Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ドキュメンタリー映画

Entry 2018/01/17
Update

ドキュメンタリー映画『ハーヴェイ・ミルク』あらすじとキャスト。上映トークイベント紹介も

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

ドキュメンタリー映画『ハーヴェイ・ミルク』は、1月27日(土)~2月16日(金)の連日am10:50より、新宿K’s cinemaにて上映されます。

また今回の上映期間中は豪華なトークイベントも実施されます。

2008年に公開されたショーン・ペン主演の映画『ミルク』を観て、ハーヴェイ・ミルクの存在を知った方も多いのではないでしょうか。

実はハーヴェイ本人のドキュメンタリー映画『ハーヴェイ・ミルク』の方も、おすすめな作品なのです!

スポンサーリンク

1.映画『ハーヴェイ・ミルク』の作品情報

【公開】
1988年(アメリカ映画)

【原題】
The Times of Harvey Milk

【監督】
ロバート・エプスタイン

【キャスト】
ハーヴェイ・ファイアスタイン(ナレーション)、ハーヴェイ・ミルク、ダイアン・ファインスタイン

【作品概要】
ゲイを公言しながらもマイノリティの権利の獲得を訴えたサンフランシスコ市政執行委員ハーヴェイ・ミルクの人となりが垣間見られるドキュメンタリー映画。1984年の第57回米アカデミー長編ドキュメンタリー賞受賞作品。

2.映画『ハーヴェイ・ミルク』のあらすじ

同性愛者がまだ市民権を得ていなかった時代に、ハーヴェイ・ミルクは社会の不平等を感じたことで、自らゲイであることを公表するとともに、同性愛者の公民権獲得や地位向上のために立ち上がります。

やがてサンフランシスコ市政執行委員となったハーヴェイ・ミルクは、同性愛者支援に留まらず、社会的なマイノリティである黒人やアジア人の人種や、高齢者や児童などの救済のために活動を繰り広げていきます。

次第に活動は支持者を増やしていきますが、1978年に同じ執行委員であった男に暗殺されてしまいます。

その事件を中心に追ってい真実の人間ハーヴェイ・ミルクとは…。

スポンサーリンク

3.映画『ハーヴェイ・ミルク』の感想と評価

あなたは、ハーヴェイ・ミルクのドキュメンタリー映画があることをご存知でしょうか。

もしかすると、2008年に公開された名匠ガス・ヴァン・サント監督の伝記映画『ミルク』の方は、あなたもご覧になられたかもしれませんね。

ガス監督の作品は、第81回アカデミー賞では作品賞を含む8部門にノミネート、そして主演男優賞と脚本賞を受賞しました。

主演にはショーン・ペンを迎え、ゲイであることを公言した活動家ハーヴェイ・ミルクの最後の8年間を描いたものでした。

ガス監督ファンとしても楽しめるものでしたし、毎度のことではありますがショーンの演技も納得させる見事でしたね。

今回ご紹介するドキュメンタリー映画『ハーヴェイ・ミルク』は、全米初の公職(サンフランシスコ市の市政執行委員)のハーヴェイ・ミルクが殺害されたことを中心に描いています。

その内容はゲイであることよりも、人間としてのハーヴェイを知ることができ、人となりが見られる作品となっています。

そこがガス監督の『ミルク』は大きな違いと言えるでしょう。

もしも、映画『ミルク』ご覧いただいていたとしても、ショッキングな出来事は劇映画ではない実際の映像の方が、あなたの感情を鷲掴みにすることでしょう。

どうしてもゲイという分かりやすい一面や、特異な部分が扱いに焦点を当てがちになりますが、ドキュメンタリー映画として真相が見えた時、ハーヴェイはあなたと変わらない人間だと実感させられます。

ハーヴェイ同様にガス監督もゲイであることを公言していますし、監督としての腕前は現在のアメリカ映画を代表する1人です。

しかし、本作『ハーヴェイ・ミルク』をご覧になると、これほど同じ人物を映画にしても視点によって見え方が違うことに驚かされます。

まとめ

2017年11月29日のLGBT議員連盟主催の参議院会館での上映会も開かれたドキュメンタリー映画『ハーヴェイ・ミルク』。

本作は新宿K’s cinema、大阪シネ・ヌーヴォほかにて上映されます。

ゲイを公言して全米初の公職に選ばれたハーヴェイ・ミルクの活動と、その暗殺事件の裁判を記録したドキュメンタリーは、“民主主義の基本が描かれている”と多くの大学でも教材に取り上げられている名作です。

今回の新宿K’s cinema上映では、記念トークイベントも開催されます。

・1/27(土)上映前 ピーター・バラカンさん(ブロードキャスター)

・1/28(日)上映前 石川大我さん(LGBT議員連盟世話人/豊島区議会議員)細田智也さん(LGBT自治体議員連盟世話人/入間市議会議員)

・2月12日(月・祝)上映後 原一男さん(映画監督)

以上の方々がゲストになっています。

1984年アカデミー賞最優秀長編記録映画賞受賞作品した本作『ハーヴェイ・ミルク』は1月27日(土)~2月16日(金)に上映されます。

ぜひ、この機会にご覧くださいね。

関連記事

ドキュメンタリー映画

映画『オキナワ サントス』感想評価と内容あらすじ解説。ブラジルであった日系移民強制退去事件を取材しながら明らかと隠された史実

映画『オキナワ サントス』は2021年8月7日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国ロードショー! 1943年にブラジル・サントスで日系移民たちに何が起きたのか?大きな戦争の裏に隠れた真実 …

ドキュメンタリー映画

映画『新宿タイガー』あらすじと感想レビュー。ドキュメンタリーでお面を被った71歳の新聞配達屋さんに迫る

みなさんは、“新宿タイガー”をご存知でしょうか。 いつでも虎のお面を付けた風変わりなスタイルで新宿の街中いたるところに出没します。 街頭で聞き込みをすると目撃情報は多数。それも映画館付近でよくみること …

ドキュメンタリー映画

細野晴臣映画『NO SMOKING』あらすじと感想(ネタバレあり)。YMOでの音楽活動やプライベートの素顔を描く

煙草をくゆらせるように、 音楽をくゆらせる人。 音楽活動50周年を迎えた細野晴臣の半生を描いたドキュメンタリー映画。 幼い頃の音楽との出会いから、「はっぴいえんど」「YMO(イエロー・マジック・オーケ …

ドキュメンタリー映画

映画『ジャズ喫茶ベイシー Swiftyの譚詩(Ballad)』感想と考察評価。岩手一関のマスター菅原をドキュメンタリーで炙り出す“ジャズな生き様”

ジャズというジャンルはない。 ジャズな人がいるだけ。 岩手県一関市で50年営業を続ける「ジャズ喫茶ベイシー」には、連日多くのジャズファンやオーディオファンが訪れます。 国内外から多くの人が、はるばる一 …

ドキュメンタリー映画

映画『ディエゴ・マラドーナ 二つの顔』感想レビュー。サッカー界のレジェンド、または問題児とも呼ばれた男に迫った130分のドキュメント

映画『ディエゴ・マラドーナ 二つの顔』は2021年2月5日(金)全国ロードショー 映画『ディエゴ・マラドーナ 二つの顔』は、アルゼンチンの伝説的サッカー選手デネィエゴ・マラドーナのドキュメンタリー。 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学