Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『帰れない二人』ネタバレ感想とレビュー評価。ジャジャンクーが描く時代が生んだ悲劇

  • Writer :
  • もりのちこ

激動の時代を生きた男と女の18年間。
変わりゆく生活の中で変わらぬ思いとは。

2018年製作、中国・フランス合作映画『帰れない二人』は、中国の激動の時代を生きた男と女の18年間を描いた人間ドラマ。

2001年の炭鉱都市・大同(ダートン)。2006年の山峡ダム完成前の奉節(フォンジェ)。新疆(しんきょう)ウイグル自治区ウルムチ。そして2017年、再び大同に戻るまで。総移動距離は7,700㎞にも及びます。

ある事件がきっかけで生き別れたチャオとビン。18年かけ7,700㎞にもなる旅路を歩んだ2人が迎えた結末とは?映画『帰れない二人』を紹介します。

スポンサーリンク

映画『帰れない二人』の作品情報


(C)2018 Xstream Pictures (Beijing) – MK Productions – ARTE France Cinema
【日本公開】
2019年(中国・フランス合作)

【監督】
ジャ・ジャンクー

【キャスト】
チャオ・タオ、リャオ・ファン、シュー・ジェン、キャスパー・リャン、フォン・シャオガン、ディアオ・イーナン、チャン・イーバイ、ディン・ジャーリー、チャン・イーバイ、ディン・ジャーリー、チャン・イー、ドン・ズージェン

【作品概要】
国内外で数々の賞に輝く、中国の名匠ジャ・ジャンクー監督が、21世紀の中国を背景に描き出す人間ドラマ『帰れない二人』。

今作が、5度目のカンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品作品となりました。

主人公チャオには、ジャ・ジャンクー監督の公私にわたるパートナー、チャオ・タオが演じ、第54回シカゴ国際映画賞で監督賞と女優賞を受賞しました。

また、チャオの恋人ビン役は、映画『薄氷の殺人』にてベルリン国際映画祭最優秀男優賞の経歴を持つ、リャオ・ファンが演じています。

映画『帰れない二人』のあらすじとネタバレ


(C)2018 Xstream Pictures (Beijing) – MK Productions – ARTE France Cinema
2001年中国、山西省の都市・大同。チャオは、炭鉱で働く父の世話をしながら、ヤクザ者の恋人ビンと、気ままに暮らしていました。

そんなチャオのささやかな夢は、新たな土地で父の家を買い、ビンと家庭を持つことです。石油開発で炭鉱は閉鎖に追い込まれていました。

しかし、父もビンもこの地に縛られていました。「渡世人は他じゃ生きられない」。チャオは「私は違う」と、羽ばたきたい希望を持っていました。

ビンは、この町のヤクザの中では地位ある立場です。市街地に、ディスコを経営し羽振りも良く、上からも下からも慕われていました。組の兄弟の結束は固いものでした。

ある日、ビンが慕うアーヨンが、若いチンピラに襲われ殺されます。最近、町には秩序を守らない名を上げたいだけの連中が増えていました。

怒りで暴れそうな仲間を抑えたビンでしたが、今度は自分がターゲットにされてしまいます。

市街地の真ん中で、ビンとチャオが乗る車が、バイクに乗った大勢のチンピラに囲まれます。殴り合いになる紛争を止めたのは、チャオが空に向かって撃った拳銃の音でした。

チャオは拳銃の不法所持で捕まります。警察の取り調べで「誰の拳銃なんだ」という質問に、最後までビンの名を出さないチャオ。懲役5年の刑で刑務所に送られます。

以下、『帰れない二人』ネタバレ・結末の記載がございます。『帰れない二人』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2018 Xstream Pictures (Beijing) – MK Productions – ARTE France Cinema
2006年、チャオの出所の日です。迎えには誰も来ませんでした。

チャオは連絡の取れないビンを探しに、長江のほとりの古都・奉節を訪ねます。奉節は、数年後に山峡ダムの完成を控え、住民移住でごった返していました。

この地では、以前ビンが世話をしたリン兄妹が会社を立ち上げ儲けていました。訪ねてきたチャオを、妹のリン・ジャーイエンが迎えます。

ビンのことを問うチャオに、リンは「彼は私と付き合っているの」と明かします。「本人から聞きたい」と町に滞在するチャオ。

船では有り金と身分証明証を盗まれ、悪さを働き食と金をもぎ取り、男に強姦されそうになりながらもチャオは、ビンに会うことに成功します。

冷めた態度のビン。「私は今もあなたの恋人なの?」と問うチャオ。「俺は昔の俺じゃない。もう帰れないんだ」。

ビンは4年前に出所していました。何もかも失った男は、孤独の中で生き方を見失っていました。

「今から私たちは関係ないわ」。ビンをかばい罪を被り、信じ続けた5年の思いを、チャオは飲み込みビンの元を去ります。

大同に帰る汽車の中で、チャオは新疆ウイグル自治区カラマイから来た一人の男と出会います。調子の良いその男は、新疆ウイグル自治区なら仕事がすぐ見つかるとチャオを誘います。

男の手を取るチャイ。しかし、男に素性を聞かれたチャイは、一緒に行くことを拒みます。一人、世界で最も内地になる大都市ウルムチを目指すことに。

その頃、ウルムチではUFOの存在が確認され話題となっていました。暗闇の中、チャオの頭上を光る物体が何体も通り過ぎます。その光はチャオにとって慰めとなりました。

2017年、ビンと別れて11年が経っていました。チャオは故郷・大同で以前の仲間たちと雀荘を切り盛りしていました。

大同にも新幹線が通っています。駅に降り立ったのは、車いすに乗ったビンでした。迎えにくるチャオ。

酒の飲み過ぎで脳内出血を起こし、車いす生活になったビンを、チャオが引き取ったのです。

故郷に戻ってきたビンを仲間が迎えます。歓迎しているようで、すでに時代は変わっていました。昔気質のビンは、落ちぶれた時の人となっていました。

「なぜ、俺を救ったんだ?」、苛立つビン。「あなたには何の感情もないわ。渡世には義理はつきもの。渡世を捨てたあなたにはわからないでしょうね」。寂し気なチャオ。

それでもビンは、チャオだけが自分を笑わないと確信がありました。

チャオの勧めでリハビリを始めたビンは、次第に歩けるようになります。チャオとビンは、古い友達のように穏やかな日々を過ごしていました。

2018年の元旦。携帯電話に「出て行くよ」と一言伝言を残し、ビンはチャオの元を立ち去ります。

チャオは慌ててビンの部屋に行きますが、すでにビンの姿はありませんでした。建物の外へ出るチャオ。防犯カメラが、壁にもたれ、ビンの出て行った方向を見つめるチャオの姿を、映し出していました。

スポンサーリンク

映画『帰れない二人』の感想と評価


(C)2018 Xstream Pictures (Beijing) – MK Productions – ARTE France Cinema
21世紀、中国の激動の時代を生き抜いた、男と女の18年間を描いた人間ドラマ『帰れない二人』。

中国の広大な土地を舞台に、目まぐるしく変化していく高度成長期の中国の様子に圧倒されます。

2001年の炭鉱都市・大同(ダートン)では、石油開発で職を失っていく炭鉱労働者たちの焦りや不安が描かれています。

繁華街のディスコでは、日本でもヒットした「YMCA」や「CHA-CHA-CHA」の曲にのせて盛り上がる若者たちの姿が映し出されます。

次の舞台は、2006年の奉節(フォンジェ)です。世界最大の水力発電ダムである山峡ダム完成前の町の様子を描いています。

ダム建設によりダム湖に水没する多数の村落の住人は、移住を強いられました。貧しい暮らしから盗みを働く者、身一つで船に乗り込む者、そこで暮らしてきた者にとっては受け入れ難い選択だったことでしょう。

そして、チャオが行く当てもなくなった時、新疆(しんきょう)ウイグル自治区ウルムチへ希望を抱き向かいます。

ちょうど2010年、この地で謎の飛行物体が目撃されネットで騒がれました。UFOを観たことがあると言うチャオに、汽車で乗り合わせた男は、その経験談を話しツアーガイドをすれば儲かると持ち掛けます。

そして2017年、再び大同に戻ったチャオ。交通や通信の発達が、その後の中国の高度成長を象徴していました。

チャオとビン、離れてからのそれぞれの18年間。広大な中国の地を7,700kmも移動し、再び故郷で出会う2人。

やっと迎えた平穏無事な暮らしは、2人にとってすでに受け入れ難いものでした。あまりにも早い時代の流れに、2人の心は取り残されたままです。

時代が変われど、義理と人情、渡世人の心を持ち続け、強く生き抜いたチャオ。時代に取り残され、前に進めず、堕落的な生活から体を壊してしまったビン。

ビンは、強く生きるチャオを愛していながらも、相応しくない自分を責め、出て行ったのかもしれません。

そして、チャオとの再会で過ごした日々を糧に、もう一度ビッグな男になってチャオの元に帰ってくると願いたいです。

主人公チャオを演じたのは、ジャ・ジャンクー監督作品ではお馴染み、妻でもあるチャオ・タオ。18年間という時間の流れの中で変化していく風貌と、心の成長を見事に演じています。

まとめ


(C)2018 Xstream Pictures (Beijing) – MK Productions – ARTE France Cinema
中国のジャ・ジャンクー監督、5度目のカンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品作品となった『帰れない二人』を紹介しました。

広大な中国の土地と、21世紀の激動の時代を背景に、17年におよぶ愛の物語を描いています。

高度成長を遂げた中国の歴史の裏側で、何が起こっていたのか。時代の変化に翻弄される住民たち、加速する列車に上手く乗り飛躍を遂げる者、そして乗り遅れる者。

1組の男女の生き方を通して、中国全体の変化していく時代が見えてきます。この物語は、時代が生んだ悲劇として、世界中の多くの人が共感することでしょう。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『レディ・バード』あらすじとキャスト一覧!日本公開の劇場はどこ?

第90回アカデミー賞で作品賞・監督賞・主演女優賞・助演女優賞・脚本賞の5部門にノミネートされた、『レディ・バード』がいよいよ2018年6月1日より、TOHOシネマズシャンテ他で全国順次公開されます! …

ヒューマンドラマ映画

映画『空飛ぶタイヤ』ネタバレ感想。ラスト結末の爽快感で実話を超えた魅力とは⁈

大企業によるリコール隠しを巡る、さまざまな人々のドラマを描く、映画『空飛ぶタイヤ』は2018年6月15日から全国公開されました。 この作品は個性豊かな演技派の俳優が多数集結しました。 今回は映画『空飛 …

ヒューマンドラマ映画

映画『さよならくちびる』ネタバレ感想。ハルレオ主題歌を提供した秦基博&あいみょんの楽曲を門脇麦と小松菜奈が熱唱!

二人とも本当に解散の決心は変わらないんだな? インディーズで人気を誇る女性デュオ〈ハルレオ〉の二人は、解散を決めた。 門脇麦と小松菜奈が初共演。秦基博とあいみょんが映画のために書き下ろした歌を二人が奏 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ポリーナ、私を踊る』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

天才バレエ少女が、自らの踊りを探求し、挫折を経ながら成長していく姿を描いたフランス映画『ポリーナ、私を踊る』をご紹介します。 本作が映画デビューとなる新星アナスタシア・シェフツォワの魅力がたっぷり詰ま …

ヒューマンドラマ映画

映画『ソフィーの選択』ネタバレ感想。メリル・ストリープ代表作にして初のアカデミー主演女優賞作品

作家志望のスティンゴは、終戦から2年後の1947年、ニューヨーク市ブルックリンで、美しい女性ソフィーとその彼氏ネイサンと出会います。 次第に仲良くなる3人。 しかし、ソフィーとネイサンには、ナチス・ド …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP