Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2017/01/08
Update

映画『二ツ星の料理人』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

  • Writer :
  • yukimura

スポンサーリンク

映画『二ツ星の料理人』作品情報

【公開】
2015年(アメリカ)

【原題】
Burnt

【監督】
ジョン・ウェルズ

【キャスト】
ブラッドリー・クーパー(アダム・ジョーンズ)、エレーヌ(シエナ・ミラー)、オマール・シー(ミシェル)、トニー(ダニエル・ブリュール)、リッカルド・スカマルチョ(マックス)

映画『二ツ星のレストラン』あらすじとネタバレ

新たな人生

天才肌と自負する料理人のアダム。パリの二ツ星レストランで腕を振るっていましたが、異常なまでの完璧主義と薬物依存で、店も仲間も失ってしまいます。

3年後、人生のやり直しを決意したアダムは、友人のトニーを訪ね、彼の父親が経営するホテルのシェフに雇ってほしいと強引に頼み込みます。

トニーは、精神科医のもとで毎週、薬物テストを受けることを条件に承諾します。

アダムは、共に働くシェフ探しを開始し、かつての同僚ミシェルとマックス、若いデヴィッドなど、自分が見込んだスタッフ達を集めます。

しかし新たなスタートをきったアダムのもとに、二人の男が現れます。パリで麻薬売買にからんでいた時代にアダムが作った、大きな借金を取り立てに来たのでした。

不安の中、レストランがオープン。アダムの誘いを断っていた女料理人エレーヌも、アダムの企みで働いている店を首にされ、仕方なくアダムのもとへやって来ます。

レストランは満員にならず、怒りと失望で荒れ狂ったアダムは、エレーヌのことを責めて首にします。トニーがエレーヌを説得し、なんとかアダムと仲直りさせます。

そんな時、パリで共に働き、現在はロンドンで成功しているライバルシェフのリースが店にアダムを招待。アダムはエレーヌに恋人役を頼み、二人で出かけます。

そこに、アダムの師であるジャンリュックの娘でかつての恋人、アンヌ・マリーが現れます。彼女も薬物中毒でしたが、治療を終えて今は立ち直っていました。

翌日の朝市で、アダムはエレーヌに自分の後悔について話します。気持ちが近づき、キスをする二人でしたが、借金の取り立てにきた二人が店の前で待っていました。

裏切りからの再生

アダムは男達に痛めつけられ、怪我を負いながらも店に出ます。トニーがミシュランの調査員らしき男性の二人組が来たと伝えに来ると、厨房に緊張が走ります。

調査員達の料理は途中で戻されました。ソースが辛すぎたと判明しますが、実はパリでアダムが裏切ったことを今も許せなかったミシェルが、故意にやったことでした。

三ツ星の夢が消えたアダムは、深夜のロンドンの街を徘徊し、リースのレストランに現れます。なだめるリースに、「もう疲れた」と嘆いたまま眠りに落ちるアダム。

翌朝、目覚めたアダムにオムレツを作ってやり、リースは言います。「お前はトップだ。おれ達を引っ張っていくのはお前だよ」。

ホテルに戻ると、アダムの借金の肩代わりをしたアンヌ・マリーがいました。父親の形見のナイフをアダムに手渡し、エレーヌとのことを祝福して去っていきます。

トニーが「いい知らせがある」と言います。ミシュラン調査員だと思っていた二人はセールスマンで、まだ三ツ星をとるチャンスがあると言うのです。

奮起したアダムは、エレーヌをはじめ他のシェフ達とようやく心を通わせます。みんなが家族のようになった頃、本物のミシュラン調査員がレストランに現れます。

全力を出しきり、レストランのバルコニーで結果を待つアダムに、笑顔のトニーが近づいていきました。

スポンサーリンク

『二ツ星のレストラン』の感想と評価

天才と呼ばれた技術とセンスを持つ一流のシェフという役どころも、厨房でキレまくるマッチョぶりは、まんま『アメリカン・スナイパー』の狙撃兵でした。

アダムが求めているものが、世界一美味しい料理なのか、それとも三ツ星の栄光なのか、あのような態度では真意をはかりかねます。

もちろん両方ほしいに決まってんだろ!とアダムに怒られそうですが、まずい料理を出した客がミシュランの人じゃなくて一般人でよかったってアンタ、気持ちはわかりますがあそこまで心底安堵されては、一般人で悪かったなとからみたくなります。

アダムが仲間に選んだのは、個性的でユニークな料理人ばかり。なのに彼らの描写はほぼ皆無。せめて途中で裏切るミシェルの内面だけでも掘り下げてほしかったです。

レストランはうまくいきそうですし、アダムもしばらくは機嫌がよいでしょう。しかし、次なる困難を迎えた時に、アダムが暴れて厨房を破壊しないか心配です。

まとめ

『世界にひとつのプレイバック』(2012)『アメリカン・ハッスル』(2013)(『アメリカン・スナイパー』(2015)など、ここ数年、アカデミー賞でも名前が挙がることが増えたブラッドリー・クーパー主演。

次々と出てくるフランス料理はどれもみな美しく、厨房を行きかうシェフ達も、アトリエを動き回るアーティストのようです。

精神科を世話しながらも雇ってくれるトニー、文句ひとつ言わず借金の肩代わりをしてくれるアンヌ・マリー、さんざん振り回され暴言を吐かれても結局は惚れているエレーヌなど、なぜかアダムの周りがいい人すぎです。

ただ一人、ミシェルだけが過去を清算できずに裏切り行為を働きますが、まるで責める気になれません。

アダムという、才能はあるけど人としてはどうなのよという男の成長ストーリーでした。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『狼煙が呼ぶ』あらすじネタバレと感想。松田龍平らキャストの演技力で魅せる16分の短編

火防盗賊除 枷鎖難除 魔除けの札は手に入った。 法という権力に縛られない想像力で狼煙を上げろ! 2019年4月。拳銃の不法所持で逮捕され、不起訴処分になった豊田利晃監督。その拳銃は、祖父の代から受け継 …

ヒューマンドラマ映画

映画『THE UPSIDE 最強のふたり』感想とレビュー評価。リメイクでも描かれたのは普遍性のある2人の絆

映画『THE UPSIDE/最強のふたり』は2019年12月20日(金)よりロードショー! 大富豪ながら体に大きなハンディキャップを負い心に傷を持つ男と、スラム街出身で完全に運に見放された男。そんな二 …

ヒューマンドラマ映画

映画『たまゆらのマリ子』感想レビュー。瀬川浩志監督がオリジナル脚本で挑む現代社会に潜んだ日常

友人や夫に裏切られた主婦、マリ子の暴走を描いた人間ドラマ『たまゆらのマリ子』。 普通に生きる事を強要されているとも言える、現代の日本において、誰もが抱える不満やストレス、隠し持った本音の危うさを、鋭い …

ヒューマンドラマ映画

映画『ハルチカ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

卒業式シーズンに若い学生たちに贈るアイドル映画『ハルチカ』。 市井昌秀監督は15〜17歳の学生でなく、昔学生だった人たちも楽しめる映画を作ったと、自負するほどの自信作。 ジャニーズの「Sexy Zon …

ヒューマンドラマ映画

スピルバーグ映画『続・激突!カージャック』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。代表作の隠れた名作であり、劇場映画への思いが満載の作品を読み解く

スピルバーグ映画の代表作にして、改新的な劇場映画第1作『続・激突!カージャック』 スティーヴン・スピルバーグ監督の初期の代表作といえば、16日間で撮影を行ったテレビ映画『激突!』(1971)が高い評価 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学