金山和成は地方都市の印刷会社で働く営業マン。

イケメンだが真面目で堅実な彼は、父親が友人の連帯保証人になって作ってしまった借金をコツコツと返済しながら、老後のために毎月わずかな貯金をする地味な生活を送っていました。

そんなある日、彼のアパートに強盗の罪で服役していた兄の卓司が刑期を終えて転がり込んできます。

卓司は和成とは対照的に、金遣いが荒く凶暴な性格でトラブルメーカー。シャバに出てきて早々にキャバクラで暴れたり、和成の留守中に部屋にデリヘルを呼んだりとやりたい放題。

和成はそんな卓司に頭を抱えますが、気性の激しい兄には文句を言えませんでした。

一方で、そんな和成にはほのかに恋心を抱いている女性がいました。

その女性とは、和成が頻繁に仕事を依頼する小さな印刷所を営む幾野由利亜。

親から引き継いだ会社を切り盛りする彼女は勤勉で頭の回転も速く、寝たきりの父親の介護もしながら仕事をテキパキとこなす“できる”女ですが、太っていて見た目がよくありません。

その彼女には妹の真子がいました。

由利亜の下で印刷所の手伝いをしている彼女は、姉と違って仕事の要領が悪く、頭も決してよくありません。

しかし、時々芸能活動をしている程、顔やスタイルが良く、取引先の男性にも人気があります。

由利亜は仕事もできないくせにチャラチャラしてチヤホヤされている妹にいらつき、真子もまた節制できずにぶくぶくと太っている姉のことを小バカにしていました。

ある時、金山兄弟と幾野姉妹に変化が訪れます。

卓司が始めた胡散臭い輸入業の仕事が成功したことで和成の心に複雑な気持ちが芽生え出します。

また、由利亜の恋心をよそに、和成と真子がつき合い出したことから、嫉妬に燃えた由利亜がストーカー化。

一方の真子は、グラビアを一向に卒業できない焦りから枕営業へと走り、ラブホテルで卓司と鉢合わせしてしまったために事態は急変していって…。

スポンサーリンク

5.映画『犬猿』の公開される劇場一覧

北海道地区

北海道 ユナイテッド・シネマ札幌:TEL0570-78-3011
北海道 シネマ・トーラス:TEL0144-37-8182

東北地区

青森 シネマディクト ルアール/ルージュ:TEL0177-22-2068 (*2018/3/17(土)~)

宮城 チネ・ラヴィータ:TEL022-299-5555
宮城 109シネマズ富谷:TEL0570-013-109

関東地区

埼玉 ユナイテッド・シネマ浦和:TEL0570-783-856
埼玉 109シネマズ菖蒲:TEL0570-040-109
埼玉 ユナイテッド・シネマわかば:TEL0570-783-815
埼玉 新所沢レッツシネパーク:TEL04-2998-8000(*2018/4/7(土)~)

千葉 京成ローザ10:TEL043-225-6355(*2018/2/17(土)~)
千葉 MOVIX柏の葉:TEL050-6865-3401

東京 テアトル新宿:TEL03-3352-1846
東京 渋谷TOEI:TEL03-5467-5773
東京 MOVIX亀有:TEL050-6861-0135
東京 ユナイテッド・シネマ豊洲:0570-783-789
東京 キネカ大森:TEL03-3762-6000(*2018/3/17(土)~)
東京 楽天地シネマズ錦糸町:TEL03-3631-7020
東京 立川シネマシティ:TEL042-525-1251

神奈川 TOHOシネマズららぽーと横浜:TEL050-6868-5046
神奈川 109シネマズ川崎:TEL0570-007-109
神奈川 小田原コロナシネマワールド:TEL0465-45-5688

栃木 MOVIX宇都宮:TEL050-6865-3235

中部地区

新潟 高田世界館:025-520-7626(*2018/3/31(土)~)

富山 JMAX THEATERとやま:TEL076-461-4461(*2018/4/6(金)~)

石川 シネモンド:TEL076-220-5007(*2018/3/17(土)~)

福井 福井コロナシネマワールド:TEL0776-52-8822

山梨 シアターセントラルBe館:TEL055-233-3023(*2018/3/24(土)~)

長野 長野千石劇場:TEL026-226-7665(*2018/3/31(土)~)

岐阜 大垣コロナシネマワールド:TEL0584-73-0567

静岡 シネシティ ザート:TEL054-253-1500
静岡 CINEMAe ra:TEL053-489-5539(*順次公開)

愛知 センチュリーシネマ:TEL052-264-8580
愛知 ユナイテッド・シネマ豊橋18:TEL0570-783-668
愛知 安城コロナシネマワールド:TEL0566-74-8511
愛知 ミッドランドシネマ名古屋空港:TEL0568-39-3911

三重 伊勢進富座本館:TEL0596-28-2875(順次公開)

近畿地区

滋賀 大津アレックスシネマ:077-527-9616(*2018/3/3(金)~)

京都 京都シネマ:075-353-4723

大阪 なんばパークスシネマ:050-6864-7125
大阪 テアトル梅田:06-6359-1080
大阪 ユナイテッド・シネマ岸和田:0570-783-923
大阪 109シネマズ箕面:0570-001-109

兵庫 シネ・リーブル神戸:078-334-2126
兵庫 MOVIXあまがさき:06-4960-7500

中国・四国地区

鳥取 MOVIX日吉津:TEL0859-37-1800

広島 109シネマズ広島:TEL0570-002-109

九州・沖縄地区

福岡 ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13:TEL0570-783-550

熊本 ユナイテッド・シネマ熊本:TEL0570-783-087

宮崎 宮崎キネマ館:TEL0985-28-1162(*順次公開)

沖縄 CINEMA RYCOM:TEL098-923-5931

*2018年1月11日現在の公開予定となります。詳細は直接劇場にお問い合わせ下さい。

まとめ


(C)2018「犬猿」製作委員会

親子愛を描く家族ドラマが多い中、吉田監督はあえて兄弟ものに挑戦しました。

個性豊かな主演4人のカルテットは果たしてどのような物語を生み出すのでしょうか。

決して公開規模は大きくありませんが、その挑戦には大きな期待を抱かずにいられません!

2月10日(土)より、テアトル新宿ほかにて全国ロードショーです。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

『桜色の風が咲く』あらすじ感想と評価解説。小雪12年ぶりの主演は息子と二人三脚で奇跡を起こす母の役

映画『桜色の風が咲く』は2022年11月4日(金)よりシネスイッチ銀座、ユーロスペース他にて全国順次ロードショー 世界で初めて盲ろう者の大学教授となった、東京大学先端科学技術研究センター教授の福島智( …

ヒューマンドラマ映画

映画『逃げた女』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。ホンサンス監督が女友達を訪ねる女の“それぞれ嘘と本音”を描く

ホン・サンス監督とキム・ミニの7度目のタッグとなった映画『逃げた女』 5年間一度も夫と離れることのなかったガミ。初めて夫と離れ、ソウル郊外の3人の女友だちと再会します。何の変哲もないようにみえる会話か …

ヒューマンドラマ映画

映画『メイド・イン・ホンコン/香港製造』あらすじとキャスト【フルーツ・チャン監督】

1997年に制作され日本公開が1999年にされた香港映画『メイド・イン・ホンコン/香港製造』。 本作の製作総指揮はアンディ・ラウがおこなっていて、2017年には新たにデジタル・リマスター版として、第3 …

ヒューマンドラマ映画

映画『王様になれ』あらすじと感想レビュー。【the pillows】が音楽と映像の関係に新鮮な可能性を見出す

映画『王様になれ』は2019年9月13日(金)よりシネマート新宿ほかで全国ロードショー! デビュー30周年を迎えたロックバンドthe pillows。その集大成として描く物語は、カメラへの情熱を追いか …

ヒューマンドラマ映画

『ラッシュ/プライドと友情』動画無料視聴!ネタバレと実話の評価は

『インフェルノ』『白鯨との闘い』など、大味な作品を手がけるイメージの強いロン・ハワード監督。 そんな監督が、実在のF1レーサー、ジェームズ・ハントと、ニキ・ラウダの熱い戦いと、そこから芽生える男らしい …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学