Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2020/06/09
Update

映画『ブリット=マリーの幸せなひとりだち』感想レビューと考察。原作で描かれた“笑わない女”の豊かな表情の先にあるもの

  • Writer :
  • 咲田真菜

映画『ブリット=マリーの幸せなひとりだち』は2020年7月17日(金)より新宿ピカデリー、YEBISU GARDENCINEMA、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて公開。

映画『ブリット=マリーの幸せなひとりだち』の原作は、フレドリック・バックマンによる小説 『ブリット=マリーはここにいた』。

スウェーデン出身の著者の心温まる作風が読者に愛され、世界中で累計1000万部突破、46カ国以上で出版されています。

監督は『ボルグ⁄マッケンロー 氷の男と炎の男』 のヒロインを演じた女優、ツヴァ・ノヴォトニー。主演は『愛の風景』で1992年のカンヌ国際映画祭で主演女優賞を受賞し、 「スター・ウォーズ」エピソード1、2でアナキンの母、シミ・スカイウォーカー役で世界的にその名を知られるスウェーデンの国民的女優、ペルニラ・アウグストが務めています。

主婦として完璧に家事をこなしながら、いつの間にか笑うことがなくなった63歳の女性が、あることをきっかけに第二の人生を踏み出そうとする物語です。

スポンサーリンク

映画『ブリット=マリーの幸せなひとりだち』の作品情報

(C)AB Svensk Filmindustri, All rights reserved

【日本公開】
2020年(スウェーデン映画)

【原作】
フレドリック・バックマン

【共同脚本】
ツヴァ・ノヴォトニー アンダース・アウグスト

【監督】
ツヴァ・ノヴォトニー

【キャスト】
ペルニラ・アウグスト、アンデシュ・モッスリング、ペーター・ハーバー、マーリン・レヴァノン、

【作品概要】
小説 『ブリット=マリーはここにいた』を原作とし、監督は『ボルグ⁄マッケンロー 氷の男と炎の男』(2018) のヒロインを演じた女優、ツヴァ・ノヴォトニー。

主演は「スター・ウォーズ」エピソード1、2でアナキンの母、シミ・スカイウォーカー役で世界的にその名を知られるスウェーデンの国民的女優、ペルニラ・アウグストが務めています。

主婦として完璧に家事をこなしながら、いつの間にか笑うことがなくなった63歳の女性が、夫が長年浮気をしていたことを知り、第二の人生を踏み出そうと決心します。

映画『ブリット=マリーの幸せなひとりだち』のあらすじ

(C)AB Svensk Filmindustri, All rights reserved

ブリット=マリーはスウェーデンに住む専業主婦。結婚して40年、仕事で多忙な夫のために毎日きちんとした食事を作り、家の中をきれいに整えておくことが自分の役割だと信じて疑いませんでした。

ある日、夫が出張先で倒れたという知らせを受け病院へ駆けつけると、夫の長年の愛人が付き添っていました。

ブリット=マリーは衝撃を受け、これまでの生活を変えようと、スーツケースひとつで家を出る決意をします。

しかしほとんど働いた経験がない63歳にまともな職はなく、職業安定所でようやく見つけた仕事は、都会から離れた小さな村、ボリのユースセンターの管理人兼地域の子どもたちで結成された弱小サッカーチームのコーチだったのです。

スポンサーリンク

映画『ブリット=マリーの幸せなひとりだち』の感想と評価

(C)AB Svensk Filmindustri, All rights reserved

ブリット=マリーの表情の変化に注目

ブリット=マリー(ペルニラ・アウグスト)は、毎朝6時に起きて家事を完璧にこなす専業主婦です。

1日にやらなければならないことをきちんと愛用のメモに書き留めて、完了したら線を引く。そんな彼女は料理、洗濯、掃除も決して手を抜きません。

整理整頓も完璧で「もとにあったところに置けば間違いない」と、何がどこにあるのか、きちんと把握しています。

そんなブリット=マリーは、時折自分自身の価値観を夫に押し付けます。

食事の時間は夕方6時と決めており、少しでも夫のケント(ペーター・ハーバー)が時間に遅れると「料理が冷めてしまう」と嫌味を言います。

また、テーブルに並んだ美味しそうな料理を黙々と食べる夫に対して「美味しいなら、きちんと言ってほしい」と無表情で訴えます。

出張で忙しい夫を支えるため、部屋をきれいに掃除し、毎日美味しい料理を作ることが自分の役割だと信じて疑っていないブリット=マリーですが、彼女の表情からは幸せを感じることができません。なぜなら、笑顔がないからです。

ある日、出張先で夫が倒れたと連絡を受け、病院へ駆けつけます。そこで目にしたのは夫に寄り添う長年の愛人。

とてもショックなはずなのに、ブリット=マリーの表情は変わりません。激高するわけでもなく泣き叫ぶわけでもない、相変わらず無表情なのです。

うまい言い訳が見つからない夫に「何を言っていいのか分からないなら黙っていて」と言い放ちますが、一人になった時、沸々と怒りがこみ上げ家を出る決意をします。

勢いで家を出たまではよかったのですが、生きるためには働かなくてはいけません。

40年間専業主婦だったブリット=マリーが、やっとの思いで紹介してもらった仕事は、都会から離れた小さな村、ボリにあるユースセンターの管理人兼、地域の子どもたちの弱小サッカーチームのコーチでした。

バスに乗り、ボリに到着してユースセンターへ行ってみると、そこは全く掃除がされていなくて荒れ放題。ブリット=マリーは、持ち前の家事の腕を発揮して、きれいに片づけていきます。

きれいになったユースセンターを見た子どもたちは驚くのですが、いかにもサッカーを知らなそうなおばさんを目の前にして、彼女を受け入れるどころかバカにします。

新しい生活は前途多難に見えましたが、町の警察官・スヴェン(アンデシュ・モッスリング)が力になってくれ、下宿先を紹介してくれたり、ピザ屋のメモ、便利屋のサミが支えてくれます。

ブリット=マリーは、下宿先の主で、盲目の元サッカー選手・バンク(マーリン・レヴァノン)からサッカーの本を借り、勉強することを決意。家事の「やることリスト」に使っていたメモ帳は、サッカー練習用のメモに生まれ変わります。

これまでの平穏無事な生活が一変、トラブルの連続で、なおかつ子どもたちを相手に何が起きるか分からない毎日を送るブリット=マリーですが、明らかに彼女の表情が豊かになっていくのが分かります。

時に怒り、時に笑い、「あなたは魅力的だ」と言うスヴェンにときめくブリット=マリーは、とてもチャーミングな女性に変貌していました。

子どもと対等に接するブリット=マリー

(C)AB Svensk Filmindustri, All rights reserved

ブリット=マリーの新しい生活は、スヴェンや一見ぶっきらぼうなバンク、ピザ屋のメモや便利屋のサミが力になってくれるものの、一筋縄ではいきません。

まずはサッカーを知らないブリット=マリーをバカにする子どもたちへの対応に苦労します。

子育て経験のないブリット=マリーは、子どもたちのストレートな言葉の数々にどう対応していいのか戸惑いますが、大人と同じように接していきます。

サッカーボールで窓ガラスを割ってしまった子どもたちに、「ガラス代を払えないなら、代わりに手伝いなさい」と言うところは、子どもたちに対して大人と同じように責任をきちんと取らせるという姿勢がうかがえます。

また、ブリット=マリー自身も子どもたちを子ども扱いせず、「夫に浮気をされたからボリに来た」という身の上話を明かしており、子どもたちから受けるダイレクトな質問にもきちんと答えようとします。

そんな彼女と子どもたちの間で、何度か諍いは起きるのですが、次第に子どもたちは心を開いていきます。ブリット=マリー自身も、子どもたちが真剣に取り組んでいるサッカーチームの再建に全力を尽くそうとします。

そこには、かつてパターン化された家事を無表情にこなす日々を過ごしていたブリット=マリーの姿はありません
でした。

ブリット=マリーが思い出した本来の姿

(C)AB Svensk Filmindustri, All rights reserved

物語の中では、ブリット=マリーが幼い頃を回想する場面が出てきます。姉と一緒にはしゃぎ、フランス・パリに憧れる姿は普通の少女です。

明るく楽しい生活を送っていた彼女に、ある日突然悲しい出来事が起こり、そのことが心に深い傷を残します。

時が経てば傷は癒えるかと思いきや、そうはならず、ブリット=マリーは結婚することで悲しい出来事から逃げようとしました。しかし結婚生活も淡々としたもので、彼女の心の隙間を埋めることはできませんでした。

彼女が家を出て、ボリの子どもたちと怒涛の日々を送ることで、幼い頃に姉と一緒に語っていた夢を思い出すようになります。

確かにブリット=マリーは人とのコミュニケーションが上手いほうではありません。

しかしトラブルが起きるたびに「1日ずつよ、1日ずつ」と口癖のように唱え、サッカーチームの再建という目標に対して真摯に向き合う姿、そしてサッカーチームを解散させようとする上層部の権力へ立ち向かう勇気を見ていると、本来は真面目で心優しく、勇気のある女性のような気がします。

安定した生活から思い切って外へ飛び出したことから、ブリット=マリーは本来の姿を取り戻していくのです。

まとめ

(C)AB Svensk Filmindustri, All rights reserved

物語ではブリット=マリーの恋模様も描かれています。スヴェンといい雰囲気になりますが、夫のケントが「帰ってきてほしい」と迎えに来ることで、彼女の心は揺れます。

家に戻って安定した生活を送るのか、それとも本来の自分を取り戻して不安定ではあるものの、刺激的な生活を送るのか。

ブリット=マリーは選択を迫られますが、彼女は実に晴れやかな表情で、自分が歩むべき道を選びます。

物語の最後、彼女のこれからの人生が、笑顔に満ち溢れた日々になることを心から願いました。

映画『ブリット=マリーの幸せなひとりだち』は、2020年7月17日(金)より新宿ピカデリー、YEBISU GARDENCINEMA、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて全国公開

関連記事

ヒューマンドラマ映画

ガイ・ピアースが語る映画『ブリムストーン』の魅力。牧師とは何者か?

ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門選出された、“愛と暴力と信仰心”を巡る壮絶な年代記とは? 1月6日より公開中の映画『ブリムストーン』で、牧師を演じたガイ・ピアースによるインタビュー映像が配信 …

ヒューマンドラマ映画

神宿映画『君がいて完成するパズル』あらすじ!公開日時と劇場は

原宿発5人組アイドルグループ・神宿(かみやど)そろって主演する映画『君がいて完成するパズル』の完成披露ライブ&上映会が、10月28日(土)シネマート新宿で開催されます。 スポンサーリンク CONTEN …

ヒューマンドラマ映画

映画『世界は今日から君のもの』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

『アットホーム・ダッド』や『結婚できない男』、NHK連続テレビ小説『梅ちゃん先生』など数々のTVドラマの脚本を手掛けてきた尾崎将也監督。 監督第2作目となる本作では、主演に門脇麦をむかえ“引きこもりの …

ヒューマンドラマ映画

映画『アルプススタンドのはしの方』あらすじと感想レビュー。青春を忘れた大人たちに観てもらいたい会話劇

映画『アルプススタンドのはしの方』は2020年7月24日(金)より、シネマカリテほか順次全国ロードショー 映画『アルプススタンドのはしの方』は、兵庫県の東播磨高校の演劇部が第63回全国高等学校演劇大会 …

ヒューマンドラマ映画

映画『男はつらいよ お帰り寅さん』ネタバレ感想と評価。50周年作品で山田洋次監督が描いたものとは

「ただいま」と帰る場所がある。 そして、「おかえり」と迎えてくれる人がいる。 山田洋次監督による「男はつらいよ」シリーズ50作目であり、50周年記念作品となった『男はつらいよ お帰り 寅さん』。 昭和 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP