Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/12/11
Update

映画『シライサン』あらすじと感想評価。乙一が安達寛高として描く新感覚和製ホラー|SF恐怖映画という名の観覧車80

  • Writer :
  • 糸魚川悟

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile080

1996年、僅か17歳にして『夏と花火と私の死体』で華々しく作家デビューを果たした小説家の乙一。

2002年には『GOTH リストカット事件』が本格ミステリ大賞を受賞し本郷奏多主演で映像化されるなど、「ミステリ小説」や「ホラー小説」と言うジャンルで活躍する作家として有名な人物です。

しかし、実は彼はペンネームを使い分け様々なジャンルに挑戦し、高い評価を受けています。

今回は作家の乙一が自身の本名「安達寛高」を使い製作した長編ホラー映画『シライサン』(2019)の魅力をご紹介させていただきます。

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『シライサン』の作品情報


(C)2020松竹株式会社

【公開】
2020年(日本映画)

【監督】
安達寛高

【キャスト】
飯豊まりえ、稲葉友、忍成修吾、谷村美月、仁村紗和、江野沢愛美、染谷将太

映画『シライサン』のあらすじ


(C)2020松竹株式会社

電話中に何かに怯え、直後に心臓まひで命を落とした弟の怪死の謎を追う春男(稲葉友)は、食事中に友人を目の前で失った女子大生の瑞紀(飯豊まりえ)と出会います。

死亡した2人が友人同士であるだけでなく、死亡時に「眼球が破裂していた」ことや「何かに怯えていた」と言う接点を持つことに気が付いた春男と瑞紀は、2人の友人である詠子(仁村紗和)の家を訪ねますが…。

スポンサーリンク

王道と流行を混ぜ合わせた「令和」時代の和製ホラー


(C)2020松竹株式会社

和製ホラーの鉄板であるホラー映画における「ミステリ」要素。

呪いの「起源」や発生原因、そして解除方法を呪いに襲われながらも必死に探し回る「ミステリ」部分は、呪いの正体が分かるにつれ感じる「物悲しさ」が恐怖の中に存在することで、「呪い」の真の意味が分かる構成が作品の魅力を膨らませてくれる大事な要素です。

本作の物語はこの「王道」かつ「鉄板」であるミステリ要素を多分に含んでおり、呪いの解除方法を探るために、「眼球破裂」や「怪談話」という要素から「呪い」の正体と対応策、そして傾向を登場人物全員で絞って行く展開が「王道」としての和製ホラー好きに間違いなく刺さる内容。

しかし、本作は「ミステリ」と言う和製ホラーの鉄板ジャンルに、海外ホラーを中心に流行した「〇〇してはいけない」というジャンルを加えることで、緊張感を引き出すことに成功していました。

「〇〇してはいけない」が醸し出す緊張感


(C)2020松竹株式会社

息を吸う音ですら殺人鬼に感知されるホラー映画『ドント・ブリーズ』(2016)の大ヒットによって国内で大流行することになった「〇〇してはいけない」系ホラー映画。

「音をたててはいけない」『クワイエット・プレイス』(2018)や「見てはいけない」『バード・ボックス』(2018)など独特の緊張感が話題となり大ヒットを記録してきました。

和製ホラーの最新作である『シライサン』はこの流行を取り入れ、近づいてくる「シライサン」から「目を逸らしてはいけない」という縛りを負荷しており、このことが直接的な恐怖だけでなく、和製ホラー独特の緊張感をさらに引き上げることに成功しています。

「〇〇してはいけない」映画における緊張感の正体は「最善手を尽くせば生き延びられる」という部分にあります。

ですが、人は緊急時にいつも出来ていたことが出来ない生物。

あの手この手を使い、目を逸らす行動を促してくる「シライサン」との攻防は「令和」時代の新たな和製ホラーの形を見せつけてくれます。

全編BGM無しのリアルな演出


(C)2020松竹株式会社

安達寛高監督が撮影した過去の作品において、BGMを多用しすぎてしまった反動から本作にはワンシーンを除きBGMが利用されていません。

そのワンシーンも劇中においてしっかりと「音楽」が流れる描写がなされているため、映像における「BGM」とはまた違った意味を持っています。

現実世界において緊迫した場面にBGMが流れないように、本作では無音の中にシライサンの特徴である「鈴の音」が響くことが何よりも怖く、いつ現るか分からない恐怖をリアルに表現。

超常現象系のホラー作品はファンタジー的な内容にどのように現実味を持たせ恐怖心を煽るかが重要な部分。

本作は「BGMを使わない」シンプルな手法で、作品にリアルさを持たせることに成功していました。

スポンサーリンク

出演作豊富なベテラン揃いの俳優陣


(C)2020松竹株式会社

2010年前後からモデルとして活躍し、2010年代には俳優としても尽力し主演映画となる『暗黒女子』(2017)が公開されるなどステップアップの止まらない女優、飯豊まりえ。

一方で、W主演となるヒーロー側を演じる稲葉友も「HiGH&LOW」シリーズにレギュラー出演するなど、着実に俳優としての活躍の幅が広がっている大注目の俳優。

このように主演俳優にもしっかりと地盤を固めてきた俳優を起用しただけでなく、共演陣も見事な選出である本作。

特に『リリイ・シュシュのすべて』(2001)でのブレイク以降、長年に渡り日本のドラマや映画を支えてきた忍成修吾の演技は「流石」と言えるものであり、根は「善良な人間」の心の揺れ動きが繊細に演じられています。

その他にも染谷将太や谷村美月など説明する必要がないほどのベテランも出演する本作は、まさしく和製ホラー映画の意欲作と言える作品です。

まとめ


(C)2020松竹株式会社

「名前を聞いただけで感染する」という「怪談話」をより一層恐怖に陥れる「シライサン」の呪い。

『リング』(1998)や『呪怨』(2003)に続く新たな和製ホラーとして乙一(安達寛高)が挑む恐怖の連鎖は和製ホラー好きには必見の内容となっています。

「令和」時代の新感覚和製ホラー『シライサン』は2020年1月10日(金)より全国でロードショー。

「無音」が作り出す恐怖の演出をぜひ劇場で体験してみてください。

次回の「SF恐怖映画という名の観覧車」は…

いかがでしたか。

次回のprofile081では、莫大な予算を投じて製作された中国産SF映画『上海要塞』(2019)をネタバレあらすじを交えてご紹介させていただきます。

12月18日(水)の掲載をお楽しみに!

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

韓国映画『コンジアム』感想と解説。廃病院402号室からYouTube世代へ向けた恐怖の真相を考察|サスペンスの神様の鼓動15

こんにちは、映画ライターの金田まこちゃです。 このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。 今回取り上げる作品は、2019年3月23日(土)より全国 …

連載コラム

Netflix『全裸監督』第5話あらすじネタバレと感想。AV女優の黒木香がデビュー!|パンツ一丁でナイスですね〜!5

連載コラム『パンツ一丁でナイスですね〜!』五丁目 Netflixオリジナルシリーズ『全裸監督』が2019年8月8日より配信中です。 伝説のAV監督村西とおるを描いた本シリーズ。 前話で自分の出生の秘密 …

連載コラム

映画『凱里ブルース』感想レビューと考察解説。過去と現実と夢が混在するビーガン監督のトリッキーな世界|銀幕の月光遊戯 58

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第58回 映画『凱里ブルース』は2020年6月6日(土)より、シアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定! 『ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ』で …

連載コラム

NETFLIX『攻殻機動隊SAC_2045 シーズン1』ネタバレ感想と考察。キャラの魅力を引き出したアニメシリーズとは|SF恐怖映画という名の観覧車100

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile100 遂に当コラムも今回で100回目を迎えます。 新型コロナウイルスという新たなる人類に対する脅威の発生が映画やドラマ、アニメ界に大打撃を与え …

連載コラム

映画『ロッキー4』あらすじネタバレと感想レビュー。ドラゴと対戦した亡きアポロのために敵地でのリングに挑む|すべての映画はアクションから始まる13

連載コラム『すべての映画はアクションから始まる』第13回 日本公開を控える新作から、カルト的評価を得ている知る人ぞ知る旧作といったアクション映画を網羅してピックアップする連載コラム、『すべての映画はア …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP