Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2022/01/18
Update

遊郭編7話ネタバレ|妓夫太郎声優は逢坂良太!感想と考察解説×原作登場シーンとの比較も【鬼滅の刃全集中の考察32】

  • Writer :
  • 薬師寺源次郎

連載コラム『鬼滅の刃全集中の考察』第32回

大人気コミック『鬼滅の刃』の今後のアニメ化/映像化について様々な視点から考察・解説していく連載コラム「鬼滅の刃全集中の考察」。

2021年12月5日より放送開始されたテレビアニメ『鬼滅の刃 遊郭編』では、2022年1月16日放送の第7話「変貌」にて、もう一人の“上弦の陸”妓夫太郎がついに本編へ登場。戦いは新たな展開を迎えます。

本記事では、満を持して登場した妓夫太郎がアニメにてどのような活躍を見せ、どのように描かれたのかを原作コミックと比較しつつ解説・考察。妓夫太郎役を務める声優・逢坂良太の演技とあわせてご紹介します。

【連載コラム】『鬼滅の刃全集中の考察』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

アニメ『鬼滅の刃 遊郭編』原作コミックとの比較解説・考察


(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

ついに本編へ登場した妓夫太郎。アニメということもあり、原作コミックにはなかった場面や描写も新たに追加されており、より不気味な妓夫太郎を演出しています。

アニメ版における妓夫太郎の本編初登場回となった第7話「変貌」劇中にて確認できた、妓夫太郎に関する様々な描写・演出の違いを解説・考察していきます。

全貌が明らかになった不気味な容姿

アニメ『遊郭編』OP映像には一瞬、妓夫太郎が姿が映る場面がありますが、陰に隠れその全貌を確認することはできませんでした。しかし第7話での本編での登場によって、その姿が余すところなく明らかになりました。

特徴的な緑色の髪や虚ろな黄色い目、病的な印象を与える灰色がかった肌の色など、極度の痩躯から元々不気味な印象を与える容姿であった妓夫太郎がアニメ化にあたって、さらに不気味さを感じられる姿となっていました。

また妓夫太郎の武器である鎌の色も、原作コミックでのカラーイラスト以上に「赤」が強調された配色となっており、より血液を連想するものとなっていたのも視聴者の目を引いたのではないでしょうか。

「未知の恐怖」が強調された初登場シーン

泣きじゃくる堕姫の呼び声に応じ現れる妓夫太郎は、堕姫の体から分かれるように登場しています。その点は原作コミックと同様ですが、アニメでは堕姫の影が不気味に動き、妓夫太郎の姿が見え始めるという演出で描かれています。

この影が蠢くカットは、得体のしれない“何か”が現れるという印象を強く与え、直後現れる未知の存在である妓夫太郎の不気味さをより強調しているように感じられるものでした。

また宇髄の斬撃を避け、堕姫を労わりながらも彼女の頸をくっつけようとする場面においては、堕姫の頭をなでる描写が加えられており、のちに語られることになる妓夫太郎と堕姫の兄妹の絆が垣間見える場面となっています。

さらにその後の宇髄を攻撃する場面でも、自身の皮膚を搔きむしった際にできた傷が瞬く間に癒える描写も追加されていました。

血鬼術・飛び血鎌の演出

妓夫太郎が血鬼術“血鎌”の技の一つ「飛び血鎌」を発動させる場面では、鎌の柄を握りしめる妓夫太郎の手から血が滲み滴り、柄を伝って刃へと至る描写。そして振り回す鎌から滴る血がつながって帯のように見える描写が新たに追加されています。

鬼の血を媒介として術を発動する血鬼術“血鎌”ですが、妓夫太郎以前までに本編へ登場した鬼の表現では、あまり「血」が多用されることはありませんでした。しかしこの「飛び血鎌」は血そのものを刃状にして飛ばす技であることからも、この「血」の表現をより細かく描写することで技のインパクトをより強調していました。

また一度は「飛び血鎌」を機転によって回避した宇髄に向け、妓夫太郎が再び「飛び血鎌」を差し向ける場面では、空中に滞留し、まるで生き物のようにうねっている血が突如暴れだしたかのように動き出したのち、宇髄に向かっていくように描かれていました。

こちらも原作コミックにはない演出ですが、技のインパクトをより鮮明にするのはもちろん、新たな脅威である妓夫太郎の血鬼術“血鎌”の底知れなさ、未知数さをさらに強調しているといえます。

妓夫太郎役は声優・逢坂良太!

嫉妬心が生み出す妓夫太郎の狂気を見事に怪演

これまで公式でも妓夫太郎のCVは明らかにされず様々な推測が飛び交っていましたが、第7話「変貌」での妓夫太郎の本編参戦により、声優の逢坂良太が担当することが明らかに。

逢坂良太は2011年から声優活動を開始し、テレビアニメ『つり球』の真田ユキ役で初主演を飾ると『はたらく魔王さま!』の真奥貞夫役や『赤髪の白雪姫』ゼン・ウィスタリア・クラリネス役、「ハイキュー!!」シリーズの赤葦京治役など多くの人気作・話題作で主要キャラを演じています。

演技の傾向としては透明化のある声質に定評があり、十代後半から二十代前半のキャラクターを多数担当している他、中でも「明るく前向きな好青年」といったイメージのキャラクターを多く演じています。

しかしアニメ『遊郭編』で演じる妓夫太郎は、これまでの逢坂良太の演技の傾向からは想像しにくいキャラクターだったため、多くのファンが妓夫太郎のCV予想をする中で、逢坂良太の名はほとんど挙がらなかったようでした。

ところが、実際に妓夫太郎を演じる逢坂良太の声を聞いてみると、本来の透明感ある声質にビブラートを加え、持ち前の演技力で抑揚をつけることで、これまでの逢坂良太の印象にないキャラクター像を生み出しています。

この逢坂良太の演技から、持ち前の声質に抑揚をつけた話し方で病的にやせ細った体の妓夫太郎から感じられる視覚的な弱弱しさを現し、ビブラートを効かせた演技と、どこか不自然な拍子を付けたセリフ運びで妓夫太郎が抱くあらゆるものへの嫉妬心を感じることができます。

結果、妓夫太郎が持つ得体の知れなさ、言い知れぬ恐ろしさを表現しており、キャラクターのイメージを見事に声で表しているように感じられます。

スポンサーリンク

まとめ

テレビアニメ『鬼滅の刃 遊郭編』の第7話「変貌」にて妓夫太郎が本編へ登場したことで、ついに『遊郭編』での鬼との戦い……炭治郎らにとっては二度目となる“上弦”の鬼との戦いも新たな段階へと突入しました。

それは裏を返せば、戦いがこれまで以上に激しさを増していくということに他ならず、数多のバトルシーンがアニメ化にあたってどのように描かれるのか、ファンの期待もさらに高まるばかりです。

大半の予想を覆して妓夫太郎役に起用された逢坂良太の熱演も物語に花を添え、今後アニメ本編にて妓夫太郎がどのような姿を見せてくれるのか、非常に楽しみなところです。




関連記事

連載コラム

映画『がんになる前に知っておくこと』感想と内容解説。がんを恐れず向き合う|だからドキュメンタリー映画は面白い6

あなたは、「がん」という病気について、どれだけ知っていますか? 『だからドキュメンタリー映画は面白い』第6回は、2019年2月2日から新宿K’s cinemaほかで全国順次公開中の、『がんになる前に知 …

連載コラム

映画『スレイヤー 7日目の煉獄』ネタバレあらすじ結末と感想評価。原題の意味と凶器“斧”が登場する理由|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー62

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第62回 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞す …

連載コラム

エヴァは終わらない?庵野秀明プロフェッショナルでの言葉から再考×オタクとしての“収集”とこれからの“意志/意思”【終わりとシンの狭間で12】

連載コラム『終わりとシンの狭間で』第12回 1995~96年に放送され社会現象を巻き起こしたテレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』をリビルド(再構築)し、全4部作に渡って新たな物語と結末を描こうとした …

連載コラム

映画『プロジェクトV』あらすじネタバレとラスト結末の解説。ジャッキー・チェンがこだわる決死のアクション|すべての映画はアクションから始まる26

連載コラム『すべての映画はアクションから始まる』第26回 日本公開を控える新作から、カルト的に評価された知る人ぞ知る旧作といったアクション映画を時おり網羅してピックアップする連載コラム、『すべての映画 …

連載コラム

どんでん返し映画『無明長夜の首無しの怪獣』感想考察。ウルトラセブンや怪奇大作戦などの往年の名作特撮ドラマを彷彿|邦画特撮大全68

連載コラム「邦画特撮大全」第68章 若手コント芸人「そんたくズ」のコンビ結成3周年記念コントライブが、2020年5月16日19時よりYou Tube内の「そんたくズコントチャンネル」にて生配信されます …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学