Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ドキュメンタリー映画

映画『74歳のペリカンはパンを売る。』東京・浅草老舗の味は美味しい!

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

ーすべてのパン好きに贈る、今までにない“えいが”焼きあがりましたー

内田俊太郎監督のドキュメンタリー映画『74歳のペリカンはパンを売る。』の予告編がYouTubeにて解禁されました。 

創業74年の老舗パン屋さん、浅草ペリカンをご存知ですか?記憶に残るパン、地元に愛されるパンの秘密とは何か。

スポンサーリンク

1.映画『74歳のペリカンはパンを売る。』とは?


(c)ポルトレ

この作品は、東京・浅草にある創業74年の老舗パン屋の秘密に迫る作品です。

一口食べると、ほっとする味。毎日食べても、飽きない味。ペリカンのパンのまわりは、いつもしあわせな空気に包まれている。

この温かいキャッチに込められたように、今作『74歳のペリカンはパンを売る。』は、ペリカンのパンのような焼き上がりを感じさせる予告編担っていますよね。

ペリカンは食パンとロールパンの2種類しか作らない浅草のパン屋さん。

創業から74年間も地元の江戸っ子のみならず、パン好きに愛され続けてきた秘密を、ドキュメンタリーとして明らかにする。

ペリカンブランドをどのような思いを持ってきたのか、ペリカンで働く人々の姿やペリカン愛好者のインタビューを通して探っていきます。

2.映画『74歳のペリカンはパンを売る。』の監督とは?

【内田俊太郎監督プロフィール】
内田俊太郎は、1986年7月8日にスイスに生まれます。

多摩美術大学の映画祭「たまふぃるむ」で上映された注目を集めた、吉村界人主演作品の『PORTRAIT ポルトレ』にて、2014年に監督デビューを果たします。

PORTRAIT ポルトレ』(2014)

今作『PORTRAIT ポルトレ』のストーリーは、19歳の青年は渋谷の街で暮らし、大学は中退、夢や希望もありません。

青年の日課といえば、ポラロイドカメラで自身の存在を記録していくポートレートの撮影。

いつのまにか昼と夜は逆転しながら夜な夜な街を徘徊して、様々な人々がいる社交場に遭遇します。

ある時、青年は魅力的な女性に出会い、少しずつ変化していこうとするのですが、彼がもがけばもがくほど、どこにも行くことができない…。

また、内田俊太郎監督は、小説の執筆活動もおこなっていて、2016年に「闇雲」や「飾らない飾り」を(2016)と発表。

現在、2017年10月に公開予定の老舗パン屋ペリカンのドキュメンタリー映画『74歳のペリカンはパンを売る。』が話題になっています。

内田俊太郎監督は『74歳のペリカンはパンを売る。』について、次のように述べています。

普段、我々が口にしているものを誰が作っているのかほとんど知りません。喫茶店で提供されるトーストの生産者を知らなければ、コンビニのパンを誰が作っているのかさえ知りません。そこにただパンがあるだけです。

最近つくづく思うのは、すべてのものは人のために、人が作る。
我々の周辺付近には誰かが祈り、願ったものしか存在しません。

今回、取り上げるペリカンのパンはその一片にすぎないですが、その一片にこそ重要な「何か」があるはずだと信じています。

冒頭にある映画チラシにあるキャッチ、「すべてのパン好きに贈る、今までにない“えいが”焼きあがりました」。

すべてのものは人のために、人が作る。
我々の周辺付近には誰かが祈り、願ったものしか存在しません

内田監督の映画というメディアに対する思いも垣間見れるような気がしますね。

スポンサーリンク

3.老舗パン屋「浅草ペリカン」のパンが食べたくなったアナタに!


(c)ポルトレ

どこのパン屋さんも、何百、何千もの種類のパンが揃っている昨今。淺草ペリカンで作られているのは食パン、ロールパンの2種類のみです。

そのことについてペリカンの渡辺陸店長は、2種類のパンだけに絞ったことを次のように語っています。

「人間は普通に”こんにちは・さようなら”がいえる仲なのに、同業者で競合することによって、気持ちの食い違いが生じてしまったり…そういうことが、なんか嫌だったんですよ。そのかわり、この2つでは誰にも負けないものを作ろうと心に決めました。」

渡辺陸店長は毎日毎日食べ続けられる味を目指して、“挨拶のような思いやり”あるパンを目指しているのかもしれませんね。

暑い日も寒い日も変わらずにする挨拶。

挨拶がない日が仮にあるとしたら無性に寂しいですよね。そんな気持ちは焼きあったパンなのかもしれません。

【営業時間】
8:00~17:00 ※品切れの場合、閉店時間が早まることがあります。

【休業日】
カレンダーどおり、日曜日・祝日・特別休業日(夏・年末・年始)

【住所】
〒111-0042 東京都台東区寿4-7-4

【TEL】
03-3841-4686

【最寄りの駅】
東京メトロ銀座線田原町駅徒歩3分
都営浅草線浅草駅徒歩5分
都営大江戸線蔵前駅徒歩5分

スポンサーリンク

まとめ

内田俊太郎監督の新作『74歳のペリカンはパンを売る。』は10月より、東京・ユーロスペースほか全国で順次公開される予定です。

作品の上映時間は80分。手頃な長さのドキュメンタリー映画に注目したいですね。

ぜひ、劇場でご覧ください!

関連記事

ドキュメンタリー映画

映画『残されし大地』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

3.11の東日本大震災から6年。2017年になって報道されることが少なくなったな被災地。今のフクシマの現状とは、どのようなものなのでしょう。 今回ご紹介する映画『残されし大地』では、福島県の汚染地域に …

ドキュメンタリー映画

映画『シチズンフォー スノーデンの暴露』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

2013年、世界中を震撼させた、米国政府による個人情報の監視という大スクープ。 告発者は29歳の青年。CIAでアナリストとして働いていたエドワード・スノーデンでした。 その告発劇の内幕を描いた、社会派 …

ドキュメンタリー映画

映画『MERU メルー』あらすじとネタバレと感想!ラスト結末も

新しい年の初めに観る映画をお探しなら、この『MERU メルー』をお勧めします。 誰もが抱く新年の抱負。例えば「何か新しいことにチャレンジしたい」、「あきらめていた夢をもう一度追いかけたい」、「今までと …

ドキュメンタリー映画

映画『トトとふたりの姉』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

ゴールデンウィークの2017年4月29日より東京にあるポレポレ東中野で上映がスタートするお薦めの映画がある。 ルーマニア映画『トトとふたりの姉』という心震わすドキュメンタリー映画をご紹介! この作品は …

ドキュメンタリー映画

【米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー】感想レビューと考察

2017年8月12日(土)より沖縄・桜坂劇場先行公開、8月26日(土)より東京・ユーロスペースほか全国順次公開される、オススメのドキュメンタリー映画がある。 映画のタイトルは『米軍(アメリカ)が最も恐 …