Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/03/27
Update

映画『阿吽(あうん)』感想と考察。楫野裕(カジノユウ)が描く“怖さ”というモノクローム映像|SF恐怖映画という名の観覧車42

  • Writer :
  • 糸魚川悟

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile042

映画で感じる「恐怖」のタイプには複数の種類があります。

「呪怨」シリーズのような得体のしれない「何か」に襲われる「恐怖」が、ホラーと言うジャンルではメジャーであり、例え相手が人間であっても多くのホラー作品がこの種類の「恐怖」を描いてきました。

しかし、現実世界では人生の間でこの種類の「恐怖」を体験することはあまりありません。

今回は、『胸騒ぎを鎮めろ』(2006)『SayGoodbye』(2009)など、自主製作映画を多く製作する楫野裕監督が、独特の表現法で描き出した「恐怖」映画である『阿吽』をご紹介します。

カナザワ映画祭2018「期待の新人監督」部門のオープニングを飾った、楫野映画『阿吽』の魅力と、本作の描く「恐さ」を解説します。

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『阿吽』の作品情報


(C)2018yukajino

【公開】
2019年(日本映画)

【監督】
楫野裕

【キャスト】
渡邊邦彦、堀井綾香、佐伯美波、篠原寛作、宮内杏子

映画『阿吽』のあらすじ


(C)2018yukajino

大手電力会社に勤める岩田寛治(渡邊邦彦)は、電話やネットでの執拗なバッシングに神経をすり減らし始めていました。

まるで別人のように衰弱した寛治は恋人にすら見放されますが、やがてあるものと出会い…。

スポンサーリンク

独特な技法で描かれる「恐怖」の形


(C)2018yukajino

びっくりさせるような演出や、恐るべき怪物が血塗れの殺人を繰り返していく。

そんな演出も「ホラー」作品の魅力ではありますが、現実に近い身近な「恐怖」が描かれる作品でも身の毛のよだつ感覚を覚えます。

しかし、本作では非現実的な要素を描きながらも様々な演出で、身近な「恐怖」を描いていました。

身近な「恐怖」

参考映像:『ヒメアノ〜ル』(2016)

2016年に公開された吉田恵輔監督の映画『ヒメアノ〜ル』。

森田剛演じる森田が次々と人を殺していく様を描いたこの作品は、彼の巧みな演技と脚本により、サイコキラー森田があくまでも等身大の人間として存在していました。

そのため、もしかしたらどこにでも居るのではないかとすら思えるサイコキラー像と、決して派手に描写しないリアルな殺害シーンの演出が重なり、ゾクゾクと背筋が凍りつく恐ろしい感覚を味わうことになります。

『阿吽』で描かれる「恐怖」の源流は、『ヒメアノ〜ル』と同じ身近な「恐怖」。

ですが、『ヒメアノ〜ル』と違い『阿吽』で「恐怖」の対象として描かれるのは「人間」ではありません。

本作は現代ではあまり類を見ない意外な手法で、身近な「恐怖」を作り出していました。

「静」を描く手法


(C)2018yukajino

この映画を紹介する上で、避けては通れない要素が「映像」にあります。

全編を8ミリモノクロフィルムで撮影した本作は、映像だけでなく様々な演出も一昔前の技法を使用。

近代の作品では合理的なセリフ回しと、適切なバックミュージックで映画全体に「動き」をつけています。

しかし、本作では敢えてセリフ回しやバックミュージックに「間」をつけることで、会話や生活感にリアリティを生んでいます。

物語に登場する「怪物」のような「非現実的」な要素と、どこまでも拘りぬいた「リアリティ」。

相反する2つの要素が、見事な融合をみせる「恐怖」映画の新たな一面を描いています。

広がる「未来」を潰す「悪意」


(C)2018yukajino

本作には様々な現代的なワードが登場します。

そのワードの多くが「世界」の素晴らしい「未来」を描く一方で、物語は真逆の方向性を辿るんです。

この章では、本作で描かれるその面の一部をご紹介させていただきます。

「IoT」が根付く未来


(C)2018yukajino

電子技術はここ数十年で飛躍的に進化し、「IoT(Internet of Things)」と言う言葉を聞くようになりました。

劇中でも登場するこの言葉は、全てのモノがインターネットに接続される事象のことを指しています。

エアコンの消し忘れ、鍵の閉め忘れ等がインターネットを通して操作出来る仕組みが既にあるように、便利な時代の到来を予期し、明るい「未来」を想像させるこの言葉。

一方で危険な「闇」の部分も存在します。

「IoT」の危険性


(C)2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

全てのモノがインターネットに繋がる未来。

そこには、1つの大きな障害が存在します。

大ヒットを記録したアニメ『名探偵コナン ゼロの執行人』(2018)で描かれたように、やり方次第では「悪意」ある人間も全てのモノに接続できてしまいます。

実際に全国のセキュリティの弱い監視カメラの映像を公開しているサイトがあるように、世の中が便利になるほど、その知識のない人のプライバシーは侵害されます。

「悪意」の流入を防ぎきることは技術が進歩しても難しく、必ず何かの方法で「IoT」は悪用されるはずです。

広がる「未来」とそれに対する「脅威」、見方を変えると『阿吽』は様々な対立を描き、私たちの想像を遥か遠くへと向かわせてくれる作品です。

スポンサーリンク

まとめ


(C)2018yukajino

自然環境に配慮した茶葉である「マイティーリーフ」や前述した「IoT」など、本作に登場する様々な「未来」を考える言葉。

しかし、「未来」を語る登場人物は主人公の寛治が出会う謎の存在により、あっさりと崩されていきます。

果たしてその存在が比喩しているのは自然による「災害」なのか人々による「悪意」なのか。

独特な手法で「恐怖」を描いた映画『阿吽』は、4月13日よりアップリンク吉祥寺で公開。

ぜひ、全編を8ミリモノクロフィルムで撮影した本作を劇場でご覧になってください。

次回の「SF恐怖映画という名の観覧車」は…


(C)2017 MARROWBONE, SLU; TELECINCO CINEMA, SAU; RUIDOS EN EL ATICO, AIE. All rights reserved.

いかがでしたか。

次回のprofile043では、話題の注目俳優たちが出演するスペイン産ホラー『マローボーン家の掟』(2019)をご紹介させていただきます。

4月3日(水)の掲載をお楽しみに!

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

『ゾンビ』以後の生ける死体映画の感想と考察。SF的状況下における人間闇とは|SF恐怖映画という名の観覧車19

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile019 突如、地球の侵略を始めた宇宙人と人類の壮絶な戦いを描いたSF映画最新作、『スカイライン 奪還』(2018)が劇場で公開され、「立場の垣根 …

連載コラム

『愛、アムール』感想と解説。ハネケ映画を愛と呼ぶべきか|偏愛洋画劇場9

連載コラム「偏愛洋画劇場」第9幕 今回ご紹介するのは第65回カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞、第85回アカデミー賞外国語映画賞を受賞した作品、ミヒャエル・ハネケ監督による『愛、アムール』(2012) …

連載コラム

「メイズ・ランナー」シリーズと人気小説を映画化したSFスリラー作品の系譜|SF恐怖映画という名の観覧車2

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile002 (C)2014 Twentieth Century Fox Film. 前回のプロファイル001では「ホラー」の魅力の一端について触れて …

連載コラム

『コーマン帝国』感想レビューと内容解説。“B級映画の帝王”ロジャー・コーマンのスゴさに迫る!|だからドキュメンタリー映画は面白い5

低予算ながら奇抜なアイデアの数々で長年映画界を牽引してきた、映画プロデューサーの“インサイド・ヘッド”をのぞき見してみよう── 『だからドキュメンタリー映画は面白い』第5回は、2012年公開の『コーマ …

連載コラム

【カメラを止めるな!】なぜ面白いのかを考察。感染源としての『竜二Forever』と『貌斬り KAOKIRI』|映画道シカミミ見聞録10

連作コラム「映画道シカミミ見聞録」第10回 (C)ENBUゼミナール こんにちは。森田です。 今回は大ヒットを記録し、上映館拡大中の映画『カメラを止めるな!』の魅力に迫ります。 「おもしろい!」と感じ …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP