Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『チェリーボーイズ』あらすじとキャスト。林遣都のプロフィールも

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

林遣都主演の映画『チェリーボーイズ』は、2018年2月17日より全国順次公開

地方都市の小さな酒屋営む家で育った国森信一こと、あだ名はクンニ。彼は東京に上京していたものの父親の病気をきっかけに実家に舞い戻ります。

クンニには幼なじみのビーチクこと吉村達也、カウパーこと高杉誠の3人組の気の知れたボンクラ仲間がいました。

それぞれ仕事や恋愛が思うようにならず、25歳の童貞という彼らが自分を変えるべく“脱童貞作戦”に乗り出すが…。

スポンサーリンク

1.映画『チェリーボーイズ』の作品情報


(C)古泉智浩/青林工藝舎・2018 東映ビデオ/マイケルギオン

【公開】
2018年(日本映画)

【監督】
西海謙一郎

【キャスト】
林遣都、栁俊太郎、前野朋哉、池田エライザ、石垣佑磨、岡山天音、般若、山谷花純、松本メイ、岸明日香、馬場良馬、吹越満、立石涼子

【作品概要】
漫画家の古泉智浩の同名コミックを実写映画化。動画配信ドラマ『火花』や映画『シャボン玉』の林遣都、『東京喰種トーキョーグール』の栁俊太郎、『桐島、部活やめるってよ』の前野朋哉が25歳の童貞3人組を演じる青春コメディ。

長年にわたり助監督を務めた西海謙一郎の監督デビュー作。

2.林遣都のプロフィール

林遣都(はやしけんと)は、1990年12月6日に滋賀県大津市に生まれた俳優。比叡山高等学校卒業。事務所はスターダストプロモーション所属。

2005年に東京に修学旅行中に、渋谷駅のホームでスカウトされ芸能界入りを果たします。まさに「遣都」と名前をつけた両親の願い通り、“都に出て大きなことを成し遂げる”というチャンスと今の地位を築きます。

2007年に映画『バッテリー』の主演で俳優デビュー。この作品で日本アカデミー賞などの新人賞を受賞。林遣都の演技に業界の期待は大きいようです。

【受賞歴】
第31回日本アカデミー賞 新人俳優賞
第81回キネマ旬報ベスト・テン 日本映画新人男優賞
第22回高崎映画祭 最優秀新人賞
第17回日本映画批評家大賞 最優秀新人賞

2017年に東伸児監督の映画『しゃぼん玉』の伊豆見役で主演、同年の廣木隆一監督の『ナミヤ雑貨店の奇蹟』の松岡克郎役を勤めています。

また同年のドラマでは、連続テレビ小説『べっぴんさん』の河合二郎役を務め、『火花』の主演の徳永太歩役はとても印象的なものでした。

映画『チェリーボーイズ』の出演に寄せて、林遣都は次のように語っています。

「古泉智浩さんの原作を読まさせていただき、この漫画の世界に飛び込んでみたいと強く感じました。20代半ばにしてチェリーボーイズと呼ばれる中身も外身もコンプレックスだらけの3人の男達が、諦めかけていた人生、敗れ去った青春を取り戻すべく、必死にもがき苦しみ叫び続ける、情けなくもどこか切ない物語に、沢山勇気を貰いました。西海監督、そして栁俊太郎さん、前野朋哉さんと共に、魂を込めて悩める童貞青年の思いをぶつけました。是非見届けていただけたらと思います」

林遣都はどのような役柄に対しても、真剣に挑む姿勢が見えるメッセージですね。

これからも林遣都からは目が離せない若手俳優ですね。

スポンサーリンク

3.映画『チェリーボーイズ』のあらすじ

とある田舎町。歯科医院の前に停車している車に、目出し帽を被った黒いスーツ姿の3人男が乗車していました。

それはクンニこと国森信一、ビーチクこと吉村達也、カウパーこと高杉誠理。

どこか怯えるビーチクとカウパーに向かって「もう後戻りはできないぞ。準備はいいか!」というクンニの目の視線の先には、医院で働く釈笛子が仕事を終えて帰宅する様子でした。

その数時間前。4年ぶりにクンニは幼なじみの親友であるビーチクとカウパーに再会していたのです。

クンニはバンド活動をするために東京に上京して行たが、自営で酒屋を商う父親信明の病気を機に地元に帰ってきてました。

2人の前では偉そうなことを言っているが、実は音楽活動すらしておらず、実際にはクンニも性行為もしたことがない25歳の童貞青年でした。

また地元の市役所に勤めるビーチクはイケメンながら、自慰行為の遣り過ぎで発達した乳首がコンプレックスになっていました。

パチンコ屋で働くカウパーは不細工なうえに、内気な性格でした。気がつけば25歳にして3人とも女性とは縁のない生活を送っていました。

さらに、3人は学生時代から脅威でもあるプーチンこと中出英雄に、今でもイジメられ童貞を馬鹿にされていました。

ナンパをする勇気もなく、風俗に行く度胸もない彼らだったが、ある日、クンニは童貞を捨てるために3人でスケべな女を襲うという、トンデモナイ暴挙の計画を企てます。

そのターゲットに選んだのは東京で風俗嬢をしていた過去を持つなど、様々な噂が絶えない笛子でした…。

4.映画『チェリーボーイズ』の感想と評価

林遣都のほかに救いようないほどにズッコケタ3人組の1人を演じたビーチクこと、栁俊太郎。

1991年5月6日に宮城県で生まれた俳優です。

萩原健太郎監督の『東京喰種トーキョーグール』、大丸明子監督の『勝手にふるえろ』などに出演をしています。

栁俊太郎は本作について次のように語っています。

「ビーチク役を演じさせて頂きました、栁俊太郎です。半年ほど前に撮影を終えて久しぶりにビーチクという役名を言ってみると、とても懐かしくあの時に感じた青春を思い出します。『チェリーボーイズ』の台本を初めて拝見させて頂いた時に、最低な3人組でズッコケでピュアな青春ストーリーにとても熱いものを感じました。どこか愛おしく憎めない3人組を演じるのがとても楽しみになりました。それでもやはり彼らは最低ですが。笑 最初はクンニ、カウパーという呼び名に少し抵抗はあったものの、すぐにチェリーボーイズの世界観に引き込まれ、とても充実した撮影期間を過ごさせて頂きました。最低でくそったれな3人組が終わりに近づいていくにつれて、とても寂しく切ない気持ちになったのを今でも覚えています。キャスト、スタッフの皆さんに支えられて素晴らしい青春バイオレンスエロサスペンス作品に参加ができて最高でした!ぜひ皆さん映画『チェリーボーイズ』をよろしくお願い致します」

栁俊太郎の例えたように、青春バイオレンスエロサスペンス作品ですね。

昭和の東映ここにあり!といった世界観はあります。

3人組のもう1人のカウパーこと、前野朋哉。

1986年1月14日の岡山県生まれの俳優で、誰もが知る将来の名バイプレヤー有望候補です。

彼もまた、栁俊太郎と同じように萩原健太郎監督の『東京喰種トーキョーグール』、大丸明子監督の『勝手にふるえろ』などに出演をしています。

前野朋哉は本作についてこのようにファンにメッセージを送っています。

「かつて童貞だったキャスト・スタッフと、現役童貞のキャスト・スタッフで真剣に「童貞」と向き合いました。童貞だった頃に書いたとされる松居大悟さんの脚本『チェリーボーイズ』を紐解いて行くと心情や行動がとんでもなく複雑なのです。それを読み解き、演じながら体験していく中で、林くんと栁くんと僕の仲に生まれたものがありました。生きとし生けるもの全ての方にご覧頂きたいです」

さすが、面白いコメントで多くの人に気遣いを感じさせる前野朋哉の姿勢を感じさせてくれます。

キモい!それこそ青春だよね

25歳まで童貞な3人組を描いた本作『チェリーボーイズ』。

1970年代であれば、このような童貞や処女をモチーフにした作品の主人公は決まって中学生か高校生でした。

かつて幼き頃にテレビで見た1970〜71年の日活映画で、麗しかった夏純子主演の「女子学園」シリーズは息をのんだものです。

近年でも1984年に鈴木則文監督の作品で、主演は山本陽一、ヒロイン役を菊池桃子が演じた『パンツの穴』という作品もありました。

今の時代は草食系男子とでもいうのか、20代半ばになって童貞話で盛り上がるというのが、いかにも時代を反映している点かもしれないですね。

『ブレードランナー2049』のライアン・ゴズリングが演じたK(KD6-3.7)のように、そのうち童貞の相手をするのは人間だけではなくなるでしょう。

レプリカントやAIに取って筆下ろしの相手が代われば、本作のような作品は今しか描けない映画なのかもしれません。

そうのような意味では、25歳のズッコケタ3人組は、愛しい野獣なのかも…。 –

また、池田エライザが演じた釈笛子が、林遣都の演じたクンニに「キモい」という言葉を投げ捨てます。

そう言えば、かつて筆者も聖修ん時代には、女子に「キモい」と言われたことを思い出しました。

いつしか大人になってしまい、童貞も遠い昔になれば、「キモい」と言われることがなくなってしまった。それはそれで寂しいものだ…。

男子たるもの若い時分は「キモい」と言われるぐらいが、“生きている証し”で良いのかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

林遣都主演の映画『チェリーボーイズ』は、2018年2月17日より全国順次公開

共演の栁俊太郎、前野朋哉も面白みたっぷりな演技にも期待してください!

『伊藤くんAtoE』にも出演を果たした池田エライザの肝いりの演技で演じたマドンナ役にも注目です!

そのほか、プーチン役の石垣佑磨、ゴキ役の般若はさらに要注目です!

R15指定作品です、高校生のみなさん、お見逃しなく!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『あいあい傘』あらすじネタバレと感想。親子の絆を倉科カナ&立川談春の共演で描く

夫婦で歩くということは「あいあい傘」で歩くのと一緒。肩を寄せ合い、一歩一歩、歩いて行くのです。 25年前に姿を消した父を探しにやってきた娘は、新しい家族を築き幸せそうに暮らす父の姿を目の当たりにします …

ヒューマンドラマ映画

イッセー尾形映画『漫画誕生』のあらすじとキャスト。篠原ともえとの共演で見せる魅力とは

第31回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュに選出されたイッセー尾形主演『漫画誕生』。 “近代漫画の父”と呼ばれ、いま現在に至る漫画を職業として確立し、歴史から忘れられていった男・北沢樂天。 新進気鋭 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ちはやふる 結び』あらすじネタバレ感想とラスト結末の評価解説。広瀬すず×野村周平×新田真剣佑おすすめ代表作

2016年に2部作で公開され大ヒットを記録した青春映画が遂に完結! 主演の広瀬すずを始め、日本映画界のこれからを担う若手俳優が総出演。 日本映画史に残る永遠の輝きを見逃すなかれ。 3月17日(土)より …

ヒューマンドラマ映画

映画『親密な他人』あらすじ感想と評価解説。ラストにて観る者に想像させた“愛か狂気か歪んだ母性愛”を女優 黒沢あすかが巧みに演じる

第34回東京国際映画祭、上映作品『親密な他人』2022年春公開予定 1年前に行方不明になった息子を探し続けるシングルマザーのもとに、特殊詐欺グループの魔の手が忍び寄り、息子の消息をほのめかす青年が現れ …

ヒューマンドラマ映画

マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー|あらすじネタバレと感想レビュー!

映画『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』は、8月24日(金)より公開! 2008年に公開され大ヒットしたミュージカル映画『マンマ・ミーア』の10年ぶりの続編。 アマンダ・セイフライド、メリル・ストリ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学