Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2017/02/27
Update

映画『コンカッション』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

  • Writer :
  • shinya_716

近年増えてきている実話を基にした映画。

ある一人の人物にフォーカスすることによって、観客もその人物の心境に近付けると思います。

ウィル・スミス主演の『コンカッション』も、実在したナイジェリア医師の苦悩と成功を描いた感動作です。

スポンサーリンク

映画『コンカッション』の作品情報

【公開】
2016年(アメリカ)

【原題】
Concussion

【監督】
ピーター・ランデズマン

【キャスト】
ウィル・スミス、アレック・ボールドウィン、ググ・バサ=ロー、ポール・ライザー

【作品概要】
ウィル・スミスが実在の医師を演じ、引退したアメリカンフットボール選手の死の真相に迫るヒューマン・サスペンス。
第73回ゴールデングローブ賞で最優秀主演男優賞にもノミネートされた感動作です。

映画『コンカッション』のあらすじとネタバレ

ナイジェリアの医師、オマルはアメリカの病院で検死官として働くことになります。

死者がどのような死に方をしたかより、なぜ死ななければならなかったのかを究明する彼は、他の医師とは違い、まるで死者と対話するように検死をし、原因究明の為ならば巨額の研究費を投じます。

彼の型破りな検死方法に他の医師たちは白い目を向けています。

ある日、引退した元アメリカンフットボール選手のマイク・ウェブスターの死体が彼の元へ運ばれてきます。

生前の様子から、恐らく脳に障害があることを思い解剖を始めたオマル医師でしたが、外見的に見て全くの無症状であることを疑問に思い、彼の死の真相を突き止めようと研究に身を投じていきます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『コンカッション』ネタバレ・結末の記載がございます。『コンカッション』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

研究の結果、マイクの死因は、彼が現役時代に受けた頭部への衝撃が原因だと判明します。

CTE(慢性外傷性脳症)と名付けられたこの病は、一度の衝撃では無傷でも、長年、何度も何度も衝撃を受け続けるうち、脳には確かにダメージが蓄積されていく恐ろしい病でした。

更に調べを進めてみると、彼の他にも多くの元選手が自殺や不穏な死を遂げていることが分かりました。

オマル医師はすぐにこのことを論文にて発表するのですが、NFL(ナショナル・フットボール・リーグ)はこれを否定します。

もはや国民の生きがいにまでなっていたアメリカン・フットボールに不穏な空気を滲ませるわけにはいかなかったのです。

世間からの強いバッシングを受け、一度は気持ちが挫けてしまうオマル医師でしたが、マイクの主治医であったバイレス医師や、妻のプレマらの支えによって再び巨大組織と戦う決意をします。

彼の強い研究への思いを汲み取り、NFLはオマル医師に審問会での答弁の機会を与えますが、審問会当日、オマル医師の会場への入室は禁じられ、代わりに答弁に立ったバイレス医師の頑張りも虚しく、彼の説は闇の中へと葬られてしまいます。

更に妊娠していたプレマも子供を死産してしまい、深い絶望のうちに彼は病院を去ります。

しかし数か月後、NFLの幹部でかつては現役選手としても活躍していた男がCTEが原因と思われる自殺を遂げたことにより、NFLもオマルの意見を無視できない状況となり、一転してオマルの研究結果は広く世界で認知されることとなったのです。

スポンサーリンク

映画『コンカッション』の感想と評価

この作品は、謎の病の究明に奔走する医師の姿を追ったサスペンスです。

主演のウィル・スミスといえば『バッドボーイズ』や『メン・イン・ブラック』シリーズに代表されるように、ハイテンションで口が達者なお調子者というイメージが強いですが、本作は一転して、彼の静かな骨太の演技が堪能できます。

真実を公表したいだけ。たったそれだけの願いであるにも関わらず、大企業を相手にしてしまったがために、無名でアメリカ国民でもない医師は簡単にその存在を脅かされて行ってしまいます。

その展開は見ていてとても苦しく、同時にオマル医師へのエールを送らずにはいられません。

まとめ

タイトルのコンカッションは「脳震盪」を意味する英単語。

アメリカンフットボールにより、脳にダメージを受け続けるとは果たしてどういうものなのか。

スポーツに造詣が深くはないオマル医師は、実際に競技場に足を運び、その様子を見つめます。

論文を最初に発表した際、彼の中には「広く世間に認められたい」という思いが強かったように思います。

しかし、幾度も競技としてのアメリカンフットボールを鑑賞するうち、また遺族の思いに触れる度、彼の中で「これは自分だけの研究じゃない」という思いが膨れ上がっていきます。

その成長過程をウィル・スミスは巧みな演技力で表現しています。ゴールデングローブ賞にノミネートされたのも頷けます。

事実を究明するための強い精神力、努力が報われる感動のラストを、ぜひお確かめください。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『菊とギロチン』あらすじと感想。キャストの演技力にシビレた瀬々監督入魂の一作

構想三十年!瀬々敬久監督入魂の作品『菊とギロチン』がいよいよ7月7日(土)よりテアトル新宿ほかにて順次ロードショーされます! 時代に翻弄されながらも「自由」を求めて疾走する若者たちの辿り着く先は!? …

ヒューマンドラマ映画

映画『ブリムストーン』あらすじとキャスト!感想レビューも

ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門に選出された、愛と暴力と信仰心を巡る壮絶な年代記、いよいよ日本公開! 映画『ブリムストーン』は、2018年1月6日(土)より新宿武蔵野館ほかで順次公開される主 …

ヒューマンドラマ映画

映画『椿の庭』ネタバレ感想とラスト結末の考察。原作のないストーリーを写真集のような美しい景色と女性たちの生き様で活写

命あるものはやがて朽ちる。だからこそ、儚くも美しい。 数多くの広告写真を手掛け、その卓越した美学で人々を魅了し、国内外で高い評価を得ている写真家・上田義彦の映画初監督作品『椿の庭』。 海を望む高台にあ …

ヒューマンドラマ映画

『ブルーアワーにぶっ飛ばす』ネタバレ感想と評価。誰にでも通じる繊細な感情を鮮やかに表現

明日へぶっ飛ばす! おばあちゃんを見舞うため、砂田は大嫌いな故郷へいやいや帰ることになるのだが・・・! 夏帆とシム・ウンギョンという日韓を代表する女優が共演した箱田優子初監督作『ブルーアワーにぶっ飛ば …

ヒューマンドラマ映画

映画『星に語りて』あらすじ感想評価と解説レビュー。障害者支援の視点で東日本大震災の知られざる実像を探る

被災地で障害者が消えた!? 東日本大震災から10年。私たちは、その理由を知る。 障害のある人たちが地域で働く・活動する・生活することを応援する全国組織「きょうされん」が、結成40周年を記念して製作した …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学