Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

リチャード・ギア映画『嘘はフィクサーのはじまり』感想と上映館情報

  • Writer :
  • 富士野

映画『嘘はフィクサーのはじまり』は、10月27日(土)よりシネスイッチ銀座、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開!

自称フィクサーの男、ノーマンがありとあらゆる手をつかって上流社会に食い込もうとするブラックコメディ。

『プリティ・ウーマン』『HACHI 約束の犬』などで知られる名優リチャード・ギアの好演が光る作品です。

スポンサーリンク

映画『嘘はフィクサーのはじまり』の作品情報


(C)2017 Oppenheimer Strategies, LLC. All Rights Reserved.

【公開】
2018年(イスラエル・アメリカ合作映画)

【原題】
Norman

【監督・脚本】
ヨセフ・シダー

【音楽】
三宅純

【キャスト】
リチャード・ギア、リオル・アシュケナージ、マイケル・シーン、スティーヴ・ブシェミ、シャルロット・ゲンズブール、ダン・スティーヴンス、ハンク・アザリア、ハリス・ユーリン、ジョシュ・チャールズ、イェフダ・アルマゴール、ネタ・リスキン

【作品概要】
リチャード・ギア演じる、自らを“フィクサー”と称する男、ノーマンがありとあらゆる手をつかって上流社会に食い込もうとするブラックコメディ。

『プリティ・ウーマン』など数多くのヒット作に出演のリチャードギアが主演を務め、共演は『運命は踊る』などのイスラエルの名優リオル・アシュケナージ、『レザボア・ドッグス』のスティーヴ・ブシェミ、『なまいきシャルロット』のシャルロット・ゲンズブールなどベテランが脇を固めます。

リチャード・ギア(ノーマン・オッペンハイマー役)のプロフィール

参考映像:『プリティ・ウーマン』(1990)

1949年アメリカ・ペンシルヴァニア州のフィラデルフィアで生まれ、ニューヨーク州シラキューズで育ちました。

マサチューセッツ大学中退後、俳優を目指し、ブロードウェイの舞台を経て映画の世界に入ります。

1977年の『ミスター・グッドバーを探して』で注目を集めると、翌年、テレンス・マリック監督『天国の日々』に主演。世界的な知名度を上げます。

二枚目俳優として『愛と青春の旅だち』(1982)、『コットンクラブ』(1984)などで人気を集め、1990年の大ヒット作『プリティ・ウーマン』でジュリア・ロバーツと共演

コールガールと出会う実業家を演じ、ゴールデン・グローブ賞にノミネートされます。

以降、『ジャック・サマースビー』(1993)、『心のままに』(1993)、『Dr.Tと女たち』(2000)、『運命の女』(2002)、『シカゴ』(2002)などに出演、女優を引き立てる名優として活躍します。

また、黒澤明監督作『八月の狂詩曲』(1991)や『Shall we Dance?』(2004)、『HACHI 約束の犬』(2008)といった日本ゆかりの映画や、日本のCMにも度々出演し、非常に人気・知名度が高い俳優です。

熱心なチベット仏教信者で人道主義者でもある彼は、俳優活動の傍ら、人道的な活動も行っており、数々の賞を受賞しています。

スポンサーリンク

ヨセフ・シダー(監督・脚本)のプロフィール

参考映像:『フットノート』(2011)

1968 年、ニューヨークに生まれ、6歳でイスラエルに移住し、ヘブライ大学とニューヨーク大学の2つの大学で学生生活を送ります。

大学では哲学と演劇史を学び、在学中にデビュー作『TIME OF FAVOR』(2000)の脚本を書き始めます。イスラエルに帰国後、本格的に制作したこのスリラー作品は、イスラエル国内で大ヒット。

イスラエル・アカデミー賞で作品賞と脚本賞を含む6つの賞を受賞しました。

2作目の『CAMPFIRE』(2004)ではベルリン国際映画祭でドン・キホーテ賞、そしてデビュー作に続き、イスラエルの映画賞オフィール賞を受賞します。

3作目の『ボーフォート-レバノンからの撤退-』(2007)は監督自身のイスラエル従軍中の兵役体験を元に作られた作品で、ベルリン国際映画祭の銀熊(監督)賞を受賞しました。

4作目『フットノート』(2011)は カンヌ国際映画祭で脚本賞を受賞し、日本でも「三大映画祭週間2014」において上映されました。

3、4作目ともにアカデミー賞外国語映画賞にノミネートされ、ヨセフ・シダー監督はイスラエルを代表する監督として、世界的に知られるようになりました。

本作『嘘はフィクサーのはじまり』は、ヨセフ・シダー監督初の英語作品です。

三宅純(音楽)のプロフィール

参考映像:『Pina /ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』(2011)

1958年、京都府に生まれ、鎌倉で育ちます。

高校時代よりライブ活動を行い、日野皓正に見出され、彼の推薦によりバークリー音楽大学に入学。

ジャズトランぺッターとして活動を開始します。

帰国後は作曲家としても頭角を現し、CM、映画、アニメ、ドキュメンタリー、コンテンポラリーダンスなど様々なジャンルの作品にかかわります。

3000作を超えるCM作品の中には、カンヌ国際広告映画祭などでの受賞作も多数あります。

ピナ・バウシュ、ロバート・ウィルソン、オリバー・ストーン、ジャン=ポール・グードらの作品に参加し、いろいろなジャンルの音楽をMIXした個性的なサウンドは、国際的に高い評価を受けています。

映画では、舞踏家・振付師のピナ・バウシュの姿を描いた、ヴィム・ヴェンダース監督のドキュメンタリー『Pina /ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』(2011)や、 大友克洋監督のアニメ作品『MEMORIES』(1995)などの音楽を手掛けがけたことで知られています。

ジャンルを超越した活動を通じて、ハル・ウィルナー、アート・リンゼイ、デヴィッド・バーン、グレース・ジョーンズ等の海外音楽家とのコラボレーションも多く、2005年秋以降はパリにも拠点を設け、現在も精力的に活動しています。

アルバム『Stolen from strangers 』(2007)『Lost Memory Theatre act-1 』(2013)、『Lost Memory Theatre act-2 』(2014)は、フランスとドイツの音楽誌で音楽批評家大賞と年間ベストアルバム賞などを受賞し、海外でも不動の地位を築いています。

スポンサーリンク

映画『嘘はフィクサーのはじまり』のあらすじ


(C)2017 Oppenheimer Strategies, LLC. All Rights Reserved.

自らをフィクサーと称する男、ノーマンの野望は、世界金融の中心地ニューヨークの一端を牛耳るユダヤ人の上流社会に食い込むことです。

コツコツと人脈を広げてきた彼は、ある日イスラエルの政治家エシェルに、偶然を装い高価な靴をプレゼントすることに成功し、プライベートの電話番号を手に入れますが、すぐに彼と人脈を持つことは叶いませんでした。


(C)2017 Oppenheimer Strategies, LLC. All Rights Reserved.

3年後、エシェルはイスラエルの首相に大出世します。

ワシントンDCの支援者パーティに参加したノーマンは、彼と奇跡的な再会を果たしました。

以降、ノーマンは「首相のお墨付き」という武器を利用して、あちらこちらで暗躍します。

しかしその暗躍は、国際紛争を招きかねない大騒動に発展していきます…。

映画『嘘はフィクサーのはじまり』の感想と評価


(C)2017 Oppenheimer Strategies, LLC. All Rights Reserved.

この作品の見どころは、主人公ノーマンのキャラクターの愛おしさにつきます。

ノーマンの欲は、当初とにかく認めてもらいたい、偉い人とのつながりが欲しい、お金持ちになりたいというものでした。

多くの人間が持っている欲望をここまでかと言わんばかりに膨らませたノーマンは、嘘やはったりを積み重ねて「首相のお墨付き」というありえないステージのチャンスを得ます。

小さなツテや、そこまでやる!?と笑ってしまうような偶然を頼って欲望を満たしていく彼の姿を見ていると「 あれ、なんか自分も頑張ればもしかしてすごいところまでいけるのでは?」という気持ちにさせてくれるでしょう。

普段そのような欲をなるべく出さないように、おとなしくつつましやかに暮らしている人々にとっては、なんだか応援したくなってしまいますよね。


(C)2017 Oppenheimer Strategies, LLC. All Rights Reserved.

しかし、欲望のままに生きる彼の前に、彼の行動を怪しむイスラエル法務省の検察官が現れたり、出世したはいいものの、自らの嘘が自分の首をしめるような出来事も起こります。

彼の欲望の道はいったいどこまで続くのか、そしてその道の先で待つ運命とは…。

お茶目で破天荒な人物像を、およそ1年にわたる役作りで完璧に仕上げてきたリチャード・ギアの怪演にも注目です!

まとめ


(C)2017 Oppenheimer Strategies, LLC. All Rights Reserved.

ひとりの男の膨れ上がった欲望が、国際紛争を巻き起こすまでの大騒動に発展し、その生き様は時に滑稽にも見えてしまう主人公ノーマン。

果たして本作の結末は、ノーマンが大成功を収めるのか、それとも大失敗に終わるのか、それとも他の人生が待っているのか?

“人生はどう転ぶか誰にもわからない”

劇中の彼のそんなセリフが、映画を観終わった後の私たちの頭の中をぐわんぐわん回りながら、いろいろなことを考えさせてくれます。

欲に正直な彼のような生き方は、誰にでもできることではありません。しかし、真に彼が求めたのは偉くなることやお金なのか。

嘘で上り詰めたノーマンが決断することとは、本作に笑いながら、シニカルな運命の先が見えた時、この作品が秀作であることに気がつくはずですよ。

先の展開の読めない巧みな脚本、そしてカメラ・ワークの見事さ。何よりもリチャード・ギアを筆頭にキャスト陣の素晴らしい演技を堪能できますよ。

劇場でぜひ本作をお楽しみください。

映画『嘘はフィクサーのはじまり』は、10 月27日(土)よりシネスイッチ銀座、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開です。

本作を上映する劇場情報


(C)2017 Oppenheimer Strategies, LLC. All Rights Reserved.

【北海道地区】
北海道 シアターキノ 11/3~

【東北地区】
宮城 フォーラム仙台 10/27~

【関東地区】
東京 シネスイッチ銀座 10/27~
東京 YEBISU GARDEN CINEMA 10/27~
神奈川 川崎チネチッタ 10/27~
千葉 千葉劇場 11/3~
群馬 シネマテークたかさき  11/10~

【中部地区】
静岡 静岡シネ・ギャラリー 11/24~
静岡 シネマe_ra 順次上映
静岡 シネプラザ サントムーン 12/8~
愛知 伏見ミリオン座 11/10~

【関西地区】
三重 進富座 12/8~
大阪 シネ・リーブル梅田 10/27~
京都 京都シネマ 10/27~
兵庫 シネ・リーブル神戸 11/10~

*上記の情報は2018年10月9日現在のものです。作品の特性からセカンド上映や全国順次公開されることが予想されます。お近くの劇場をお探しの際は必ず公式ホームページを閲覧してください。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ベルファスト』ネタバレ感想と結末ラストの評価解説。ケネス・ブラナー監督自身を投影する主人公の成長物語

激動の時代の北アイルランド・ベルファストを舞台に描く、故郷への郷愁と家族の愛。 俳優、監督、舞台演出家として世界的に活躍するケネス・ブラナーが、自身の幼少期の体験を投影して描いた映画『ベルファスト』。 …

ヒューマンドラマ映画

映画『希望の灯り』あらすじネタバレと感想。旧東ドイツで描かれる悲哀と希望

2019年4月5日より公開の映画『希望の灯り』 旧東ドイツにある巨大なスーパーマーケットを舞台に、そこで働く従業員たちの悲哀に満ちた日常と微かな希望を描いた映画『希望の灯り』。 悲しみという苦痛に喘ぎ …

ヒューマンドラマ映画

映画『最後のランナー』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

映画『最後のランナー』は、7月14日より全国順次公開中。 人は何処まで、希望を捨てずに尊厳を失わず、生きていくことができるのか。 1924年パリ・オリンピック金メダリストを描いた名作『炎のランナー』の …

ヒューマンドラマ映画

映画『15時17分、パリ行き』あらすじ。実話のキャストは本人が演じる⁈

2015年にヨーロッパで起こった無差別テロ「タリス銃乱射事件」。 現場に居合わせ、犯人を取り押さえた3人の若者の幼少時代から事件に遭遇するまでの半生を描く実話がモチーフの作品です。 映画『15時17分 …

ヒューマンドラマ映画

映画『はるヲうるひと』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。タイトルの意味がラストで清々しい人間ドラマを佐藤二朗が描く

閉塞感の溢れる島を舞台に「明日を生きる為の希望」を得る、人々の群像劇。 日本のどこかに存在する架空の島を舞台に、壮絶な過去を背負った兄妹と、その周囲の人達の人間ドラマを描いた映画『はるヲうるひと』。 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学