Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた』あらすじネタバレと感想評価。音楽と感動のドラマが勇気を与える

  • Writer :
  • もりのちこ

素敵な音楽と感動のドラマ。
人生に悩む時、音楽は生まれる。


元ミュージシャンの父と母親の才能を受け継ぐ娘が、音楽活動を通してお互いの人生を考え、前に進んで行くストーリー。

将来への希望と不安、愛する人への恋心。溢れる想いを歌に込め、親子は歌います。その歌は、これからの人生に大きな勇気を与えてくれました。

素敵な音楽に心満たされる映画『ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた』を紹介します。

スポンサーリンク

映画『ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた』の作品情報

【日本公開】
2019年(アメリカ)

【監督】
ブレット・ヘイリー

【キャスト】
ニック・オファーマン、カーシー・クレモンズ、テッド・ダンソン、サッシャ・レイン、ブライス・ダナー、トニ・コレット

【作品概要】
サンダンス映画祭やサウス・バイ・サウスウエスト映画祭で話題を集めたヒューマンドラマ『ハーツ・ビート・ラウド』。

元ミュージシャンの父・フランクと、医大進学を目指す娘・サムの親子バンドが、音楽活動を通して成長していく姿を描いた映画です。

フランク役のニック・オファーマンの見事なギターソロと、サム役のカーシー・クレモンズのソウルフルな歌声に注目です。

映画『ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた』のあらすじとネタバレ

ここは、ニューヨーク、ブルックリンの小さな街、レッドフック。街の片隅に、17年続くレコードショップ「レッドフックレコーズ」がありました。

オーナーのフランク・フィッシャーは、赤字続きのこの店を閉める決心をしていました。それは娘の進学のため。そして、これからの家族のためです。

フランクは元ミュージシャンでしたが、一緒に音楽活動をしていた妻の死によりすべてが一変しました。それからは、娘のサムと2人暮らしです。

サムは将来の夢のためにLAの医大進学を目指していました。フランクは娘の夢を応援したい気持ちと、学費の心配もありました。

そして、痴呆症が進む母・マリアンヌとの同居も考えなければなりません。

フランクは店の貸主で友人のレスリーに、お店を閉めることを告げます。「このままじゃダメだ」。フランクは人生に迷っていました。

その夜、フランクは勉強を頑張るサムを強引にセッションに誘います。フランクは何よりこの時間が楽しみなのです。

父のわがままに付き合うサムもまた、音楽が好きなのでした。父のギターに娘のシンセサイザーで音を重ねていきます。

サムは想いを歌詞にのせて歌います。歌声は伸び、重なる音も増えていきます。親子は夜通し曲作りに励みます。

フランクはサムの才能に一目置いていました。娘とバンドを組むのが父の夢です。曲の完成度にテンションが上がったフランクは、バンドを組もうとサムを誘います。

サムは現実主義者です。そんな父に、「私は医者になるの。私たちはバンドじゃないわ」。と突っぱねます。

それでもフランクは諦めきれません。完成した曲に「ハーツ・ビート・ラウド」と名付け、ネットの音楽サイトに投稿します。バンド名は「We’re Not a Band.」。

驚いたことに、その曲は音楽サイトで人気の曲としてプレイリスト入りします。フランクは、カフェで流れた自分たちの曲に大喜びです。

「これで本物のバンドだ」。フランクは、音楽サンプラーに新しいギターを購入し、サムの説得に乗り出します。

しかし、サムにはサムの人生があります。進学が決まっている医学部、そして出会ったばかりの恋人ローズとの関係、向き合わなければならない大事なことで精一杯です。

父の暴走に呆れながらも、彼の音楽への愛情を誰よりも知っているサムは、もう少し父に付き合うことにします。

次に書く曲はラブソング。ローズへの想いを歌にします。タイトルは「Blink(One Million Miles)」。

「人生に悩んだ時、曲が生まれる」。フランクは、昔自分が作った妻と娘へのラブソングを思い出していました。

以下、『ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた』ネタバレ・結末の記載がございます。『ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

「レッドフックレコーズ」の閉店の時が迫っていました。フランクは新しい職探しを始めます。

そこに、店の貸主であるレスリーが、レコードショップをリニューアルし、共同オーナーとしてやり直さないかと話を持ち掛けてきます。

フランクはレスリーへ好意を持っていました。シングルの彼女と、私生活でも付き合えると勘違いしたフランクは、その話に乗り気です。

そして、バンド活動の方も、レコード会社との契約でツアーの話が出ていました。夢を諦めきれないフランクはサムに、せめて医大進学を1年遅らせられないかと持ち掛けます。

サムは浮足立つ父の態度にうんざりです。「仕事もお金もない。そのうえ、おばあちゃんを置いてツアーに出るの?現実を見てよ」。

そんなサムに、フランクは言います。「自分のことはいいんだ。お前はこれで本当にいいのか?母のように歌いたくないのか?諦めちゃだめだ」。サムの音楽の才能を思ってのことでした。

「私は諦めるんじゃない」。サムは、自分で決めた道に進む覚悟を決めていました。

追い打ちをかけるように、フランクはレスリーが他の男性といるのを目撃します。酔いつぶれ「僕は君の何なんだ」と絡むフランクにレスリーは距離を置くことに。

さらに、フランクの母・マリアンヌが、万引きで警察に捕まっていました。一気に現実が押し寄せ、目を覚ませとフランクに言っているかのようです。

「レッドフックレコーズ」閉店の日がやってきました。店内は割引の札が目立ちます。

サムが、お店に顔を出します。寂しそうな父の姿に胸が痛みます。父と娘は、閉店ライブをすることを思いつきます。

「We’re Not a Band.」の最初で最後のライブです。

フランクは、17年間の感謝の気持ちを述べ演奏を始めます。「ハーツ・ビート・ラウド」。お客さんはレコードを選ぶ手を止め、曲に合わせて体が揺れています。

そこにレスリーが顔を出します。驚くレスリーでしたが、親子の演奏に笑顔になります。

サムは閉店の手伝いに来てくれていた恋人ローズへのラブソングを歌います。

これから2人は離れて暮らすことになります。その思いは「Blink(One Million Miles)」へ込められています。涙ぐむローズ。サムの気持ちは伝わっています。

最後の曲は「Everything Must Go」。今までの自分とこれからの自分、それぞれ決めた道を前向きに進んで行く。サムとフランクは今、この瞬間を胸に刻みます。

幸せに満ち溢れた最高のビートに、観客はいつのまにか惹きつけられ、拍手を送ります。

閉店の時間です。誰もいなくなった店内を見渡すフランク。サムも寂しそうです。「パパ、私がもし残ったら・・・」。

その後、フランクは、昔の音楽仲間デイヴのBarで働き出しました。顔をだしたレスニーに嬉しそうなフランク。2人の友情は続いているようです。

サムはLAの医大に進学しました。パーティーで歌うことになったサムは、一人で立つライブに緊張気味です。

「父と作った曲です。聞いて下さい。ハーツ・ビート・ラウド」。歌声はどこまでも澄んでいました。

スポンサーリンク

映画『ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた』の感想と評価

耳に残る音楽と感動のドラマ。音楽っていいな!と思わせてくれる作品のひとつとなりました。

歌に思いを込め、親子が一緒に曲を作り上げていく作業風景にわくわくします。父フランクのギターに合わせ、娘サムがシンセサイザーで音を重ねて行く。そして吹き込まれる歌声。鳥肌が立ちます。

タイトル曲にもなっている「ハーツ・ビート・ラウド」は、思わず体を揺らしてしまうほど素敵な曲です。サム役のカーシー・クレモンズのソウルフルな歌声に魅了されます。

閉店するレコード店でのライブシーンは、まるで自分も店内の観客になってライブを見ているかのようです。

また、音楽好きな心をくすぐる小ネタが、映画の随所に散りばめられています。

映画の冒頭で、フランクが経営するレコードショップのパソコンで見ていた動画は、親子バンド「トゥイーディ」。ウィルコのジェフ・トゥイーディが息子のスペンサーと結成したバンドです。

さらには、ジェフ・トゥイーディ本人が出演も果たしています。

フランクは親子バンド・トゥイーディを聞きながら、自分とサムの姿を重ねていたのかもしれません。

また、サムの音楽好きが垣間見えるシーンに、YouTubeで流れているミュージシャンは、Mitskiの「Your Best American Girl」

レコードショップでフランクがレスリーに勧めるのは、地元ブルックリンで結成されたバンド「アニマル・コレクティヴ」。細部の音楽にもこだわりを感じます。

音楽の素晴らしさの他にもこの映画の見どころは、フランクとサムの親子関係にあります。

サムの音楽の才能に、自分の夢を託してしまう父フランク。そこには、亡き妻と組んでいたバンドの思い出もありました。

そんな父の思いを痛いほど分かるサムでしたが、自分が描く将来の夢もあります。まだ若く希望に輝くサムの姿は、フランクからすると眩しい存在だったのかもしれません。

そんなフランクとサムの親子は、それぞれ恋愛の悩みも抱えていました。サムはレズビアンです。そのことを理解し応援するフランク。素敵な親子関係です。

サムとアーティストであるローズとの出会いのシーンは、印象的です。ギャラリーで出会う2人はアーティスト同士のインスピレーションで恋に落ちます。

ローズは、サムを癒し包み込み、成長させてくれる偉大な存在となります。自転車事故で母を亡くしたサムは、ローズのおかげで乗れなかった自転車を克服することが出来ました。

そのことでサムは大きく成長します。自分の道を切り開く勇気が沸いてきます。父フランクとも真っ直ぐ向き合えるようになります。

順調な娘の恋愛に比べ、父フランクは恋愛にも不器用です。レスリーとの友情と愛情の狭間でひとり苦しみます。

人生に悩んだ時、曲は生まれる。親子は、それぞれの思いを歌に込め歌いあげます。そしてその歌は、伝えきれなかった気持ちを大切な人に届けます。

まとめ

親子バンドの素敵な音楽と、感動のドラマが詰まった映画『ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた』を紹介しました。

誰もが人生で抱える悩み、将来の夢と現実、寂しい別れ。半面、誰もが人生で感じる喜び、出会いと感動、そして希望。

溢れる思いは歌になり、多くの人の心に届きます。そして、前に進む勇気を与えてくれます

見終わったあと、サウンドトラックを探してしまう自分がいるはず。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

韓国映画『ありふれた悪事』あらすじと感想レビュー【ソン・ヒョンジュ】

1987年―韓国激動の時代―、一人の平凡な刑事が、大統領直属の情報機関による陰謀に巻き込まれていく衝撃作『ありふれた悪事』をご紹介します。 モスクワ国際映画祭で、主演男優賞と最優秀アジア映画賞の二冠を …

ヒューマンドラマ映画

映画『グラン・トリノ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

孤独な老人と人生に迷う少年。2人の出会いが生んだ感動の物語。 クリント・イーストウッドの最高到達点『グラン・トリノ』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『グラン・トリノ』の作品情報 …

ヒューマンドラマ映画

映画『風をつかまえた少年』あらすじネタバレと感想。実話で描く14歳の純粋なこころざし

映画『風をつかまえた少年』は2019年8月2日(金)より、ヒューマントラスト有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開。 『風をつかまえた少年』は、ウィリアム・カムクワンバの同名自伝(ブライアン・ミーラー共 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ジャイアンツ』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【ジャームス・ディーン代表作】

ジョージ・スティーブンス監督の『シェーン』と並ぶ代表作『ジャイアンツ』 ジョージ・スティーブンス監督は約3年かけてこの映画を完成させました。 当時としてはタブーとされていた人種問題、女性の自立をテーマ …

ヒューマンドラマ映画

映画『息衝く』あらすじとキャスト一覧!木村文洋監督の作品情報は?

映画『へばの』『愛のゆくえ(仮)』で、社会と個のあり方について鋭く問題を投げかけた 木村文洋監督。 2018年2月下旬より上映される映画『息衝く』では、日本ではタブーとなった「宗教、原発、家族」を軸に …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
映画『天気の子』特集
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP