Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/03/01
Update

韓国映画『潔白』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。シンヘソン演じる弁護士が母を陥れた悪に挑む|未体験ゾーンの映画たち2021見破録18

  • Writer :
  • 増田健

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」第18回

世界各国の様々な映画を紹介する「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」。第18回で取り上げるのは『潔白』。

良質なミステリーを次々生み出す韓国映画界。そこには社会の現実に目を向けエンターテインメントに昇華する、逞しい姿勢が存在します。

こうして観客に突き付けられた力強い物語は、日本の我々にも響くメッセージを持っています。ジャンル映画の枠を越えた魅力が、現在の韓国映画人気の秘密でしょう。

そんな韓国製サスペンス映画の秀作が、また1本誕生しました。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2021見破録』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『潔白』の作品情報


(C) 配給:「潔白」上映委員会

【日本公開】
2021年(韓国映画)

【原題】
결백 / Innocence

【監督・脚本】
パク・サンヒョン

【キャスト】
シン・ヘソン、ペ・ジョンオク、ホ・ジュノ

【作品概要】
韓国の寒村で起きた集団毒殺事件の容疑者は、敏腕弁護士として活躍する女性の認知症の母でした。真相の先に浮かび上がる闇を描くミステリー映画です。

ドラマ『秘密の森』(2017~)で高い評価を獲得し、主演を務めたドラマ『黄金の私の人生』(2017~)の大ヒットで、人気女優となったシン・ヘソンの主演作です。

『チルスとマンス』(1987)など、韓流ブーム以前から日本でも知られた女優ペ・ジョンオク、『シルミド』(2003)で評価されて以来、名脇役として活躍するホ・ジュノが共演しています。

長らく助監督を務め、関わった作品にはトニー・ギルロイ監督の『ボーン・レガシー』(2012)も含まれる、パク・サンヒョンの初監督長編映画です。

映画『潔白』のあらすじとネタバレ


(C) 配給:「潔白」上映委員会

何年前の出来事でしょうか。大きな貯水湖に沈みゆく男の姿があります。その湖の前のベンチに1人で座り、歌っている女…。

亡くなった採石場の元所長、アンテスの自宅で行われた葬儀に現れたチェ・イネ市長(ホ・ジュノ)。道知事選挙に出馬予定の彼を、葬式に集まった人々が喪主を差し置いて歓迎します。

支持者獲得に奔走している彼は、古くからの付き合いの4人の男と同じ卓を囲みます。

チェ市長の尽力でカジノの誘致に成功したおかげで、皆が豊かになると盛り上がる男たち。彼らの元にやかんに入れたマッコリが運ばれて来ました。

酒を酌み交わしてから、ようやくチェ市長は喪主である故人の妻、ファジャ(ペ・ジョンオク)に挨拶をしていないと気付きます。

チェ市長が挨拶しても、ファジャは夫の死に混乱しているのか歌をずさんでいました。しかし夫の妹から、娘が父の葬式に現れないと言われると、怒って声を荒げるファジャ。

ファジャと義妹が争いを始め、人々は慌てて仲裁に入ります。少し知的に遅れた感のある、ファジャの息子ジョンスが参列者の1人が倒れたと気付きました。

喧嘩騒ぎは収まらず、興奮したファジャが走り回る中、何人かの参列者が吐いて苦しみます。その中にはチェ市長の姿もあり、葬儀は大混乱に陥ります。

その頃、ファジャの娘で弁護士のジョンイン(シン・ヘソン)は裁判所にいました。彼女が海外から招いた鑑定人の証言で、検察の主張を切り崩してゆくジョンイン。

彼女の活躍で刑事事件の被告となった、製薬会社経営者の息子の裁判は依頼人に有利に進みそうです。弁護士事務所の上司はジョンインの優れた手腕を褒めます。

なお有利な展開を望む依頼者と上司の姿勢に釘を刺すジョンイン。弁護は成果を上げていますが、被告の犯罪行為は実際に行われた上での弁護と、彼女は割り切っていました。

その会合の最中、彼女はTVのニュースで自分の実家の葬儀で殺人が起き、母が容疑者として緊急逮捕されたと知ります。

被害者はチェ市長や村長、ジョンインの叔父を含む5名、内1名が死亡と発表される重大事件でした。

実家へと車を走らせ、かつて協力した警察のキム班長に、事件に関する資料の提供を依頼したジョンイン。

かつて彼女は父から虐待を受け、望む大学への進学も断念させられ、絶望した彼女は自殺を試みます。

自殺に気付き彼女を手当てする母ファジャ。家庭の環境に絶望したジョンインは、荷物をまとめて出て行きました。

彼女は拘留中の母と面会します。しかし父の死も殺人も、娘の顔も判らぬ様子のファジャ。

どこにいるかも判らず失禁した母を、医師はショックから急性認知症を発症したと診断します。

事件現場となった自宅を訪れると、警察が実況見分を行っていました。その中の1人ソック刑事は幼い頃のジョンインを見知っていました。

警察が調査中の自宅を、弟ジョンスが走り回ります。彼女の目に警察の捜査はずさんに見えます。

ジョンインは母の初公判を傍聴します。検察側の証人の証言に反応を示さない母。しかしジョンスの名がでると、息子をかばおうと大声で叫びました。

弁護士は検察と争う姿勢を見せません。公判が終わり退廷する母はマスコミに囲まれます。多くの被害者が出たことに怒り、罵声を浴びせ卵を投げる住民たち。

母の義妹が手配した弁護士の法廷戦術を手厳しく批判するジョンイン。弁護士は怒って手を引きました。

葬式に現れなかったジョンインの振る舞いで、弁護士に去られた叔母は怒ります。

彼女は自分の兄、つまりジョンインの父が、葬儀前にファジャに火葬されたことにも腹を立てていました。

弁護士事務所に戻ると上司に事情を説明し、一時的に休職し自身で母の弁護を行うことにしたジョンイン。

彼女が情報を得ようと被害者の家族宅を訪れますが、ファジャを犯人と信じる人々の対応は冷たいものでした。

同情的なチョン叔父からは、亡くなった父アンテスは金鉱採掘事業に失敗し、その事業に出資した近隣住民から恨みを買っていたと教えられます。

ジョンインは留守になった父母宅に、何者かが忍び込んだと気付きました。

認知症を発症した母は、息子ジョンスを守るためなら進んで罪を被る様子です。どう弁護したものか悩むジョンイン。

警察と検察は正常な受け答えの出来ない母を犯人に仕立て、事件の幕引きを図りたい様子です。

ジョンインは警察内の協力者、キム班長から入手した資料を公判で提出します。

都合よく動かした証拠品、老いた母を脅す取り調べの映像、事前に証人と会食する刑事と検察官の姿と、捜査の不審を暴いたジョンイン。

検察官は容疑者のファジャの衣服に、マッコリに混入されたものと同じ農薬の成分が検出されたと反論します。

目撃者の証言の矛盾を突いたジョンインは、母は留置所にいては認知症が悪化すると訴え、拘留の執行停止を求めました。

裁判所はファジャの釈放を認めます。それを知り警察・検察関係者を怒鳴るチェ市長。

市長は頼りになるシン部長検事に働いてもらう、と言ました。

病院で検査を受けた母は、急性の認知症で記憶力と判断力が低下していると、ジョンインに説明する医師。

ファジャは病院を抜け出します。徘徊の末に母は貯水湖の側で見つかりました。探しにきた息子ジョンスに、ここがその場所だと叫ぶ母。

拘留執行停止は却下され、ファジャは警察に連行されます。捜索にあたった警官の中に、ジョンインの小学生時代の同級生、ワンヨンがいました。

ワンヨンはジョンインに見せたいものがあると告げました。それは3ヶ月前警察に現れ、殺人があったと訴えるファジャを映した映像です。

その時殺人事件は発生していません。痴呆の初期症状と考えるジョンイン。

この地で最近変わったことは無いかと彼女に聞かれ、ワンヨンはカジノの誘致が決まったぐらいだと答えます。

入院中のチェ市長の元にシン検事が現れ、事件の捜査状況を報告していました。

ジョンインは叔母に電話して、母の弁護士の決めた経緯を確認します。事件後の慌ただしい時期に、誰かから紹介されたと答えた叔母。

その弁護士の事務所を訪ね、引き受けた経緯を確認するジョンイン。本来刑事事件を取り扱わないその弁護士は、誰の依頼かよく判らないと答えます。

話題を変えカジノの話をして立ち去るジョンイン。弁護士は電話をかけ、今の面会の経緯を誰かに説明しました。

そこにジョンインが、スマホを忘れたと言い戻ってきます。スマホを使い電話の会話を録音していたジョンイン。

弁護士はカジノの件をジョンインに聞かれたと、電話相手に話していました。ジョンインはカジノや母が3ヶ月前に訴えた殺人など、事件の背後に潜む疑問を書き出します。

ヒントを探そうと彼女は夜、実家に戻りました。貯金通帳の出入金記録を撮影するジョンイン。壁には父を含め6人の水着姿の男が映る、古い写真がありました。

突然物音がします。家には何者かが潜んでおり、その男と争ったジョンイン。彼女を殴り倒し男は立ち去ります。

翌日彼女は男の落としたライターを証拠に、警察に捜査を訴えます。裁判で強引な捜査を指摘された恨みからか、取り合おうとしないソック刑事たち。

幼馴染みの警官ワンヨンだけが味方です。彼は侵入者の足跡を見つけますが、ありふれた靴で犯人は割り出せそうにありません。

マッコリ毒殺事件の重体者の1名が死亡、犠牲者は2名になりました。事件の早期幕引きを望むチェ市長は、シン部長検事と電話で話していました。

遺族の冷たい視線に耐えつつ、被害者の葬儀に参列するジョンイン。写真が趣味の弟ジョンスは、出された料理を撮影します。

そこにシン検事が近づき、言葉巧みに彼のスマホのデータを記録します。何事かと声をかけたジョンインに、名刺を渡し事件の担当になったと告げるシン検事。

彼女は純真だが頭の回らぬ弟が、裁判で利用されないか心配していました。葬儀場を出た姉弟に、男たちが声をかけてきます。

男たちはヤクザ者で、ジョンインはいきなり殴られます。倒れた姉を身を挺して庇うジョンス。

事件を探られたくない者の存在と、長らく疎遠にしていた弟の愛情を実感したジョンイン。

シン検事は裁判で、ファジャが夫の死亡直前にマッコリを大量購入したと指摘し、自分たちに冷たい住人の大量殺人を企てたと、事件の計画性を主張します。

ジョンスの撮った写真を利用し、自分の論拠を組み立てた検事は、証人として彼の出廷を要求しました。

ジョンインは弟の自閉症的傾向を訴え拒否しますが、前例を理由に認められません。

裁判での弟の証言に備えるジョンイン。過去の映像のチェ市長の顔を見て悪者だと叫ぶジョンス。

上手く受け答えできそうもない弟に、諦めの表情を見せたジョンイン。するとジョンスは、自分が愚かなのは姉のせいだ、と父が話していたと告げました。

幼い頃、まだ小さなジョンスを背負い家事をしていた彼女は倒れ、弟は頭を強打します。

大切な跡取りの長男を傷付け、脳に障害を与えたと激しくジョンインを殴る父アンテス。

息子の障害は生まれつきだと母のファジャが訴えても、アンテスは娘への暴行を止めません。

どうして家を出て戻らなかったの、そう弟に尋ねられ言葉を失うジョンイン。

裁判でシン検事は、被害者らにマッコリを運んだのはジョンスで、他に誰も触っていないと認めさせます。

容疑者として緊急逮捕されたジョンスを見て、ファジャは自分が犯人だと叫んで倒れます。

母の叫びは息子を庇うものだとジョンインは訴えますが、混乱の内に裁判は終わりました。

彼女はシン検事に不当な扱いだと訴えます。敏腕弁護士として悪事を犯した依頼者の罪を軽くしてきたあなたにも、殺人犯の罪は消せないと告げるシン部長検事。

ならば、母ファジャの潔白を証明してみせます、と言い返すジョンイン。

以下、『潔白』のネタバレ・結末の記載がございます。『潔白』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C) 配給:「潔白」上映委員会

故郷の地に建設予定のカジノの起工式典に、チェ市長ら農薬入りマッコリ事件の被害者たちと、シン部長検事が参加していたと突き止めるジョンイン。

この事実を唯一の味方、警官のワンヨンに伝えます。母はチェ市長を殺人犯と訴えており、それをジョンスも聞いていました。

自分は母と市長の関係を調べる、ワンヨンは自宅の侵入者を捕えてと頼むジョンイン。

その頃シン検事はファジャと面会し、罪を認めれば息子ジョンスは追及されないと説明していました。

ジョンインは母ファジャと面会しますが、認知症が進行したのか彼女は事件も、娘の顔も認識できない状態です。

娘は覚えておらず、息子を守れるなら何でも認める母の態度に、寂しさと絶望を交えた怒りに駆られ立ち去るジョンイン。

彼女が去った後、ジョンインは娘だと思い出し拘置所の職員に訴えるファジャ。

そんな折ワンヨンから、両親宅に忍び込んだ男の逮捕の連絡がジョンインに入ります。

警察で取り調べ中の容疑者を、シン検事ら検察が引き取ります。その扱いに不審を覚えるジョンイン。

彼女はワンヨンと検察事務所を張り込みます。容疑者を簡単に釈放されました。

容疑者の身元を引き受けた人物の車を追うジョンインたち。ワンヨンは長距離バスに乗せられた容疑者を追います。

ジョンインは身元引き受け人の車を追いました。車はテンバン施工という会社に入ります。

テンバン施工は事件の被害者の会社で、その息子が容疑者をバスで逃がしました。相手の車の中から地図を見つけたジョンイン。

地図はカジノで再開発される地域と、その土地区分の所有者を示すものでした。

その名は若き日の父が、水着姿で仲間たちと写した写真の人物と一致しています。

実家の写真を調べたジョンインは、両親の結婚写真の下に、破られた別の写真があると気付きました。

そして弟ジョンスの服の中からは、壊れた折りたたみ携帯を見つけます。その修理を手配するジョンイン。

破られた写真を修復し、彼女は事件の被害者で今も入院中の叔父に見せます。

覚悟した叔父は過去の秘密を話します。ジョンインの母ファジャは父と結婚する前、イムという男と結婚していました。

イムは採石場を経営する男の息子で、ジョンインの父アンテスはそこで働いていました。

採石場はイムが継ぐ予定です。それを我が物にしようと、アンテスはイムを貯水湖の魚採りに誘います。

そしてイムを船から落とし、水の中に引き込み事故を装い殺害したのです。共謀したのは父の写真に写る6名。

それは叔父やチェ市長ら、毒入りマッコリ事件の被害者でした。

過去の殺人事件を知ったジョンインの元に、ワンヨンから両親宅の侵入者を見つけたとの連絡が入ります。

彼女が過去の事件の真相に近づいたと悟ったチェ市長は、次の手を打ちます。ジョンインが運転する車にトラックが迫り、彼女は事故を起こします。

幸いにも彼女は無事でした。目覚めた彼女に実家に侵入した男は、あの土地区分図の原本を盗むよう指示されていた、と告げるワンヨン。

ジョンインはカジノ開発地の権利者を調べ、自宅の遺留品再捜査を手配します。そして入院中のチェ市長に面会します。

カジノ建設の件や、父で採石場元所長のアンテスとの関係を彼女は訊ねますが、答えをはぐらかしたチェ市長。

ワンヨンはジョンインの車に迫ったのは、テンバン施工のトラックだと報告します。

集めた資料を長らく地元に住むチョン叔父に見せたジョンイン。それで事情を悟ったチョンは彼女に協力し、法廷で証言しました。

アンテスは採石場の所長時代、金が取れると吹き込まれ出資者を募り、採掘に乗り出します。

しかし金は出ず経営は悪化、巻き返えそうと政界入りを図ったアンテスは、市議になろうと裏工作に動きました。

チェ・イネら仲間と暗躍し、市議候補の座を得たはずのアンテス。しかし候補者に選ばれたのはチェです。

金の採掘事業で地元の出資者に損をさせた、アンテスでは選挙に勝てないとの理由です。チェら古くからの友人5人裏切られ、毒殺してやると叫んだアンテス。

毒殺事件の裏に政治スキャンダルがあると、チェ市長の喚問を要求するジョンイン。

事態の急変に怒るチェ市長。人殺しと叫んでファジャが乗り込んできた際に、精神病院に押し込めるべきだったと吐き捨てます。

出廷したチェ市長は、カジノ誘致の件を追求されても否定します。そこで市長の妻の名で、アンテスに毎月金を振り込ませていたと証拠を示すジョンイン。

病気になり生活苦になった友人を支援したとの市長の説明に、彼女は採掘事業に失敗したアンテスが採石場を手放すと、土地はカジノの建設予定地になったと指摘します。

自分は土地取引で利益を得ていない、と叫ぶチェ市長。ジョンインは証人として、両親の家に侵入した男を召喚します。

男はテンバン施工の従業員で、社長からカジノ建設予定地となった土地区分図の原本を盗めと命じられた、と証言しました。

そして自分を釈放したのは、法廷にいるシン部長検事だと語る証言者。

TVのニュースはマッコリ殺人事件が、政界と検察を揺るがすスキャンダルに発展したと報じます。修理した弟の携帯を受けとるジョンイン。

釈放されたジョンスを引き取りに来た彼女は、弟の携帯に残された動画を再生します。

その中に、妻の出した食事をとると体調が悪くなる、妻は自分を毒殺しようとしている、と訴える父アンテスの動画がありました。

彼女は弟に誰が携帯を壊したか訊ねます。母のファジャがひどく怒って携帯を壊した、と話したジョンス。

ジョンインは拘留中の母を訪れ、なぜ死亡した父を直ぐ火葬したのか尋ね、父を含む6名を写した写真を示します。

ファジャは真実を語りました。アンテスを見舞うチェ市長の話を聞き、彼らが元夫イムを殺したと初めて知りました。

それ以来、夫の食事に農薬を散布し始めたファジャ。夫の訴えを撮影したジョンスの携帯を取りあげ壊します。

アンテスの葬儀の日、集まった元夫殺害に関与した5人に農薬入りのマッコリを用意し、ジョンスに運ばせたのも彼女でした。

元夫イムは優しく、人を疑うことを知らぬ人物でした。だからチェたち6人に殺された、と語るジョンス。

夫を事故死と信じ、後を追い同じ貯水湖に身を投げたファジャ。救助したアンテスは、妊娠中の子供のためにも生きろと言います。

身寄りも無く行くあての無い彼女は、生まれてくる子供のためにアンテスとの再婚を選びます。そして生まれたのがジョンインでした。

前夫との娘を、再婚した夫の暴力から守れなかったことだけが心残りだと話す母。

涙を流すジョンインを、ファジャは抱きしめます。真実を知り罪を背負った母の認知症発症は罰でしょうか、それとも救いでしょうか。

裁判でカジノ予定地の地権者をチェ市長に示し、ジョンインは不正があったのではと追及します。地権者に自分の名は無いと反論する市長。

ジョンインは市長らが金が出るとの偽情報を流し、アンテスと彼の事業に出資した住民に損害を与え、安値で採石場の土地を買った後カジノを誘致したと指摘します。

現在の地権者はいずれも市長ら5人の親族。建設に関わるテンバン施工などの企業から選挙の支援、献金を受けていたと示すジョンイン。

権力を利用した不正に憤る傍聴人に対し、自分は殺されかけたと訴えたチェ市長。それが事件の動機だ、とジョンインは説明しました。

チェ市長は妻の名義で金を渡し、アンテスの口を封じます。しかし恨みを忘れない彼は、死に瀕して復讐を計画します。

マッコリを愛飲するのは年配者の、自分を陥れた5人です。葬儀で集まった時に飲むマッコリに農薬を混入すれば、と父が計画殺人を企てたと主張するジョンイン。

証拠は父の衣服に付着した農薬の成分。しかし被疑者死亡で追及出来ません。

自分はアンテスが犯人と考えます。その疑いがある以上、ファジャを犯人と断定できないと語るジョンイン。

証拠不十分なファジャを、汚職が明るみにならぬよう望む市長の意を汲み、犯人に仕立てた検察の姿勢は不当と、起訴の取り下げを要求します。

退廷するチェ市長はマスコミに追及され、市長の指示で罪を犯したものは逮捕され、汚職追及の捜査が開始されました。

最終弁論を前に、正直に話すことしか出来ないジョンスに、ジョンインは何を語るべきか言い聞かせます。

弟は彼女の前で、父はチェ市長をひどく恨んでいたと証言します。被告席に座った母に、ジョンインは自分が誰かと訊ねます。

目の前の娘が、誰なのか答えられない認知症のファジャ。

計画殺人の犯人は夫である可能性が濃厚、ファジャは長年虐げられた生活の果てに、事件の心労が重なり急性認知症を発症した。

彼女を追求しても真相の解明は不可能、有罪にするには証拠不十分。せめて人生の最後は穏やかに過ごさせて欲しい、と弁護するジョンイン。

裁判所は彼女の主張を認め、ファジャに無罪を言い渡します。

裁判所を出たジョンインに、シン部長検事は本当に母親が無実と考えているのか、と尋ねました。

それに対し母は十分苦しんだ、とだけ答えるジョンイン。彼女は母と弟を車に乗せ走らせます。

かつて貯水湖の前のベンチに座って歌っている、母親のファジャに語りかけていた幼き日のジョンイン。

今、同じ場所に立ったジョンインは、証拠品の母が壊したジョンスの携帯電話を、湖に投げ捨てます。

そして彼女は同じベンチに座る、母の隣に腰を下ろしました。

思い出の場所に座り、黙ったまま見つめ合うファジャとジョンイン母娘。その姿をジョンスが、スマホで撮影しました。

スポンサーリンク

映画『潔白』の感想と評価


(C) 配給:「潔白」上映委員会

ドラマ『黄金の私の人生』で大人気となったシン・ヘソンの初主演映画、『潔白』はいかがだったでしょうか。

彼女の出世作となったドラマ『秘密の森』で検事役を演じた彼女が、本作では弁護士を演じたのがポイントと言えるでしょう。

また『秘密の森』で彼女の上役を演じたパク・ソングンが、本作では弁護士事務所の上司役というのも心憎い起用です。

『秘密の森』を意識した映画であり、それと同じ検察の問題をテーマに選び、また別の視点で描いた物語としても注目して下さい。

虐げられた末に男社会に挑む韓国女性を描いた作品


(C) 配給:「潔白」上映委員会

『ユゴ 大統領有故』(2005)や『ハウスメイド』(2010)のイム・サンス監督、『ビッグマッチ』(2014)のチェ・ホ監督らと共に働き、助監督や製作を務めてきたパク・サンヒョン監督。

映画会社に入社し、30代前半に撮った短編映画が評価され、やがて監督に起用されるはずだったパク監督。しかしデビューは先延ばしされ、プロデューサーとして活躍します。

ハリウッド映画でトニー・ギルロイ監督作、『ボーン・レガシー』の韓国ロケの助監督を務める話が来た時は、喜んで引き受けたと話す監督。

パク監督はトニー・ギルロイが脚本を書いた『黙秘』(1995)が好きだと語っています。『黙秘』も家庭内で虐げられた母娘と、その家から逃れた娘の物語。

その娘が、殺人容疑をかけられた母の真相を追求する映画が『黙秘』。本作との共通点を指摘することが出来ます。

自分が本作のプロットを書き始めた2015年は、現在と違い女性主演の韓国映画は皆無といって良い状態だった、と語るパク監督。

この作品の主人公と主題を女性にした理由は、従来の映画に無いテーマを追求した結果だと説明しています。

物語にも映像にも現れるパク・サンヒョン監督のこだわり


(C) 配給:「潔白」上映委員会

本作は明らかに、男性社会・家父長制の中で虐げられた韓国女性の物語であり、それが本国で支持されヒットした作品です。

同時に韓国で話題の政治問題、検察改革をテーマにした作品でもあります。これはドラマ『秘密の森』の主題でもありました。

韓国社会に根深く残る社会問題を、エンターテインメントに昇華した本作。この作品を描くとき、3本の映画を意識したとパク監督は語っています。

それはポン・ジュノ監督の『母なる証明』(2009)、コスタ=ガヴラス監督の『ミュージックボックス』(1989)、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の『灼熱の魂』(2010)でした。

インタビューに答えた監督の説明を振り返ると、本作が様々な作品の影響を真摯に練り上げた末に、完成した作品と実感できます。初監督長編映画と聞いて驚く完成度の高さも当然です。

一方で冒頭の葬儀のシーン。監督はシナリオ段階からこの場面を構想していました。

日常の風景が突然崩壊する様を、主要登場人物を紹介しつつステディカムで撮影した映像で連続して見せる。このシーンはロケハンから撮影時期、当日の天候まで計算して用意されました。

現場ではあらゆる入念な準備を行い、動線リハーサルなど事前シミュレーションを重ねた結果、満足できるシーンになったと語っています。

優れた物語を持つ作品ですが、冒頭に用意された監督渾身のシーンにも注目して下さい。

まとめ


(C) 配給:「潔白」上映委員会

優れたテーマ性と高い完成度を持つ韓国ミステリー映画『潔白』。法とは別の形で下された裁きに、疑問を覚える方がいるかもしれません。

これを法より情を重んじる韓国社会の反映、と解釈する方がいるでしょう。しかしいずれの文化でも、法とは別の次元の正義を描く物語が存在します。

『黙秘』(原作はスティーヴン・キングの小説「ドロレス・クレイボーン」)など、監督の上げた様々な作品と比較した上で、咀嚼すべき物語と言えるでしょう。

なお本作の冒頭、そしてラストで印象的に口ずさまれる曲は、1979年に発表されたチョンフニの有名な歌「花畑で」です。

本作の時代背景を描くものであり、同時に歌詞の内容が皮肉として、そしてラストでは情緒的に聞こえてきます。ロケ地も歌詞の内容に合うよう選ばれました。

細かい配慮を重ねるからこそ、映画全体のスキルが上昇する。ありがちなサスペンス映画の枠を越えた本作は、こうして誕生したのです。

次回の「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」は…


(C)2020 Fusebox Films GmbH

次回第19回はナチス!ソンビ!サメ!、それも空飛ぶサメ!!B級映画ファン待望のネタを詰め込んだ、サービス精神あふれ過ぎの映画『スカイ・シャーク』を紹介します。お楽しみに。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2021見破録』記事一覧はこちら





関連記事

連載コラム

韓国映画『風水師』あらすじと感想レビュー【王の運命を決めた男】は豪華俳優共演のユニークな時代劇|コリアンムービーおすすめ指南15

「風水」が天下を動かす! 最高の運気を宿す地相“明堂”にたどりつくのは誰だ!? 末裔に渡り一族が反映することを望んだ権力者たちが〈最強の土地〉をめぐり争う歴史エンターティンメント『風水師 王の運命を決 …

連載コラム

NETFLIX映画『タイタン』ネタバレ感想とレビュー評価。人体改造から惑星移住の新境地を開いた異色作|SF恐怖映画という名の観覧車90

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile090 人類の発展と共に着実に地球の環境は破壊され、環境に対する取り組みはより重要視されるようになりました。 映画の世界では「地球の滅亡」を題材 …

連載コラム

映画『きこえなかったあの日』感想評価と内容解説レビュー。ろう者たちを通して見つめる311以降のコミュニケーションの在り方|だからドキュメンタリー映画は面白い58

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第58回 今回取り上げるのは、2021年2月27日(土)より新宿K’s cinemaほか全国順次劇場公開、オンライン配信も同時スタートされる ドキュメン …

連載コラム

『私をくいとめて』のんと大九明子監督が歓喜。東京国際映画祭にて観客賞を受賞|TIFF2020リポート5

第33回東京国際映画祭は2020年10月31日(土)~11月9日(月)開催。 2020年10月31日(土)に開幕したアジア最大級の映画祭・第33回東京国際映画祭が、11月9日(月)に閉幕を迎えました。 …

連載コラム

映画『エリック・クラプトン~12小節の人生~』感想と評価。ブルースに捧げた人生とは|映画と美流百科11

連載コラム「映画と美流百科」第11回 今回は2018年11月23日(金・祝)から、TOHOシネマズ シャンテほかにて公開の『エリック・クラプトン~12小節の人生~』をご紹介します。 監督はアカデミー賞 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学