Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

実写映画『春待つ僕ら』あらすじネタバレと感想。土屋太鳳と北村匠海ら等身大の役柄を熱演

  • Writer :
  • もりのちこ

漫画家あなしん原作の人気コミック『春待つ僕ら』が、土屋太鳳を主演に実写映画化されました。

“大事なものがあれば強くなれる”。

引っ込み思案で友達も作れない美月は、幼い日の大事な人からの言葉を胸に、自分を変えようと頑張る女の子。

バスケットと仲間を愛する少年たちとの出会いによって、平凡だった日常がガラッと変わります。

美月は大事なものを見つけることができるのか?満開の花を咲かせる季節「春」は、やって来るのでしょうか?

スポンサーリンク

映画『春待つ僕ら』の作品情報

【公開】
2018年(日本)

【原作】
あなしん

【監督】
平川雄一朗

【キャスト】
土屋太鳳、北村匠海(DISH//)、小関裕太、磯村勇斗、杉野遥亮、稲葉友、泉里香、佐生雪、緒川たまき

【作品概要】
漫画家あなしん原作の人気コミック「春待つ僕ら」を、『ROOKIES-卒業』『ツナグ』『僕だけがいない街』など、感動作を多く手掛ける平川雄一朗監督が実写映画化。

主演には、今をときめく若手女優の土屋太鳳。そして、バスケ部イケメン四天王には『君の膵臓を食べたい』で人気急上昇の北村匠海、『今日から俺は!!』『SUITS』とドラマでも活躍の磯村優斗、モデルから俳優へ次々と話題作に出演する、杉野遥亮と稲葉友という豪華メンバーが勢揃い。

そしてライバル役で『覆面系ノイズ』『曇天に笑う』の小関裕太が登場。イケメン同士のバスケ対決にも注目です。

映画『春待つ僕ら』のあらすじとネタバレ


(C)あなしん/講談社 (C)2018 映画「春待つ僕ら」製作委員会
「大事なものがひとつあれば強くなれる」

美月(土屋太鳳)には、幼い頃の大事な思い出がありました。

引っ込み思案で友達も作れない美月は、小さい頃泣いてばかりいました。そんな美月をなぐさめてくれたのは、バスケ少女のあやちゃんでした。

美月は高校生になりました。あやちゃんの言葉を胸に「脱ぼっち」を決意し、自分から友達を作ろうと頑張ります。

しかし、現実は内気で消極的な性格のまま。うまく話しかけることも出来ません。

そんな美月のバイト先に、学校で有名な人物がやってきます。

彼は美月の通う清陵高校バスケ部の瑠衣でした。「あなたに告白したい奴がいるから」と美月を呼び出す瑠衣。

美月がそこへ向かうと、清陵高校バスケ部イケメン四天王が揃っていました。

清陵バスケ部イケメン四天王とは、永久(北村匠海)、恭介(磯村優斗)、竜二(杉村遥亮)、瑠衣(稲葉友)の4人を称し、絶大なる人気を誇る学園のアイドルたちです。

「この娘じゃない!何でこんな地味な子なんだよ」と暴言吐きまくる竜二。聞けば、人違い。

竜二が告白したかったのは、美月がバイトしているカフェで一緒に働く、ナナセの方でした。

それがきっかけで、美月のバイト先に四天王が入り浸ることに。

美月は、カフェの前にあるバスケットコートで遊ぶ子供達の中に、気になる女の子がいました。

その女の子は、輪に加わることなくいつも一人です。美月はその子に、幼い頃の自分を重ね合わせていました。

声をかけるも打ち解けてくれない女の子。

ある日、美月がバイトに来ると、四天王が子供達とバスケットをしています。そこにはあの引っ込み思案な女の子の姿もありました。

感動して泣く美月に、永久は「一緒にやろう」と、輪に誘います。

一見チャラいけど、真面目で純粋にバスケと仲間を愛する4人。その素顔を知り、美月にとって心を許せる存在になっていきます。

さて、美月は友達作りに挑戦中です。勇気を持って、レイナをパンケーキのお店に誘います。念願の放課後デビューを果たした美月は、レイナと仲良くなれることが嬉しくてたまりません。

しかし、レイナの携帯の待ち受けが四天王だったことから、レイナが大の四天王ファンだったことを知ります。

レイナに、四天王の存在を打ち明けることが出来ない美月。

学校でも永久のことを無視する美月に、理由を聞いた永久たちは「本当の友達なら言うべきだ」とアドバイスします。

勇気を出して打ち明ける美月に、レイナは「四天王と仲良しなことを責めてるんじゃない。美月が言ってくれなかったことがショックだった」と返します。2人の友情は深まりました。

美月とレイナは、永久たちのバスケットの試合を観戦することにします。

一眼レフで四天王を連写するレイナ。ガチファンのレイナに押され気味な美月でしたが、試合で真剣にプレイする永久たちの姿に感動します。

その頃、同じ会場で美月を見守る男の姿がありました。手には、美月の落としたヘアゴムが握られています。

そのヘアゴムは、幼い頃大好きだった、あやちゃんとお揃いのものでした。

ヘアゴムを落としたことに気付いた美月は、草陰を探します。試合の終わった永久も一緒に探してくれました。

そこに、ヘアゴムを持って現れた男。「まだ、持っていてくれたんだね。僕が幼なじみの亜哉だよ」。

女の子だと思っていたあやちゃんが、実は男だった?!

神山亜哉(小関裕太)は、アメリカ帰りの天才バスケ選手として注目される存在でした。

亜哉は美月に幼い頃ついていた嘘を誤ります。「美月の憧れの存在を壊したくなくて、男だと打ち明けられなかった。これからも美月を守る存在でありたい」と、積極的に思いを伝える亜哉。

亜哉の登場で、美月と永久はお互いの想いに気付き始めます。しかし、その想いを認めず蓋をする2人。

そんな中、全国高校作文コンクールに作品を出さないかと言われる美月。

悩む美月に永久は、「美月にもきっと大事なものが見つかるよ」と背中を押してくれます。

積極的ではないけれど、いつもやさしく見守ってくれる永久の存在に、美月は力をもらっていました。

町では花火大会が開催されます。美月を誘う、亜哉。

「美月の存在が自分を強くする」まっすぐ思いを告げる亜哉に、自分の気持ちがはっきりわからない美月。

あわてて転んでしまいます。亜哉の実家は病院でした。

亜哉の母親に傷の手当てを受ける美月。そこで亜哉がアメリカで、どれだけ美月との思い出を大事にしてくれていたかを知ります。

美月は、自分のことばかりで、亜哉のことも周りのことも考えていなかった自分を恥じます。

真剣に向き合うことで同じ目線になりたい。美月は、作文コンクールに思いをぶつけます。

以下、『春待つ僕ら』ネタバレ・結末の記載がございます。『春待つ僕ら』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C)あなしん/講談社 (C)2018 映画「春待つ僕ら」製作委員会

全国大会に向けてバスケ部も気合が入っています。

大会の前に永久は、亜哉を「1on1」に誘います。以前は亜哉の挑戦を断った永久でしたが、今回は美月をかけ真剣に勝負を挑みます。

自分の大事なものに打ち込む美月の姿に永久は、自分の気持ちに気付かない振りを止めます。美月が好き。

真剣勝負の結果は惨敗でした。実力の差を見せつけられた永久でしたが、大切な人のために強くなりたいという気持ちを知りました。

美月への想いがあふれる永久は、美月に「今は亜哉に適わないけど、待ってて。強くなるから」と告げます。

いよいよ全国大会の日です。美月は作文コンクールの授賞式の会場にいます。

お互いの姿は見られないけど、大切な存在があるから強くなれる。もう一歩成長するために、大事なものを掴むために2人は頑張ります。

緊張で転んでしまう美月。読み始めた作文のタイトルは「春待つ季節」

途中で原稿がないことに気付いた美月は、幼い頃のトラウマに襲われます。

しかし、彼女はもう以前の彼女ではありません。大事なものを知っています。今まで支えてくれた存在が彼女を強くしています。

「悩んでいるのは自分だけじゃない。この世界に強い人はいない。みんな背伸びをして生きている。その背伸びがいつか本当になることを信じて」堂々と読み上げる美月。

その頃試合会場では、接戦が繰り広げられていました。今この瞬間を本気で生きる皆の姿は輝いています。

試合に駆け付ける美月。コートに向かって叫びます、「皆、頑張って!」。

試合に負けたその年の大晦日。

永久と美月、瑠衣、竜二、恭介、ナナセ、レイナは、カウントダウンの花火を見に来ていました。

間もなく年が明けます。永久と美月の姿がありません。

永久は美月に「君の存在が僕の力になる。これからも側にいてほしい」と告白します。うなずく美月。

誓いのキスをするふたりの頭上には、カウントダウンの花火が打ちあがっていました。

スポンサーリンク

映画『春待つ僕ら』の感想と評価


(C)あなしん/講談社 (C)2018 映画「春待つ僕ら」製作委員会

今をときめく俳優たちの、瑞々しい演技が炸裂の『春待つ僕ら』。

胸キュンが止まらない。

春に満開の花を咲かせるために、自分を磨き成長していく主人公たち。その役どころに、ぴったりとハマるキャスト。

今まさに花を咲かせる俳優たちの等身大の姿が、美しいです。

土屋太鳳は、内気で引っ込み思案な自分を変えようと頑張る主人公を、見事に演じています。純粋無垢な笑顔に癒されます。

また、バスケ部イケメン四天王。その名に相応しいカッコイイ姿を見せてくれます。

特に、北村匠海の輝きがスゴイです。バスケ少年が、恋に気付き本気モードになった時の顔つきがイケメン過ぎます。

大事なものの存在が自分を強くし、成長させる。

人生に悩み、迷った時に、支えてくれる存在がいるということは、どんなに心強いことでしょう。

そして、自分も誰かの支えになれるような存在でありたい。

改めて自分の存在価値を見直し、相手を認めて受入れようと感じるさせてくれる映画です。

まとめ


(C)あなしん/講談社 (C)2018 映画「春待つ僕ら」製作委員会
累計発行部数300万部を突破した、あなしん原作の同名人気コミックを、『ツナグ』『僕だけがいない街』など、多くの感動作を生み出している平川雄一朗監督が実写映画化した『春待つ僕ら

バスケ部イケメン四天王を演じる4人は、実際にバスケ経験者ということもあり、試合の姿もカッコイイです。

制服とユニフォーム、流れる汗と涙。さらに「電車ドアドン」や「頭ポンポン」、彼女をかけての勝負など、青春に欠かせない胸キュンポイントが満載です。

また、土屋太鳳と北村匠海はユニット「TAOTAK」の歌う、映画の主題歌「Anniversary」にも注目です。曲は「ウカスカジー」のカバーで、亀田誠治がプロデュ―スを手掛けています。

旬な俳優たちの等身大の演技が輝く映画『春待つ僕ら』。

年齢関係なく胸キュンして下さい。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

「ジャン=ピエール・メルヴィル特集」上映作品一覧!公開日時と劇場は

アラン・ドロン主演『サムライ』『仁義』などで知られるフランス映画の巨匠ジャン=ピエール・メルヴィル。 彼の生誕100周年を記念して角川シネマ新宿にて、11月11日より特集上映を開催されます。 今回は上 …

ヒューマンドラマ映画

映画『響HIBIKI』ネタバレ感想。ラスト結末あらすじに女優の可能性を実感

柳本光晴原作の『響~小説家になる方法~』を『君の膵臓をたべたい』の月川翔監督が映画化。 主演は欅坂46の不動のセンター平手友梨奈が映画初出演にして初主演。 共演に“キミスイ”の北川景子、小栗旬が月岡監 …

ヒューマンドラマ映画

ザ・ディフェンダーズ シーズン1|あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)のレンタルと、『アントマン&ワスプ』(2018)の劇場公開が始まり、活気が収まることのないマーベルヒーローの世界。 実はNetflixで公開中のマ …

ヒューマンドラマ映画

ソフィアコッポラ監督の新作公開はいつ?カンヌ受賞作『ビガイルド欲望のめざめ』

カンヌ国際映画祭で大注目されたソフィア・コッポラ監督作品『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』。 めでたく!ソフィア・コッポラ監督は、カンヌ国際映画祭にて監督賞を受賞しました! ©20 …

ヒューマンドラマ映画

映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』あらすじとキャスト。感想レビューも

2018年7月14日公開の映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』は、押見修造の漫画を映画化した作品で、作者の実体験を基にした青春ストーリーです。 上手く言葉が喋れない志乃と、ミュージシャンを夢見てい …

【完成披露試写会プレゼント】映画『空母いぶき』50組100名様ご招待(4/22東京国際フォーラム ホールA)
【Cinemarche独占】アミール・ナデリ監督インタビュー|映画『山〈モンテ〉』に込めた黒澤明監督への思いとは
【Cinemarche独占】『洗骨(せんこつ)』公開記念・水崎綾女インタビュー|映画『洗骨』のキャストとしての思いを語る。自身の経験と向き合い深めた演技と死生観
【Cinemarche独占】『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』公開記念・三上博史インタビュー|役者魂と自身の人生観を語る。
【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
映画『斬、』塚本晋也監督インタビュー|時代劇で現代を描いた真意とは
映画『MAKI』サンドバーグ直美インタビュー|映画『MAKI マキ』女性の美しさを表現する思いを語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP