Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/04/10
Update

韓国版映画『いま、会いにゆきます』感想と解説。ジャンフン監督と市川拓司(原作者)の共通点とは|シニンは映画に生かされて4

  • Writer :
  • 河合のび

連載コラム『シニンは映画に生かされて』第4回

はじめましての方は、はじめまして。河合のびです。

今日も今日とて、映画に生かされているシニンです。

第4回でご紹介する作品は、死者との再会を通じて夫婦と家族の深く温かい愛を描いた、イ・ジャンフン監督のラブストーリー映画『Be With You 〜いま、会いにゆきます』

日本でも映画化され大ヒットした市川拓司のファンタジー恋愛小説『いま、会いにゆきます』。その再映画化作品である本作は、韓国国内での公開当時にはわずか15日で200万人を動員するという驚異的な記録を打ち立てました。

【連載コラム】『シニンは映画に生かされて』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『Be With You 〜いま、会いにゆきます』の作品情報


(C)2018 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

【日本公開】
2019年(韓国映画)

【原題】
Be with You

【原作】
市川拓司

【脚本・監督】
イ・ジャンフン

【キャスト】
ソ・ジソブ、ソン・イェジン、キム・ジファン、コ・チャンソク

【作品概要】
日本でも2004年に映画化され大ヒットした市川拓司のベストセラー小説『いま、会いにゆきます』の再映画化作品。

監督・脚本は、本作が長編デビュー作となるイ・ジャンフン。

妻を亡くし一人息子と共に慎ましく暮らす主人公ウジンを演じたのは、『王の運命 ー歴史を変えた八日間ー』『映画は映画だ
』で知られる人気俳優のソ・ジソブ。

そして夫と息子のもとに再び戻ってくる妻スアを演じたのは、『四月の雪』『私の頭の中の消しゴム』で知られる女優のソン・イェジンです。

映画『Be With You 〜いま、会いにゆきます』のあらすじ


(C)2018 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

妻を亡くし、自身の難病と付き合いながらも現在は息子ジホと二人暮らしをしているウジン。

亡くなった妻スアは、父子に「梅雨になったらまた戻ってくる」という約束を残していました。

その約束から1年が経ち、梅雨の季節が訪れたある日、生前と同じ姿のスアが父子の元に現れます。

ウジンやジホ、自身の死すらも覚えていない状態だったスアを、父子は自宅へと連れ帰ったことで、三人での暮らしが再び始まりました。

最初はぎこちなさがあったものの、次第に「三人家族」としての生活が蘇ってゆく中、スアとウジンはかつての馴れ初めにまつわる記憶を共有し、再び心惹かれ、恋に落ちます。

ですがその頃には、梅雨の季節が終わりを迎えようとしていました。

スポンサーリンク

映画『Be With You 〜いま、会いにゆきます』の感想と評価

「自身の思いを込めようとする」という原作への愛


(C)2018 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

2019年4月7日、シネマート新宿にて行われたトークショーには、イ・ジャンフン監督と原作者にして作家の市川拓司氏が登壇しました。

そこで市川氏は、本作が原作に忠実な「『優しい手触り』の作品」であり、「今までで一番しっくりくる映像化作品」であることを語りました。

無論、日本から韓国へという舞台の変更など、本作には原作小説からの改変点がいくつもあります。しかしながら、原作者自らが「一番しっくりくる」と語るだけの理由が本作には存在するのです。

ジャンフン監督は本作を制作するにあたって、原作小説の世界観を尊重しながらもそれに対する「自身の思いを込めようとした」と語ります。

ただ、機械的に、流れ作業的に原作通りの物語をなぞってゆくのではなく、その物語を読んだ時、感動した時の思いを込めようとする。

それはまさに原作小説に対するジャンフン監督の愛そのものであり、だからこそ、本作がただの「原作付き映画」という枠を超える映画となっているのです。

ジャンフン監督と原作者・市川氏の共通点


(C)2018 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

またトークショーでは、ジャンフン監督と市川氏の幾つもの共通点が話題に上がりました。

外見や雰囲気、家族構成をはじめ、ジャンフン監督が初の長編映画である本作を制作した年齢と市川氏がその原作小説を執筆した年齢が共に40歳だったといった奇跡的な偶然など、様々な共通点が二人にはあったのです。

そして、ジャンフン監督と市川氏が抱いていた罪悪感にも、共通するものがありました。

小説『いま、会いにゆきます』の物語は、市川氏の実体験が基になっています。大学時代に陸上選手として活躍していたものの、突如病に罹り長期間の闘病を経験した市川氏は、自身の闘病生活に巻き込みたくないという思いから、現在の奥様に一度は別れを告げたこともありました。その出来事は、小説の物語にも踏襲されています。

その後、奥様が再び市川氏に会おうとしてくれたのをきっかけに二人は復縁しますが、自身の人生に巻き込んでしまったことに対する罪悪感が少なからずあったそうです。

さらに、自身の出産を経て体調を崩しそのまま亡くなってしまった、市川氏の実母に対する罪悪感。この二つの罪悪感が、小説『いま、会いにゆきます』の物語のベースとしてあるのです。

一方、その小説を原作として映画を制作したジャンフン監督も、40歳にして長編デビュー作を初めて制作した遅咲きの監督であることからも分かる通り、そこに至るまでに、多くの苦労や迷惑をかけてきた自身の家族に対する罪悪感を抱いていました。

原作者である市川氏が抱いていた罪悪感。そしてジャンフン監督が抱いていた罪悪感がシンクロしたことで、本作に込められた悲しみにもリアリティが生じたのです。

「優しい手触り」を感じられる「救い」の物語


(C)2018 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

けれども、本作に込められているのは、罪悪感がもたらす悲しみだけではありません。

市川氏は、映画『Be With You 〜いま、会いにゆきます』を「『赦し』と『寛容』の物語」であると語ります。それは、小説『いま、会いにゆきます』の物語そのものでもあります。

悲しみをもたらす罪悪感。その源とされる人生の中で犯した罪を赦され、受け入れられる。それは「救い」であり、「『赦し』と『寛容』の物語」とは、「救い」の物語でもあるのです。

そして、そのような「救い」の物語を、ジャンフン監督は優しく、そして温かい眼差しをもって描きました。それは原作小説における「救い」の物語を真摯に、誠実に捉えようとする試みであり、それ故に映画『Be With You 〜いま、会いにゆきます』は、市川氏の評したように「『優しい手触り』の作品」となれたのです。

イ・ジャンフン監督とは


(C)2018 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

イ・ジャンフン監督は本作が公開される8年前に原作小説を初めて読み、その美しい物語に魅了されました。

そして2015年から、『いま、会いにゆきます』映画化、すなわち映画『Be With You ~いま、会いにゆきます』の制作に向けて本格的な準備を始めました。

長編デビュー作である本作は韓国国内で記録的な大ヒットを打ち出し、今後の活動が非常に注目されている監督です。

スポンサーリンク

まとめ


(C)2018 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

原作者に通ずる親しい人々に対しての罪悪感とそれがもたらす悲しみを抱きながらも、優しく、そして温かい眼差しをもって「救い」の物語を捉えようとする。それは、イ・ジャンフン監督だからこそできたことです。

そして、「本作を観終えた後、隣にいる存在がどれだけ大切なのかを気づいてほしい」とジャンフン監督が語る本作は、劇場に訪れた観客たちに染み渡るような感動と涙を促してくれるのです。

映画『Be With You 〜いま、会いにゆきます』は、2019年4月5日(土)より、シネマート新宿を皮切りに全国順次公開中です。

次回の『シニンは映画に生かされて』は…


(C)2018 Norichika OBA

次回の『シニンは映画に生かされて』は、2019年5月3日(金)より公開の映画『キュクロプス』をご紹介します。

もう少しだけ映画に生かされたいと感じている方は、ぜひお待ち下さい。

【連載コラム】『シニンは映画に生かされて』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

ウェイティング・バーバリアンズ帝国の黄昏|ネタバレあらすじとラスト結末の感想。ジョニー・デップが怪演を見せた痛烈な風刺劇|未体験ゾーンの映画たち2021見破録3

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」第3回 世界のあらゆる国の、様々な事情で埋もれかけた映画を紹介する「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」。第3回で紹介するのは、ノーベル賞受賞作家の …

連載コラム

映画『パトレイバー劇場版2』ネタバレ考察とあらすじ感想解説。現場と組織上層部の温度差を描き“真の正義”を問う|SF恐怖映画という名の観覧車140

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile140 激動の世の中となり、政府や各企業の動向に注目がより集まるようになりました。 全体を俯瞰した方針の決定を求められる上層部と、目の前の事態に …

連載コラム

イタリア映画祭2019開幕!豪華ゲスト登壇の開会式リポート|2019年の旅するイタリア映画祭1

連載コラム『旅するイタリア映画祭』第1回 2019年で19回目となるイタリア映画祭が、ゴールデン・ウィーク期間中の4月27日(土)〜5月4日(土・祝)まで東京・有楽町朝日ホールにて開催されています。 …

連載コラム

映画『キックス』あらすじと感想考察レビュー。奪われたスニーカーを取り戻す少年の行動とは|銀幕の月光遊戯13

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第13回 主要キャストがアフリカ系俳優で占められる作品は、制作が難しいと言われていた時代もありましたが、昨今は、『ムーンライト』がアカデミー賞作品賞を受賞したり、『ブラック …

連載コラム

映画『朝が来る』育ての母と産みの母をテーマに河瀬直美自身が感じた“希望の光と生き方”|映画という星空を知るひとよ31

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第31回 映画『朝が来る』は、2020年10月23日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショーされます。 世界で高い評価を受け、東京2020オリンピッ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学