Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ドキュメンタリー映画

Entry 2016/12/13
Update

映画『ラスト・タンゴ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

寒くなりましたね。外に出るのがツライ時には、自宅での映画鑑賞はいかがでしょう。

アルゼンチンのブエノスアイレスは、日本とは逆に真夏に向かっていく季節!

アルゼンチン・タンゴのドキュメンタリー映画『ラスト・タンゴ』をご紹介します。

観ているだけで身体の温まる?情熱のタンゴ!ダンスへの愛情‼︎微熱38度を超え間違いなし!

スポンサーリンク

映画『ラスト・タンゴ』の作品情報

【公開】
2016年(アルゼンチン・ドイツ)

【監督】
ヘルマン・クラル

【キャスト】
マリア・ニエベス、フアン・カルロス・コペス、パブロ・ベロン、アレハンドラ・グティ、フアン・マリシア、アジェレン・アルバレス・ミニョ

【作品概要】
『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』などで知られるヴィム・ヴェンダースが製作総指揮を務め、愛弟子のヘルマン・クラル監督を果たしたドキュメンタリー。

単にインタビューだけを見せるのではなく、若い頃のマリアとフアンのタンゴ場面は、物語調に美しく再現しています。

その際には、映画『タンゴ・レッスン』で本人役を演じたパブロ・ベロンや、タンゴダンス世界選手権の優勝者ダンサーなどがタンゴを披露します。

映画『ラスト・タンゴ』のあらすじとネタバレ

ラストタンゴ1
(C) WDR / Lailaps Pictures / Schubert International Film / German Kral Filmproduktion

一見では80歳を過ぎたようにとても見えないマリア・ニエベスが、颯爽と登場します。

車に乗ると、かつては、アルゼンチン・タンゴを世界に普及させた伝説のタンゴペアの取材に、胸を踊らせているようです。

なぜなら彼女は、誰もが知るアルゼンチン・タンゴの母と呼ばれる存在だからです。

老年期となったマリアは、スタジオに再現された幼い頃に住んでいた家に佇みながら、過去を思い出していきます…。

2人が出会ったきっかけは、マリアが14歳の時でした。

姉たちが通うダンスホールへ行った際に、会場の中でも際立ったダンサーの17歳のフアン・カルロス・コペスがいました。

圧倒的な輝きで周囲を魅了して時のことを、今でも鮮明に語り、当時は壁の花であった自身の少女マリアを懐かしそうに思い起こします。

そのファンが、マリアの側に歩み寄って来ると、初めてのダンスへとマリアを誘います。やがて、運命的に2人は恋に落ちていきます…。

以下、『ラスト・タンゴ』ネタバレ・結末の記載がございます。『ラスト・タンゴ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

それから50年近く踊り続けたマリアとファンの若い頃の様子を、若手実力派のダンサーが芸術的に再現します。2人の恋するシーンは橋の上で再現。

また、マリアがダンスで胸高まる様子にはワイヤー・ワークで空中に釣り上げて表現をされています。

野外や工場などで踊るタンゴ・パフォーマンスや、当時話題を集めたテーブルに上がりタンゴを踊るなど、若いダンサーがその伝説への道を夢物語のように見せていきます。

しかし、アルゼンチン・タンゴの世界に名声を轟かせた、栄光の裏には、マリアがパートナーのファンから受けていたことは、タンゴと愛情のみではなかったようです。

光輝けば輝くほど、嫉妬、裏切りという陰りがあったのです。

愛憎を激しくタンゴにぶつけ合い、芸術的ダンスに昇華する時にしか、手すら取らなくなり、互いには触れ合わなくない関係になってしまいました。

それが隠れていた2人の真実なのです。しかし、1997年に日本での公演を最後にコンビを解消。

初老に差し掛かったファンは、あまりにも簡単に若い女性と結婚。家庭を持ち、幸せそうに父親として子ども得ます。

一方で、マリアは、結婚はせず、子どもいません。

その現実に、インタビューを掘り下げると、マリアは憤慨します。

それでもアルゼンチン・タンゴと、ファンを愛していると…。

スポンサーリンク

映画『ラスト・タンゴ』の感想と評価

ラスト・タンゴ2
(C) WDR / Lailaps Pictures / Schubert International Film / German Kral Filmproduktion

伝説のアルゼンチン・タンゴの母と呼ばれたマリア・ニエベスと、現在の一流ダンサーたちを交えて映像化するという構成が、まず面白い作品。

マリアは、次世代の若者に、自然な形でタンゴを継承する様は、まるでワークショップのようにも見えてきます

これはインタビューだけでは見られませんし、当時の映像だけでは観客にも伝わらないのではないでしょうか。

マリアがもっとこうしなさいと、“当時のマリアとファンの情熱的タンゴ”を教え込むショットは素敵な点のひとつです。

また、ストーリーに合わせた現役ダンサーたちの、若い当時のマリアとファンの軽やかで魅惑的なステップと、熱狂的な踊りは、タンゴファンならずとも一見の価値はあります。

例えば、マリアとファンが映画デートに行った帰りに、思わずステップを踏みたくなってしまった、夜の橋のでタンゴを踊るシーンがあります。

その2人の愛とダンスの高まりに魅了された、あなたには、

1952年に製作されたハリウッド映画『雨に唄えば』をオススメします。

マリアとファンが一緒にデートで観た作品『雨に唄えば』(1952年)

ミュージカル映画の名作中の名作。

この作品は、サイレント時代からトーキー映画に移行するハリウッドを舞台に描いた作品で、主演で監督も務めたジーン・ケリーが、雨の中で歌い踊るシーンはあまりにも有名。

他にもミュージカルの醍醐味がたくさん詰まった作品です。

ぜひ、マリアとファンの感動を味わって見るのも一興です。

また、感想の冒頭に述べたドキュメンタリー構成の面白さに魅了された、あなたには。

ヴィム・ヴェンダースが監督した作品『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』をオススメします。

ヴェンダースが20年来の友へ敬意、伝説の天才舞踊家ピナ・バウシュのドキュメンタリー


2009年に、この世を去った天才舞踊家ピナ・バウシュ。ピナが率いたドイツのヴッパタール舞踊団のメンバーと共に、友人でもあったヴィム・ヴェンダースが映像作品。

『ラスト・タンゴ』では製作総指揮を務めたヴィム自身が、友人ピナのために捧げた思い、ぜひ観たいですよね。

現代的なダンスでこちらもダンスシーンがとても斬新です。

関連のある映画を一緒にご覧いただくことで、1本観た時よりもさらに興味も、味わいも深くなっていくのが映画の特徴です。

ぜひ、合わせてご覧ください‼︎

まとめ

ラスト・タンゴ3
(C) WDR / Lailaps Pictures / Schubert International Film / German Kral Filmproduktion

アルゼンチン・タンゴを世界的に広め、今なお現役として活躍するマリア・ニエベス。

その生涯を追ったこの作品から見えてきたものは、女性が老いてもなお持ち続けている女性のプライドではなかったでしょうか。

女性はいくつになっても“美しく恋する女”なのだとシビレてしまいます

そこがあの姿勢であり、凛とした佇まいなのだと強い印象を持ちました。

マリアのタバコを蒸かす姿は、格好良いと言わざる得ません。

ぜひ、タンゴやダンスファンのみならず、女性には観ていただきたい作品です。

関連記事

ドキュメンタリー映画

映画『500年の航海』あらすじとネタバレ感想。キドラット・タヒミックが35年掛けて世界の歴史を覆した異色のドキュメント

映画『500年の航海』は、2019年1月26日(土)より、イメージフォーラムほか全国順次公開。 最初に世界一周を成し遂げったのはマゼランではなく、エンリケという奴隷だった!? 「マゼランの世界一周」か …

ドキュメンタリー映画

映画『ぼくと魔法の言葉たち』あらすじとキャスト!DVD発売日は

クリスマスや年末年始を家族とともに温かく過ごすあなたに、いつもなら観ることのないかも知れないドキュメンタリー作品をご紹介。 2歳の頃に自閉症によって言葉を失ったオーウェン。 彼を愛する父ロンのひょんな …

ドキュメンタリー映画

映画『残されし大地』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

3.11の東日本大震災から6年。2017年になって報道されることが少なくなったな被災地。今のフクシマの現状とは、どのようなものなのでしょう。 今回ご紹介する映画『残されし大地』では、福島県の汚染地域に …

ドキュメンタリー映画

映画『ジョージア、ワインが生まれたところ』ネタバレ感想と考察。知識として初心者にも美味しい醸造法を探って見せる

Our Blood is Wine。伝統を守り続けてきたワインの故郷。 カスピ海と黒海に挟まれた南コーカサスの地にあるジョージア。ヨーロッパとアジアの交差点であり、多様な気候と風土に恵まれた土地で、育 …

ドキュメンタリー映画

アート・オン・スクリーン『ミケランジェロ 愛と死』の感想と劇場情報

「アート・オン・スクリーン」シリーズが、2018年6月23日(土)より、東京、愛知、大阪、兵庫ほかで公開。 美術が好きな人はより深く芸術の奥行きを知れる本シリーズ。しかし、このシリーズのは美術を知らな …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP