Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2021/08/19
Update

『TANGタング』原作小説ネタバレあらすじ。ロボット・イン・ザ・ガーデンの感想解説。感動的な友情を人間とロボットで語る

  • Writer :
  • 星野しげみ

小説『ロボット・イン・ザ・ガーデン』が、二宮和也主演で2022年8月11日(木・祝)に映画公開されます。

ある日、庭に旧型ロボットがあらわれて、妻に逃げられたダメ男がロボットの持ち主を探すために、ロボットと共に旅に出るというハートフル物語の『ロボット・イン・ザ・ガーデン』。

2022年度に二宮和也主演で映画化が決定しました。二宮和也は、『硫黄島からの手紙』(2006)『母と暮せば』(2015)や『検察側の罪人』(2018)、『浅田家!』(2020)などの作品に出演して活躍しています。

監督は、『フォルトゥナの瞳』(2019)『きみの瞳(め)が問いかけている』(2020)の三木孝浩。愛され中古の不良品ロボット“タング”に命を吹き込むのは、『STAND BY ME ドラえもん』(2014)『DESTINY 鎌倉ものがたり』(2017)などを手がけてきた、VFXプロダクション「白組」。

はたしてどんなダメダメコンビになるのでしょう。映画化の前に原作小説のネタバレあらすじをご紹介します。

小説『ロボット・イン・ザ・ガーデン』の主な登場人物

【ベン・チェンバーズ】
家にこもりがちな迷える主人公

【アクリッド・タング】
ベンの庭に現れた旧式の箱型ロボット

【エイミー・チェンバーズ】
ベンの妻。法廷弁護士

【リジー・キャッツ】
ヒューストンにある宇宙博物館に勤務する女性

【カトウ・オーバジン】
人口知能を研究するエキスパート

小説『ロボット・イン・ザ・ガーデン』のあらすじとネタバレ


書影『ロボット・イン・ザ・ガーデン』

イギリスのある町。

9月の朝、ベン・チェンバーズの家で、妻のエイミーは自宅の庭に一台のロボットがいるのを発見しました。

柵の扉が壊れていたからあのロボットが入り込んだんだと妻に小言を言われるベンは、仕方なく庭のロボットの様子を見にいきました。

塗装もされていない剥き出しの金属ボディにホースを繋げただけの腕と脚で、手はマジックハンドという、ロボットの四角張った典型的な元祖のスタイルでした。

ロボットは「アク・リッド・タング」と「オーガスト」という言葉しか話しません。今が8月で、自らのことをアクリッド・タングと名乗っているとベンは思いました。

「今は9月なんだよ。おまえは、タングという名前なの?」。その日からベンはそのロボットをタングと呼び、気に掛けるようになりました。

何日たってもロボットは庭から出て行こうとしません。

旧型のロボットではなくアンドロイドを自宅に置いてほしいという妻よりも、ベンはタングにばかりかまけるようになります。

就職もせずに親が残した遺産を食いつぶしながら、旧型ロボットの世話に熱中するベンに愛想をつかしたエイミーは、家を出て行きました。

やがてベンは、タングに内蔵されたシリンダーが割れていて、中の液体が減っていることに気付きました。

タングの出生を調べるために、体に彫られた掠れて半分見えない文字を検索すると、製造元がアメリカにあるとわかりました。

ベンは、タングを修理するために彼を連れて、アメリカへと旅立ちます。

アメリカでは、タングの製造元と思われた会社に問い合わせましたが、タングのことを知らないし、修理もできないと言われました。

しかし、そこのゲーム製作担当者が、ヒューストンの博物館に勤めるリジー・キャッツという女性が何か知っているかもしれないと紹介してくれました。

ベンとタングはアリゾナ州ヒューストンへレンタカーを走らせます。途中で“放射線もれ”の街に迷って入ったりしましたが、無事にアリゾナ州のリジ―の元へ辿り着きました。

しかし、リジ―もタングの製造元のことなどわかりません。リジーは、ベンに日本の東京にいる技術者のカトウ・オーバジンを訪ねてみることを勧めました。

東京行の飛行機に搭乗にするとき、ロボットに埋め込むチップの有無を聞かれ、とまどうベンにたいして、タングは「ボク、持っている」と答えます。

いつのまに?と不思議に思うベンですが、タングはベンといられるので嬉しそうでした。

東京に着くと、タングは地下鉄に乗って上機嫌。タングが面白がったのは地下鉄が歌う電車だったからです。

ホテルにチェックインしたベンとタングは、35階の部屋へと案内されました。

窓辺から車の行き交う道を見下ろすベンは、飛行機事故で両親が天国へ旅立った日のことを思い出していました。父の書斎で鳴った固定電話の音をベンは今でも鮮明に覚えています。

切ない思いから逃れるように、東京の街の刺激を求めてカラオケバーに行ったベンでしたが、思いのほか早く酔い出しました。

酷く酔っ払ったベンに、タングに興味を持ったという男性に話しかけられます。

どうして日本へという男性に、ベンはある男性を探してと、これまでの経緯を説明します。すると男性は「僕がカトウ・オーバジンです」と言いました。

翌朝、カトウの事務所をベンとタングは訪れました。カトウにはタングは修理できないそうですが、タングの持ち主と思われるボリンジャーという男のことは、かつての同僚だったと言いました。

カトウとボリンジャーたちは、ロボットの知覚と認識の研究開発を行っていたそうです。その後、研究の途中で事故がおこり、プロジェクトは中止され、口外禁止令に署名させられたと言います。

カトウはボリンジャーが卑劣な臆病者と言いました。何があったのかわからないけれど、タングを直せるのがその男だというのなら、彼の元へ行くしかないのです。

カトウに別れを告げ、ベンはタングを連れてボリンジャーがいるというパラオに向かいます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ロボット・イン・ザ・ガーデン』ネタバレ・結末の記載がございます。『ロボット・イン・ザ・ガーデン』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

暑いパラオに到着してすぐ、その太陽光にやられたタングは、寝込んでしまいました。

シリンダーから冷却液が漏れたことにより、体を冷やす冷却機能が低下していたのです。

滞在するホテルのアンドロイド技術者が定期的に部屋を訪れ、タングの状態と冷却スプレーによる処置をしてくれました。

タングがベッドで寝込んでいる間、タングの開発者である“ボリンジャー”を捜してベンはパラオの街を奔走します。

その合間に、外を出歩けないタングのためにパラオの風景を写真に収め、タングに見せると、彼は嬉しそうに眺めていました。

アンドロイド技術者や街の店員などさまざまな人に聞き込みを行いましたが、誰も“ボリンジャー”を知りません。

3週間ほど経つとタングの状態は動けるほどに良くなっていますが、タングの故障の状態から残り時間が少ないことを感じたベンは、タングを元気づけようとボートツアーに誘います。

それまでぐったりと元気のなかったタングも、海の中を泳ぐたくさんの魚に目を輝かせて喜びました。

可愛いロボットだと言った船長に“ボリンジャー”のことを訊ねると、知っていると答えました。

喜んだベンはタングと船長にその人のいる砂浜まで連れて行ってもらいました。

そこで会った人は、タングを見ると「ジェイムズ」と声をかけます。ベンが名乗ると、その人は「オーガスト・ボリンジャーだ」と名乗りました。

タングの持ち主に会えたのに、タングは嬉しそうではありません。むしろ、嫌がっているように見えました。

ベンは不思議に思いましたが、泊めてもらうつもりで誘われるままボリンジャーの家に行きました。

ボリンジャーの家につくと、タングは戸棚に隠れてしまいます。

ベンがボリンジャーにタングの話をすると、はたしてボリンジャーがタングを作ったといいます。

けれども、ボリンジャーには知られてほしくないタングの秘密があり、それを知ってしまったベンを自宅に監禁しようとします。

家に閉じ込められて途方にくれたベンですが、彼を救ったのは、自力で自分の故障をなおしたタングでした。

かつてボリンジャーから逃げ出してベンの家の庭に来たタングは、ボリンジャーの家からの脱出方法を知っていました。

それは、地下にあるゴミ捨て場に隠れ、ゴミ回収にきた船にゴミと一緒に運ばれて町へ行くというものでした。

タングの知恵と勇気に感心しながら、ベンはタングと一緒にボリンジャーの家から無事に脱出し、イギリスの自宅に帰ることに成功しました。

自宅に帰ると、家を出た後離婚した元妻エイミーが妊娠していると連絡してきました。

エイミーはベンと離婚したあと、新しい彼氏がいると言っていたのですが、彼氏の子供かベンの子供か、今のところ分からないと言います。

今の彼氏に冷たくされたエイミー。身重で初めての妊娠をこわがるエイミーをほっておけず、ベンは何かと面倒みます。

タングを嫌っていたエイミーも、タングの頭の良さとお腹の子の状況もわかるタングを頼りにするようになりました。

そして、月満ちて生まれたのは、ベンそっくりの女の子。ベンは今まで自分のことしか考えなかったことをエイミーに謝り、もう一度やり直すことにしました。

タングはおっかなびっくりですが、一生懸命に赤ちゃんの面倒もみます。

エイミーと赤ちゃんが増え、みんな一緒の毎日が始まりました。ベンと一緒にいられるこの家で、タングは心安らかに暮らします。

小説『ロボット・イン・ザ・ガーデン』の感想と評価

親の残した遺産で生活し、家に引きこもるベン。愛する妻もいるのに、自分からは将来のことも仕事のことも何一つ考えようとしない、無気力な男性です。

ある日そんな彼の自宅の庭に四角張った箱型の旧式ロボットがあらわれ、ベンになついてしまいます。

ベンも片言の言葉を話すロボットに次第に愛着が湧き、そんな凹凸コンビに愛想をつかして妻は家を出て行きました。

妻から見放されても、ベンはタングと名付けたロボットが気になって仕方ありません。ついにその持ち主を探しにタングを連れて旅に出ます。

物語の背景は、社会での様々な仕事をアンドロイドやロボットが行うことが当たり前になっている時代。

ただでさえ、型遅れの箱型ロボットは目立つのに、タングは半分壊れかけたようなロボットで、見る人の笑いを誘います。

けれども、その語り口調や失敗しながらも純粋に人と接する態度に好感を覚え、知らず知らずのうちに、このポンコツロボットが可愛らしく思えてきます。

ロボットとダメオ君のコンビといえば、アニメの『ドラえもん』がすぐに頭に浮かびます。未来から来た猫型ロボットのドラえもんは、便利な道具を出すロボットで、まるまるとした容姿もおっとりとした性格も好感度高く、人気を呼びました。

本作のポンコツなロボット・タングにも、紛れもなく人の心を虜にする魅力があります。

小さな子どものように、タングは言葉や社会のルールから、人との生活スタイルを一つ一つ覚えていきます。

覚えたことから自分で判断して、人に迷惑をかけない一人前の行動ができるようにもなります。例えそれが少し的外れであったとしても、真面目に一生懸命に取り組み姿が好感を呼ぶのです。

そんなタングを連れて旅をしているうちに、ベンはタングの保護者として大きく成長していきます。

人もタングも共に成長する……。ロボットへの親愛の情の芽生えと、主人公のベン自身の内面の成長が見事に描かれた作品です。

映画『TANG タング』の見どころ

映画『TANG タング』は、イギリスの作家デボラ・インストールの『ロボット・イン・ザ・ガーデン』を日本版にアレンジし、実写化した作品です。

二宮和也が扮するのは、ゲーム三昧で妻に捨てられ、無職で人生迷子中の春日井健。

ある日、健の家の庭に、記憶を無くした不良品ロボットが現れます。どこから来たのか、また目的も分からないそのロボットは、自らを“タング”と名乗ります。やがて、この迷子同士たちは、驚きに満ちた壮大な冒険へ旅立つことに……。

タングというロボットを通じて、ダメ人間が社会と向き合う姿を描き出すことになる本作。二宮和也のダメ人間ぶりが今から楽しみです。

また、タングに命を吹き込むのは、最高峰のVFX技術を誇るVFXプロダクション「白組」です。

『STAND BY ME ドラえもん』(2014)や『DESTINY 鎌倉ものがたり』(2017)などでその技術を披露済みですから、邦画実写映画史上、誰も観たことがないクオリティの映像が期待されます。

はたして、二宮和也扮する健とタングは、どのように固い絆で結ばれていくのでしょう。原作通りなのかどうかも、気になります。

映画『TANG タング』の作品情報

【公開】
2022年(日本映画)

【原作】
デボラ・インストール:『ロボット・イン・ザ・ガーデン』(訳:松原葉子/小学館文庫)

【脚本】
金子ありさ

【監督】
三木孝浩

【キャスト】
二宮和也

まとめ

小説『ロボット・イン・ザ・ガーデン』(デボラ・インストール作 松原葉子 訳 小学館文庫)は、人間とロボットによる心温まる物語。ロボットのタングの可愛らしさもあり、シリーズ化した名作です。

この小説は、ロボットやアンドロイドが日常的に働いている未来の世界が舞台です。日本のアニメ『ドラえもん』と似ている部分は、ロボットと一緒にいる人間がだんだんと成長していくという点でしょう。

ドラえもんは、ダメ人間ののび太を少しでもやる気のある子にするために未来から来て、いつも一緒にいるようになります。

一方、タングの場合は、舞台となる未来のイギリスで偶然がかさなって主人公と出会い、一緒に旅をすることで、主人公はタングと共に育っていきます。

旅の途中で出会う様々な出来事からの2人の成長物語がどのように映像化されるのか、とても楽しみです。

映画『TANG タング』は、2022年8月11日(木・祝)全国ロードショー!






関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール|あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

刹那的な青春時代と淡い恋、そこにはいつも音楽がある。 今回取り上げるのは、2014年にイギリス映画で公開された『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』です。 可愛いファッションと耳に残る心地よい音楽、そして胸を …

ヒューマンドラマ映画

【映画ネタバレ】ザ・サンThe Son息子|結末あらすじ感想と評価考察。ラスト真相の鍵はポスターに描かれた“父と子の輪廻”⁈

愛しているのに届かない親子の心、その距離を描いた慟哭の物語 今回ご紹介する映画『The Son 息子』は、初監督作『ファーザー』(2022)で第93回アカデミー脚色賞を受賞した、フロリアン・ゼレール監 …

ヒューマンドラマ映画

【プレイスビヨンドザパインズ】感想ネタバレ!映画使用バイク車種も

2017年『ラ・ラ・ランド』で主演を務め、来日もしたことから映画通でなくてもその存在を知らない人はいないほどの俳優となったライアン・ゴズリング。 そんな彼が出演時間わずか3分の1ほどにも関わらず、その …

ヒューマンドラマ映画

映画『洗骨』あらすじと感想レビュー。キャストが信頼するガレッジセールのゴリ(照屋年之)監督が描いた祖先と家族の絆

映画『洗骨』は、2019年1月18日(金)より沖縄先行公開、その後、2月9日(土)から丸の内TOEIほか全国公開! お笑い芸人「ガレッジセール」のゴリとして活躍する、照屋年之監督が制作した映画『洗骨』 …

ヒューマンドラマ映画

【ネタバレ】グリーンブックの実話ならではの感動のラスト結末。アカデミー賞も納得の脚本と演技力

第91回アカデミー賞で最優秀作品賞、脚本賞、助演男優賞(マハーシャラ・アリ)。 学の無いがさつなイタリア系用心棒と、天才黒人ピアニストの凸凹コンビが差別の色濃い南部への旅に出ます。 実話ならではの感動 …

U-NEXT
【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学