Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『メイド・イン・バングラデシュ』あらすじ感想と評価解説。課題に向き合う“女性の生き方”を通して“開発途上国の問題”と対峙する

  • Writer :
  • 桂伸也

映画『メイド・イン・バングラデシュ』は2022年4月16日(土)より岩波ホールにて公開、以後順次全国ロードショー!

繊維産業で世界的急伸を遂げたバングラデシュ。その裏に潜む影を、底辺で苦しみながら戦う女性たちの姿を通して描いた映画『メイド・イン・バングラデシュ』。

繊維産業で躍進を遂げたバングラデシュのとある縫製工場で働く女性労働者たちが、搾取や伝統に捉われもがきながらも自身の権利を勝ち取るべく組合の結成に奔走する姿を描きます。

『Meherjaan』(2011)『Under Construction』(2015)が各国の映画祭で高評価を得たバングラデシュのルバイヤット・ホセイン監督が、10代半ばからバングラデシュの労働闘争に関わってきた労働者ダリヤ・アクター・ドリさんの実話を元に本作を作り上げました。

また本作は3月に大阪市で開催された「大阪アジアン映画祭」で上映され、同イベントにはダリヤさんもゲストとして日本を訪れました。

スポンサーリンク

映画『メイド・イン・バングラデシュ』の作品情報


(C) 2019 – LES FILMS DE L’APRES MIDI – KHONA TALKIES- BEOFILM – MIDAS FILMES

【日本公開】
2022年(フランス・バングラデシュ・デンマーク・ポルトガル合作映画)

【英題】
Made in Bangladesh

【監督、脚本】
ルバイヤット・ホセイン

【出演】
リキタ・ナンディニ・シム、ノベラ・ラフマン

【作品概要】
バングラデシュの労働闘争に長く関わってきたという現地の女性ダリヤ・アクター・ドリの実話を元に、バングラデシュの底辺に暮らす人々の姿を描き、国の抱える問題を問う物語。

バングラデシュ独立戦争下に敵兵と恋に落ちた女性を描いた『Meherjaan』(2011)、タゴールの詩を背景に葛藤する女性を描いた『Under Construction』(2015)などの作品が、各国の映画祭で高く評価されたルバイヤット・ホセイン監督が作品を手がけました。

またマノエル・ド・オリヴェイラ監督の『アンジェリカの微笑み』(2010)の撮影などで知られるサビーヌ・ランスランが撮影監督を担当、陰影のある印象深い映像で独特な世界観を演出しました。

映画『メイド・イン・バングラデシュ』のあらすじ

(C) 2019 – LES FILMS DE L’APRES MIDI – KHONA TALKIES- BEOFILM – MIDAS FILMES

大手アパレルブランドの工場が集まるダッカのとある衣料品工場。劣悪な職場環境の中で多くの女性がミシン掛けに勤しむ中、突然火事の警報が。急いで工場をあとにする従業員たち。

しかしこの事故で女性作業員の一人が死亡。悲しみに暮れる同僚たち。次の日に工場に行くと場内は立ち入り禁止となっており、工員は門前払いを食らわされます。

その様子に憮然とした表情を見せる工員の一人、シム。彼女はとあるきっかけで「労働組合」という仕組みを知り、厳しい労働環境にあえぐ同僚たちと組合を結成すべく立ち上がります。

しかし組合の結成までには工場幹部からの脅し、夫や仲間の反対などさまざまな障壁が彼女らの前に立ちはだかります……。

スポンサーリンク

映画『メイド・イン・バングラデシュ』の感想と評価

(C) 2019 – LES FILMS DE L’APRES MIDI – KHONA TALKIES- BEOFILM – MIDAS FILMES

女性の社会的地位事情

発展途上国の底辺社会の実情を描いた物語あるいはドキュメンタリー作品はこれまでも多く描かれている中、本作の主題はいわゆる発展途上国での搾取という問題に言及していますが、この物語で女性にスポットを当てていることは、現代において重要なポイントとなっています。

国際労働機関(ILO)のエコノミスト、サミール・カチワダによる英文論評 「A quiet revolution: Women in Bangladesh(バングラデシュの女性たちが展開する男女平等に向けた静かな革命:2014年1月にリリース)」によると、バングラデシュという国は女性国家元首の在任期間が世界で最も長いという事実があります。

また全国会議員における女性国会議員比率も上昇傾向にあり、「政治的エンパワーメントにおける男女格差が少ない国」というランキングで世界第8位、開発途上国の中で男女格差における取り組みにおいてはトップを走っている国であるとされています。

この作品で描かれている国の一面からは、実はこの国のことを人はよく知らないという強いショックとともに、メディアなどから知り得る海外の情報に疑いすら感じられるかもしれません。

さまざまな要因とともに

(C) 2019 – LES FILMS DE L’APRES MIDI – KHONA TALKIES- BEOFILM – MIDAS FILMES

さらに本作は、単に物語の主人公らが大きな問題を抱えているという単一的な視点ではなく、この問題を引き起こすさまざまな要因を浮き彫りにしています。

搾取は、単にモノを買い取る側の強引な態度に問題があるとされがちではありますが、本作ではさらに「要求を受け入れてしまう側」、すなわち国側の問題にも言及しています。

それは「雇ってやっている」と認識する工場、「面倒を見てやっている」と思い込んでいる男性などさまざまな立場があり、さらに女性の視点としても、ある人からは「家族が大事。それを差し置いて仕事とは何事か」と、女性が会社や男性にたて突くことを否定します。

物語ではこのような関係が、巡り巡って結果的には法律すら役に立たず、物語の女性たちを苦しめ、ひいては社会の底辺の人たちを苦しめるという構図に導かれていることを示しています。

社会が未成熟の発展途上国では、そういうこともあり得ると認識されるかもしれません。

しかし一歩間違えればこの物語の一部は日本の社会においても、再現される恐れもあるかもしれません。その意味では意外に普遍的なテーマを扱っているとみることもできるでしょう

まとめ

(C) 2019 – LES FILMS DE L’APRES MIDI – KHONA TALKIES- BEOFILM – MIDAS FILMES

女性を主体にした作品だけに、とても印象的なのはそのファッション。サロワ・カミューズと呼ばれるもので、いわゆるバングラデシュの民族衣装的なものですが、みな一様に原色系の非常に彩りの華やかなデザインを施されており、強く目を引きます。

しかし見方を変えれば、どちらかというと粗末な空気感すら見えるバングラデシュの風景とのギャップも強く感じられ、そのギャップこそが物語における女性という存在を指し示す隠喩であるといえるでしょう。

物語のエンディングで、主人公シムは組合結成のためにかなり大胆な行動に打って出ます。それは見る人によって賛否が分かれるものでもあります。

その結果をもって彼女らは自分たちの望む方向に進んだのか? 物語の行く末は見る人の人生にもどこか重なり、自身の人生を改めて考えさせられる展開まで見えてきます。

映画『メイド・イン・バングラデシュ』は2022年4月16日(土)より岩波ホールにて公開、以後順次全国ロードショー



関連記事

ヒューマンドラマ映画

『あゝ、荒野』無料視聴はU-NEXT。5話あらすじネタバレと感想も

今最も熱い若手俳優・菅田将暉の主演作が、寺山修司・原作の映画化として上映されます。 いよいよ配信版も、劇場版の後編にあたるストーリーに入っていきます。 第5話では、ついに因縁の新次VS祐二の試合が行わ …

ヒューマンドラマ映画

映画『旅立ちの時』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。リヴァー・フェニックスおすすめの演技力を見せる「指名手配中の一家」に生まれた“少年”

リヴァー・フェニックスの魅力あふれる名作青春映画 『スタンド・バイ・ミー』(1986)のリヴァー・フェニックス主演のヒューマン・ドラマ『旅立ちの時』。 テロリストとして指名手配されている両親を持つ少年 …

ヒューマンドラマ映画

映画『アムステルダム』ネタバレあらすじ結末と感想評価の解説。“最も話題になっている映画”と噂されるラッセル監督が手がけた作品とは⁈

デビッド・O・ラッセル監督の映画『アムステルダム』がついに公開に! 『アムステルダム』は、かつて第1次世界大戦の戦地で知り合った2人の男性と1人の女性の物語。3人は固い友情で結ばれていましたが、ある日 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ブリット=マリーの幸せなひとりだち』感想レビューと考察。原作で描かれた“笑わない女”の豊かな表情の先にあるもの

映画『ブリット=マリーの幸せなひとりだち』は2020年7月17日(金)より新宿ピカデリー、YEBISU GARDENCINEMA、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて公開。 映画『ブリット=マリーの …

ヒューマンドラマ映画

【ミッドウェイ映画2020リメイク】トヨエツ・浅野忠信・國村隼の演技力を本編動画で解説。日本人キャスト確かな存在感を残す!

映画『ミッドウェイ』は2020年9月11日(金)より全国公開。 『インデペンデンス・デイ』のローランド・エメリッヒ監督が、歴史的海戦を20年に及ぶリサーチを経て鮮明に描いた映画『ミッドウェイ』。 第二 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学