Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/08/21
Update

Netflix映画『スイートガール』ネタバレあらすじ結末と感想考察。リベンジ復讐劇アクションをジェイソン・モモアが熱演|Netflix映画おすすめ54

  • Writer :
  • 滝澤令央

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第54回

2021年8月20日(金)にNetflixで配信されたリベンジアクション映画『スイートガール』。
ジェイソン・モモアとイザベラ・メルセードが拝金主義の製薬会社に復讐する父娘を演じています。

製薬会社の利権により妻を失った男が、娘と共に亡き妻の復讐の果たすための逃避行に出かけます。事件の真相に迫る彼らを待ち受けていた衝撃の事実とは、一体何だったのでしょうか。

今回は、ジェイソン・モモア主演のアクション映画のプロデュースを手がけてきたブライアン・アンドリュー・メンドーサが監督を務めた『スイートガール』のあらすじと作品情報をネタバレありでご紹介します。

【連載コラム】「Netflix 映画おすすめ」記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『スイートガール』の作品情報


Netflix映画『スイートガール』

【公開】
2021年配信(アメリカ映画)
 
【原題】
sweetgirl

【監督】
ブライアン・アンドリュー・メンドーサ

【キャスト】
ジェイソン・モモア、イザベラ・メルセド、マヌエル・ガルシア=ルルフォ、エイミー・ブレネマン、アドリア・アルホナ、ラザ・ジャフリー、ジャスティン・バーサ、レックス・スコット・デイヴィス、マイケル・レイモンド=ジェームズ

【作品概要】
監督を務めたのは『フロンティア』(2018)『Road to Paloma(日本未公開)』(2014)『ワイルド・ブレイブ』(2019)などでジェイソン・モモアとタッグを組んできたブライアン・アンドリュー・メンドーサ。

脚本を務めたのは『イベント・ホライゾン』(1997)の脚本でも知られるフィリップ・アイズナーとグレッグ・フルビッツ。

父娘による復讐劇にて、父親レイ役を演じたのは『アクアマン』(2018)『コナン・ザ・バーバリアン』(2011)『DUNE/デューン 砂の惑星』(2021)で知られるジェイソン・モモア。

娘のレイチェルを『トランスフォーマー/最後の騎士王』(2017)『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』(2018)で知られるイザベラ・メルセード(旧芸名:イザベラ・モナ―)が演じます。


映画『スイートガール』のあらすじとネタバレ


Netflix映画『スイートガール』

ペンシルベニアの夜の街中で、警察の追跡に追い詰められたレイ。

スタジアムの屋上でFBI捜査官サラの説得を受ける彼は「こんなはずじゃなかった」と言い残し、川へ飛びこみました。

数年前、レイは家族3人での思い出作りに、妻と娘を連れ、山でキャンプをしていました。夢のようなひと時もつかの間、ほどなくして妻、アマンダのガンは深刻な状態に陥っていました。

ガン治療には「インファーマム」という高額な薬が必要でした。既にこれまでの治療費で生活が困窮していたレイは「スペロ」というジェネリック薬に希望を見出したものの、「インファーマム」の販売元であるバイオプライムという製薬会社が製造元に圧力をかけたことで販売が延期になってしまいました。

時を同じくしてバイオプライムのCEO、キーリーがテレビ出演していました。

彼と対談するモーガン下院議員は、大手製薬企業の利権によって薬の価格が不当に吊り上げられていると語ります。

テレビを観ていたレイは、「ジェネリック薬の販売を延期されたことで、妻の治療費が払えず、死んでしまう」と電話をしました。

キーリーはレイの批判に対し、まともに取り合いません。レイは「妻が死んだらお前を殺す」とだけ言い、電話を切りました。

病状が悪化していくアマンダはレイと娘のレイチェルが看取る中、静かに息を引き取りました。

それから6ヶ月後、悲しみが癒えぬまま、怒りに任せてジムでサンドバッグを殴るレイ。

そんなある日、ベネットという記者からバイオプライムには犯罪が絡んでいるという連絡を受けます。

ベネットに電話で指示される通り電車に乗り込み、駅を降り、彼の後を追いかけるレイ。その後をレイチェルが追いかけます。

ベネットはキーリーが黒幕であり、ダミー会社を通して行った賄賂収賄の証拠にたどり着いていました。

レイが取材の依頼を断ろうとした途端、ベネットは謎の男に刺殺されてしまいます。

地下鉄の車内で男と格闘になるレイ。激しい争いの末に腹部を刺され、レイチェルと共にホームへ投げ出されまでしまいました。レイとレイチェルは意識を失います。

それから2年が経ち、ジムでキックボクシングを会得したレイチェルはレイ同様に怒りを原動力とし、自身を鍛えていました。

ちょうどその頃、ガン治療薬を値下げする法案をモーガン議員が発表していました。バイオプライム製薬が抱える高額な治療薬の問題を議員が解決したのです。

レイはレイチェルに「背景に何があったか調べる」とだけ伝え、バイオプライムの資金調達パーティに潜入します。

無造作にピックアップした女性用ドレスを手に、消化器を準備し、裏口のトイレを封鎖します。

そしてウェイトレスに変装してキーリーに接近します。

身辺を警護するボディガードを消火器でかく乱、気絶させた後、キーリーを裏口へと追い詰めました。

レイは「地下鉄で記者を殺したのはお前の差し金か」と問い詰めます。

キーリーは自身の関与を認めつつも、バイオプライム会長のシャーが黒幕であると明かします。

その後意識を取り戻したボディガードの一人と乱闘になり、ボディガードを射殺。キーリーを締め上げて窒息死させ、その場から逃走しました。

家に帰ったレイは、「やめろと言ったのに」というレイチェルの声を無視し、逃走の支度を指示しました。

ピッツバーグ付近は既に警察が捜査網を敷いていました。気絶させたもう1人のボディガードがレイとキーリーの会話を聞いており、FBI捜査官のサラは犯人の捜索を始めます。

警察は過去にあったキーリーを脅迫したジアンからレイとキーリーのテレビ出演を通した電話音声へ到達。レイを指名手配にします。

殺人を犯し、逃走することを不安に思ったレイチェルは、レイに気付かれぬよう警察に電話します。

電話を取ったのはサラでした。レイチェルがキーリーの悪事を必死に訴えると、サラは力になると約束した上で、翌日プリペイド携帯でかけ直すよう助言しました。

翌朝、モーテルに現れた追手2人に勘づいたレイは、彼らの先回りをして殺し屋2人を返り討ちにしました。

警察はレイの家を捜索中に、モーテルでの逆襲を聞きつけ、親子の足取りを掴んでいました。

「こんなことは続けられない」と訴えるレイチェル。レイはバイオプライム会長のシャーについて調べていました。

レイが銃の試し撃ちをしている間に、レイチェルはプリペイド携帯でサラに掛けなおします。身の上話をした後、サラはレイチェルに対し、父親の復讐に付き合わされているだけなのではないかと質問します。

レイチェルの意思を確かめるため、「あなたはレイチェルよ」と語り掛けました。

森を移動し、道路へトラップを仕掛ける2人。シャーが豪邸から出てくるのを見はからい、護送車にトラップをはめていきます。

シャーの乗った車をトンネルの後方からショベルカーで足止めするレイ。その時、前方から謎の男がシャーに向かって焼夷弾を放ちました。

後方のレイは爆竹で目眩し。その後逃げてきたシャーに銃を突きつけ、記者殺しの黒幕を吐かせようとするものの、シャーは謎の男に射殺されてしまいました。

レイは車で逃走しようとするも、後輪に銃弾を受け、タイヤがパンクしてしまいます。

レイチェルは男の顔を覚えていました。謎の男とは地下鉄で記者を刺殺した殺し屋だったのです。

レッカー車を盗んだ2人は街のダイナーに殺し屋の車が停まっているのを発見。1人で食事する殺し屋の男に接触します。

男は「雇い主の命のを守っているだけだ」と言い、復讐に同情を示すものの、レイの邪魔をすると明言します。

男の雇い主とは、バイオプライムと会見した下院議員のダイアナモーガンでした。

その頃サラは、監視カメラの映像からレイたちの居場所を割り出します。

ピッツバーグに向かう途中の橋で追い詰められ、徒歩で逃走するレイ。

大量の警官に追い込まれ、レイはスタジアムへ逃げ込みました。観客席の裏からハシゴをつたい、屋根の上へと追い詰められました。

警察のヘリがレイにライトを当てました。サラが「助けに来た」と必死に説得するものの、レイは「こんなはずじゃなかった」と呟きました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『スイートガール』ネタバレ・結末の記載がございます。『スイートガール』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

サラの「電話で話したでしょ。お父さんはあなたじゃない」という言葉にハッとされられるレイチェル。

警察から逃走し、スタジアムの屋根の上へ追い詰められたのはレイではなく、レイチェルだったのです。

実際のレイは記者と同様に、地下鉄のホームで殺し屋に刺されたときに命を落としていました。

それから2年の歳月が経ち、女性用のドレスを着てウェイトレスに変装し、キーリーに接近したのは、レイチェル。

モーテルの追手を返り討ちにしたのも、レイチェル。道路にトラップを仕掛けシャーを追い詰めたのも、ダイナーで殺し屋に接触したのも、全てレイチェル一人で行ったものだったのです。

サラの説得に対し、レイチェルは「こんなはずじゃなかった」とだけ言い残し川へ飛び込みました。

ほどなくして救出され、救急車で病院へ運ばれる途中、意識を取り戻したレイチェルは運転手を攻撃し救急車が横転、再び逃走しました。

警察から逃れたレイチェルが向かったのはレイの亡くなった駅のホームでした。ベンチで横になるレイチェルをレイの幻が優しく包み込みます。

「いつもそばにいる」レイのささやきが聞こえたレイチェルは決意を新たに演説会場に向かいます。

向かった先は、大企業の腐敗を訴え、ペンシルヴェニア上院議員へ立候補するモーガン下院議員の表明演説会場でした。

その後、彼女の執務室への潜入を試みるレイチェルは、殺し屋に出くわしてしまいます。殺し屋の様子を察知したモーガン議員は身の危険を感じていました。

建設中の中庭に組まれた足場に隠れていたレイチェルを殺し屋が発見。レイチェルと殺し屋は、取っ組み合いながら、噴水でナイフを用いた近接格闘になります。

水中に顔を埋められ、朦朧とする意識の中、レイの声を聞いたレイチェルは奮起し、殺し屋にとどめを刺しました。

やがてモーガン議員のもとへ到達したレイチェルは、バイオプライムとの裏取引を全て自白するよう迫ります。

議員は「司法省に根回ししてレイチェルを無罪に出来る」という取引を提案してきました。

提案をはねのけたレイチェルは、強引に自白を引き出しました。

そして議員を殺さずにその場から逃走、後日記録していた録音をFBIにリークしました。

復讐を果たしたレイチェルは、亡き両親との思い出を胸に、準備していた偽造パスポートで海外へと逃亡しました。

 

スポンサーリンク

映画『スイートガール』の感想と評価


Netflix映画『スイートガール』

ジェイソン・モモア主演の女性アクション

本作で監督を務めたブライアン・アンドリュー・メンドーサは、数多くのモモア主演作品のプロデュースに携わってきました。

レイの娘レイチェルが大事にしているぬいぐるみの名前「パロマ」はWWEスタジオ配給作品、ジェイソン・モモア主演監督作『Road to Paloma(日本未公開)』(2014)にちなんでいます。監督なりの心配りなのでしょう。

これまで2人がタッグを組んできた映画作品はどれもアクションの演出が優れており、限定的な空間にて、置かれた環境や道具をうまく利用するという小気味良いアクションを生み出してきました。

例えば、映画『ワイルド・ブレイブ』(2019)では、助けを呼べない雪山を舞台に、麻薬組織と父息子との対決を描いていました。

現代を舞台にしながらも、非常に西部劇を思わせる作品で、電波が通じない、武器に限りがある、小屋に籠城するしかない、など様々な制約の中で、工夫が凝らされたアクションを見せていました。

本作も小気味良いアクションが見どころです。

キーリーを暗殺する資金集めパーティーのシーンでは、「実はレイチェルの幻視だった」という後の伏線となる「女性用ドレス」というキーワードがさり気なく提示されながら、かく乱に使用する消火器と他ルートをふさぐ準備とが丁寧に描かれていました。

モーテルで追手を返り討ちにするシーンでは、人が通れば音がする仕掛けを仕込む準備の描写がありました。

シャーを乗せた護送車をトンネルへと誘導するシーンにおいても、道路へのトラップ、大木を切り落として進路をふさぐなどの描写が丁寧に描かれており、この後の本番で使用する道具や仕掛けの前準備が丁寧に描かれることによる、襲撃が成功した時の達成感、カタルシスが感じられました。

ジェイソン・モモアによる安定感のあるアクションは言うに及ばずですが、本作の真の主人公である、イザベラ・メルセード演じるレイチェルのアクションが非常に逞しかったのが印象的です。

これまで戦う超ロボット生命体を応援したり、人質になっていた彼女が、己の拳とその場にあった道具と機転を利かせ、様々な困難に立ち向かっていく様子は、生きる権利を奪われた社会的弱者が拝金主義の金持ちに復讐するという構図とマッチしており、エンターテインメントと社会性との両立を見事に体現していました。

オープンワールドな舞台とストーリー

本作の出来事はピッツバーグの街とその郊外で繰り広げられます。この箱庭感が本作にゲームっぽさをもたらしているのではないでしょうか。

犯罪を犯し警察から追われる身となりながら、復讐を成し遂げていくストーリーにはミッション性があり、まさに『グランド・セフト・オート』のようです。

観客は犯罪者として警察に追われるレイの目線で本作を鑑賞するので、いかにして復讐を果たすか、警察に追いつかれないよう逃げるかを非常にスリリングに観ることが出来ます。

同ゲームでは犯罪を犯した後、警察官に見つかれば見つかるほど、指名手配のレベルが上がります。

本作のクライマックスでは、ゲーム同様にパトカーに追いかけられ、車を乗り捨てた後も、ヘリコプターで追跡されるという逃走模様が描かれていました。

段々と逃走が困難になり、追い詰められていく焦燥感は、ゲームで指名手配のレベルが星4以上になってしまう焦りに通じるものがありました。

また、パンクして使えなくなった車の代わりに選んだ盗難車がレッカー車というのも非常にGTAらしさを感じさせます。


 

まとめ

『スイートガール』は、イザベラ・メルセードの逞しいアクションが堪能できる作品です。

文字通りジェイソン・モモアが彼女に憑依することで、怒りを原動力に弱者を踏みにじる金持ちへの復讐を遂げていきます。

ストレスフルな時代に一縷の爽快感を感じることが出来る作品ですが、主人公が切り替わるクライマックス、生きる希望は楽しかった過去の思い出のみという悲観的なエンディングには胸が締め付けられます。

それは本作のアクションをはじめとした演出が細やかで丁寧だからであり、忙しない観客の感情誘導テクニックは、メル・ギブソン監督作品のようでもあります。

これから更なる活躍が期待されるイザベラ・メルセードのアクション、そして監督ブライアン・アンドリュー・メンドーサとジェイソン・モモアタッグの確かさが確認できるオススメの映画作品です。

【連載コラム】「Netflix 映画おすすめ」記事一覧はこちら





関連記事

連載コラム

映画『どうにかなる日々』感想レビューと解説。アニメ化で際立つ志村貴子作品の魅力を分析|映画道シカミミ見聞録47

連載コラム「映画道シカミミ見聞録」第47回 こんにちは、森田です。 今回は2020年10月23日(金)全国公開のアニメーション映画『どうにかなる日々』を紹介いたします。 原作者の志村貴子は、学園ドラマ …

連載コラム

映画『ヘルボーイ(2019)』あらすじと感想レビュー評価。マイク・ミニョーラとニール・マーシャルが召喚するヒーローとは⁈|シニンは映画に生かされて19

連載コラム『シニンは映画に生かされて』第19回 はじめましての方は、はじめまして。河合のびです。 今日も今日とて、映画に生かされているシニンです。 第19回にてご紹介させていただく作品は、ニール・マー …

連載コラム

全裸監督2|4話ネタバレあらすじ感想と結末解説。AV女優・黒木香と決別か!?シーズン2の見どころ考察

「空からエロが降ってくる」Netflixドラマ『全裸監督シーズン2』を完全紹介 2019年8月、Netflixオリジナルドラマとして全世界に配信された『全裸監督シーズン1』。2016年出版の伝説のAV …

連載コラム

映画『グッドライアー』キャストのイアン・マッケランへのインタビュー【偽りのゲーム】FILMINK-vol.32

FILMINK-vol.32「The Many Sides of Sir Ian McKellen」 オーストラリアの映画サイト「FILMINK」が配信したコンテンツから「Cinemarche」が連携 …

連載コラム

映画『ザ・バウンサー』感想とレビュー評価。ヴァン・ダムが娘のために犯罪組織に挑む|すべての映画はアクションから始まる3

連載コラム『すべての映画はアクションから始まる』第3回 日本公開を控える新作から、カルト的評価を得ている知る人ぞ知る旧作といったアクション映画を網羅してピックアップする連載コラム、『すべての映画はアク …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学