Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2024/05/08
Update

『ハロルド・フライのまさかの旅立ち』あらすじ感想と評価考察。原作者レイチェル・ジョイスが文学新人賞を経て伝えたかったこととは⁈

  • Writer :
  • 桂伸也

映画『ハロルド・フライのまさかの旅立ち』は2024年6月7日(金)より全国順次公開!

晩年を迎えた一人の老人が、一つの契機によって人生のやり残しに向き合っていく姿を描いた映画『ハロルド・フライのまさかの旅立ち』。

まさに「思い立ったが吉日」。一つの手紙をきっかけに、老人は長い旅路に向かい始めたのでした。

イギリスの作家レイチェル・ジョイスによる小説を原作とした本作は、「決意し実行すること」の厳しさと、それでもその行動をする意義、尊さを描いた物語。

人気ドラマシリーズを数多く手がけてきたイギリスのヘティ・マクドナルドが、イギリスの風情を感じさせる街並みや野原などを背景に文字通り「まさか」のロードムービーを作り上げました。

映画『ハロルド・フライのまさかの旅立ち』の作品情報


(C)Pilgrimage Films Limited and The British Film Institute 2022

【日本公開】
2024年(イギリス映画)

【原題】
The Unlikely Pilgrimage of Harold Fry

【原作・脚本】
レイチェル・ジョイス

【監督】
ヘティ・マクドナルド

【キャスト】
ジム・ブロードベント、ペネロープ・ウィルトン、リンダ・バセット、アール・ケイブ、ジョセフ・マイデル、モニカ・ゴスマンほか

【作品概要】
過去にわだかまりをもつ一人の老人が、一枚の手紙をきっかけに突然予想だにしない長旅に出向いていく姿を描きます。原作は作家レイチェル・ジョイスが2012年に発表した小説『ハロルド・フライの思いもよらない巡礼の旅』。本作ではジョイス自身が脚本を担当しました。

『名探偵ポワロ』『アガサ・クリスティー ミス・マープル』など数々の人気テレビドラマシリーズを手がけてきたヘティ・マクドナルドが監督を務めました。

そして「パディントン」シリーズ、『ドクター・ドリトル』『ゴヤの名画と優しい泥棒』などのジム・ブロードベントが主人公ハロルドを担当、またハロルドの妻モーリーン役を『ダウントン・アビー』シリーズのペネロープ・ウィルトンが演じました。

またハロルドの息子デイヴィッド役を、俳優、ロックシンガーであるニック・ケイヴの息子アール・ケイヴが務めています。

映画『ハロルド・フライのまさかの旅立ち』のあらすじ


(C)Pilgrimage Films Limited and The British Film Institute 2022

定年退職し妻モーリーンと平穏な日々を過ごしていたハロルド・フライは、ある日北の果てから思いがけない手紙を受け取ります。

手紙の差出人は、かつて彼が務めていたビール工場でともに一緒に働いていた同僚の女性、クイーニー。不治の病で入院中の彼女は、まもなく死を迎えると記してありました。

昔を思い返事を執筆するハロルドは手紙を近所のポストから出そうと家を出ます。

そしてポストに手紙を入れようとした瞬間、彼にふと一つの思いが芽生え、突然800キロ離れた場所にいるクイーニーのもとを目指してそのまま歩き始めます。

「クイーニーにどうしても会って伝えたい」慣れない歩き旅に苦戦しながらも、一つの思いを胸にさまざまなハプニングに見舞われながらもハロルドは歩き続けます。

映画『ハロルド・フライのまさかの旅立ち』の感想と評価


(C)Pilgrimage Films Limited and The British Film Institute 2022

のどかに広がるイギリスの田園風景を舞台としたこの物語は、決意や覚悟を決めることの厳しさ、そして大切さを描いているもの

どこかパッとしない日々を過ごすハロルドの日常において一通の手紙が届いたことで、ある意味青天の霹靂が訪れるわけですが、その啓示は静かに彼の前に現れます。

そして一歩、また一歩と歩みを進めるたびに出会う人それぞれより新たな啓示を受けていき、彼の思いは強い確信へと変わり古い友人クイーニーのもとに向かう長い旅を続けていくわけです。

旅の途はどこかデヴィッド・リンチの『ストレイト・ストーリー』を彷彿するような光景も見られますが、一方でハロルドは同時に大きな試練に向き合うことになります。


(C)Pilgrimage Films Limited and The British Film Institute 2022

一つは「誤解」。彼の旅を偶然知ることになった人がその行為をSNSで拡散、旅はいつしかハロルド本人が思いもよらなかった、大勢のお供を連れた「巡礼の旅」へと発展していきます。

そして彼は「彼らから離れなければならない」という一つのきっかけを迎えるまで、自分の意にそぐわないながらも「巡礼の旅」をお供たちと続けていくわけです。

この展開はハロルドの旅の中では不自然に目立つポイントでもあり、何かを成し遂げようとしたことに対し人の理解を得ることの難しさのようなイメージを受けるところであります。

そしてもう一つは「成し遂げることの難しさ」。旅を続けていく上で、ハロルドはさまざまなきっかけで自分自身が気づいていなかった自らの闇に気づかされていきます。

さらに自身の知らなかった事実を知らされていくいことで精神的に大きなダメージを受け、「クイー二ーに会いに行く」という行為を成し遂げることが困難な状況に陥っていきます。

物語としては整然とした展開を自然に受け止められるように演出を加えたストーリーという印象ではありますが、人の人生の中で胸に残るしこりのようなものにどう向き合っていくか、自身に真剣に向き合わせてくれるような作用をもった作品であるといえるでしょう。

まとめ


(C)Pilgrimage Films Limited and The British Film Institute 2022

ジム・ブロードベント演じるハロルドが歩む道のりは、イギリスらしい古くも整然とした石畳が続いていきます。

その雰囲気もさることながら、この景観は一つのイギリスらしさを表すイメージを想起させます。

劇中では、ハロルドが野山を歩くようなシーンはほとんどなく、大半は何らかの舗装された道路の上を歩いています。

道筋としては行く先をしっかりと示されている反面、歩いていくには非常に負担のかかる道であり、劇中では当初歩き慣れていなかったハロルドを苦しめます。

その歩く苦しみは、いつしかハロルド自身が抱える過去の傷とどこか重なり、歩みの中でハロルドを精神的にも苦しめていきます。

本作のその景観は非常に美しく趣のあるものでありつつ、辛辣なメッセージをどこか暗に示しているようなイメージが感じられ、物語の説得力をより強める要因になっているといえるでしょう。

映画『ハロルド・フライのまさかの旅立ち』は2024年6月7日(金)より全国順次公開!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『夜明け』あらすじと広瀬奈々子監督のプロフィール。上映館情報の紹介も

映画『夜明け』は、1月18日(金)より新宿ピカデリーほか全国ロードショー! 『万引き家族』の是枝裕和、『ゆれる』の西川美和らが立ち上げた制作者集団”分福”に所属する広瀬奈々子の監督デビュー作です。 是 …

ヒューマンドラマ映画

映画『愛しのアイリーン』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【吉田恵介×新井英樹】

閉鎖的な地方の農村に、フィリピン人女性が嫁いだ事で巻き起こる騒動を描く、映画『愛しのアイリーン』。 『宮本から君へ』『ワールドイズマイン』で知られる漫画家・新井英樹の同名コミックを、『さんかく』『ヒメ …

ヒューマンドラマ映画

『バーニングオーシャン』ネタバレ感想と実話映画の評価!動画無料視聴方法も

日本でも大きく報道された『2010年メキシコ湾原油流出事故』。 被害の大きさは数日にわたりテレビ中継が行われ、燃え上がる石油採掘施設や、溢れ出る原油などショッキングな映像が放送されました。 今回の『バ …

ヒューマンドラマ映画

映画ロングロングバケーション|あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

映画『ロング,ロングバケーション』は1月26日より全国順次公開しています。 かつて大学教授で文学を教えていたジョンは、アルツハイマー病の進行で記憶の認識の曖昧、その妻エラも末期ガンに侵されていました。 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ヒトラーを欺いた黄色い星』あらすじとキャスト。上映館情報も

映画『ヒトラーを欺いた黄色い星』は、7月28日(土)よりヒューマントラスト有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開。 首都ベルリンからユダヤ人は一掃されたといわれていたが、実際には約7000人のユダヤ人が …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学