Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/09/09
Update

映画『仮面ライダーグリス』あらすじネタバレと感想。東映ビデオが見せる【ビルドNEW WORLD】の魅力|邦画特撮大全59

  • Writer :
  • 森谷秀

連載コラム「邦画特撮大全」第59章

2019年9月6日より期間限定上映が開始されたVシネクスト『ビルドNEW WORLD 仮面ライダーグリス』。

2017年から2018年にかけて放映され人気を博した『仮面ライダービルド』のスピンオフ作品で、『ビルドNEW WORLD 仮面ライダークローズ』(2019)に続く新たな『ビルド』の物語です。

今回の邦画特撮大全は、Vシネクスト『ビルドNEW WORLD 仮面ライダーグリス』を紹介します。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ビルドNEW WORLD 仮面ライダーグリス』の作品概要


(C)2019 石森プロ・ADK・バンダイ・東映ビデオ・東映 (C)2017 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

【公開】
2019年9月6日(日本映画)

【原作】
石ノ森章太郎

【脚本】
武藤将吾

【監督】
中澤祥次郎

【音楽】
川井憲次

【キャスト】
武田航平、高田夏帆、栄信、芹澤興人、吉村卓也、滝裕可里、水上剣星、越智友己、山田明郷、小久保丈二、木山廉彬、マイケル富岡、趙珉和、赤楚衛二、犬飼貴丈

映画『ビルドNEW WORLD 仮面ライダーグリス』のあらすじとネタバレ

地球外生命体・エボルトから地球を救うため、桐生戦兎/仮面ライダービルドは地球ともう一つの地球を融合させて新世界を作りました。

戦兎と相棒の万丈龍我/仮面ライダークローズ以外の人々は、仮面ライダーに関連した記憶を失くし平和に暮らしています。

しかしホワイトパネルの復活によって、人体実験を受けた人間たちは旧世界での記憶が蘇ったのです。(ここまで前作『仮面ライダークローズ』)

サイモン・マーカス率いる国際同盟の視察団が来日している最中、国際的テロ組織“ダウンフォール”が政府の研究所を強襲。

ダウンフォールを率いていたのは顔に大きな火傷のある浦賀啓示という男。浦賀は旧世界で戦兎(葛城巧)の父・葛城忍によって実験体にされ、命を落としていました。

サイモンもダウンフォールのメンバーであり、彼が研究所への侵入を手引きしたのです。

ダウンフォールの構成員たちはネビュラガスより強力な“ファントムリキッド”の力によって、「ファントムクラッシャー」という怪物に変身!!

戦兎や万丈、氷室玄徳/仮面ライダーローグの3人はネビュラガスを吸収され仮面ライダーに変身する能力を奪われてしまいます。

猿渡一海/仮面ライダーグリスと仲間の三羽ガラスが、石動美空にフラれた感傷旅行から戻ってきました。

自身の農園が襲撃されたことから、一海たち4人もファントムクラッシャーと交戦します。

ファントムクラッシャーは一海たちからも変身能力を奪おうとしますが、なぜか一海たち4人はいつも通り変身が出来たのです。

一海は玄徳に連絡を取りますが、玄徳は既にダウンフォールに拘束されています。玄徳の対応に異変を感じた一海は戦兎の元へ向かいます。

戦兎は滝川紗羽からファントムリキッドについての情報を聞き、葛城巧の研究所へ。

一海は戦兎から美空を守るように託されますが、フラれた負い目から行きたくないと言い出します。そんな一海を置いて三羽ガラスの3人が美空の元へ。しかし既にダウンフォールの魔の手が美空に迫っていました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ビルドNEW WORLD 仮面ライダーグリス』ネタバレ・結末の記載がございます。『ビルドNEW WORLD 仮面ライダーグリス』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

美空の前に現れた浦賀は奪ったビルドドライバーで仮面ライダーメタルビルドに変身!!

三羽ガラスの戦闘力では太刀打ちできないほどの強さでした。そこへ一海が現れてグリスに変身。しかしメタルビルドには歯が立たず、美空をさらわれてしまうのでした。

戦兎は唯一変身できる一海のため、新アイテム“パーフェクトキングダム”の完成を急ぎます。

一海と三羽ガラスが変身できたのは、感傷旅行で行き着いた無人島でファントムリキッドのガスを浴びたためでした。

パーフェクトキングダムを完成させるには、数にして3人分のファントムリキッドが必要。

しかし3羽ガラスは重篤な状態で、彼らからファントムリキッドを抽出してしまうと、3人が死に至る可能性が非常に高くなります。

美空を人質に取った浦賀は用済みとなったサイモンを射殺‼︎街を無差別爆撃し始めます。

仲間を犠牲に出来ない一海は単身、ブリザードナックルとホワイトパネルを持って浦賀のいる首相官邸へ。

一海は仮面ライダーグリスブリザードに変身し、メタルビルドと戦います。

しかし途中でホワイトパネルを奪われてしまいます。メタルビルドはホワイトパネルと仲間のファントムクラッシャーを吸収して、ファントムビルドへと変貌。

圧倒的な戦闘力を誇るファントムビルドに苦心するグリス。そこへ万丈が完成したパーフェクトキングダムと三羽ガラス3人が付けていたドッグタグを渡します。

グリスはパーフェクトキングダムを使って、仮面ライダーグリスパーフェクトに変身!!

3人の死を無駄にしないと奮起したグリスパーフェクトは、ファントムビルドを討ち取ります。

戦兎と葛城によって全員変身能力を取り戻しました。万丈は仮面ライダークローズマグマに変身し美空を救いに。戦兎や玄徳、内海たちは変身し街で暴れるダウンフォールの面々を蹴散らすのでした。

戦いが終わった一海の元に駆け寄る美空。そこへ三羽ガラスたちもやって来ます。

実は三羽ガラスは死んでおらず、3人が死んだと思えば一海のハザードレベルが上がると考えた戦兎の作戦だったのです。

再び世界に平和が訪れました。

そして一海はなんとフラれたはずの美空から交際を申し込まれ、快く受け入れるのでした。

スポンサーリンク

映画『ビルドNEW WORLD 仮面ライダーグリス』の感想と評価


(C)2019 石森プロ・ADK・バンダイ・東映ビデオ・東映 (C)2017 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

『仮面ライダークローズ』(2019)に続く『仮面ライダービルド』のスピンオフVシネマ“ビルドNEW WORLD”の第2弾。主人公に選ばれたのは武田航平演じる猿渡一海/仮面ライダーグリスでした。

氷室玄徳/仮面ライダーローグ(水上剣星)はBlu-rayに収録された『ROGUE』や『てれびくん超バトルDVD 仮面ライダープライムローグ』の2作で、既にスピンオフ作品の主演に選ばれているため、順当な主役選定だと思います。

『仮面ライダークローズ』に出演したTVシリーズの面々の他、前作には登場しなかった葛城忍(小久保丈二)と葛城巧(木山廉彬)の親子、氷室泰山首相(山田明郷)らも登場。前作以上にTVシリーズのキャストが顔を揃えました。

ゲストキャラクターは浦賀啓示/仮面ライダーメタルビルド(趙珉和)とサイモン・マーカス(マイケル富岡)の敵役2人にしぼられたため、本作はわかりやすい物語となっています。また一海と三羽ガラス、一海と美空の2つの関係性に重点が置かれた物語となりました。


(C)2019 石森プロ・ADK・バンダイ・東映ビデオ・東映 (C)2017 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

一番の注目ポイントはやはり仮面ライダーグリスと仮面ライダーメタルビルドの戦闘でしょう。まず初めの戦闘場面。

メタルビルドの力に圧倒され敗北した上に、美空を人質に取られた一海。ここで一海と三羽ガラスの上に強く雨が降りしきり始めます。雨は『ビルド』本編で、敗北感や憔悴した状態を強調するためによく用いられた演出です。

また最終場面でメタルビルドがホワイトパネルを吸収して変身したファントムビルド。この直前、一海をヒーローと信じる美空を「そんなものは幻想」と喝破する浦賀でしたが、自身がファントム=幻影という名を冠した仮面ライダーに変身するとはなんたる皮肉でしょうか。

また守る者=仲間がいる一海と火傷が元で迫害され心を閉ざした孤独な男・浦賀は対になっており、その差が2人の勝敗を決するのです。

『ビルドNEW WORLD仮面ライダーグリス』は、仲間想いの熱い男・猿渡一海/仮面ライダーグリスの勇姿を再び見られる作品でした。『ビルド』ファン必見の作品でしょう。


(C)2019 石森プロ・ADK・バンダイ・東映ビデオ・東映 (C)2017 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

まとめ

Vシネクスト『ビルド NEW WORLD 仮面ライダーグリス』は本来Vシネマです。

DVDとBlu-rayの発売日は2019年11月27日に予定されています。劇場上映は期間限定での実施ですので、未見の方は映画館へ急ぎましょう。

【次回予告】
次回の邦画特撮大全は、『仮面ライダー鎧武』(2013~2014)を特集します。お楽しみに。

次回の『邦画特撮大全』は…

次回の邦画特撮大全は、『仮面ライダー鎧武』(2013~2014)を特集します。

お楽しみに。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

『ハウス・ジャック・ビルト』映画監督ラース・フォン・トリアーのインタビュー【芸術は定義することが難しい】FILMINK-vol.4

FILMINK-vol.4「Lars Von Trier: ‘Art Is Difficult to Define’」 オーストラリアの映画サイト「FILMINK」が配信したコンテンツから「Cinem …

連載コラム

ヒッチコック映画『サイコ』ネタバレ考察と感想評価。白黒と特徴の解説はシャワールームの名シーンを解く|電影19XX年への旅9

連載コラム「電影19XX年への旅」第9回 歴代の巨匠監督たちが映画史に残した名作・傑作の作品を紹介する連載コラム「電影19XX年への旅」。 第9回は、『めまい』や『白い恐怖』など、多くの名作を映画史に …

連載コラム

映画『陰謀のデンマーク』あらすじと感想。衝撃の展開から結末で伝えたダイレクトなメッセージ【ウラー・サリム監督のQ&A収録】2019SKIPシティ映画祭6

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019エントリー・ウラー・サリム監督作品『陰謀のデンマーク』が7月14日に上映 埼玉県・川口市にある映像拠点の一つ、SKIPシティにて行われるデジタルシネマの祭典が、 …

連載コラム

映画『モルグ 死霊病棟』ネタバレ感想と考察評価。実話だったらガチ怖!死体安置所の夜に何かがおこる。|未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見破録6

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見破録」第6回 佳作から怪作・激コワ映画まで、世界のあらゆる映画を紹介する「未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見破録」。第6回で紹介するのは、 …

連載コラム

映画『Mrs Lowry&Son』【ティモシー・スポールへのインタビュー:わびしさの中にある美】FILMINK-vol.31

FILMINK-vol.31「Timothy Spall: The Beauty in Bleakness」 オーストラリアの映画サイト「FILMINK」が配信したコンテンツから「Cinemarche …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP