Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/05/17
Update

シアターモーメンツ『#マクベス』の舞台本番直前!劇団稽古に潜入リポート| THEATRE MOMENTS2019①

  • Writer :
  • 加賀谷健

連載コラム『THEATRE MOMENTS2019』第1回

世界基準の演劇を目指し、これまで精力的な活動を続けてきた劇団シアターモーメンツ

コラボレーション企画第2弾となる今回は最新公演『#マクベス』の稽古場へ潜入します。

演出家とキャスト陣がそれぞれに意見を交わしながら一丸となってひとつの表現を形づくっていく稽古場の臨場感をリポートしていきます。

【連載コラム】『THEATRE MOMENTS2019』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

シアターモーメンツの新作『#マクベス』の稽古場を体感!

©︎Cinemarche

稽古場の自由な空気感

稽古場を訪れて、まず驚いたのは、台本がはじめから用意されておらず、演出家である佐川大輔の構想を基に、一から稽古場で作られていくことです。

演出家と俳優たちの間で何か疑問に思うことがあれば、すぐに立ち止まり、自由な意見交換を交わしながら全体でひとつの問題を解決していきます。

このような話し合いによって演劇を作り上げていく手法は「デバイジング」と呼ばれ、その実践が演劇界では大きな注目を集めています。

劇の流れが即興的に形づくられ、かつリアルタイムで立ち上がっていく、その瞬間、瞬間をキャスト全員がエネルギッシュに生きているのです。

©︎Cinemarche

この稽古場が美しいのは、全員の表情が明るく、とにかく笑顔で溢れていることです。

古典であるシェイクスピアの悲劇を上演しようとする厳めしい雰囲気などありません。

しかし全員が真剣そのもので、観客へ面白い作品を提供しようとするひたむきな姿勢が心に残ります。騒がしくも楽しげで、活力に満ちた臨場感。その額からこぼれる汗の一粒一粒が何よりの証拠でしょう。

躍動する身体

©︎Cinemarche

劇団新作のために演出家の佐川大輔が構想した『#マクベス』は、ネットを中心とする情報化社会のコミュニケーション問題を取りあげ、400年も昔のシェイクスピア劇を身体と小道具を巧みに使用しながら蘇らせる野心的な作品です。

シェイクスピアの古典をみたことがない人でも、演劇の世界が身近なものとして感じられるような工夫が随所に凝らされています。

現実的なテーマ性は上演の意義として重要ですが、より根源的な表現を目指し、俳優の身体(肉体)が最大限活用されるところに『#マクベス』の面白さと核心があります。

躍動する身体と演技の枠にとらわれない表現は、観客の心にダイレクトに働きかけ、客席に眠る衝動が舞台へ放出されるきっかけを作ります。

©︎Cinemarche

下手から上手へ、翻って上手から下手へ。ビートを刻みながら空間全体を自由闊達に動き回る息づかい。

実際、キャストの中にはプロダンサーとして活躍している人もおり、高い身体能力と研ぎ澄まされたリズム感が、通常の演技を超えた迫真性をもつパフォーマンスを可能にしており、それがビジュアルとしても強固なイメージを生み出しています。

完成されたものではなく、今まさに作られつつある、ライブ的な、生のパフォーマンスに立ち会い、誰よりも早く体感出来ることの贅沢さと喜びを感じた稽古場の時間でした。

劇団THEATRE MOMENTS(シアターモーメンツ)とは

参考映像:『遺すモノ〜楢山節考より〜』

2004年、佐川大輔と中原くれあを中心に、「日本発のワールドスタンダード演劇の創作」を目的に設立。

小説や戯曲をベースに、俳優とアイディアを出し合うデバイジング集団創作に加え、ルコックやスタニスラフスキーの演劇手法を使い分け、普遍性と演劇性の高い舞台を生み出しています。

そのスタイルは「一人複数役を演じ、常に出ずっぱりの俳優」「アンサンブルによる身体表現」「テーマ小道具の変幻自在な見立て」「前説から本編へのシームレスな導入」など、独自の特徴があります。

2013年の第四回せんがわ演劇コンクールでグランプリ、観客賞、演出賞を受賞。

海外では、2013年マカオフリンジフェスティバル(中国)、2014年メルボルンフリンジフェスティバルなどへ参加。2016年にはマカオに招聘され、海外の劇団では現地初となる3か月連続上演。

本作『#マクベス』もすでに、2019年8月にマカオ公演が決定しています。

スポンサーリンク

THEATRE MOMENTS公演『#マクベス』の作品情報

【日本公演】
2019年
5月29日(水)19:30
5月30日(木)19:30
5月31日(金)14:30 / 19:30
6月1日(土)11:30 / 16:30

【場所】
調布市せんがわ劇場

【料金】
[一般] 前売4,000円/当日4,500円/リピーター割2,500円
[U25割] 前売2,500円/当日3,000円/リピーター割1,500円
[U18割] 前売1,000円/当日1,000円/リピーター割500円
[初日割] 前売3,000円/当日3,500円
[平日マチネ割] 前売3,500円/当日4,000円/リピーター割2,500円
[ペア割] 前売7,400円/リピーター割2,500円(1名あたり)
[3名以上割] (1名あたり)前売3,500円/リピーター割2,500円
[調布市民割・外国人割・ハンディキャップ割] 前売3,000円/当日3,500円/リピーター割2,500円

【構成・演出】
佐川大輔

【原作】
ウィリアム・シェイクスピア『マクベス』

【キャスト】
青木まさと、荒井志郎(青☆組)、池田美郷(O’RAMA Rock’n’Roll Band)、大窪晶(演劇集団円)、今野健太(THEATRE MOMENTS)、ちょびつき雨宮、中原くれあ(THEATRE MOMENTS)、三橋俊平

【作品概要】
THEATRE MOMENTS第23回公演。

「ワールドスタンダードな演劇」を前提として、ウィリアム・シェイクスピアの『マクベス』をTHEATER MOMENTSならではの切り口と小道具と身体を駆使した独自のスタイルで創作される新作です。

また、日本公演以外にも、2019年8月にマカオ公演が決定しています。

構成・演出はTHEATRE MOMENTS主宰の佐川大輔が努めます。

【『#マクベス』チケットのご予約はコチラ】

『#マクベス』のあらすじ

スコットランドの勇将マクベスは、ノルウェー軍との熾烈な戦いに勝利した後、奇妙な出で立ちの魔女たちに出会い、「やがて王になる」という予言を受けます。

その予言を伝えられたマクベス夫人は、夫の出世に魅了されます。

そんな中、勝利の宴がマクベスの城で行われ、スコットランド王のダンカンが訪れることとなり、マクベス夫妻は予言を現実のものとするべく王殺しを企てますが…。

まとめ

©︎Cinemarche

叩き上げの台本が、ここからどのように化け、ひとつの舞台劇として完成されていくのか。そしていよいよ本番では、さらに磨きがかかった演技が稽古場を飛び出して、いかにバージョンアップされているのか。

『#マクベス』では観客の熱気が重要な推進力となります。臨場感ある劇場の空気感の中で、自然と心と身体が温まり、想像力を刺激されながら、むずむずとした衝動を舞台上へ向けて参加させていくのです。

これはライブである演劇の醍醐味でもあります。堅苦しいことは抜きにして、全身でシェイクスピアを体感してみてはいかがでしょうか。

次回は『#マクベス』公演のキャストインタビューをお届けします。乞うご期待!!!

関連記事

連載コラム

映画『シスターフッド』あらすじと感想レビュー。西原孝至監督の混在するドキュメンタリーと劇映画の臨界を探る|OAFF大阪アジアン映画祭2019見聞録3

連載コラム『大阪アジアン映画祭2019見聞録』第3回 女性の存在が根本から問い直されている昨今、意欲作が次々と発表されています。 しかし若手女性の映像作家の活躍は目覚ましいものがありますが、男性監督の …

連載コラム

平成仮面ライダーを演じたイケメン俳優③『龍騎』『カブト』『剣ブレイド』その魅力を紹介|邦画特撮大全14

連載コラム「邦画特撮大全」第14章 前々回の第12章では仮面ライダーを演じたイケメン俳優の出自、次の第13章は彼らイケメン俳優の具体的な魅力にについて紹介してきました。 今回も仮面ライダーを演じたイケ …

連載コラム

『羊と鋼の森』『orangeオレンジ』橋本光二郎監督が示す「才能」の見つけ方|映画道シカミミ見聞録4

連載コラム「映画道シカミミ見聞録」第4回 みなさんこんにちは、森田です。 映画『orange-オレンジ』(2015)と『羊と鋼の森』(2018)と聞いてどんな共通点を思い浮かべますか。 「山崎賢人が主 …

連載コラム

映画『マン・オン・ワイヤー』感想と評価。フィリップ・プティが摩天楼の上空を歩く|だからドキュメンタリー映画は面白い7

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第7回 1974年8月7日、摩天楼ニューヨークの上空を、驚愕の目で見つめる人々がいた――。 『だからドキュメンタリー映画は面白い』第7回は、2009年公 …

連載コラム

【シネマルNEWS】映画・海外ドラマの連載コラムを開始!エッセイスト&随筆家など続々登場

写真:倉田爽 これまで、映画やドラマといった関する深掘り考察を行ってきたCinemarcheでは、今後、専門的な連載コラムをスタートさせる運びとなりました。 第1弾として、映画随筆家の森田悠介による連 …

映画『天気の子』特集
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP